• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

他動詞と自動詞

“contact”や“marry”などといった単語は他動詞、と教わったのですが、 辞書で引いてみると自動詞と他動詞の両方が記載されていました。 自動詞ではほとんど使用しないため他動詞だと教えているのかもしれませんが、 だとしたら何故辞書には記載されているのでしょうか? 辞書にあるということは、少なからず利用例があるということではないのでしょうか? それを他動詞、と固定して教えていることに疑問を感じました。 “marry”は他動詞、と覚えても問題はないのでしょうか? ぜひ回答の方お願いいたします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数4
  • 閲覧数1300
  • ありがとう数5

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2

こんにちは。 1. 何故辞書には記載されているのでしょうか? 、、、英語の動詞には自動詞と他動詞があるからです。でも寂しいことに、この二種類しかありません。そしてもっと寂しいことには、「自・他動詞の違い」と言っても、「目的語 ~を があるかないか」だけなのです。 2. 「自動詞しかない動詞」というのはほとんどありません。「他動詞しかない動詞」はいっぱいあります。そして「自・他動詞両方がある動詞」がほとんどです。例えば: ・I sing. (僕は歌う ⇒ 「目的語 ~を」がないので自動詞) ・I sing a song. (僕は{歌を}歌う ⇒ 「目的語 ~を」があるので他動詞) 、、、これが全てです。「覚える」と言っても、これしか覚えることはありません。本当です。sing という動詞は自・他動詞両方になりますが、その形自体は変わらず sing であって、あとに「目的語 ~を」があるかないかの違いだけです。 3. 例えば、英語ネイティブの友達がkotora3さんにこう言ったとします: ・I play. 、、、主語と動詞とピリオドがあって、これも立派な英文です。自動詞です。 でも kotora3さんは、「あそう、プレイするんだ。でもプレイって、何をプレイするの?」と聞きますよね? すると友達は: ・I play soccer. 、、、と言うでしょう。これで初めて「僕はサッカーをする」となりますよね?  そしてご覧の通り、これは「目的語 ~を」があるので他動詞ですね。 それでkotora3さんはさらに、「へぇ、そうなんだ。いつサッカーしているの?」と聞きます。すると友達は: ・I play soccer after school. 、、、と言います。kotora3さんは「へぇ、放課後にね。どこで?」と聞きます。すると友達は: ・I play soccer in the park after school. 、、、kotora3さんは「そうなんだ。で、誰と?」と聞きます。友達は: ・I play soccer with my classmates in the park after school. 、、、と言います。「僕は放課後、クラスの仲間と公園でサッカーしているんだよ」という立派な英文の出来上がりです。英文って全部こうなっているのです。 ところがここで「目的語~を」がなかったら、すなわち「サッカーを」がなかったら、「僕は放課後、クラスの仲間と公園でプレイしているんだよ」ですよね?  こうなるとサッカーなのか、鬼ごっこしているのか、或いはギターを弾いているのか分かりませんよね?  「あそう、プレイするんだ。でもプレイって、何をプレイするの?」という疑問が残ったままです。つまり英語でコミュニケーションする上で、「目的語 ~を」がどれだけ重要かが分かります。その重要な「目的語~を」を伴う動詞、それが「他動詞」ということです。だから重要なのです。 4. “marry”は他動詞、と覚えても問題はないのでしょうか? 、、、marry はよく自・他動詞の用法がごっちゃにされる常習犯ですね: ・He married her. 、、、「目的語 彼女と(「彼女を」嫁として取る)」があるので他動詞ですね。ご指摘の通り、marry ではこれが一番よく使われる形です。 では、こう言いたい時にはどうでしょう?: ・Because her family was poor, she married young. (若くして結婚した) 、、、「誰と結婚した」ということはそれほど関係がなく、「早婚だった」とだけ言いたい時、これは自動詞でしか言い表せませんよね。或いは: ・After divorce, he soon remarried. (間もなく再婚した) 、、、これも「目的語 ~を」、つまり「誰と結婚した」ことではなくて、「離婚後どれくらいしてから再婚したの? ⇒ すぐに」という事実にスポットライトが当たっていますよね。これも自動詞でしか表現できません。 このように、自動詞 marry でしか言い表し様がない場面も結構あるものです。なので、「marry ⇒ 自・他両方がある動詞」と覚えるべきところかと考えます。 ご参考までに。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

私の質問に事細かに答えていただきありがとうございます。 特に3の部分では単純な質問をさらに噛み砕いた回答で、 非常に分かりやすかったです。 『「marry ⇒ 自・他両方がある動詞」と覚えるべきところかと考えます。』 この箇所を忘れずに、その上で試験などでは他動詞が狙われやすい、 といった部分に注意して勉強を続けていきたいと思います。 迅速かつ丁寧な回答で、良回答とさせていただきます。

