• 締切済み
  • 暇なときにでも

廃プラスチックのリサイクル

廃プラスチックの代表的なリサイクルに、マテリアルリサイクルとサーマルリサイクルがありますが、環境を考えた場合、どちらが「良い」リサイクルなんでしょうか? マテリアルリサイクルは、資源を有効利用するという意味では環境に優しいのかも知れませんが、再化工・再成型時にエネルギーを消費します。一方、サーマルリサイクルは焼却行為ですが、エネルギーを有効活用しています。 エネルギーを消費してまでマテリアルリサイクルするよりも、焼却して熱源回収を行なう方が環境には良いのでしょうか? 温暖化などの話も絡めて教えて頂けると非常に助かります。宜しくお願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数5
  • 閲覧数248
  • ありがとう数8

みんなの回答

  • 回答No.5

少し現実的な話をしても良いでしょうか。 皆さんも家庭からゴミを出すときに、よほど神経質な性格でない限り、汚れた状態だったり、いろいろなものが混ざったりします。 企業から出されるゴミも、工場系でリサイクルを前提として厳密な管理をしている企業以外はまともな形ではでてきません。 ということは、汚れを落としたり分別することにエネルギーを使うことになります。劣化したり、添加剤が加えてあったり、熱硬化性だったり、あるいは汚れが完全に落とせなかったり、複合材だったり・・・など、マテリアルリサイクルができるゴミはごくわずかというのが現状ではないでしょうか。 できもしないのに、どちらかを選ぶというのもどうかと思います。 発泡スチロールやペットボトルも、マテリアルリサイクルのために分別した量の半分以下しかリサイクルされていないと聞いたことがあります。 需要がないことよりは、サーマルリサイクルというのが現実的だと思います。ただ、だからといってマテリアルリサイクルがダメというのでなく、少しずつ可能性を高め、需要を掘り起こしていくことが将来的にはどちらが良いかという答えを導き出してくれると思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • プラスチックのリサイクルって無駄なのでは?

    プラスチックをきれいに洗ってみんなでスーパーとかにセコセコ集めてますが それを回収したり、人間が目視で異物を分別したり、圧縮したり 溶かしたりで明らかに無駄なエネルギーとコストを使ってませんか? 大量にエネルギーを使って出来の悪い異物の混ざったリサイクル品を作るメリットがわかりません 環境に優しいと思い込んでるだけでプラスチックのリサイクルは、自然界のエネルギーを無駄に使うアホ臭い既得権益業者を養うだけの無駄な行為になっていませんか?

  • リサイクル資源の価値レート

    リサイクルの最適化について考えています。 リサイクルの目的ですが、省資源と廃棄物の削減の二つがあると考えますが、今回は省資源という側面にについての考え方に対する質問です。 リサイクルの対象として木屑、廃プラスチック、紙などいろいろあります。しかし、現実にはリサイクルするためには別のマテリアルが消費されます。 では、最も節約しなければならない資源は「石油」であることは間違いないはずです。しかし、実際は石油以外のマテリアルを再資源化するために石油を消費しています。たとえば、木屑のリサイクルについて考えてみると、木屑の収集運搬にはガソリンを消費します。次に再生工場では、電気や燃料を使用し、結局は石油を消費します。また、その結果排気ガスという気体の廃棄物が発生します。ここで知りたいことは、「100Kgの木屑をリサイクルするためには何Kgの石油を使うことが許されるのか?」ということです。化石資源はつくるのに何億年もかかります。一方木屑は植林すれば数十年で再生できます。50Kgでしょうか5Kgでしょうか? ここで、質問ですが、リサイクル対象となる資源を何らかの形で価値レートをつくることができないでしょうか?為替のように木屑100Kgは、石油10Kgの価値というように表現できれば、このレートを使って、リサイクルの最適化システムをつくることができるのではと考えています。 経済価値ではなく、環境価値ですので取引がないので為替のように自動的に決まることはないのですが、誰がどうやって決めるかということになるのですが、誰かいい方法を思いつく方教えてください。 PS: 考えているとリサイクルをするためには、石油を使ってはいけないような気がしてきました。収集運搬は燃料電池車、(水素は風力発電もしくはソーラーシステムを使って製造)。工場の運転は全て自然エネルギーを動力原とする。というのが理想の姿かと思います。

