• 締切済み
  • すぐに回答を!

鉢植えの薔薇の冬剪定について、教えて下さい。

 長年の夢だった薔薇栽培にチャレンジしたくて、昨年の秋に鉢植えの花付きの薔薇を3鉢、大苗を3鉢購入しました。すでにちゃんと植え付けを済ませています。薔薇に関する本も購入し、そろそろ冬剪定の時期だと知りました。ただ、花付きの鉢は3つともまだまだ葉がたくさん残っています。剪定をする時、枝だけではなく、残った葉もあえて全て落としてしまわなければならないのでしょうか?  また、大苗の方の芽も膨らんで小さな葉がたくさん出ているのですが、この部分も今切ってしまわなければならないのでしょうか?何しろ初心者なので、本に書かれていないこととなると、皆目わかりません。お詳しい方に教えていただきたく思います。よろしくお願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

みんなの回答

  • 回答No.2
noname#115647
noname#115647

No.1の回答はいただけませんな。バラに対する知識や栽培経験があるとは到底思えません。 私としては本を信用して欲しいと思います。やはり長年の経験と実績のある本当の専門家でなければ執筆できませんからね、掲示板などの自称専門家などとはわけが違います。 しかし本は大体東京あたりの標準地を基準に書かれていますから、その他の地域の寒暖によっては作業内容に多少のズレが生じてくる場合があります。またその年の気候変化なども影響があります。 また本の内容は基本的な事が主体となっています。基本は基本で守るべきものですが、全ての事例についての対処までは網羅できません。そういった意味では、本の内容は平均的ではあります。 この点についてはやはり経験を重ねてゆき、自分なりの知識として蓄えていくしかありません。失敗から学ぶ事も数多くあります。 私も専門家というほどではなく平均的なバラ愛好家ですが、経験から貴方の疑問に答えて補足したいと思います。一応、細かい作業内容については本を参考にしてください。 >残った葉もあえて全て落としてしまわなければならないのでしょうか? 貴方の持っているバラはすべて落葉すると思われます。しかし温暖な地域にお住まいでしたら、冬になっても中々落葉してくれません。緑の状態を保ったものもありますが、これは常緑という事ではありません。4℃以下の気温がある程度続かないと枯れて落葉しにくいのです。 しかし冬期は葉としての役割はすでに終えています。飾り物の様にしつこく付いているだけで無用のものです。 また古葉にはウドンコ病や黒点病の菌や、ハダニなどの卵が越冬していたりしますから、古葉は全てむしり取った方がよろしいです。 古葉をつまんで下向きに引っ張ると取れませんか?。やってみて下さい。 >また、大苗の方の芽も膨らんで小さな葉がたくさん出ているのですが、この部分も今切ってしまわなければならないのでしょうか? もう新芽が開き始めましたか?、拙宅も温暖な地域ですが、そこまではまだ至っていません。芽が動き始めたものもありますが、ほとんどは芽が膨らみつつある状態です。もっとも秋植えにすると根の生育が早く、新芽の開きが早くなるという傾向はあるかもしれません。 まだ根が落ち着いていない、植えつけて日が浅いという事はまったくありません。私は1月下旬~2月上旬あたりで冬剪定を終えて、ほぼ同時的に植え替えをしています。本を信用しましょう。 まず冬剪定の意味合いについて説明します。 無剪定の放任でしたら、あちらこちらから芽が吹き枝数は増えますが、その枝は小枝が多くなり花も小さく貧弱なものになります。樹形も乱します。 剪定して芽の数を減らしてやれば栄養が残った各芽に十分行き渡り、その芽は太い枝になり大きな立派な花が咲きます。またこのような太い枝は生育期においてグンと伸びてきますから、強剪定=丈を縮めて大きくしない、という事ではありません。 これは特に大輪の花を咲かせたいハイブリッドティー(HT)において考え方が顕著です。ハイブリッドティーは冬剪定は強剪定を施すとあるのはこの為です。 剪定前よりは2/3以上は切り詰めますかね。目安として株元からの高さが25~35cmぐらいの範囲になるようにしますが、本に書いてある通り、良い芽を確認して正しい切り方で剪定するようにします。 中輪多花性のフロリバンダ(FL)は、それよりは少し枝数を増やして多くの房咲きの花を楽しみたいのでハイブリッドティーほどには強剪定は行いませんが、剪定前よりは1/2以上は切り詰め、目安として株元からの高さ30~40cmぐらいにします。