• ベストアンサー
  • 困ってます

判例法について

判例法とは、裁判所が確立した一定の考え方(判決例)だと思うのですが、ゆくゆくは法律として制定されるのでしょうか? 判決から法律が制定されるまでには非常に時間がかかりますが、その間は国民にとっては法的安定性が損なわれると思いますが、それを解消する手立てはあるのでしょうか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数1529
  • ありがとう数13

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.3

日本は憲法で三権分立を定め、その中に「国会単独立法の原則」を定めました。よって裁判所の判例は国会を拘束しませんので、判例法が法律として制定されなければいけないことはありません。 では、判例法は何を拘束するかと言いますと、それは裁判所自身です。これを先例拘束性といいます。この先例拘束性が法的に拘束力を持つのは当該事件においてのみです。ただ、最高裁の判例には「先例を無視した判決を下しても最高裁が判断を変えない限り最高裁で覆されるよ」という事実的な拘束力を下級審に対して持つでしょう。これによって法的安定性がある程度保たれるというわけです。 たしかに、裁判所は判例を書き直す事ができます。これでは法的安定性を欠くのではないかと思われるかもしれません。たしかにそういう側面は否定できませんが、最高裁では判例の書き換えには大法廷を開廷しなければなりませんし、法的安定性に勝る利益があってのことだからしょうがないのでしょう。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 法律の学説や判例について

    法律の勉強をしていますが、裁判所が判決をだすときは過去の判例だけでなく、学説も参考にするのでしょうか?そもそも学説の果たす役割がいまいちよくわかりません。

  • 判例の中の別紙被告製品目録について

    特許権侵害差止め等請求事件などの判例の中には「別紙被告製品目録記載の・・・」とあります。 ところがこの「別紙被告製品目録」が判例それ自体の中にある場合と、本当に別紙となっていて判例の中に記載のない場合があります。 完全に別紙となっている場合は、裁判所へ出かけて資料を入手する以外に方法はないのでしょうか。 下記のデータベースなどにて検索したりしてみましたが、別紙入手の手立ては見当たりません。 ・知的財産裁判判例集 ・知的財産裁判判決速報 ・知財高等裁判所の判例検索 ・パテントビューロが提供するhanrei.jp ・裁判所判例Watch-知財判例 ・国立国会図書館の判例の調べ方ガイド なお、有料のデータベースでは ・法律判例なび その他 裁判所へ出かけて、書類を閲覧して「別紙被告製品目録」を探し、メモまたはコピーをとることになるのでしょうか。

  • この場合の判決は無効になるものですか。

    特に法解釈の場合、最高裁の確立した判例は下級裁判所を完全に拘束するそうですが此れを無視して判決を出した場合、この判決は無効になるものですか?

その他の回答 (2)

  • 回答No.2
  • utama
  • ベストアンサー率59% (977/1638)

「法」というのが,裁判所の判断を拘束するものと考えると,日本では判例が直接的に裁判所の判断を拘束することはない(事実上は影響するが)と考えられますので,「判例法」という制度はとっていないと思います。 これに対し,判例法の国といわれる米国では,先例は基本的に裁判所の判断を拘束するものととらえられますので,原則的に先例と異なった判断をすることは許されません。先例と異なる判断をする場合には厳密な先例との区別や,先例の適用前提が変化してしまった事実の認定などを綿密に行うことが必要となります。 私の見解としては,「判例法」という制度その物が,裁判所が先例と異なる判断をすることを原則として禁止することで,法的安定性を確保するための制度であると考えますが,いかがでしょうか。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1
  • aruke
  • ベストアンサー率47% (17/36)

法律として制定(改正)されるものもあります。 例えば、最近では貸金業規正法の改正により、いわゆるグレーゾーン金利といわれる部分が廃止されましたが、判例ではこのグレーゾーンについては、過払い金として払い戻し請求ができることがはやくから確立していました(貸金業規正法の改正については下記URLに金融庁のHP)。 この改正は判例が法律をかえた典型でして、「法律に定めてあるのに判例で少しずつ無効化していって、最後には改正した」という流れになっています(詳しくは調べてみてください)。 法的安定性が損われる…という点については、おっしゃるとおりだとは思いますが、しょせん判例も、一つの事件に関する判断にすぎないわけで、その事件の積み重ねがないと、改正のしようがないのではないかな、とも思います。

参考URL:
http://www.fsa.go.jp/policy/kashikin/index.html

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 判例を逸脱した判決を裁判官は下せるのですか?