  • 廃タイヤの処理法

     近年の環境保護意識の高まりに伴い、廃タイヤも再生利用(マテリアルリサイクル)して新たなタイヤ等の材料にすべきとの声が高まりつつあるようです。  けれども私自身は廃タイヤの場合、再生利用すると余計なコストやエネルギーがかかる(つまりCO2排出量等も余計に増える)ため、砕いた後に燃やして電気や熱エネルギーにかえ(タイヤを砕くのに必要なエネルギーを差し引いても十分余るはず)、燃焼後の灰をアスファルト等の添加剤にするほうがよい(サーマルリサイクル)と思いますが、実際はどうなのでしょうか?

  • 回答No.4

No2の者です。 「どのリサイクルがいいか」ということが一概に言えないということについて、ちょっと補足しますね。 例えば、火力発電よりもはるかに低コストで環境負荷の小さい発電方法が開発されたら、サーマルリサイクルは成り立たなくなっちゃいますね。 また、石油の値段が10倍になったとしましょう。こうなると、プラスチックを石油から作るよりもリサイクルした方が断然コストが安くなりますよね。黙っててもマテリアルリサイクルが進みます。 このように、周囲の状況によって、大きく変わっちゃうんですね。「どのリサイクルが最適か?」というのは、微妙なバランスの上にある、ということなんです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.3
  • jakyy
  • ベストアンサー率50% (1998/3967)

私はリサイクルのシステムを次のように考えます。 【マテリアルリサイクルの長所】 回収システムの整備、マテリアル・リサイクルにおける用途開発、 ケミカル・リサイクル (使用済み塩ビ製品を、化学的な方法により化学品や製品原料などとして利用するリサイクル) における技術開発が進めば、 資源の有効という点では一番パーフェクだと思います。 問題は工場でのマテリアル・リサイクルは進み易いが、 一般の消費者からの回収リサイクル、分別がかなり難しいことですね。 形成時のエネルギーはケミカル・リサイクルの研究が進めば、 大量に消費される事はないでしょう。 【サーマル・リサイクルの長所】 破棄された塩ビ製品を燃焼することにより発生する熱や電気を回収し、 エネルギー源として利用するリサイクルですね。 温水プール、熱、電気を利用できます。 使用済みプラスチック各種を分別する必要がありませんので、 一般の協力は得られやすいですが、 焼却でダイオキシンの大量発生、 環境ホルモンなどの人体に影響をあたえる問題点がありますね。 これからはリサイクルがしやすい商品の開発、 ケミカルリサイクルの研究、用途開発、 ダイオキシン発生が少ない焼却炉の開発などが今後の 課題でしょうね。

参考URL:
http://www.umgabs.co.jp/jp/ecology/report.htm,http://www.ebara.co.jp/saiyo/tech/gas/gas.html

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。 両者の長所を分かりやすく記述して頂いた上、参考URLまで教えて頂いて助かりました。

  • 回答No.2

一応,リサイクルの分野ではマテリアルリサイクルの方が優等生で,それが無理ならサーマルに回す,という考えですね.サーマルだと「ループ型」のリサイクルにできませんよね.それに,二酸化炭素やダイオキシンの問題がありますからね. あと,塩ビなどを燃やすと,塩酸ガスが発生するため,焼却炉がものすごく傷むんですよ.FRPだと温度が低ければガラス繊維が舞うし,温度が高ければガラスが炉に融着します.こういった材料は,なかなかサーマルリサイクルしにくいですね. マテリアル,サーマルの他に,ケミカルリサイクルという選択肢と,リサイクルしない(常に新しいものを使用)という選択肢もありますね.どれが一番いいのかっていうのは,微妙だと思いますよ.「何を望んでいるのか」によると思います.