同様に芽を確認して剪定します。 「あまり変わらないではないか。」と言われそうですが、実際のところあまり神経質になる必要はなく、まあ何とかなるものです。気持ち程度ハイブリッドティーの方が強めの剪定です。 できれば新芽が開く前に冬剪定を終らせたかったのですが、上記の事を考慮して剪定を行った方がよろしいでしょう。今のままでは小枝だらけのグシャグシャ状態になりかねません。トップヘビーにもなります。 大体において上の方が樹勢が強く新芽の開きも早いものですが、思いきって適正な位置まで切り下げた方がよろしいです。その位置がまだ新芽が開いていない位置であれば問題ありませんが、その位置で開いている新芽があれば、新芽を傷つけないように注意深く切りましょう。 繰り返しますが、芽の数を減らして残った芽に十分な栄養を与え、太めの枝を作るようにしましょう。 去年伸びたシュートも今年は新しい幹の仲間入りをしましたから、同様の剪定処理をします。 小枝や、株の中心に向かって伸びている枝も切り落として、大体において太い幹と枝だけにします。 剪定には夏剪定と花後の剪定があります。 花後の剪定は、花の下は3枚葉がいくつか付いていますが、それらの下の5枚葉の上で切る、あるいは5枚葉を1枚付けてその下の5枚葉の上で切る。これはどちらでも構いません。大事なのは5枚葉の基部に膨らんだ良い芽を見つけて切る事です。もしそれが5枚葉を2枚付けて切る位置であれば、5枚葉を2枚付けて切っても構いません。(私が本では解かり難かった点です。) その膨らんだ芽から新たな新芽が生じ、2番花、同様の処置で3番花へとつながっていきます。これが四季咲き性ですが、これ以降は盛夏になりますから花も段々と小さくなり冴えなくなります。また花を咲かせ続けると株も弱りますから、新苗で2番花まで、大苗で3番花までにしておいて、それ以降できる蕾は摘み取った方が無難です。 四季咲き性のものは秋にも返り咲きします。気温が下がって秋も深まる時期から初冬に咲きますから数は春ほどではないにせよ、立派な大きな花が咲きます。 従って剪定をして枝を作り直してやるわけですが、生育中でもあり、また生育期間がもう短くなっていますから冬ほどには大きく剪定はしません。せいぜい今の高さの1/3か1/4を切るぐらいに留めますが、これが夏剪定です。温暖な地域でしたら9月上旬あたりですが、近年は秋が暑いので9月中旬あたりでも良いかもしれません。あまり早過ぎると貧弱な枝が発生します。バラは暑いのが苦手です。 同じく5枚葉の基部にある膨らんだ良い芽を見つけて正しい切り方(芽の上5mmぐらいの所を芽の向きに沿ってやや角度をつけて切る。)で剪定します。 この時困るのは、黒点病の被害を大きく受けると落葉が激しく、剪定をすると幹や枝に葉がほとんど無くなってしまう状態になってしまう事でしょうか。 このような枝では花が咲きませんから、黒点病(黒星病)の予防には努めてください。 なお貴方がお持ちのものはラ・フランスとマルコ・ポーロとマッカートニーローズがハイブリッドティー(HT)。グルス・アン・アーヘンとニコールがフロリバンダ(FL)と思われます。すべて四季咲き性のようですね。 衝動買いされたものはよくわかりませんが、購入時に1枝に1花咲きであればハイブリッドティー、一枝に多花性房咲きのものであればフロリバンダ、あるいはオールドローズあたりかもしれません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

 私の拙い質問にたくさんの情報量でご回答いただき、Hoojanoさんに感謝しております。これまでバラの栽培は難しくて私には無理だと思っていたのですが、チャレンジしてみようといくつかの鉢を購入しました。庭もせまいし、バラ達にとってはあまりいい環境ではないのですが、なんとか丈夫に育ててやりたいと思い、お尋ねしました。  一応、花付きの鉢については不要枝の剪定を先日済ませました。写真を添付していないので、お伝えしにくいのですが、軽い剪定?をした後は25cmほどの高さになっています。もともとそれほど大きな株ではなかったのです。おっしゃるように葉の方もチェックしてみようと思います。  それほど寒さの厳しくない地とは言え、春が待たれるこの頃です。教えて頂いたことを教訓に世話をしていこうと思います。有難うございました。 

