• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

英文の解釈について

英文がうる覚えなのですが、説明の方お願いがします. because the subsatances absorb light in UV-visable(200nm~600 nm)A pigment propect a hipopotanmic skin like sunscreen dose.  文章中で書かれている化合物は、かばにとってどのような役割を果たしていると考えられるか?またその根拠を述べよ。という問題が出題された。(なお、ここで書かれている物質とは、かばの汗から単離されたという化合物で色を持っています。) 私は、「その化合物は、紫外線から可視光線(200nm~600nm)の光を吸収するので、太陽からかばの皮膚を守っている」という解答を書いたのですがこの解答でマルがもらえるでしょうか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数5
  • 閲覧数98
  • ありがとう数12

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.4
  • ykgtst
  • ベストアンサー率30% (34/110)

80点くらいでしょうか。UV-visable(200nm~600 nm)の部分の訳が不正確だと思います。 「紫外領域から可視光の領域にかけて(200nm~600 nm)の太陽光線を吸収する物質のために、その化合物は日焼け止めのようにかばの皮膚を保護している。」 なお、propectでなく、protectでしょう。 またsubstanceです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

すみません。rangeは範囲という訳語しか思いつかなく、領域という言葉が出てきませんでした。もっと英文に触れるべきでした。化学系の論文は受験英語と違い、言い回しになれてないため、苦労します。 この問題文のなかで、この化合物は不安定であり、希釈しwetしておかなければならないと書かれていたのですが、wetはなんて訳すのが適当なのでしょうか?湿らせておかなければならない。だとしっくりきません。乾燥してはならないだと、意訳しすぎてしまうような気がしますし…。 よかったら教えてください。お願いします。 はぁ、院試に受かるだろうかぁ。

関連するQ&A

  • 病気で困っています。天候や季節によって可視光線の量に変化があるのか?

    可視光線(450nm~550nmによって蕁麻疹が発生する病気になり困っています。 この病気になり疑問点がいくつか出てきたので誰か教えて下さい。 1.紫外線と同じように、曇りの日などには、可視光線量も減少するのか?(紫外線が強いと言う事は、可視光線も強いって事になるのかな…?) 2.可視光線を防御する方法はあるのか? 3.可視光線は目に見える光と言う事なので、450nm~550nmというのは、どのくらいの天気の時に発生する波長なのか? これから、外で働く事が多くなるので困っているので、些細なことでいいので教えて下さい。

  • 皮膚が可視光線に反応して、蕁麻疹が発生。可視光線って?

    大学病院で日光蕁麻疹と診断されて、病院で光線テストを行った結果…450nm~550nmの可視光線に皮膚が反応して蕁麻疹が発生します。 そこで、疑問に思ったのが、 1.蛍光灯などから450nm~550nmの可視光線が発生する事があるのか? 2.市販のサンスクリーンで、450nm~550nmの可視光線を防御する力があるのか? 生活をするうえで、日光をさける事が出来ないので困っています。どうかよろしくお願いします。

  • 色の波長の決め方

    CIEは可視光線の中で700nmの波長を赤としているそうなのですが、これはどのようにして決めたのでしょうか? 何らかの実験の結果ならその実験に関しての情報をいただきたいです。 既知の方が居ましたら回答いただけるとうれしいです。

その他の回答 (4)