    質問させていただきます。 裁判官は判決の際、以前の判例を調べて、適切な量刑(刑事事件)を下したり、賠償額を命じたりすると思いますが、検察や弁護側が提示する量刑や基準を大きく逸脱する判決は、自身の判断でだせるのでしょうか? 例・・・検察が懲役10年の量刑を求刑している事件で、裁判官は死刑が相当として、死刑の判決を出す。 例・・・弁護側が心神耗弱であったとして懲役5年の主張に対して、被告は心神喪失であるとして無罪を言い渡す。 等々 下級審であればおそらく抗告・上告すると思いますがそれを分かった上で法律の定める範囲であれば裁判官の判断で判決を下せるのでしょうか? 変な判決を出す裁判官として弾劾されたりするのでしょうか? 参考のご意見をお願いいたします。

  • 更新料と判例について。

    更新料と判例について。 質問させていただきます。 近頃、居住目的の建物の賃貸借契約において、更新料が消費者契約法において無効か有効かとの訴訟が数件提起されており、現在3件ちかくが最高裁で争われていると記憶しております。 平成14年に施行された比較的新しい法律である消費者契約法により、更新料が有効か無効かは最高裁の判断にお任せすることとして、過去の更新料に関する裁判所の判断はあるのかないのかをいろいろ検索してみたところ、居住目的の建物の賃貸借契約において、借地借家法の規定でいわゆる法定更新規定に基づいて法定更新をした場合に、賃貸借契約において更新料の支払いを約定していたとしても、支払う必要があるのか否かで争いがあった最高裁判決を一番下の※の後に提示する通り発見したのですが、この判決は先例として、下級審が拘束されるような判決なのでしょうか。 また最高裁判決は、後の同様の判決について事実上拘束される効力があると認識しておりますが、実際は、後の判決に影響を及ぼす判決と、そうでない判決があるのでしょうか? 違いがあるとすれば、下級審を拘束する判決とそうでない判決にはどのような違いがあるのでしょうか? 教えてください。よろしくお願いいたします。 ※昭和57年4月15日判決(抜粋) 本件建物賃貸借契約における更新料支払の約定は特段の事情の認められない以上、専ら右賃貸借契約が合意される場合に関するものであって法定更新された場合における支払の趣旨までも含むものではない」

  • あえて判例(前例)を出したがらない事例も存在する?

    当方は法律について素人で、正当防衛について複数質問しました。 その情報を総動員した上で、総決算として一つ疑問が残ります。 日本では法律上(建前)では正当防衛権は認めていても、 実際に一般市民に対して正当防衛が認められる事例が稀少です。 確かに法律上も他国より基準が厳しいとはいえ、 本当にそれだけが理由なのか疑問が湧いてきました。 本来正当防衛と認めて然りの事例でも、 あえて判例を出したがらない背景もあるのではないでしょうか? 万引き犯を取り押さた市民が相手を死亡させた事件に関して、 「業過致死の疑いで調べている」と報道があっただけなのです。 柔道技で15分も押さえ込んで犯人を死亡させていることから、 過失というのは不自然で、一旦傷害致死の疑いで審理が進んだ結果、 正当防衛判決が出るというのが世界標準的な考えだと思います。 日本の場合は犯罪増加にも関わらず、 時代に合わず正当防衛の条件が他国より厳しいままで、 傷害致死で起訴すると善意の市民が有罪になる確立が高い為、 過失扱いにしたのかと当初は想像しました。 しかし正当防衛の「判例」を論拠として、 民間人による犯人殺傷が横行するのを恐れているのではないか、 という疑念が湧いてきました。 一旦正当防衛判決が出ると、類似ケースでも正当防衛を認めざるを得なくなります。 場合によっては民間警備業者等によるビジネスにも利用されかねません。 社会的背景からあえて論点を曖昧にして判例を出したがらない、 という事は法律の世界では存在するのでしょうか? 法律や裁判に詳しい方、ぜひ教えてください。

