• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

判例を逸脱した判決を裁判官は下せるのですか?

質問させていただきます。 裁判官は判決の際、以前の判例を調べて、適切な量刑(刑事事件)を下したり、賠償額を命じたりすると思いますが、検察や弁護側が提示する量刑や基準を大きく逸脱する判決は、自身の判断でだせるのでしょうか? 例・・・検察が懲役10年の量刑を求刑している事件で、裁判官は死刑が相当として、死刑の判決を出す。 例・・・弁護側が心神耗弱であったとして懲役5年の主張に対して、被告は心神喪失であるとして無罪を言い渡す。 等々 下級審であればおそらく抗告・上告すると思いますがそれを分かった上で法律の定める範囲であれば裁判官の判断で判決を下せるのでしょうか? 変な判決を出す裁判官として弾劾されたりするのでしょうか? 参考のご意見をお願いいたします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数6
  • 閲覧数307
  • ありがとう数3

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.6
  • oska
  • ベストアンサー率48% (4105/8467)

>検察や弁護側が提示する量刑や基準を大きく逸脱する判決は、自身の判断でだせるのでしょうか? だす事が出来ます。 検察・弁護側の主張は、客観的な参考の意味しかありません。 (刑法上認められている量刑内で)無期懲役求刑に対して、死刑判決を出す事も可能ですよ。 >変な判決を出す裁判官として弾劾されたりするのでしょうか? ありません。 検察官・弁護士・裁判官は「個々に独立した存在」です。 会社組織などと異なり、部長・課長・ヒラの組織体制でも、各自独立して判断を行います。 逆に、上司からも判断に対して命令はありません。 もし、判決に誤りがある場合は「刑法等の法律を逸脱した判決を行った」場合だけです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 検察側と弁護側の間(あいだ)を取った判決は許されますか?

    裁判で、検察側と弁護側の間(あいだ)を取った判決は許されますか? つまり、(特に事実認定において)検察側の主張にも弁護側の主張にもそれなりの妥当性があると思われる場合、その間(あいだ)を取った量刑を出して、無難に被告を裁いてしまうことは許されるか、ということです。原則的には犯行事実は「有った」か「無かった」のどちらかでしょうから、このような判決は本来あってはならないのでしょう。しかし、人間は全知全能の神ではないのですから、いろいろ考えてみたけれども「よくわからない」ということもあるんじゃないでしょうか。その際、「間(あいだ)を取る」というのは極端を避ける術としてあってもよい(また実際の判決でもある)と私は思うのですが、どうでしょうか? また、来年度から裁判員制度が実施されます。裁判員に選ばれ、量刑を決める立場になった際、「どちらが正しいか、よく分からない」という理由で、検察側と弁護側の間(あいだ)を取った量刑にするのは、合議の際に認められるのでしょうか?それとも、裁判官に「そんなテキトーに判断を下してはならない。」と再考を促されるのでしょうか? さらに、「犯行事実」に疑いのない場合でも、被告の責任能力が争われ、弁護側と検察側の精神鑑定の結果が食い違ってくることもあると思います。現在は、裁判官がどちらかの意見を採用して(あるいはどちらも採用せずに)、「犯行当時は善悪を判断する能力はあった」とかの理由を付記して、心神喪失とか心神耗弱とか、法律上の基準に当てはめて、最終的な判決を示していると思います。ですが、もし自分が裁判員になって判断する立場になったら、「間(あいだ)を取って、無難に裁いておきたい。」と思うだろうと、考えます。つまり、「この人は心神喪失!」とか、「この人は正常な精神状態だった!」とか、の法的な枠に入れ込んで量刑を決めたくありません。だって、確かに「正常」とは思えないような感じのする、被告がいて、さらに「お医者さん」の意見も割れているのですから。 こういう際も、「間(あいだ)を取って」というのは、判断理由としては許されないのでしょうか?また合議の際、「間(あいだ)を取った」判決であると直接に言っていなくても、「どうもこいつは、間(あいだ)を取った判断をしている。」と思われれば、問い詰められるのでしょうか? 恥ずかしい話ですが、私はよく日常生活で「間(あいだ)を取った」判断をします。ビジネスの世界でもリスクを避けるために、A社から50%、B社から50%、受注するというようなことは、よくあることなのではないでしょうか?やはり司法の場では、間(あいだ)を取った判決で「(真実と正反対の判決をしてしまうという)リスクを避ける」という自己保身的行動は認められないのでしょうか? 私自身は法律には素人で、法律に詳しい方からすると浅薄な意見であるかもしれませんが、自分が裁判員に選ばれ「人を裁く立場に立つ」ということを想像したときに純粋に気になりました。ご意見を頂ければと思います。