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

やっぱり微妙ですか… そんな気はしてたんですが質問して良かったです。 自分だけで考えるよりは、他の人の意見を聞いた方がいいですもんね。 ありがとうございました。

  • 回答No.1
noname#5277
noname#5277

温暖化ではなく、石油枯渇問題から考えれば、 マテリアルリサイクルのほうが数段環境によいでしょう。 エネルギーに関しては、再生可能エネルギーを利用すればよいわけで。 で、ご質問の件ですが、 廃プラスチックの種類によります。 現在ではマテリアルリサイクルしやすいように作られた製品があり、 そういった廃プラスチックをサーマルリサイクルするのはもったいないことです。 (例:車のバンパーなど) しかし、例えばビニール袋などを マテリアルリサイクルしようとすると、 再生のためのエネルギーよりも分別のエネルギーが すさまじくなります。 以上、簡単ながら、参考になれば。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

結局はリサイクルしようとするものによるということなんですね。 簡潔かつ分かりやすい回答ありがとうございました。

関連するQ&A

  • 地球温暖化と資源ごみのリサイクル

    恥かしながら教えてください。 今、全世界で地球温暖化が叫ばれていて二酸化炭素の排出量を出来るだけ少なくするように努力しています。日本でも同じように努力していると思います。そこでちょっと疑問が生じました。資源の節約ということでリサイクルが叫ばれていますが、リサイクルには原料から作るより大きなエネルギーが必要になると聞きました。ということは、リサイクルをするということは、地球の温暖化を進ませる原因になるのではないでしょうか。どうなのでしょうか。

  • リサイクルについて

    はじめまして。私たちは現在大学で環境に関して勉強しているものです。今回講義の一環で世間一般におけるリサイクルの知識を探るためにアンケートをすることにいたしました。もしよろしければアンケートにご協力していただけないでしょうか。よろしくお願いします。 質問は以下になります。 Q以下のリサイクルにおける内容で自身が知っているものの番号を教えてください。(複数の場合は複数回答) (1)ペットボトルを回収して、それを溶かし別の製品をつくるリサイクル(マテリアルリサイクルの一例) (2)ゴミ処分場でゴミを燃やし、その熱を公共機関の暖房の熱源に利用したり、発電用タービンを回すエネルギーとして利用するリサイクル(サーマルリサイクルの一例) (3)ペットボトルを化学的に分子レベルまで戻して再度原料として利用するリサイクル。(ケミカルリサイクルの一例)※注意これは(1)とリサイクル法が根本的に異なる お答えいただいた結果は講義にて用いさせていただきます。どうかよろしくお願いします(。-ω-) また別にご質問等ありましたらよろしくお願いします。

  • 「リサイクルしてはいけない」という本があるのですが・・・

    古本屋で見つけた本です。 タイトル:「環境にやさしい生活をするために リサイクルしてはいけない」 著者:武田邦彦 青春出版社、PLAYBOOKS どなたか読んだ方は賛成か、反対か、またその理由を教えて欲しいです。 読んでない方のために簡単にまとめてみると、 ・ペットボトルは石油から作られるときのコストが約7.4円。それをリサイクルすると、輸送や集荷に26円。再生に1円。あわせて27円もかかるから、リサイクルボトルは7.4円しかからない新しいボトルより3倍も資源を消費する。 ・廃棄処分場の場所も、そのまま焼却すればごみの体積は1/25になるのに、リサイクルするとリサイクルするために使う資源のカス?やビニール袋などのために、結局ゴミの量は3倍にも増えてしまう。 ・回復する森林のために、回復しない資源・石油を大量に使って紙を再利用するのはまずい。(これ関しては省略しすぎたかもしれません) 私の印象だとこんな感じです。

