• ベストアンサー
  • 困ってます

今がどれだけ就職氷河期か知りたいです

こんばんは。今は超就職氷河期と聞きました。内定取り消し者300人強、多分その3倍はいるのではないかと考えています(違法なので普通は報告しないはず)。大分キャノン1100人、トヨタ7800人、日産1500人、いすづ1400人、マツダ1300人、三菱自動車1100人解雇等(ニュース&共産党のビラより)。 そんな中、私の友人は次の就職のあても無いのに離職を決定したそうです。あほだと思いました。何とかその友人に次の就職先を探してから辞めるように言いたいのですが、資料が足りません。もちろん自分でも探しますが、これだけ、就職氷河期だ!!という資料、実話などを教えてくれないでしょうか。 お忙しい中ご足労かけますがよろしくお願いいたします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数41
  • ありがとう数4

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1
noname#185422

はじめまして、リーマンショックの影響でリストラされます。 >今がどれだけ就職氷河期か知りたいです 政府がどれだけ真剣に実行するかです。今仕事がないといっていますが、福祉関係(介護、保育所)など仕事があるのにやる人がいない業種もあります。 その仕事を交通整理をうまくやる機関が必要です。 とは言ってもすぐに出来ないので、多分生活保護に頼る人が増えるとおもいます。(法律で保護されている) しかし、大量の人がそうすると国事態が破綻してしまいます。 話は戻りますが、ここ4、5年は就職氷河期となるでしょう。 自殺者など増えるかもしれませんが、老後で暮らせない人もいるので 国債をどんどん発行して、皆さんに配るしかないです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

早速のご回答ありがとうございます。 >はじめまして、リーマンショックの影響でリストラされます。 こちらこそ。よろしくお願いします。私も、訳あり無職です。貴重な方からのご意見ありがとうございます。 >福祉関係(介護、保育所)など仕事があるのにやる人がいない業種もあります。 なるほど。そう言われればそうですね。その業種は私バイトでやっていた事があるのですが(在宅サービス)一生やるには辛いと思いました。さらに、給与も安いとか。 >その仕事を交通整理をうまくやる機関が必要です。 そうですね。冷静なご判断だと思います。 >ここ4、5年は就職氷河期となるでしょう。 やはり、そうですよね。厳しいですよね。 >自殺者など増えるかもしれませんが、老後で暮らせない人もいるので 国債をどんどん発行して、皆さんに配るしかないです。 更に国債の発行ですか・・・。国の借金がまた増える。国債は買う人はいるのでしょうか?(質問ではありません。つぶやきです。)私は、今の国では信用できないので国債が発行されたとしても買いません。 私は、日本国はそろそろ沈むのではないかと考えています。自分で生きていく術を身につけなくては・・・。 そうなった時に一番強いのって農業ですよね。食いぶちには困らないですものね。 家の親父は物流関係の仕事をしているのですが、昔から戦争になった時のためにと、取引先の農家に頭を下げ続けて来ているそうです。私はその判断は正しいと思います。

質問者からの補足

あまり回答が付きませんでしたね。残念。 友人は良く分かりませんが、 「”森”に関わる仕事がしたい」 と言っていました。 謎です。

関連するQ&A

  • 就職氷河期世代の40代が親の介護に直面していて貯金

    就職氷河期世代の40代が親の介護に直面していて貯金もなく、親に財産がないと共倒れすると言われています。 親に財産があれば良いですが、就職氷河期世代の40代の子供が次の介護世代になったときがもう日本の終わりのように悲惨で、財産がない親を財産がない子が介護するという確実に絶望の二文字しかない介護地獄が待っているようです。 国、政府として何が出来るのでしょうか?

  • 就職氷河期って本当にあったのですか?