  • 回答No.1
  • cactus48
  • ベストアンサー率43% (4480/10309)

バラの品種は確認されているでしょうか。バラは品種によって落葉樹と 常緑樹があります。まずは品種を確認される事が最初の作業です。 バラの剪定は品種に関係なく、春剪定(2月)と秋剪定(寒い地域は8 月中、その他の地域は9月)の年2回で行います。 あなたのバラは今も葉が付いている事から、もしかしたら常緑かも知れ ません。いずれにしても付いている葉を全て落とす必要はありません。 剪定により多少は落ちてしまいますが、無理に落とす事はありません。 まだ植付けて日が浅いので、本格的な剪定作業は避けた方がいいです。 暫くは大きくする事が必要ですから、2~3年は大掛かりな剪定はしな いで軽く剪定するようにされて下さい。 基本的には春には不要枝を、秋には大掛かりな剪定をします。 ヒコバエ、フトコロ枝、徒長枝などを不要枝といいます。これらは生長 の妨げになる枝ですから、春の内に枝の付け根から切ってしまいます。 大掛かりな剪定をすると葉芽や花芽を切ってしまうので、先程も書いた ように当面は軽い剪定に留めて下さい。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

 早速のご回答、本当に有難うございます。  品種は、花付きの鉢がラ・フランス、グルス・アン・アーヘン、あと1鉢は近くのホームセンターで衝動買いし、タグも残しておかなかったので分かりません。白い花は浅いカップ咲きで、蕾の時にわずかに赤いラインが入り、開き始めは真ん中がアプリコット色でした。葉の色は濃いグリーンで、わきからベーサルシュート?を出し、その先にまだ花まで咲いています。お花には何の香りもありません。  大苗の方は、マルコポーロ、ザ・マッカートニーローズ、二コールです。  cactausさんに教えていただかなければ、本に書いてある通り剪定する所でした。しばらくは大きくする事を重要視しなければいけないんですね。よくわかりました。有難うございました。

関連するQ&A

  • 薔薇の剪定

    バラ栽培初心者です。 今月初めから鉢植えでシーザー、カクテル、アルキミストを、地植えでアイスバーグを育てています。 ベーサルシュートとサイドシュートのピンチについて質問なのですが、つるバラであれば返り咲き、一季咲き、四季咲きに関わらず蕾をピンチするだけでシュートの剪定は基本的に必要ないと本に書いていましたがその通りでいいのでしょうか。また地植えのアイスバーグはつるアイスバーグではないのでシュートをピンチする必要があると考えて良いのでしょうか。また、シュートのピンチの時期ですが、一番花が開花した後と書いているのですが、二年育成後の大苗?を購入したので一番花が咲く前にシュートのような枝が出ているようにあるのですが、開花を待ってからすればよいのか開花を待つ前にすればよいのか分かりません。どうぞ宜しくお願いします。参考としてシーザーの鉢植え写真を貼付していますが、どれがベーサルシュートやサイドシュートか判断がつかずに困っています。 なにぶん初心者ですのでわかり易く教えて頂ければ幸いです。

  • フジの剪定時期と方法

    鉢植えにしていたものが鉢を割って直に根付いてしまって5年になります。棚を作らずこんもりとさせています。花が散ったらすぐに花がらを落とし、そのまま蔓を斬らないで丸めて伸ばしています。徒長枝は切り落としています。早い時期に剪定をすると小さな花がつくので、葉が散ったころ適度の長さに剪定していますがいまいち花が少ないようです。枝を伸ばさないで花を多く咲かせるための剪定時期と方法をお教えください。