その他の回答 (3)

  • 回答No.4
  • P-Tech
  • ベストアンサー率54% (144/262)

先回答者のいうところはすべて正しいのですが、では、質問者に英語を教えている先生は、なぜ、「marryは他動詞」と教えたのか? 答えは簡単です。 「幸子は和夫と結婚した」──これを英語にするとき、 [×]Sachiko married with Kazuo.としてはいけない、と言いたかったのです。 [○]Sachiko married Kazuo. としなければなりません。「なぜなら、marryは他動詞だから」です。 先回答者が挙げた例文「They married.[彼らは結婚した]」のように、「(誰それ)と」の部分が要らないときは、marryを自動詞として使ってもよいのですが、「(誰それ)と」が必要な場合には、marryの後に直接もってきなさい(前置詞をはさんではいけません)というのが、質問者に教えた先生の趣旨です。 さらにいうと、日本の多くの学生は、英語を教わる際、「英語における目的語は、日本語の「~を」にあたる」と習います。 ところが、marryの場合は、「和夫を結婚する」とは言いません。ここでは、「目的語=をの法則」は成り立ちません。 さらに、「結婚する」という動詞は、「一緒になる」という日本語表現もあるため、前置詞withを連想させやすいという偶然もあります。 そのため、多くの学生が、[×]marry with Kazuoという誤りを犯しやすいわけです。 学生が誤りを犯しやすいということは、学生を選抜しなければならない入試問題の作成者にもねらわれやすいポイントだということ。 ですから、「marryは他動詞だ、他動詞だ」と強調するのです。 質問者のような学習者がいることもふまえて説明するとすれば、 「『(誰それ)と結婚する』と表現する場合は、marryを他動詞として扱い、直後に(誰それ)を持ってこなければなりません。ただ単に『結婚する』というときは、marryを単独で用いてもOKです」 と言っておくのがよいのでしょうね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

私の質問からさらに、『なぜ“marryは他動詞”と教えたのか?』 という面まで踏み込んで教えていただきありがとうございます。 実に丁寧に説明していただき、非常にわかりやすかったです。 『学生が誤りを犯しやすいということは、学生を選抜しなければならない入試問題の作成者にもねらわれやすいポイントだということ。 ですから、「marryは他動詞だ、他動詞だ」と強調するのです。』 この箇所は特に参考になりました。 【marryは単独でも用いることができる】ということを念頭に置きながら、【marryは他動詞】と覚えたいと思います。 非常に悩みましたが、良回答とさせていただきます。

  • 回答No.3
  • KappNets
  • ベストアンサー率27% (1557/5688)

他動詞と固定して教えるのは多くの場合間違いです。仮に一番普通に使われる用例が他動詞だとしても自動詞としての用法もおそらくあるだろうと考えるのが普通です。 marry ですが、これは明らかに両方の用法があります。他動詞、自動詞の例は He married her. (他動詞) She married very young. (自動詞) contact は他動詞です。自動詞の用法はおそらくないでしょう。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

『仮に一番普通に使われる用例が他動詞だとしても 自動詞としての用法もおそらくあるだろうと考えるのが普通です。』 これには自分で気付かないとだめですね・・・。 普段から多くの英文や問題に触れておけば、両方の用法があると気付くのは容易でしょうし。 回答ありがとうございました。

  • 回答No.1
  • sanori
  • ベストアンサー率48% (5664/11798)

こんばんは。 >>>“marry”は他動詞、と覚えても問題はないのでしょうか? 文法は法律の条文ではありませんから、ケースバイケースで考えなくてはいけません。 kotora3 さんも、他動詞・自動詞という用語を覚えてから日本語を覚えたわけではないですよね。 日本語でも 「ご飯を食べる」の「食べる」は他動詞。 「なんとか食べていける」の「食べ」は自動詞。 しかしながら、 「食べる」は、基本的に、他動詞である場合が多いのと同様、 marry も他動詞として使われることは多い、という理解の仕方ならば問題ないでしょう。 自動詞の marry の最も単純な例。 They married. 以上、ご参考になりましたら幸いです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

日本語に置き換えての解説が非常に分かりやすかったです。 『文法は法律の条文ではありませんから、ケースバイケースで考えなくてはいけません。』 この部分でもあるように、私は英語をやや難しく考えすぎてしまうようです。 もっと頭をやわらかくして勉強をしたいと思います。 回答ありがとうございました。

関連するQ&A

  • 自動詞と他動詞って

    英単語を覚えるときは、自動詞か他動詞かを意識して 覚えなければいけないのでしょうか? 電子辞書で 「自」 「他」 の二つの記号が、一つの単語にあったのですが、こういう場合どうすればいいのかわかりません。 具体的な例として、「discuss」という単語は主に他動詞として 使われると考えてよいのでしょうか? うまく質問できなくてすいません。。

