• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

今って就職氷河期じゃないですよね?

今って就職氷河期じゃないですよね? いま就職活動期間が短縮されていく一方なので、就活生による逆面接が行わられています。こんなこと一昔前には考えられなかったことです。 一人の就職生がブースを用意して、それに企業の人事が列に並んで、人事担当者が質問して、就活生が回答する。少子高齢化社会から人口減少社会に移行して、優秀な人材の取り合いが起こっています。 もう優秀な就活生はリクナビとか就活サイトを利用していない。リクナビで引っ張って来れるのは売れ残りとなっている学生たちだ。 自分で就活ブースを持つとか凄い時代だなあと思いました。人事担当者が面接される時代です。 まあ、従来の求人活動をしている企業は売れ残り学生を採用するしかない。人材不足、人材獲得競争は今後どのようになるのか見ものですね。。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数297
  • ありがとう数4

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2

バブル絶頂期の1990年。大卒就職率は81%。 失われた20年の後、2011年。大卒就職率は62%。 なんと20%も減っていますから、この数字を見れば就職大氷河期ですね。 しかし。 1990年の大卒就職者数は32万4千人。2011年の大卒就職者数は34万人。 就職者数そのものはバブル期より今の方が多い。 つまり。 1990年の卒業者数が40万人、2011年の卒業者数が54.8万人で、大卒者が35%も増えていることが就職氷河期の原因です。 ちなみに22歳人口は、1990年は188万人、2011年が127万人です。32%減ですね。 だからバブル期の大卒と同等の能力を持った大卒者は2014年現在27万人しかいない計算です。 残り13万の大卒は20年前なら高卒です。高卒並み13万人から5万4千人も大卒として採用している企業の負担はとんでもないですね。 売れ残り学生と言うより、大卒の看板を掲げている高卒というのが実態です。 取りようによっては、今はバブル期以上の売り手市場なのかもしれません。 ただし、看板通りの「大卒者」にとっては、ですね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。 なるほど。詳しく調べられており感心しました。

関連するQ&A

  • 就職氷河期に就職活動をされた方に質問です

    今就職活動をしているものです。 専門学校の2年生で3月から活動し始めました。 今まで5社程面接を受けましたが面接に慣れていなくて緊張してしまい印象良く受け答え出来なかったり、ようやく面接に慣れてきて印象良く出来でも企業が求める人物像とは違い(体育会系の女子が良いなど)不採用だったりと精神的にもへこたれてきました。 そして気づけばもう7月です。もしこのまま就職できなかったとしたら…との不安がいつも頭をよぎります。 そこで質問です。 ●就職氷河期に就職活動をされた方は何社ほど動きましたか?そしていつ頃内定が頂けたのでしょうか。 ●このまま就職できなかった場合卒業した後看護学校へ行く事も考えていますが、その場合看護師としての就職状況は厳しいのでしょうか?(年齢などの条件で引っかからないか) (看護が厳しい仕事で生半可な気持ちでは出来ない事は承知の上です) 女子の就職は厳しいと両親から聞いていましたが本当だなとかみ締めています…。

  • 就職氷河期って本当にあったのですか?