  • 死刑判決について・永山基準

    裁判官が死刑か、無期懲役かを決める場合、 永山基準に基づいて、判決を決める場合が多いようです。 新聞を読んでいて、死刑か無期かを争う事件において 永山基準という言葉が、必ずといって良いほど出てきています。 一つの死刑判決を基準にして量刑を決めることに、違和感を感じるのですが。 そもそも、量刑を決める場合、本当に、過去の判例を用いて判断する方法しかないのでしょうか? 皆様は、どうお考えですか? どのようにしたら良いとお考えですか? 考えを教えてください。 批判のほかに、どうあるべきかを教えていただけるとありがたいです。 よろしくお願いします。

  • 裁判官の仕事について

    今度、仮想裁判を行うことになりました。 まったくの素人が裁判の形式に(簡単に)のっとて議論します。 裁判官の仕事は判決を下すことだと思うのですが、具体的な判断基準や、弁護側、検察側の供述や証拠をどのよにどのような手続きを踏んで判決をくだすのかよくわかりません。 とりあえず代表的な手続きのみでいいので、ご存知の方、教えてください

その他の回答 (5)

  • 回答No.5
noname#57427

No.4です。 × 弾劾委員会 ○ 弾劾裁判所 でした。失礼しました。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.4
noname#57427

まず、「抗告」は「決定」「命令」に対する上訴であって、判決に対するものではありません。刑の言い渡しは「判決」でなされますから、量刑に対する「抗告」はあり得ません。一審から二審の上訴は「控訴」と言います。 次に、判例はあくまで判例ですから、法律の範囲内であれば判例を逸脱する判決を出すことも当然可能です。ただし、最高裁の判例に反する判決は上告理由となります。 弾劾についてですが、出した判決を理由に弾劾されることはありません。裁判官独立の原則に反します。 弾劾理由は 1.職務上の義務に著しく違反し、または、職務を甚だしく怠ったとき 2.裁判官としての威信を著しく失うべき非行があったとき に限られており、実際に弾劾された事例も、裁判を放置したり、癒着があったりという事例に限られているようです。 ついでにいうと「弾劾」は国会の弾劾委員会が行うものであって、最高裁などの上級機関が行うものでもありません。心身の故障などで職務を行えない場合の罷免は「分限裁判」で行われますが、同様に出した判決を理由にされることはありません。 出した判決を理由に処分される可能性は、国民審査による罷免くらいしかないですね。(もちろん実際には左遷があることは公然の秘密のようですが)

参考URL:
http://www.dangai.go.jp/lib/lib1.html

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.3
noname#56778

そこまで極端ではないでしょうが、求刑10年に対し12年の判決などになったケースがあります。 http://blog.so-net.ne.jp/shikuyoro/2007-09-26 法令の範囲内であれば、その最高刑が相当と判断されればそういった判決も問題ありません。 検察の求刑とは意見に過ぎないのですから。 もう一つの例は、精神鑑定などを行い、過去に何度も実例のあることです。 判決は裁判官の合議制で、一人で出すものではありません。 当然一人だけ弾劾するというようなこともないでしょう。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.2

弁護士が求める刑罰以下の判決例はわかりませんが、検察の求刑以上の判決を下した例なら参考URLに示したものとかがあります。 この場合は求刑懲役10年に対し軽すぎるということで懲役12年の判決が出ております ただ、これが「検察や弁護側が提示する量刑や基準を大きく逸脱する判決」なのかは微妙かもしれませんが...

参考URL:
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/trial/86897

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1
  • AVENGER
  • ベストアンサー率21% (2219/10373)

例1:求刑に法的根拠はありません。求刑を越える判決はあります。 例2:同じく、無罪判決はあります。 どちらも、変な判決ではありません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 山口県光市母子殺害事件の判決

    弁護側は、強姦目的や殺意を否定し、傷害致死罪にとどまると主張していますが、死刑廃止を目的とした弁護団だけに判決が、気になります。 差し戻しになる前は、無期懲役か死刑かのどちらに決まるかだっただけに、今回は、どのような判決が下るのでしょうか? 今回も、無期懲役と死刑のどちらかなのでしょうか?

  • 山口県の若い母親と乳児が殺害された事件で判決が出たら上告ってできますか?