  • 回答No.5

こんにちは。8/3のご質問以来ですね。 ご質問1: <この解答でマルがもらえるでしょうか?> 他の回答にもありますが、8割といったところです。 1.マイナスの2割は、like sunscreen doseの説明がないからです。 2.ここでのsunscreenは「遮光」の意味で使われています。 3.doseはここでは「剤」「薬」「液」などの訳でいいでしょう。 4.light in UV-visable rangeを「紫外線から可視光線」と訳されていますが、許容範囲です。この訳からは、「紫外線という不可視光線から可視光線という範囲」に言及していることが、推察できるからです。 5.解答は質問にそった形で解答するといいでしょう。というのは、質問は2文に分かれているからです。 質問1:文章中で書かれている化合物は、かばにとってどのような役割を果たしていると考えられるか? 質問2:またその根拠を述べよ。 質問の手順に添って解答すると、簡潔明瞭で試験官にも分かり易い解答になります。 6.以上を踏まえて正解となる解答例は以下の通りです。   「この化合物がかばに果たす役割は、太陽からかばの皮膚を守っていることです。 その根拠は、この化合物が不可視光線である紫外線から可視光線に及ぶ、200nm~600nmの太陽光線を吸収し、遮光剤のような働きをしているからです。」 となります。 最初の一文で、質問1の解答をし、次の一文で、質問2の解答となっているのです。 7.なお、このような出題は結局「和訳」を問うのが主な意図です。質問に少しひねりをきかせているだけですが、質問の意図に合う解答を心がけるのも、得点をかせぐコツです。 以上ご参考までに。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

有難うございました。いままで、実家を離れていたため、パソコンが利用ない状況にいました。 テストの時、sunscreenの意味がわからなかったので、最後が上手く訳せませんでした。なので、自分が書いた解答がどれくらいの点数がもらえるかと思って投稿させていただきました。 「その化合物は、紫外から可視領域(200nm~600nm)における光を吸収すため、その色素は、日焼け止めクリーム剤のように、かばの皮膚を保護している」 うーん、和訳するとこんな感じでしょうかね・・。 私は単語力がないため英語は苦労します。 有難うございました。

  • 回答No.3

No.2です。質問者様の意図を読み違えてしまし、失礼い致しました。 確かにカバの汗には紫外線を吸収し、直射日光から皮膚を保護する役割をもっていますが、他の役割として、(1)殺菌作用と(2)保湿の役割があります。つまり(1)→汚れた淡水中でも感染症に罹ることなく生活することができる、(2)→カバの皮膚は乾燥に弱いため、水や泥などで絶えず湿らせていないと、表面がひび割れを起こしてしまう、というものです。 英文全文が書かれていないので判断できませんが、質問者様が対象の化合物を取り違えてなければ○をもらえるでしょう。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.2

化学科卒業の者です。 意味は通じますが、スペルミスが多いため、記載されている通りの文章でしたら、減点になるかもしれません。 回答例: The pigment protects the skin of a hipopotamus like sunscreen dose because the subsatance absorbs light in UV-Visable range(200nm~600nm).

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

すいません。英文を作る問題ではありません。 英文の内容を問う問題なのですが。 たしか、問題文はin UV-visable → in UV-Visable range でした。 すみません。

  • 回答No.1

いいと思いますが、英文の方に疑問があります。 substancesは物質の方が適切です。化合物の場合、compound(s)になります。疑問はA pigment”(一つの色素)がカバの皮膚をサンスクリーン(日焼け止め)塗布のように保護(protect)する”とあるのですが、Pigment(これが化合物になります)が複数の物質で構成されているのでしょうね。多分この前の文章に、そのことが述べられているのでしょうね?疑問は、Pigmentはなぜ A(単一)になっているのか(一つの色素でもいいのですが)と、本来theになるべきではないのかということです。それと、Aの前にカンマがないのと、Aが大文字になっているのは、2つの文章が一緒になっていませんか?

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

すいません。たぶんconpoundsだったとおもいます。 問題は、捨ててしまったので、こんな感じの英文としか覚えていません…。 推察の通り、化合物は2種で構成されていて構成されているみたいなことが書かれていました。 有難うございます。

関連するQ&A

  • 可視光線について

    可視光線って一般的には360nm~830nmくらいとされていますが、これって個人差はあるのでしょうか? 可視光とは人間の目に見える範囲の波長だと理解していますが、人によって360nm以下の色、また830nm以上の色を認識できることもあるでしょうか? 私の近くに設置してある赤外線LEDカメラの放つ波長は850nmなのですが、これは可視光を超えた波長ですが、LEDは赤くみえます。 防犯カメラでも900nmを超えた波長の製品は何も見えないそうですが、可視光の範囲とされる830nmは絶対的な値ではないということでしょうか?

  • UV-LEDの光を反射させることはできますか?