    自分もこの世代にあたるのですが、最近、「就職氷河期世代」、あるいは、「ロスト・ジェネレーション」(米国で使われた表現の焼き直し?)という言葉をよく見かけます。これについて、疑問を感じています。 まず、筋の前提のお話をさせてください。一般論からいって、景気が後退局面に入り、しかもその流れが恒常的に続くのであれば、企業の収益が下がり、新規採用者の数を絞る。従って、絶対数からいえば、就職を希望している学生が、必ずしも希望の企業に就職することができるわけではない、ということは理解できます。但し、これも一般的にいえば、景気後退の局面が訪れれば、こうした現象はごく頻繁に起こることではないでしょうか?だとすれば、なぜここまでこの世代に対し盛んに悲観的な形容が伴うのでしょうか?これが僕の素朴な疑問なのです。 以上のような問題関心から、一つの仮説というか妄想を見立ててみました。実は、就職氷河期世代などというものは、誇大に広告され、喧伝された結果流通した偽装され加工された虚構の事実なのではないのか? これは厳密に論証したわけではありませんし、作業的な仮説にすらなっているとは思えません。ただ、最近本屋で売っているような俗説を見てみると、この世代を過大に評価ないしは、誇大に売り込んでいるような気がしてならないのです。実はそれ以前やそれ以降の世代となんらかわるところのない世代であったにもかかわらず、時代的な要請に従って、なにか特質をもった世代である、と。時代的な環境の変化がこの世代をかくかくならしめたという説明や、この世代の特質が時代環境と対応する形で、~という特徴を獲得した、など色々言うことはできますが、結果として、他の世代とは異なる何らかの位置づけをこの世代に与えてやろう、という試みが現在流行している、というのが僕の俗説理解です。こう理解した場合、近年の「ゆとり世代叩き」や「団塊世代叩き」の現象も理解できるのではないか、となんとな~く思っています。 ここでの眼目は、なぜゆえにこの世代が「強いものが好きで、弱視が嫌い、あるいは弱者に与した集団が嫌い。しかも自分の立場は圧倒的に弱い、という意識を抱えている、それを支えるものは強いものだ」というなんともおかしな「流通された俗説」が、実はメディアによって作られた印象にすぎなかったのではないか、と考えるようになってしまいました。 こうした、いわばどーしようもない僕の「直観」は、次の私の観察にだけ基づいています。すなわち、僕の周辺で、就職活動一般で失敗した人はいない、(失業を伴うようなという意味です)、しかも、景気後退が激し局面であったにもかかわらず、失業者となっている人を具体的に知らない。ここでは、一般に就職活動とは、程度の差こそあれ、希望した業種や企業に必ずしも入ることができない、ということを前提にしています。) つまり、フリーターであろうが、正社員であろうが、みんな職には就いている、しかも景気が悪化している時期にである、これは、取り立てて騒ぐほどの現象であるのだろうか?だとすれば、なぜ騒いでいるのだろうか?ここがいまいち現状の理解ではしっくりこないのです。 このくだらない僕の直観をみなさん、どう思われますか?

  • 【就職】 氷河期 VS 2010

    現在、就職活動をしています。ニュースになっていたので気になった為に質問します。 ずばり、今(2010年度採用)と過去にあった就職氷河期のどちらが厳しいと考えますか?? 昔のことはわかりませんので現在、私が経験していることを書かせていただきますと ・説明会に行くと採用担当の方から「今年は厳しいよね」と必ず言われる。 ・私は理系ですが大手電機メーカーが採用を減らし、毎年あった教授推薦ルートは今年はありません。 ・合同説明会で空きのブースが目立つ。 ・合同説明会に自動車関連の企業が非常に少ない。 ・選考会に行くと突然その場で採用活動中止を知らされる。 ・「採用中止です」と企業からメールがよく来る。 ・現在、周りで内定を貰っている友人が5名程度。殆どが弾切れ状態。 以上です。 社会人の方も就活に走り回る同士の方もご意見お待ちしております。

その他の回答 (1)

  • 回答No.1
noname#192634

就職氷河期ではないけど、グローバル社会が進みすぎて 必要な奴と不要な奴の二極化が拡大したのでは。 あなたがいうように優秀な人間は取り合い でも優秀な人間というのは新卒の中の1割もいない 最終的には大卒だけでも 4割以上は正社員の内定がとれずに卒業していく。 それも当たり前なんだけどね大学進学率が上昇した半面 半分以上の大学はほぞ全入か定員割れしてるような大学なのだから。 5割強が正社員で就職していてもそのうちの約20万人(率でいえば約34%が3年以内に離職している) 会社からみれば新人雇って研修費用、使えない時の育成費用などで 3年以内にやめられると一人当たり平均約300万損するそうだ。 だから早期離職される率が低く優秀な人間は企業は取り合いだけど 残りの9割は今まで通り 学生側が入社させてくださいという感じだと思うけど。 ソニーなどがリストラのあらしだけど あんなの、バカ高い賃金の日本人を大量に使ってたからだと思う。 あれじゃ今の時代価格競争(国際競争)には勝てない。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • ブース形式の就職セミナーについて

    現在大学2年ですが、来年度からの就職活動を前に、この時期に一度就職セミナーに参加してみようと思っています。 ただ、周りは3年生が主体である以上、そ~と行って、企業についてや就活の雰囲気を掴んで、今後の参考としたいと思っています。 セミナーに行くにあたり、2年生である事が引っ掛かり、今春のセミナーに参加しようか悩んでいます。 実際ブース形式のセミナーで、企業ブースを覗いた際、何か聞かれることってありますか? それとも担当の方が会社のアピールをして終了ですか? 就活に関して知識が0の状態でブースを覗いて、なにも質問などを準備していないと恥ずかしいものでしょうか? ブースに行ったら「***」はやった方がいい、聞いた方がいい!などもありましたら、ご教示ください。 よろしくお願いします。

  • 就職氷河期で内定が取れない学生にも原因があるのか?