  • 鉢植えのあじさいの剪定について

    今年の母の日のあたりに、鉢植えのアジサイを購入しました。 時期的に、早く出回ったもので・・・ 母の日のあたりには、綺麗に咲き誇っていました。 (購入時は、定価の半額になっていました。) インターネット検索で、育て方を見て 水遣り等していましたが 最近、徐々に花が元気がなくしおれつつあります。 そこで、もしかしてそろそろ 剪定の時期に?と思うのですが まだ6月、梅雨にすら入っていないのに してもいいのか!?という気持ちもあります。 実際にここの検索をかけましたが、 これだけ早い時期での剪定の質問はなかったので 今回、投稿させていただきました。 花だけ見ればOK? データ的な時期をみればNG? ということで悩んでいます。 ちなみに、花の下には 既に多くの新しい芽がボツボツできてきています。 また、鉢の中にはきれいに咲いている花もあるので 剪定は同時でいいのか? それとも枯れはじめたものから順次してもいいのか これも疑問に感じています。 ご存知の方、アドバイスお願いいたします。 よろしくお願いします。

  • 枝の剪定

    ハナカイドウの鉢植えを買ったのですが、花が終わろうとしています。 買ったばかりの鉢なので植え替えはまだ考えていませんが、枝の剪定は もうしたほうがいいですか?剪定した場合、切り口にマジックで黒く塗るといいときいたのですが・・・。本当でしょうか?

  • 桜(鉢植え)の手入れについて。

    今年の春から桜の苗木(御殿場桜)を育てています。 写真を見ていただければわかると思うのですが、花後、葉の成長の仕方に大きくバラつきがあり、右の枝は元気に葉が伸びたのですが、真ん中は弱々しい感じ、左は全く葉が生えていません。 (芽と思われるものは全体で2~3個ありますが、現時点で開く様子はないです) 一年目はどうしてもこういうことが起きやすいと聞いたので、ひとまず何もせずに過ごしています。 ここでいくつか質問したいのですが、詳しい方に是非お知恵を貸して頂きたいです。 1.枝の剪定について 1年目ということもあり、扱いがわからないうちに葉が伸びてきてしまい花後剪定をしなかったのですが、右の枝はグングン育ってだいぶ大きくなってしまいました。 コンパクトにしたいので、来年の花後は剪定をしようと思っていますが、今見る限りでは写真のaの部分に芽になるようなものは見当たりません。 今後、aの枝の部分に芽が出ることはあるものなのでしょうか? また来年の花後、cの部分を2/3くらい切り詰めたいと思っていますが、そこにも芽がない場合、翌年は花が楽しめないという状況になるでしょうか。 まだ先の事ではありますが、どこまで切り詰めていいかわからず悩んでいます。 2.bの部分については、現時点では枯れていないようですが、葉が出る気配はみられません。 右の枝はすっかり新芽を出し切りもうこれ以上伸びる様子はないですが、bの芽がある部分についてはこれから夏にかけて芽を出す可能性はあるのでしょうか。 また、芽が出ずに来年の春を迎えた場合には思い切って枝を切ってしまうなど、何かしらの対応をした方が良いのでしょうか。 <補 足> 今後も大元の枝には芽は生えないという事なのでしょうか?(今年は咲いていたけど来年は花が咲かない?) それとも、今年花が咲いた芽の部分から、来年また新たに花の芽が作られるのでしょうか。 花の芽と葉の芽は別物なのは分かりますが、どのように成長するものなのか、過程が良くわからず…! どなたか教えて頂けると助かります。

  • バラの込み合った枝

    先日バラの大苗を購入しました。 バラを育てるのは初めてなのですが比較的育てやすいと聞いた ピンクコースターを鉢で育てています。 この大苗、買った当時から少し枝が込みあっているなあと 思っていたのですが、ここ最近の暖かさで随分芽が出て 葉も展開してきており、このままだと風通しが悪そうなのです。 枝数はかなり多く、根元から4、5本、さらにその枝から 大きな枝がいくつも分かれていて中には交差しているものもあります。 この枝ですが、スッキリとさせた方が良いのではないかと 悩んでいます。 冬から春にかけてバラがどのように繁っていくのかも分からず・・・。 冬の剪定の時期としては過ぎているとは思うのですが 邪魔な枝を落とす分には時期は問わないのかなあと思ってみたり。 少々込み合っていても枝数が多い方がいいのかしらと考えてみたり。 もし枝を落とすとしたら、この落とした枝は挿し木できるものなら したいとも思っています。 赤い芽から葉が展開している状態の枝ですが、挿し木できるのでしょうか。 本やネットで勉強しただけでは、なかなか難しいものですね。 どうかお知恵をお貸しくださいますようお願いします。