    最高裁で差し戻した後高等裁判所で死刑判決を受けその後上告って可能ですか? 可能なら、死刑判決が出ればおそらく弁護側が上告、それ以外の判決なら検察側が上告する可能性が高いですよね? 地方裁判所:死刑判決 高等裁判所:死刑判決 最高裁判所:死刑確定 これが多いように思えますが、差し戻し審ってどういう場合に行うのかよくわかりません

  • 検察の論告求刑と裁判官の判決

    以前何処かのページで見た記憶があるのですが、思い出せず、見つける事も出来ないので質問させて頂きます。刑事裁判により検察の論告求刑に対して裁判官の判決はその刑の何パーセントぐらいかの刑が大体言い渡されるというものです。例えば求刑が懲役2年に対して1年半であるとか・・(?)懲役1年の求刑の場合はそれより短くなる事はありませんよね?検察の論告求刑より裁判官の判決の方がもっと重い刑罰になる場合はあるのでしょうか?又は懲役刑の求刑に対し、判決は罰金刑になるというケースはありますか?素人なのでおかしな質問かもしれませんが宜しくお願いします。

  • 求刑より重い判決 、一般庶民の考え

    たまに、検察の求刑(用語にうるさい人もいるので、検察側が裁判で提示する科刑意見と訂正しましょうか)を上回る判決に関して 裁判官の公平性から疑問視していました。 それで、前回の質問、「求刑より重い判決 http://okwave.jp/qa/q7750343.html」では 意外というより案の定、裁判官の判決に肯定的な意見が多かったでした。 しかし、深い見識を持った方も疑問視しており、、一人は 前回の質問で 「しかし、裁判官が検察の求刑よりも重い判決を出す、というのは 被告との関係で、あまり好ましいものではありません。例え、法的に問題はなくても、裁判所の公平を疑われかねないからです。あの裁判官は、被告に対して悪感情を持っているのではないかととられかねません。」 と仰る方がおりました。 また、別の質問サイトの類似の質問でも 「しかし、求刑よりも重い量刑を科すことが全く問題がないかというと、 そうとも言い切れません。 たとえば、今年の夏に判決のあった、発達障害の弟が、自宅で実の姉を視察した事件です。 懲役16年の求刑に対し、下った判決は懲役20年でした。 ひきこもりで学習障害と診断された被告人に対し、親族は面倒を見ることも、同居することも拒み、 判決理由では「許される限り刑務所に収容することが社会秩序の維持にも役立つ」とされた。 この場合、受け入れる家族がいたら、量刑はもっと軽くなったと推定されます。 このように、本人の犯した罪以外の事情で、被告人に対して求刑された内容以上の 量刑が科されるのはいかがなものでしょう。」 という意見もありました。 しかし、私のような考えが少数派で、むしろ 検察の求刑、もとい、検察側が提示する科刑意見に 肯定的な人が多いのはどうしてだろうと私なりに考えてみました。 (1) 一般庶民が裁判官に期待するのは裁判での公平性よりも 悪人を厳しく懲らしめることだから。 (2) 一般庶民は検察に不信感を抱くことはあっても、裁判官には絶大な信頼を寄せているから。 (3) 一般庶民は別に深い信念があるわけでなく、マスコミが肯定的な報道をすれば それになびくだけだから。 (4) こういう質問サイトの性格上、同調的よりも反論的な回答が付きやすく、ましてや この手の質問は 反骨的と看做され尚更だから。 (5) こういう判決を出す裁判官は量刑のバランスとかよりも個人の感情を押し出し、それが一般庶民の感情に近いから。 (6) 検察は罪状だけを見て事務的に科刑意見を出すことが多いが、裁判官は 法廷での態度や更生の可能性低さなどのマイナス要因を考慮し、弁護士の弁護を上回った と考えたため。 (7) 一般庶民は裁判官は検察以上に被害者の立場で考えるのが望ましいと思っているため。 おそらく、複数の理由が絡んでいると思いますか、どれが一番大きな要因だと思いますか? また、他に考えられる理由はありますか?