    もう3年生の就職活動が始まっています。 就職氷河期と就職内定率の話題がニュースや新聞等で話題になっていると思います。 「不況が悪い」「採用を抑制する企業にも問題がある」「学生の実力不足」など、社会、企業、学生それぞれに問題があるから就職内定率が悪くなっているのだと思います。 あえて学生に問題があるとしたらどのような事だと皆様は考えていますか? 自己分析や業界研究をやり過ぎているのかなと思ったりします。それによって自分の可能性を狭めていると思います。「適職」を意識しすぎるのかなと思います。学生の周りも「適職」に付く事を推奨していると思います。自分に合っている、合っていないの100か0で考える傾向が多いのかなと思います。大卒の3年以内の離職率が4割近くになるそうです。自己分析や業界研究の割りに離職率が不況でも変わらないような気がします。自己分析や業界研究を十分やっても駄目なのか、不足しているから駄目なのか分かりません。 中小企業には不況にも関わらず応募する人員が少なくて困っている企業があると聞きました。学生が中小企業に目を向けないのも原因だと思いますか? 応募不足で人材が確保出来ない企業が不況下でもあるのは本当なのでしょうか?

  • 金融機関への就職について

     四年制大学の三年生の者ですが、就職活動を始めるにあたって聞きたいことがあります。  結論から言うと、(1)金融機関(特に投資顧問業)への就活をするにあたって、どのような能力を養えば有利なのか?また、(2)このような質問を企業の人事担当者などに直接電話で聞くことは失礼な事なのか?ということを知りたいと思っています。  最近になって金融業界、特にデリバティブや株式等を取り扱う投資顧問業について興味を持つようになりました。リクルートナビで色々見てみましたが、企業の採用基準の欄では、性格の善さ、モチベーションの高さなどを問うものが多く見受けられます。  企業がこのような基準を挙げる気持ちも分かりますが、私としては具体的な能力(例えば金融工学などといった学問に関する知識)を身につけていた方が有利なような気がします。  (2)に関しては、「企業側も優秀な人材を求めているだろうから、むしろ喜んで応対してくれるだろう」と、勝手に思い込んでいます。  長くになりましたが、どうか貴重な意見をお願いいたします。(特に人事を担当を経験した事のある方などお願いします)

  • 就職氷河期世代の現在

    おはようございます。 2005年に大学を卒業した男性です 卒業後はフリーターで生計を立てています 皆さんの周りにいらっしゃる就職氷河期世代は 現在何をされているのでしょうか? 大半の方はどこかしらに就職されたのでしょうか それとも未だにフリーターか派遣社員でしょうか 専門学校に通い直した方もいらっしゃるのでしょうか。 また、私は現在28歳なのですが・・ この年齢まで職に就いていない人間は会社から見たら どう評価されるのでしょうか? 外資大企業の取締役様に私の先生がいらっしゃるのですが 「どんな理由があろうとも30歳でフリーターは社会的に許されない」 と忠告を受けています。 また、「どんな事になろうとも決して諦めてはならない、 継続しなさい」とも言われています。 毎日暗い部屋で一人になって将来が不安で震えています カウンセリングにもかかっているのですが、 カウンセラーからは専門学校を薦められています。 現在は何かしらの役に立つかと思い、簿記の資格を取るために、 専門学校のo原に通っています、諦めるつもりはありません。 不安定でちょっと何を言いたいのかわからなくなりましたが どなたかアドバイスをいただけないでしょうか・・ (外資にいる先生からは、 私と先生の関係は縁であり、人脈と言う、うちに面接を受けに来れば 入社させてくれると言われていましたが、私は二浪一留した 出来損ないのフリーターですので、スペック的に無理です 先生は当時は人事のお仕事をされていまして 子供の頃の私を中国古典で言うところの賢者と 呼んでいたからお声がかかっていたのですが、残念な事に 今の私には色々事情ありまして、何の力もありません・・)

  • 就職活動をする時に・・・

    こんばんは。 今年、卒業の方は就職活動真っ盛りかと思います。 私も来年から就活が始まるんですが、受ける時どうやって企業を選んでいますか? リクナビを見ていてもたくさんありすぎて迷ってしまいます。 重要視している点などありましたら詳しく教えてください。 お願いします。

  • 就職説明会でのマナーについて

    就職活動中の大学生です。 先日、合同企業説明会に参加してきました。 明らかに友達の付き添いで、ブースに話を聞きに行く人を何人か見かけました。 そういう行為は私はとても失礼だと思うのですが、皆さんはどう思いますか? とくに実際、説明会等で学生を相手にされた人事・採用担当の方の意見を聞きたいです。 また、今現在就活中の方の意見も聞きたいです。 説明会で友達の付き添いで話を聞きに行くのは、ありだと思いますか?

