-PR-
締切済み

フリーランスの派遣 (長文です)

  • すぐに回答を!
  • 質問No.5035738
  • 閲覧数201
  • ありがとう数0
  • 気になる数0
  • 回答数2
  • コメント数0

お礼率 0% (0/2)

初めて質問します。
フリーランスのシステムエンジニアです。

直接派遣先企業と派遣契約し入場して仕事しているわけではなく、仕事を仲介して貰っている会社(仮にD社とします)があり、そこから派遣先の紹介を受けて、D社所属として派遣先企業で仕事をしていました。

そこで詳しい方に2点ほどおたずねしたいのですが、
(1)以下のようなパターンの場合、偽装請負および不当な理由による契約終了となるのでしょうか?
(去年の10月~12月までの3ヶ月間仕事していた時の事です)

D社→(派遣契約)→T社→(請負契約)→A社

T社には、A社内での構内請負作業メンバーの増員として入りました。
T社への派遣が決まった後、A社での作業内容の説明などを受けるためにT社で打ち合わせを行った際に、「A社面接後、OK出た後に作業開始」と言われました。
また、A社の面接日程が9月下旬まで延びたため、9月初頭にはT社への派遣が決まっていたにもかかわらず、A社への入場が10月からになってしまいました。

請負会社のメンバー増員にA社が口出しする事自体おかしいと思っているのですが。

また、12月で契約終了となった経緯が、私がコーディングしたプログラムにバグが多いから、と言う物なのですが、A社社員の設計不備により、「バグを作り込まされた」物のため、私の落ち度ではなくA社社員の落ち度というのが正確なところです。
指摘された際に反論しましたが、聞き入れて貰えませんでした。
12月末での契約終了も、A社からT社に「私をやめさせるよう指示」したようでしたが、正確なところまではつかんでいません。


(2)以下のパターンでは、D社に補償を求める事は可能でしょうか?

D社→(派遣契約)→T社(派遣先企業)

派遣先企業をT社とさせていただきますが、(1)とは別の企業です。
3ヶ月更新で今年1月から派遣となったのですが、T社の取引先企業の業績不振により、予算が大幅に削減され、私を含む派遣社員3名の契約更新をしない(出来ない)との決定が、3月23日にされたようです。
T社から連絡を受けたD社がすぐに私の所にその旨連絡してくれましたが、3月1日の時点では3月いっぱいで契約終了との話は当然ありませんでした。

大至急次の仕事を探す、とD社営業(私の担当をしてくれている方)が言っていましたが、2ヶ月以上たった今も未だ決まっていません。
その間、「5月からの仕事で決まりそう」との連絡があった後「受注が決まるか未定の案件みたいだから、もう少し待って」と言われ、決まらないまま6月になってしまい、その案件も立ち消えになったようです。
現在も別の案件を探してくれているようですが、未だ具体的な話は何も無い状態です。

「決まりそう」と言われた状態で別の仕事を受けるわけにも行かず、半ば拘束された状態で仕事が無いまま2ヶ月以上経ち、その間の収入は全くない状態です。
この様な場合、D社に補償を求める事は可能でしょうか?


大変長くなってしまい申し訳ございません。
また読みづらい文章かもしれませんが、どうかお知恵をお借りしたく。

以上よろしくお願いいたします。
通報する
  • 回答数2
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

回答 (全2件)

  • 回答No.1
レベル13

ベストアンサー率 15% (279/1754)

ま、IT業界じゃよくあることですね。 (1) 質問者さんは本人はフリーと思い込んでいるだけで、契約形態は派遣社員になっていたと思います。 この場合、派遣先の請け負った仕事に参加していたので、偽装請負にはなりませんね。 ですが、請負先のリーダーとかの下で仕事しているでしょうから、それは派遣法に引っかかります・・・が、IT業界じゃ当たり前・・・いまだにグレーです(違法は間違いないのですが、法律が現 ...続きを読む
ま、IT業界じゃよくあることですね。

