• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

息子が連絡をくれません

  • 質問No.4755156
  • 閲覧数12241
  • ありがとう数21
  • 回答数52

お礼率 1% (1/52)

きっかけは今年のお正月でした。息子夫婦と1歳半になる孫が帰省した際のことです。夫の両親は亡くなっているため、毎年年始には、私の両親宅へ出向く習慣です。息子が熱を出して寝込んだため、嫁と孫だけを連れて行くことになりました。ところが、嫁が突然、息子が行かれないなら、自分も孫も遠慮したい、と言い出しました。

理由を聞けば、孫の生後1ヶ月のお祝いの席で、私の父に暴言を吐かれたと言います。来て頂いたお礼を述べた嫁に、父が酔った勢いで、「あんたはどうでもいい、ひ孫に会いに来ただけだから」と言ったそうで、夫が慌てて止めに入った様子。父は心清く、決して悪意のある人間ではありません。お産の後で嫁が過敏になっていたと思いますし、お酒の席でもあり、まして90代の老人の言葉です。1年以上も根に持っていたなど、信じられない思いがします。

父はそんなつもりで言ったのではない、と嫁に説明しましたが、反論はしないものの、納得しない様子。その後、嫁まで熱を出し、寝込んでしまったので、仕方なく孫だけを連れて、夫と私で両親宅へ挨拶へ出向きました。

息子は翌日、嫁の気持ちを考えろ、と私を一方的に怒鳴り、命懸けで子を産んだのは嫁だ、その子だけ連れて行くなど残酷だ、と嫁の言い分ばかり代弁するのです。産後に宴会など、だからあれ程反対したのだと、今更のように言い放ちました。その後、息子夫婦は帰って行きました。

息子は嫁の言葉ばかり鵜呑みにして、未だ、夫と私からの連絡に応じようとしません。私の方にも言い分はありますが、この状況をまずは何とかしなくてはなりません。親心を、どのようにすれば息子夫婦に理解してもらえるでしょうか。どうか、お知恵をおかしください。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.46
  • ベストアンサー

ベストアンサー率 28% (2/7)

息子様は本当に素敵な大黒柱になられて、まさに一家の柱としてひとり立ちされていますね。
大好きな歌の歌詞です。
『誰かを愛したそのときから、家族の意味さえ変わってしまう。』

いくら貴方が生んだ息子様でも、息子様にはもう家庭があり
お嫁さんを愛した時点で息子さんの家族はお嫁さんと子供さんなのだと思います。守るものができて強くなったんだと思います。
その姿勢を尊重してあげて、お嫁さんの立場になれば
行き過ぎた点もあったかもしれないと思うようになったよ。
距離のとり方がわからなかったけど、落ち着いて考えてみたよ。
至らなかった点はあったと思うよ、と告げてあげればうまくいくような気がします。

愛情の反対は無関心だと聞きます。無関心でないということは
貴方はきっととっても息子さんを大好きで、孫がかわいくて、お嫁さんも大事にしてあげようと思ってるんですよね。
かわいさあまってにくさ百倍。とても愛してるんですよね。
私にも息子がいます。いつかお嫁さんを連れてくるでしょうね。
いつかは私も姑です。私も息子が今かわいくて仕方ありません。
女の子にはない、やさしさがありますものね。男の子は。
私もいつまでも息子に執着しないようしておかないとと勉強させられました。ありがとうございます。
こんなサイトはいかがでしょうか?
http://www.ontona.com/kurasi/senior/061011/top.htm
http://www.asahi-kasei.co.jp/hebel/nisetai/data/2005_sofubo/index.html
http://mrs.allabout.co.jp/contents/mrs_kw_ceremony_c/stressmanage/CU20070911A/index/

http://yomesyuutome.web.fc2.com/
色々ありますが、参考になりますように。
貴方に幸せがきますように、お祈りしています。

その他の回答 (全51件)

  • 回答No.1

ベストアンサー率 24% (729/3018)

もうすぐ50代に突入しますが、私にもあなたの「親心」が分かりません。

このやり取りのどの辺りにあなたの「親心」が書いてありますか?
補足コメント
kamiko_001

お礼率 1% (1/52)

焦る気持ちの余り、わかりにくい説明となり、申し訳ありません。
 息子は気持ちの優しい子です。田舎の旧家の長男である自覚に富み、親戚への挨拶回りや先祖への墓参りなど大切に考えて参りました。また、母と息子の絆は、やはり深いものだと思います。母親への思いやりを忘れたことなどない子ですから、嫁の手前、夫として、母に怒鳴らなくてはならなかった息子の辛さ、大好きな祖父を責めなくてはならなかったことを思うと、不憫です。息子が嫁を守る姿は立派なものだと、親として理解しています。
 いずれ、息子夫婦とは同居になるでしょう。長男の子である孫、また嫁を、親戚へのお付き合いをきちんとさせておく方が、いずれ息子夫婦のためにもなると考えます。お祝いのお膳は私どもが全て手配し、また嫁への気遣いから、嫁の両親もその席に招いております。もちろん、息子夫婦や嫁の実家から、金銭は受け取っておりません。
投稿日時:2009/02/28 13:37
51件中 51~51件目を表示
関連するQ&A

その他の関連するQ&Aをキーワードで探す

ピックアップ

ページ先頭へ