  • 就職氷河期以降、就活経験のある大卒女子に質問です

    民間企業で人事を担当しています。 就職氷河期といわれるようになって以降、みな、判を押したように、紺色のスーツで採用試験に臨むようになりました。 たまにグレーの人もいますが、それ以外はほとんど見かけません。 私の会社では、TPOに合ってさえいれば、スーツの色は紺色やグレーでなくても採用しますし、むしろ教科書通りの服装、受け答えにうんざりしている部分もあります(かといって、他の色なら採用ではありませんが) 今回は、就職氷河期といわれるようになって以降に就職活動をした経験のある、大卒女性に絞ってアンケートします。 (1)紺・グレー以外のスーツで、民間企業の就職活動を行ったことはありますか? (2)紺・グレー以外のスーツで受けた採用試験で内定を貰った経験はありますか? (3)他の受験者で、紺・グレー以外のスーツを着ていた人をどのくらい見かけたことがありますか?

  • 就職活動で経験したいい経験、不快な経験

     就職活動中の大学4年生です。内定をいくつかもらい、就活も終盤といったところです。  就活を通して、それまでの企業に対する見方が変わりました。いいイメージがあったのに、人事部の態度や面接官の対応の仕方ですごく嫌いになったり、その逆も多数ありました。  そこで、特に就職活動を経験した社会人や学生の方に聞きたいのですが、 (1)就職活動を通して経験した「良い経験」は何ですか? (2)就職活動を通して経験した「嫌な経験」は何ですか?  私は・・ (1)面接を通して、普段話すことができない役員や社長の方と楽しく話をできたこと。本当に親身に答えてくれる企業がありました。 (2)その逆で、なんとなく悪意を感じた面接を受けたとき。圧迫面接とは違い、なんだか普段の鬱憤を学生にぶつけているような面接官がいました。  みなさんはどうでしたか?

  • 有限会社に就職活動って危ないですか?

    大学四年で現在就職活動中です。したい仕事があり(アロママッサージ師)やっと見つけたのですが、有限会社なんです。今までは就職活動はすべてリクナビから探していたのですが、この見つけた有限会社だけは、アロマテラピーのサイトからみつけました(専門すぎるのかリクナビにはなかってので)。電話をしたところ面接はあなたに合わせて行いますよ、という返事だったので保留にして現在はリクナビから中心に就活しています。今は内定の返事待ちなのですが(二社ほど)内定を断るかどうか、この有限会社の面接→内定次第で決めようかと考えています。ただ有限って安心なのでしょうか?なんとなく内定取消とかされないかなぁとかリクナビからじゃないからとかで不安になってしまいます。どちらにしよまだ内定もらったわけではないのでなんともいえませんが、、、。内定受理したあとに辞退は申し訳ないなぁと思い、返事がくる前に早く有限会社の方も面接いかなきゃいけないと思い、少々焦りぎみです。無難なリクナビからの企業にいくか、したい仕事をするか、、、。何か良いアドバイスありましたら教えて下さい。文章まとまってなくてすみません。

  • アメリカで就活経験のある方に質問です。

    現在、アメリカでOPTのための就職活動中です。 先日、ある会社の面接を受けに行き、結果は翌週にリクルーティングコンサルタント(採用活動の手続きを行っている外部の企業)を通して連絡すると言われました。 しかし、面接から2週間経つのですが何の連絡もありません。 リクルーティングコンサルタントに問い合わせてみたいのですが、ここから送られてきたメールはnot reply でメールでの問い合わせができません。また電話も自動応答で、担当者に繋がりません。 面接を受けた企業の人事担当者に直接問い合わせてみても良いのでしょうか? アメリカ人はなかなか言った通りにやらないで、結構適当だと聞くので、もうちょっと待ってみた方がいいでしょうか? アメリカで就活経験のある方、何かアドバイスを頂けると幸いです。