  • 現在のパソコン等のリサイクル料金(方法)は本当に適切なものなのでしょうか。

    リサイクルするのに手間がかかることは判ります。 運搬費や分解する時の人件費、処理する為に発生する環境への対応。 これらの事のみを考えるとリサイクル料金がかかることも仕方が無いとは思います。 でも、リサイクル料金に対していろいろな疑問を感じます。 まず第一に これの目的は資源の有効活用を目指すものだと思います。 このことを考えると他の多くの電気製品にはリサイクル料金の設定が無いのは?です。 第二に 希少物質の有効活用のことを主に考えるのなら、基板や他の有用な金属部分を抜き出して回収するという、選択出来る回収もよいでしょう。 (チョッと知識がある人ならパソコン等は簡単に分解できる物です。) その方が処分場への輸送コストも少なく輸送に関してのエネルギーの削減が出来ます。 第3に 事前に上乗せしておくと製品が高くなり、購買意欲が低下するとのことですが、販売時点で上乗せしておいた方が不法投棄を減らすことができるのでよいのでありませんか。(できれば日本製だけでもデポジット制にして、使い終わった物は気持ちよく処分場に持ち込めるようになると良いのでは。) 第4に 経費のみが強調されていますが、回収した有効な物質の価格のことは殆ど問題にされていません。(時代によって価値が変わるのでしょうがないかもしれませんが) もっと効率の良い方法でリサイクルをしてリサイクル料金を下げることは不可能なのでしょうか。 今更とは思いますがリサイクル料金(リサイクル方法)もう少し何とかならないものなのでしょうか。

  • 急ぎの回答お願いします。

    環境問題とリサイクルについて論文を書いています。(800~1000字) ですが、論文自体を書いたことが無く、苦戦しています。 なんとなくは調べて書いてはみたものの…文章めちゃくちゃで、字数も足りず・・・ 一応まとめると。 テーマ…環境問題とリサイクル 自分の主張…リサイクルをもっとするべき。         地域のゴミは地域で処理         捨てるのではなく、活かす。 書いてみた文章 近年、ゴミの種類も複雑になり、それらの処分が問題になっている。 プラスチックゴミは、紙をしのぐほど増えてきたが、その処理や処分には様々な課題がある。 ダイオキシン問題はその中でもよく知られたものの一つで、現在様々な対策がとられている。 しかしその諸対策がゴミの処理にかかるコストをどんどん膨らませていることもまた事実であり、地域・市町村の大きな財政上の負担になっている。 さらに、日本でのゴミ処理はその多くを焼却処理に拠っているが、焼却に際しては地球温暖化の原因物質である二酸化炭素が排出される。 ゴミが増えれば増えるほど、排出される二酸化炭素も増える、ゴミ対策は地球温暖化問題にとって大きな課題といえる。 このようなゴミ問題を解決していくためには、ゴミそのものを生み出すシステムや暮らし・ライフスタイルを見直していかなければならない。 自然界から採取する資源をできるだけ少なくし、それを無駄なく有効に使い、廃棄されるものを最小限に抑える、そんな「循環型社会」を作り上げていくことが必要。 環境問題を重要なテーマとしてとらえ、「地域のごみは地域で処理する」それも捨てるのではなく「活かす」方法で「捨てればごみ、活かせば資源」リサイクルするのが最善の環境対策であると私は考える。 という感じです。 問題提起→意見表示→展開→結論という感じで書きたいのですが、 どこをどう書けばいいか分かりません。 アドバイス、添削、例文、何でも良いです。 回答ください。

  • 建築物における省エネと省資源について

    建築を学んでいる学生です。講義に対する答えが見つからないので教えてもらいたいです。 講義の内容は「建築物における省エネ、省資源、リサイクルなどが社会全体のエネルギー、資源消費におよぼす影響を調べる」というものなのですが、実際に建物を施工、運営、解体する際にどの程度のエネルギーや資源消費がされているのかわかりません。できれば具体的な数値が知りたいと思っています。 よろしくお願いします。