  • 薔薇

    薔薇の枝が凄い伸びて来て花がつきません。 今後の剪定の仕方を教えてください。宜しくお願いします

  • つるバラを鉢植えから地植えにしたいです

    今年の春に行灯仕立てになった「羽衣」を購入しました。 5月に花が咲き、花が終わってから少し剪定しました。 その後は庭にずっと置いたままで、 今は下半分が枯れて、上の方は細い葉っぱが少し伸びています。 このままでは良くないと思うので、 今鉢を置いている場所に植えようと思います。 「はじめてのバラづくり」という本を購入したので、 それを参考に、剪定して庭に植え替えたいと思いますが、 剪定や植え替えの際の注意すべきことがありましたら教えてください。 また剪定の際に、新しい芽が出ている枝を切ってしまうのは どうももったいない気がするのですが、切ってしまってよいのでしょうか? アドバイス宜しくお願いいたします。

  • 鉢植え薔薇の土(pH調整無しのピートモス使用)

    大苗の薔薇(ハイブリットティー)の 鉢植えの土について。 どうぞ教えてください。 5年以上の 鉢植えの薔薇ですが 黒星病で葉が落ちるので、昨日、 土を 少しほぐして、上からピートモスと薔薇専用肥料を混ぜ込みました。 後で気付いたのですが、pHバランス調整してないピートモスでした。 (いつも pHバランス調整済み を使っていました。) 酸性だから・・・中和すればいいか。。と思って、安易に 「海苔」の乾燥剤に入っていた 袋タイプの「消石灰」を、 鉢植えの上から 一袋・混ぜて入れてみました。 今日になって、腐葉土を買えばよかった~大丈夫かな~?と心配に! 薔薇の他には、ハイビスカス(ちゅらさん)も植え替えて 赤玉土+ピートモスを使用したので、同じく消石灰を追加。 このままで 大丈夫でしょうか? 土替えしなおした方が良いのでしょうか? 鉢植えの薔薇栽培や pH調整してないピートモスについて 教えて頂ければ大変助かります。どうかよろしくお願い申し上げます。

  • 鉢植えのオリーブの植え替えと剪定についての質問です

    去年の秋に知り合いの方から、鉢植えのオリーブの木を譲っていただきました。 その方は苗を取り寄せて鉢植えにして14,5年育てておられましたが、 階段の端においていたので枝は片方に寄って伸びています。 どちらがどちらか、忘れてしまったのですが、実が付くようにマンザニロとネバディロブランコ2種を育てておられました。 一方は鉢を含めて高さが1,5mほど、もう一方はそれよりも30cm以上高いです。 今年の春には大きな鉢に植え替えた方がいいようなのですが、今直径34cmほどの鉢に植わっています。 大阪で、北西向きのベランダに置いてあり、午後から長く日が当たります。 剪定について以前ガーデニングショップの方にお聞きしましたら、細い枝を切るのではなく大きな枝を思い切って切る方が木の形を綺麗に出来そうなので、春になったらやってみようと思っていました。 しかし最近になって「植え替えをしてすぐに剪定をしていいものか?」という疑問がわいてきました。 さらに、大きな枝が片方に寄って生えていますので、あまり綺麗な形を追求すると本当に下のほうから切ってしまうことになりそうで、木が可哀想でそれはとてもできませんし、今までこのような木を育てて、まして剪定をしたことがありませんので、自信が持てません。いったいどこら辺から切ればいいのかもわかりません。 それでお聞きしたいことは、 1、枝というより幹を切ってしまっても、またすぐに伸びてくるものでしょうか? 2、また植え替えのさいには、今根っこについている土は落としてしまったほうがいいでしょうか? 3、植え替えと剪定を同じ時期にしても弱ってしまわないでしょうか? 4、植え替え後に肥料をやるのがいいでしょうか? 5、鉢に根っこがいっぱいになっていると思われます。どのくらいの鉢に植え替えたらいいでしょうか?木はもう少し大きくなっても構いません。 6、剪定や植え替えのさいに何か注意点などありましたら宜しくお願いいたします。