(1)
質問者さんは本人はフリーと思い込んでいるだけで、契約形態は派遣社員になっていたと思います。
この場合、派遣先の請け負った仕事に参加していたので、偽装請負にはなりませんね。
ですが、請負先のリーダーとかの下で仕事しているでしょうから、それは派遣法に引っかかります・・・が、IT業界じゃ当たり前・・・いまだにグレーです(違法は間違いないのですが、法律が現実にぜんぜんついてきてない。違法として処罰したら、いっぱい出てきてしまう。スピード違反と似たようなものですね。)

また、残念ながら、不当な契約解除には当たりません。
法律上、A社がT社に口出ししてはいけないはずなのですが、現実は口出しせざるを得ません。プロジェクト管理者にはメンバーを選定する権限があります。(ここも法律がついてきてない。もうじき制定されるはずですが。)
現実問題は人月計算による契約のことが多く、A社の意向に従わざるを得ません。

バグについても、結果がすべてですよ。

これは同じIT技術者としての助言ですが、設計書の不備を指摘しつき返すのも、エンジニアの仕事のうちです。

結論から言えば、契約期間満了で契約終了でしょうから、まったく違法性はありません。理由がどうあれ。

(2)
私も何度かそういうケースに出会ってきました。
派遣先の管理能力のなさが原因なんですが・・・。

派遣契約終了の通知は契約終了の1ヶ月前が原則ですよね。
なので、通知が遅れた分、最大1か月分の報酬を請求することができるはず・・・なのですが、現実に請求した人はいないでしょうね。
所詮、個人は弱者です。

助言するなら、最低1ヶ月前には契約延長かどうかの確認を確実に行うことです。
が、それでもいきなり契約解除というケースもあり、難しいところです。もし次にそういうケースがあったら、きっちり請求しようとは思っています。

もうひとつ助言するなら、回答があいまいな仲介会社のいうことには、厳しい態度で挑んでいいんですよ。
決まらない限り、ほかで探しておきましょう。
生活がかかっているので、心を鬼にしましょう。

というわけで、回答のほうも読みづらい文章になってしまいましたが(笑)、結局のところ、法律がグレーすぎて、こういったケースの回答もグレーになってしまいます。

われわれ、個人のエンジニアが、もっと団結して、企業の不正に対抗できるようにすれば、もっと世界は変わるかもしれませんね。

今は実際、案件が極めて少なく、厳しい状況です。どんなにたたいても、仕事もお金も出てこないから、厳しい時代です。

私も再来週からどうしようかな、ってところです。
日雇いのバイトでもしようかと考えてます(笑)

もし今度、どっかの企業に不正な行為で損害を受けたら、今度こそ弁護士に相談しようと思います。

どの自治体にも、無料の法律相談をやってます。
(無料なのでどこまで役に立つかわかりませんが)
関連するQ&A


  • 回答No.2

まず、質問者様はフリーランスということですが、D社とはどういった契約でしょうか。業務委託や請負なら極めて難しく、労働契約ならすこし望みがあるかもしれません。 偽装請負は実態判断になります。具体的な指揮命令や契約内容によります。不当な理由による契約終了はD社と質問者様と関係ない第三者のA社のことであって、D社と質問者様の間はただの満期による解約にすぎません。 待機によりD社に補償を求める事も正規 ...続きを読む
まず、質問者様はフリーランスということですが、D社とはどういった契約でしょうか。業務委託や請負なら極めて難しく、労働契約ならすこし望みがあるかもしれません。

偽装請負は実態判断になります。具体的な指揮命令や契約内容によります。不当な理由による契約終了はD社と質問者様と関係ない第三者のA社のことであって、D社と質問者様の間はただの満期による解約にすぎません。

待機によりD社に補償を求める事も正規雇用以外たぶん無理だと思います。失業保険にすがるしかないでしょう。

いずれにしよう、難しいと思います。エンジニア界の委託・請負契約は完全に業者側に120%有利であって、しかも多重派遣となると、利害関係も多岐に渡り、異議を申し出たところ、一個人が業務妨害などでいじめ脅迫嵐にさらされることも多い。
このQ&Aのテーマ
このQ&Aで解決しましたか?
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A
-PR-
-PR-
職探しで苦労したこと、重視したポイント。あなたの経験を教えて!
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


新大学生・新社会人のパソコンの悩みを解決!

いま みんなが気になるQ&A

関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