  • コモンローについてです

    (1)授業でやったプリントに土地の占有に関する民事訴訟や, 国王の平和をおびやかす侵害に関する刑事訴訟について、 王国全体を対象に裁判を行う王国裁判官を設置し 民事訴訟と刑事訴訟において、(神判や決闘に変わる)標準的証明方法としての陪審を導入した。人々はこれらの新しい裁判所と訴訟手続に殺到し, かくしてイングランド王国に共通の判例法であるコモンローが生まれた。 とあるのですがなんでこれでコモンローが生まれるのかがわかりません あと王国裁判官が王国全体を対象に裁判を行うということでいいんでしょうか? (2)あとイギリスの陪審制度において裁判はどのようにして行われているのでしょうか? 今回の裁判の論点は~~の~~がコモンロー(判例)の~~に適用されるかについてです。 その上で無罪か有罪かを決めてください。と陪審員に説明して 無罪有罪決めた後に量刑は裁判官が という形式でしょうか? (3)最後にですが、イギリスの議会は法律を作りたい時(たしかイギリスにも成文法はありましたよね?日本の憲法=コモンローなだけで) こういう判例があるからこういう法律制定します。いいですか? という感じでしょうか? よろしくお願いします

  • 平成19年 57問目 民訴

    平成19年 57問目 民訴 この文章は正しいみたいですが、具体的にどんな状況のことを言ってるのでしょうか? オ. 判例によれば,上告裁判所によって破棄差戻しがされた後の原審が,差戻し前の原判決と同 一の認定事実の下で,破棄理由で誤りとされた法律的見解とは別個の法律的見解に立って,差 戻し前の原判決と同一の結論の判決をすることは,破棄判決の拘束力に違反しない。

  • 憲法の遡及処罰禁止と刑事訴訟法について質問いたします。

    実行時の最高裁判例では適法だった行為が、その後の判例変更で違法になった場合、行為者を処罰しても違憲ではない、との判例があります。 つまり裁判所は、「法律は国民の行為を支配するので遡及は許されないが、最高裁判例は行為を支配するものでない」と判断した、法律を最高裁判例よりも「上位とみなした」訳ですよね。 しかし刑訴法の上告理由では、法令違反は認められないのに最高裁判例違反は理由になっている。つまり、最高裁判例を法律よりも上位とみなしています。 処罰が合憲とした判例と、上告理由の条文は矛盾しないのでしょうか?

  • 中国ギョウザ事件の犯人の刑は、日本だったら?

    中国の日本への冷凍ギョウザ事件、重体の人も出たが死者なしでした。 犯人は、無期懲役の判決だそうですね。 もし、日本の法律(裁判所)だったら、どのくらいの刑になるのでしょうか? 法律や判例に詳しい方教えてください。 日本の、マルハの事件とも関係あり、興味があります。

  • 裁判員制度について

    どうして法律の事を知らないズブの素人に殺人や強盗等の重罪を裁く法廷に出席させるのでしょうか?倫理観は人によって全く違います。それを諮るには、ある一定の基準が必要です。それが「法律」と言う「物差し」です。法律にも不備があるので直す必要がありますが、それでも被害者の人権よりも加害者の人権が叫ばれる世の中で、素人なんかを裁判員なんかにしたらいけないのでは?と思います。裁判官も判決に当たっては過去の判例に拠って判決を下します。その場合社会の常識や風潮等も考慮に入れると思うのですが、世間の「常識」や「風潮」が間違った方向に行っている場合は裁判官だってそれに流される事もあると思いますが皆さんはどう思いますか?それでもこの制度は必要ですか?

  • 科学の定義は法律より上か

    科学と法律では、どちらが上か。現代の科学の定義では、冥王星が降格されて太陽系の惑星は、「8個」と認定されている。 しかし、もし日本の国家が制定した法律で、「12個」と条文で明記した場合、どちらが勝つであろうか。 日本の1人の一般国民(科学者ではない)が訴訟を起こしたとき、司法審査になじむであろうか。多分、判断できずに裁判所は「却下」するであろう。 ガリレオと教会のように、どちらの主張が正しいか。違反者は、懲役1年の罰則を科せられる。それでも国民は、法律に従わないといけないのでしょうか。

  • 裁判員裁判を行う本当の理由は?

    裁判員裁判を行う理由として 国民の司法への理解を深めるため 裁判官の価値観を一般市民の目線に補正するため 判例に基づいた判決が国民感情とズレがあるため 弁護士と検事の相違点について、裁判官以外の人の判断を仰ぐため などの文字を目にしますが、本当の理由は何でしょうか? この制度によって受ける、裁判所および裁判官の利益は何でしょうか?