  • プラスチック製の飲料用コップ

    競技場などで飲料水を購入した際に使用される紙コップ。 プラスチック製の飲料用コップにかわるとか。 再利用という観点から企画されているとはおもうのですが、ふと、再利用するにあたっては洗剤・水といった洗浄処理がほどこされますよね。 紙コップ使用だと生産時にパルプのもとになる木の消費、使用後には燃えるゴミとして焼かれるとなると二酸化炭素の排出。プラスチック製の飲料用コップの使用に変えることで木材の消費を押さえ尚且つ二酸化炭素の排出量を削減にはなることでしょうが、プラスチック製の飲料用コップを使用することが果たして環境に適しているのかという疑問がわきました。と、いうのも再利用にあたって先にも書きましたが洗浄処理にかかる水の消費、排出される汚水、再利用といってもずっと使えば破損もすることでしょうしプラスチックを熱処理で焼却する際に排出される二酸化炭素とは別の有毒物質は排出されないのでしょうか?

  • 「プラスチック製容器」の分別の効率は?

     ゴミ出し方が、最近、厳しい分別に変わりました。  その分別ゴミの一つとして、「プラスチック製容器包装」というカテゴリが あります。指示は、↑プラ↓ のマークがついているものを別ゴミとして出す とのことです。  そこで疑問なんですが、「プラ」ゴミにも色々な素材のものがあります。  また、中には、容器の中身を水洗が難しいもの、例えば、「からし」の チューブのようなものがあったりします(他にも色々…)。  もちろん、水で十分洗っても良いのですが、かえって水質汚染につなが る気もしています。  また、プラスティック製品にも色々あり、誤って、プラごみの中に、プラ スチック以外のものが、例えば1%だけでも混じると、それを取り除くコス トも大変だと聞いたことがあります。例えば、貼り付けられた、紙ラベル等。  プラごみ分別は、本当に正しくリサイクル(環境に優しいという意味で) 機能しているのでしょうか?  ごみ問題に詳しい方のご意見を、ぜひ、お願いします。 (現在住んでいる所とは異なるのですが、以前に住んでいた市で、  PETボトルの分別があったのですが、実際には、家庭ごみと同じように  焼却されていたということがありました)。      

  • 環境に優しい?

    人気のハイブリッドカーとかリサイクル紙、一見環境に優しい省資源の商品である気がするのですが、例えば、ハイブリッドカー・・・同じ性能のガソリン車と比較しても100万円以上高い。 製造コストが高くつくということは、それだけ資源を浪費しているのでは? いくら低燃費でもコスト高を解消するだけの耐用年数・走行距離は絶対無理。結局、環境に対する負荷は大きいんじゃないでしょうか?

  • ゴミの分別

    ペットボトルなどのプラゴミ分別って あれ分けて意味あるのですか? 燃えるゴミでいいんじゃないんでしょうか? ペットボトルの蓋も取る必要あるのでしょうか? あれ工場で分離できるみたいです ならキャップの蓋外して一緒に捨てればいいのでは? recycleの純度がさがるとかなんとか 「回収業者も大変だし、消費者も大変だし、結局高品質なプラスチックにするのが難しいなら最初からやらなければ良い」 そう考える人もおりリサイクルには多数の機械や車両を使いますし、燃料も必要です。資源を有効活用するために、燃料を消費してCO2を出していたのでは本末転倒だと言う意見もあります。 ペットボトルのリサイクル以外にも、エコキャップ運動などが「消費燃料や排出二酸化炭素の方が節約できる分より多い」としてエコではないとされることもあり、そう考えると、果たして「プラスチックのリサイクルは本当に必要なのか」疑問に思えてきます 金属や缶瓶は分けなきゃいけないのはわかりますけど ちなみに 調味料の容器やシャンプーとかなどの容器はゴミ処理場で 可燃ごみに回されているそうです それと燃えるごみの中にクリップゴミとか金属とか瓶を捨てる人が多くいるので そっちを徹底したほうがいいと思います これは僕が実際どうなんだろうと区のゴミ処理場を見てゴミ処理の人が困っているのをみて思った感想です

専門家に質問してみよう