    自分もこの世代にあたるのですが、最近、「就職氷河期世代」、あるいは、「ロスト・ジェネレーション」(米国で使われた表現の焼き直し?)という言葉をよく見かけます。これについて、疑問を感じています。 まず、筋の前提のお話をさせてください。一般論からいって、景気が後退局面に入り、しかもその流れが恒常的に続くのであれば、企業の収益が下がり、新規採用者の数を絞る。従って、絶対数からいえば、就職を希望している学生が、必ずしも希望の企業に就職することができるわけではない、ということは理解できます。但し、これも一般的にいえば、景気後退の局面が訪れれば、こうした現象はごく頻繁に起こることではないでしょうか?だとすれば、なぜここまでこの世代に対し盛んに悲観的な形容が伴うのでしょうか?これが僕の素朴な疑問なのです。 以上のような問題関心から、一つの仮説というか妄想を見立ててみました。実は、就職氷河期世代などというものは、誇大に広告され、喧伝された結果流通した偽装され加工された虚構の事実なのではないのか? これは厳密に論証したわけではありませんし、作業的な仮説にすらなっているとは思えません。ただ、最近本屋で売っているような俗説を見てみると、この世代を過大に評価ないしは、誇大に売り込んでいるような気がしてならないのです。実はそれ以前やそれ以降の世代となんらかわるところのない世代であったにもかかわらず、時代的な要請に従って、なにか特質をもった世代である、と。時代的な環境の変化がこの世代をかくかくならしめたという説明や、この世代の特質が時代環境と対応する形で、~という特徴を獲得した、など色々言うことはできますが、結果として、他の世代とは異なる何らかの位置づけをこの世代に与えてやろう、という試みが現在流行している、というのが僕の俗説理解です。こう理解した場合、近年の「ゆとり世代叩き」や「団塊世代叩き」の現象も理解できるのではないか、となんとな~く思っています。 ここでの眼目は、なぜゆえにこの世代が「強いものが好きで、弱視が嫌い、あるいは弱者に与した集団が嫌い。しかも自分の立場は圧倒的に弱い、という意識を抱えている、それを支えるものは強いものだ」というなんともおかしな「流通された俗説」が、実はメディアによって作られた印象にすぎなかったのではないか、と考えるようになってしまいました。 こうした、いわばどーしようもない僕の「直観」は、次の私の観察にだけ基づいています。すなわち、僕の周辺で、就職活動一般で失敗した人はいない、(失業を伴うようなという意味です)、しかも、景気後退が激し局面であったにもかかわらず、失業者となっている人を具体的に知らない。ここでは、一般に就職活動とは、程度の差こそあれ、希望した業種や企業に必ずしも入ることができない、ということを前提にしています。) つまり、フリーターであろうが、正社員であろうが、みんな職には就いている、しかも景気が悪化している時期にである、これは、取り立てて騒ぐほどの現象であるのだろうか?だとすれば、なぜ騒いでいるのだろうか?ここがいまいち現状の理解ではしっくりこないのです。 このくだらない僕の直観をみなさん、どう思われますか?

  • 【就職】 氷河期 VS 2010

    現在、就職活動をしています。ニュースになっていたので気になった為に質問します。 ずばり、今(2010年度採用)と過去にあった就職氷河期のどちらが厳しいと考えますか?? 昔のことはわかりませんので現在、私が経験していることを書かせていただきますと ・説明会に行くと採用担当の方から「今年は厳しいよね」と必ず言われる。 ・私は理系ですが大手電機メーカーが採用を減らし、毎年あった教授推薦ルートは今年はありません。 ・合同説明会で空きのブースが目立つ。 ・合同説明会に自動車関連の企業が非常に少ない。 ・選考会に行くと突然その場で採用活動中止を知らされる。 ・「採用中止です」と企業からメールがよく来る。 ・現在、周りで内定を貰っている友人が5名程度。殆どが弾切れ状態。 以上です。 社会人の方も就活に走り回る同士の方もご意見お待ちしております。

その他の回答 (1)

  • 回答No.2

自分で生きていく術を身につけなくては・・・ 本当にそうですね。 友人の話しです。50代半ばに、親の介護のために離職しました。その後、コンビニの店員などでアルバイトしながら、就職先を探し、スーパーチェーンN屋本社にアルバイトで採用となりました。 出勤するようになり1ヶ月過ぎた頃、係長(?)に呼ばれ、今の3倍は仕事をしないと、再契約はできないと言われたそうです。まだ、研修期間中だったと聞きます。 明らかに人減らしです。全部が全部とは言いませんが、今の日本の企業は腐っています。常識が通用しません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

貴重なご意見ありがとうございます。 >今の3倍は仕事をしないと、再契約はできないと言われたそうです 完全な人減らしですね・・・。 >今の日本の企業は腐っています 私もそう思います。 >常識が通用しません 常識が通用しないというより、常識どおりやっていては、やっていけないのでしょうね。 厳しい現状です(><)。ありがとうございました。

質問者からの補足

あまり回答が付きませんでしたね。残念。 友人は良く分かりませんが、 「”森”に関わる仕事がしたい」 と言っていました。 謎です。

関連するQ&A

  • 就職氷河期

    よく言われてる就職氷河期の人たち 僕は全部自己責任だと思います 甘えるな!と言ってやりたいほどです みなさんはどう思いますか?