  • damageは自動詞か他動詞か

    仕事をしていての話です。 あるサンプルが酸に犯され破損したことを 英語で伝えようとした同僚が damageを自動詞「破損する」として使いました。 私はdamageは他動詞「破損させる」だろうと思っています。 だから、すごく違和感があったんです。 色々な辞書で調べてみたらほとんどの辞書は他動詞のみが記されていました。 アルクの英辞郎のみが自動詞も他動詞もあると記載されていました。 ただ、英辞郎にあるdamageの使用例でも他動詞がほとんどです。 damageってやっぱり他動詞で使うのが普通ですよね?

  • 他動詞と自動詞について

    はじめまして。TOEIC試験に向けて勉強しているところですが、 主に自動詞として使われる動詞と、主に他動詞として使われる動詞がよくわかりません。辞書をひくと、両方の使い方(他動詞と自動詞)が載っていたりします。 TOEICによく出てくるような動詞で、主に他動詞として使われる動詞と主に自動詞として使われる動詞を、箇条書きのような感じで、もしどなたか教えていただけたらと思います。何卒よろしくお願いします。

  • 自動詞と他動詞が

    目的語をとるのが他動詞、とらないのが自動詞。。と何を見てもありますが・・・・ 自動詞と他動詞は単語一つ一つ これは自動詞 これは他動詞と覚えるほかないのでしょうか??

  • ドイツ語 自動詞と他動詞

    辞書でひくと「自動詞」は「目的語がなくても意味が完結する。例)走る、咲く」 「他動詞」は「目的語がないと意味が完結しない。例)読む、待つ」とあります。 たしかに辞書で見ても日本語では「走る」「咲く」は自動詞のみ、「読む」「待つ」 は他動詞のみです。 しかしドイツ語のwartenは自動詞です。auf+4格で「(4格)を待つ」という意味が 書かれています。 wartenに他動詞もありますが「待つ」とは違う意味を持つようです。 erwartemは他動詞でwartenと同様に「(4格)を待つ」という意味が書かれています。 日本語とドイツ語では「自動詞」「他動詞」の定義が異なるのでしょうか。 どなたか教えていただけないでしょうか。 よろしくお願いいたします。

  • 他動詞と自動詞の見極め方といい覚え方はありますか

    他動詞と自動詞の見極め方といい覚え方はありますか? discussだとわかりやすいんですが、他動詞と自動詞両方の意味があるものもありますよね? その見極め方や特徴などはあるんですか?また、なんで他動詞や自動詞というわけ方があるんでしょうか? 日本語にも他動詞や自動詞はあるんですか?

  • 自動詞と他動詞

    基本的な事だと思いますが教えてください。 I speak English. The chair has four legs. これらのspeak、hasは他動詞ですか?自動詞ですか? というのも、3文型(S + V + O)のVは全て他動詞、という説明を見ました。 でもこのふたつの文の動詞は自動詞のような気がするのですが間違いでしょうか。 ところで辞書に他動詞とか自動詞とかって載っていますか?私の辞書には無いような気がします。 見方がまずいのでしょうか。

  • 自動詞? 他動詞?

    英語の勉強をしているものですが、ただいま自動詞と他動詞の取り扱いについて、混乱しています。 どの参考書にも、大抵「試験で狙われる覚えておくべき他動詞」(目的語を取る)の項目で、leaveが必ずと言っていいほど出ているのですが、辞書を引くと自動詞の用法もあります・・・ 違う参考書では、ring(他)となっていますが、辞書を引くと、自動詞もあります・・・ 一体どうるいうことなのでしょうか・・・

  • 他動詞と自動詞の両方を持つ日本語はありますか

    日本語の他動詞と自動詞の見分け方は 「~を」と目的語をつけるかどうかで判断できると思うのですが 英語には両方に作用する単語が複数あります。 (例:I moved by car. I moved the chair.) そこで疑問に思いましたのは、 日本語には他動詞と自動詞の両方が作用する動詞は 存在しないのでしょうか。 どうぞ宜しくお願いします。

  • 他動詞と自動詞で同じ意味の物の使用法

    始めましてJoeです。 さっそくですか、Browseという単語を辞書(ジーニアス英和大辞典)で調べたところ、自動詞にも他動詞にも、(インターネットで)閲覧する、という同じ訳が載っていました。 自動詞でこの単語を使う場合と他動詞でこの単語を使うのでは、相手に与える印象などは違うのでしょうか? そして、このような場合はどちらを選択的に使うのが良いのでしょうか?