締切済み

エンタルピー差の計算とヘスの法則

  • 暇なときにでも
  • 質問No.5651034
  • 閲覧数1434
  • ありがとう数1
  • 気になる数0
  • 回答数1
  • コメント数0

お礼率 67% (106/156)

今、環境計量士(濃度)の資格試験の勉強をしています。
化学から遠ざかっていた期間が長いために思い出せないでいます。

ΔH=(生成物のエンタルピーの総和)-(反応物のエンタルピーの総和)
の式があったはずですが、下記の問題には使えません。
反応式を書いてヘスの法則を考えてみれば一目瞭然なのですが、
上記の式を使う場合とそうでない場合(下記の問題)の違いは何でしょうか?

問題は以下です。
1atm、25℃における1-ヘキセンの水素化反応
・C6H12(l)+H2(g)→C6H14(l)
の1mol当たりの反応エンタルピーはいくらか?
1atm、25℃の燃焼エンタルピーは以下のとおりである。
・C6H12(l)は-4003kJ/mol ・H2(g)は-286kJ/mol ・C6H14(l)は-4163kJ/mol
答えは-4003+4163-286=-126kJ/molです。
生成物-反応物とすると、-4163+(-4003-286)=+126kJ/molとなってしまいます。
通報する
  • 回答数1
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

回答 (全1件)

  • 回答No.1
レベル14

ベストアンサー率 50% (1223/2410)

>生成物-反応物とすると、-4163+(-4003-286)=+126kJ/molとなってしまいます。
どういう計算をしたのか理解しかねるが、
-4163+(-4003-286)=-8452
にならないか。

燃焼熱で考えると、
C6H12(l)+9O2=6CO2+6H2O+4003・・・・(1)
H2(g)+1/2O2=H2O+286・・・・・・・・(2)
C6H14(l)+19/2O2=6CO2+7H2O+4163・・・(3)
から、
C6H12(l)+H2(g)→C6H14(l)+?・・・・(4)
ができればいいから、
(1)+(2)-(3)で、(4)になって、?は
4003+286-4163=126kJ/mol
になる。
エンタルピーで書けば、
-4003-286+4163=-126kJ/mol
補足コメント
manyuaru

お礼率 67% (106/156)

あああ、すいません。間違えました。
正しくは、-4163-(-4003-286)=+126kJ/molです。

付加反応で、二重結合から一重結合になって吸熱になること自体がおかしいので
-4003-286+4163=-126kJ/molになることは理解はしたのですが、
ΔH=(生成物のエンタルピーの総和)-(反応物のエンタルピーの総和)
の式を使うときはどんな場合でしたでしょうか?
この式を使う場合の例題等があれば教えて頂けたら嬉しいです。
投稿日時 - 2010-02-05 20:33:02
このQ&Aのテーマ
このQ&Aで解決しましたか?
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する

特集


より良い社会へ。感謝経済プロジェクト始動

ピックアップ

ページ先頭へ