  • 裁判官は検察が求刑する刑より重い罪を科せられるのか

    例えば検察側が求刑 懲役3年を求刑したとします。 裁判官は「そんなものではぬるい」と 懲役5年の判決を下すとか、そんなことはあるのでしょうか? そんな例を知っておられる方、ぜひ教えてください。 よろしくお願いします。m(__)m

  • 判決の決定要因について教えて下さい

    ――― 刑事裁判では弁護側、検察側がそれぞれの主張の下に対抗要件として物的証拠を提示します。 検察側の主張を覆すためには弁護側にそれを裏付けるための証拠が必要となります。あるいは弁護側の提示した証拠が証拠として弱く、検察側の優勢となることもあります。そんなことを繰り返しながら、公判の最後に裁判官の判決が下る。 では、このよう場合はどうなのでしょうか。 たとえば詐欺や横領では物的証拠が登場すると、圧倒的に被告が不利になり、弁護側も無罪を主張するというよりは減刑要因を探し始めます。この時、もしも真実が刑法38条1と2の規定に該当する場合、弁護側はどうやって被告の「罪を犯す意思がない」「行為の時に重い罪に当たることとなる事実を知らなかった」ことを証明するのでしょうか。 詐欺や横領は故意犯ですが、質問の被告は、行為は上役からの指示、言い包められたなどの理由があったために行為が犯罪になることを知らず、かつ上役がそれら犯罪に関わる金銭を持ち逃げしたということで、結果的に詐欺や横領となってしまったという場合なのですが、その場合はどうなるのでしょうか? 物的証拠はあるが、善意、無過失であったという場合です。

  • 検察側と弁護側、原告と被告の座る位置

    ずいぶん昔の話ですが、刑事裁判における検察側と弁護側の席について、正面を裁判官席だとして、その右側が弁護側、左側が検察側だったように記憶しています。 しかし、先日観た判決前の法廷の様子のニュースでは、逆になっていました。 どちらに座るかは裁判所によって、あるいは裁判官によって異なるのでしょうか? 民事訴訟における原告側と被告側もまちまちなのでしょうか?

  • 光市母子殺害事件(本村洋さんの闘いで有名な事件)今、どういう状態ですか

    光市母子殺害事件(本村洋さんの闘いで有名な事件)今、どういう状態ですか? はじめまして。 本件ですが、 2006年6月20日 最高裁が無期懲役を棄却し、差し戻しました。 その後、2008年4月22日、判決公判が行われ、弁護側主張を全面的に退け 死刑回避理由にはあたらないとして死刑判決となりました。 即時、弁護側が控訴したと聞きますが、その後、どうなっているかをご存知 ですか? よろしく御願いします。

  • 何故人を殺しても死刑にならないのでしょう?

     東京・秋葉原の無差別殺傷事件で殺人罪などに問われた元派遣社員加藤智大被告(28)の公判が9日、東京地裁(村山浩昭裁判長)であり、最終弁論で弁護側が「被告は心から後悔しており、死刑を科すべきではない」と訴えた。公判は結審し、3月24日に判決が言い渡される。  加藤被告は最終意見陳述で、「事件を起こすべきではなかったと後悔し、反省している。ご遺族、被害者に申し訳ない」と述べた。  弁護側は最終弁論で、事件を起こし、インターネットの掲示板での嫌がらせをやめてほしいと伝えることが事件の動機だったと主張。背景には加藤被告特有の考え方があり、母親の不適切な養育が大きく影響したと述べた。  争点の責任能力については、加藤被告は事件当時の記憶がほとんどなく、動機も正常な心理では説明が困難なことから、心神喪失または心神耗弱の状態だった疑いがあるとした。  秋葉原の此のニュースだけではありませんが、 「心神喪失または心神耗弱の状態だった疑いがある」等と云って、 明らかに軽い刑罰だけで終わるケースが多々ある様に思えるのですが、 何故、多くの人を殺傷したり、鬼畜としか言えない様な事をしても、 「心神喪失または心神耗弱の状態だった疑い」と云っておけば死刑にならないのですか?

  • 裁判官いい加減判決を追求する方法

     先日、上級裁判官が一審の死刑判決を覆して、無期懲役にした。理由も被害者遺族にきちんと説明をしていない。ただ、先例に準じただけという記事を見ました。  もちろん、被害者遺族は控訴するでしょう。しかし、いい加減な判決をした、裁判官をこのままにしておいていいのでしょうか。最高裁判事は国民審査でいい加減な判決をしていると裁かれます。  しかし、地方や上級裁判官は何か処罰がないと、所詮他人ごとのような判決をこれからもしていくのではないでしょうか。控訴することによる、遺族の心痛や金銭面での御負担を考えると、法律に沿って判決を出していない、この裁判官が許せません。  裁判官を提訴する方法などがあれば教えてください。