    波長が405nmのUV-LEDの光を反射させることはできますか? 普通の可視光線(太陽光や電灯の明かり)と同様に、鏡やアルミ箔などで反射することはできますか?

  • 偏光板に赤外線を通すと?

    可視光線が偏光板を通ると、一方向の偏光が吸収されて全光透過率が50%以下になりますが、赤外線が偏光板を通った場合はどうなるのでしょうか? 可視光のほぼ全域の波長(380~780nm)に渡って一定の自然光透過率(30%程度)を有する偏光板に赤外線を通した場合のデータを探して見たのですが、見つけられませんでした。 ご存知の方がいらっしゃいましたら、ご教示くださいませ。

  • ブルーライトカットするメガネの選び方

    例えば画像のメガネはブルーライト波長のピークである可視光線(HEV)を約90%カットするとありますが帯域380nm~500nmのブルーライト帯域全体指数としての平均カット率は23.9%です。一方、Zoffの場合380nm~500nmのカット率は50%です。これはどちらがブルーライトをよりカットしていると言えるのでしょうか?

  • 可視光線って?

    人が認識できる色(可視光線)について教えて頂きたいです。 「およそ380nm~780nmの間の波長でその長さにより赤、青、黄色のように異なって色にみえる」とありますが私には基礎知識が無く、良く理解できません。本当に申し訳ありませんが小学生レベルで説明していただけないでしょうか?宜しくお願いいたします。

  • 光学顕微鏡の分解能

    光学顕微鏡について調べていると次のような記述がありました。 『光学顕微鏡の分解能の限界は、可視光線の波長によって理論的に100ナノメートル程度に制限されており、それより小さな対象を観察することはできない。』 この理論とは何なのでしょうか?可視光の波長領域400-700nmと関係があるのでしょうか?

  • ルチンの呈色反応について

    実験で塊花からルチンの加熱抽出を行い得られたルチンにFeCl3、CuCl2、AlCl2を加えた結果、鉄では暗緑褐色に、銅とアルミでは黄色になりました。 説明では金属イオンとポリフェノール化合物が結合して複合体をつくり構造が変化して、可視光線の吸収が長波長へシフトする・・・。といっていましたが、どうもいまいちわかりません。 なぜこのような色になったのかできれば教えていただきたいです。お願いしますm(_ _)m

  • 可視光はものに当たると長波長の熱となるのですか?

    工務店の説明ではLOW-Eの複層ガラスにすれば紫外線と赤外線がブロックされ、絨毯の色あせや室温の上昇を抑制しかなり電気代が安くなるとのことでした。図書館で調べたところ紫外線も赤外線も遮蔽されるが、可視光線(380nm - 780nm)は室内に入った後、ものにあたれば長波長放射となり壁など室内に溜まるとありました。 一時的に太陽の熱をブロックしてもすぐ赤外線に替わるならさほど電気代の節約にもならないように思いますが、それでも電気代の節約になるのでしょうか??

  • 眼の保護のためのブルーライト光線の遮断

    最近PC作業から眼を保護するために、ブルーライト(380nm-495nm波長)と呼ばれる 紫外線と可視光線境界の光を遮断するメガネが必要とされています。私は常時紫外線カットの メガネを使用していますが、紫外線カットメガネでは不十分なのでしょうか。また PCについてもブラウン管時代から使用してきたモニター保護スクリーンを愛用して います。これもブルーライトを遮断できないでしょうか。ご存知の方よろしくご教示 をお願いします。

  • pyreneのTLCについて

    現在、pyreneをつかった反応を試みているのですが、生成物の単離の際、確認のためPyrene(関東化学製)と生成物をTLC(展開溶媒=クロロホルム)で確認したら、PyreneのスポットがUVランプの254nmで2つ、365nmで4つ出ていました。そこで質問なのですが、 ・そもそも、1つの化合物のスポットは1つしか出てこないという考えは間違っているのでしょうか? (TLC確認で使用したPyreneは何も反応させていないものです。) その他、Pyreneの物性について何かご存知でればご教授願います。