  • 就職氷河期といわれていますが

    なぜか合同説明会や自社説明会、学内説明かが活発です ソニーなんて大量解雇するのに新卒を募集してます。 どうしてですか? リップサービスというか非難されたくないから募集の形だけとってるだけですかね?

  • 今って就職氷河期じゃないですよね?

    今って就職氷河期じゃないですよね? いま就職活動期間が短縮されていく一方なので、就活生による逆面接が行わられています。こんなこと一昔前には考えられなかったことです。 一人の就職生がブースを用意して、それに企業の人事が列に並んで、人事担当者が質問して、就活生が回答する。少子高齢化社会から人口減少社会に移行して、優秀な人材の取り合いが起こっています。 もう優秀な就活生はリクナビとか就活サイトを利用していない。リクナビで引っ張って来れるのは売れ残りとなっている学生たちだ。 自分で就活ブースを持つとか凄い時代だなあと思いました。人事担当者が面接される時代です。 まあ、従来の求人活動をしている企業は売れ残り学生を採用するしかない。人材不足、人材獲得競争は今後どのようになるのか見ものですね。。

  • 就職氷河期と言われ居ますが

    日本で暮らして要るまたは日本で仕事を探して要る外国人の人も就職は厳しいのでしょうか?

  • 就職氷河期

    ある駅弁国立大学に通う大学生(1年)です。 ひどい就職氷河期だといわれていますが、この就職難はいつまで続くのでしょうか。 公務員を目指しているのですが、不安定な時期は公務員の倍率が跳ね上がると聞くのでものすごく不安です。 景気は徐々に持ち直しているけど、景気が回復しても雇用には少し遅延して作用するんですよね・・・ 結構本気で悩んでます・・・ちなみに文系です

  • 就職氷河期?

    高校生です。 ニュースを見ていると、新卒の大学生の方々の就職が非常に厳しいというようなことをよく聞きます。 あまり良く覚えていませんが、団塊の世代が一気に定年で退職し、就職がしやすくなると耳にしたことがあります。 あとどのくらいの時がたてば、就職は安定するのでしょうか? 尚、原因と考えられることは何でしょうか? 65歳まで働けるようになったからですか?

  • この就職氷河期に??

    私はこの就職が難しいと言われている氷河期に45歳にして、 大企業2社から内定を頂き、12月25日から1社に勤務することと なりました。現在 正社員雇用を探すのは至難の業と言われてます。 40歳を超えるとはっきり言って就職はありません。 この難題をどう打破するか?雇用するなら若い人はいっぱいいますし。 皆はハローワークなりに行って皆と同じように探すでしょう。 皆と同じようにしていたら 競争率も上がる一方、受ける会社受ける会社皆 不採用となりますでしょう。皆と同じように真正面からぶつかっては自分が苦しむばかりで内定はないとおもいます。私の使った技は web上公開すると、真似する人が増え社会上問題になりますので控えます。しかし、確実に正社員Getできます。大企業から。 もう一つヒントは大企業じゃないとだめなのです。派遣だとか人は そういった所ばかり見ているから仕事がみつかりません。 大企業にどうしたら正社員で入社できるのか?

  • 就職氷河期を生み出したのは誰?

    採用氷河期が生まれる一方、就職氷河期でいわゆる「負け組」とされる人達はいまだ苦しんでいる。おそらく一生苦しむのではないでしょうか? そんな就職氷河期を生み出したのは誰でしょうか?

  • 就職氷河期再び・・・なのでしょうか?

    自分は大学生の男です。 4月の失業率4.0%に悪化、有効求人倍率は0.93倍に低下 http://www.nikkeibp.co.jp/news/flash/573186.html これを読んで思ったのですが、来年からは就職氷河期に 逆戻りする可能性は高いのでしょうか? サブプライム問題やガソリン、その他諸々の社会問題で景気も後退しているようですし・・・ 大学生なので、新卒での就職活動の動きには敏感になってしまいます。 皆さんのご意見を宜しくお願いします。

  • 就職氷河期って・・

    来年、就職をひかえているものです。活動していて、疑問に思ったのですが、 就職氷河期と呼ばれていた時代(過去10年くらい)に就職状況にあまり影響がなく 新人を採用していた業種というのはあったのでしょうか? 私は電気電子の学科に所属していますが、例年90%前後の内定になっています。 先輩たちに伺うと、エネルギー関係(関西電力など)や電気電子系の業種は 氷河期の時代でも需要はそこそこあったみたいなんですが・・・