• 締切済み
  • すぐに回答を!

運動方程式

エレベーター(M[Kg])の中に人間(m[Kg])がいます。 エレベーターは上方向に加速度a(m/s*s)に動いています。 働く力(エレベーター):↑a,↓Mg,エレベーターの↓m 働く力(人間):↓mg,↑M 運動方程式(エレベーター):M*a=Mg+m 運動方程式(エレベーター):m*a=mg-M これであってるでしょうか? それと、この二つの運動方程式を解いてエレベーターを上に引き上げている力を求めたいのですが、どうすればよいのでしょうか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 物理学
  • 回答数3
  • 閲覧数1260
  • ありがとう数3

みんなの回答

  • 回答No.3
  • Meowth
  • ベストアンサー率35% (130/362)

運動方程式(エレベーター):Ma=-Mg-N+F 運動方程式(人間):ma=-mg+N

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.2
  • Meowth
  • ベストアンサー率35% (130/362)

エレベーターを上に引き上げている力が入っていない 人間とエレベータの床の垂直抗力が入っていない

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

返事ありがとうございます。 垂直効力は「エレベーターの↓m」にあたります。 正確には「↓N」でした。すみません。 同様に働く力のほうの「↑M」と表記しましたが、「↑N」でした。 引き上げる力は「↑a」と表記しましたが、「↑F」のほうがいいですね。

  • 回答No.1
  • fifaile
  • ベストアンサー率25% (622/2403)

次元があっていませんよ。 たとえば M*a=Mg+m だと [kg]*[m/ss] = [kg]*[m/ss] + [kg] です。 [kg]*[m/ss] + [kg]これは足せません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

お返事ありがとうございます。 働く力が間違っていました。 運動方程式(エレベーター):Ma=mg+N-F 運動方程式(人間):ma=mg-N と思うのですが、どうやらまた次元が違う・・・・。

関連するQ&A

  • 運動方程式

    運動方程式(長文失礼します) 写真は教科書の図をノートに写したものです。 (下の図についての教科書の記述) 質量mの物体に軽くて伸びない糸をつけて、鉛直上向きに引く。このとき、鉛直上向きを正として、意図が物体を引く力をTとし、物体に生じる加速度の大きさをaとすると、物体の運動方程式はma=T-mg。 (上の図についての教科書の記述) 滑らかな水平面上に、軽くて伸びない糸Cで繋がれた物体A,Bがある。Aを水平方向右向きに大きさFの力で引くと、A,Bは糸で繋がれたまま、ともに右向きに動く。この時、糸C がBを引く力の大きさをTとすると、糸C は同じ大きさT の力で、Aを左向きに引いている。A,Bの質量をそれぞれM,mとし、右向きを正として、加速度をaとすると、それぞれの運動方程式はA;Ma=F-T,B;ma=T、A,Bを一体と考えたときの運動方程式は、(M+m)a=F (疑問) (1)下の図の事象についてはmgを運動方程式に入れ、上の図の事象については、入れていないのはなぜでしょうか? (2)図にa(加速度の方向)が書かれていますが、これはどうやって判断して記入しているのでしょうか? まさか、「こうなりそう」で書いているわけではないでしょうから (3)上の図の教科書の記述 A,Bを一体と考えたときの運動方程式は、(M+m)a=F これはどのように考えて、立式しているのでしょうか? (4)両方の問題で軽くて伸びない糸と書かれていますが、これは質量を考えない事以外に何か問題に関係してきますか? どうか宜しくお願いします。

  • 運動方程式の問題です。

    なめらかな水平面上に質量Mの板Aをおき、その上に質量mの物体Bを載せる。板Aに右向きに力を加えて加速させる。AとBの間の静止摩擦係数をμ、動摩擦係数をμ’、重力加速度をgとする。 問・加える力の大きさがFのときBはAのウエをすべることなく一体となって加速した。加速度はいくらか。 a=F/(M+m) 問。加える力の大きさがある値を超えるとBはAのうえをすべりだす。 この値はいくらか。 一つ目は分かったのですが次が分かりません。 解答には Bに働いている力を運動方程式で表す。 水平方向:ma=R(a:加速度、R:AB間に働く力) (1) 鉛直方向:0=N-mg  (N:Aからの垂直抗力)      (2) Aに働いている力を運動方程式で表す。 水平方向:Ma=F-R               (3) 鉛直方向:0=T-N-Mg(T:床からの垂直抗力) (4) T=(M+m)g (1)(3)よりR={m/(m+M)}F R>μN=μmg ←(AB間に働く力が最大摩擦力より大きくなったときBはすべる) なので R={m/(m+M)}F>μmg ∴F>(m+M)g と書いてあったのですが、 なんでR={m/(m+M)}Fになるのかよく分かりません。 お暇な方回答よろしくお願いします

  • 運動方程式の問題

    運動方程式の問題 かなり基礎的なことなのですが・・・ 質量m[kg]の物体をなめらかで水平な机の面上に置く。物体に軽くて伸び縮みしない紐をつけ、これを机の端に固定した軽い滑車に通し、紐の端に質量M[kg]のおもりをつるす。 重力加速度の大きさをg[m/s^2] 紐の張力をt[N]とする。 このとき、紐が物体を引く力はMg[N]だと思うのですが、なぜt[N]なのですか? 図がなくて本当に申し訳ありません。

  • 運動方程式

    運動方程式について質問があります。 図を掲載してはいけなく、非常にわかりにくいと思いますがお願いします。 例えば、x座標を下向きにとった場合、できた運動方程式を mg-m(d^2x/dt^2)=0とします。 逆に、x軸を上向きにとった場合、運動方程式は -mg-m(d^2x/dt^2)=0となるのでしょうか?? 自分的には、x座標の正負がかわったのだから -mg+m(d^2x/dt^2)=0となるようなきがするのですが・・・ 初歩的な質問で申し訳ないです。

  • 運動方程式について

    軽い糸に質量mのおもりAと質量m/2のおもりBをつなぎ糸をなめらかに回転する軽い滑車に掛けた。 ただし、おもりが滑車に衝突しない範囲で考える。重力加速度の大きさをgとする。 おもりA , Bは一定の加速度で運動をした。おもりA , Bの加速度の大きさをaとする (1)運動方程式を立てるとすると Aの場合下向きの加速度を正としてma=mg-T, Bの場合上向きの加速度を正としてma/2= T-mg/2 となりますよね つまり(運動方程式を立てる時、それぞれの物体について、それぞれ加速度の向きを考えて解かなければならない)ということですよね? この場合A , B全体で加速度を上向きに正としたり、下向きに正とするのはだめということですよね?

  • 運動方程式について

    運動方程式について質問です。運動方程式をつくるとき、 ・力Fに、加速度aは比例するから a=kF…(1)(kは定数) ・質量mに、加速度は反比例するから a=k'/m…(2)(k'は定数) としましたが(1)(2)からF=maにどうすれば出来ますか?頭の悪い質問ですが教えてください。

  • 運動方程式のことです

    物理の運動方程式のことです。 等速で運動していて加速度が0で、運動方程式を問う問題があったときは何と答えればいいのでしょうか? 「ma=0」ですか?それとも、「運動方程式0」ですか?

  • 運動方程式を立てるとき

    運動方程式を立てるとき、その物体に注目します。 このとき、その物体が運動する方向がわからないければ 運動方程式はたてられないのでしょうか?? 例えば、物体mの自由落下を考えるとき その物体には鉛直下向きにmgがかかっています。(下向きを正とします) 要するにその物体は下向きに落下運動するのですが これを上向きに運動すると仮定しても同じことなのでしょうか?? 自分の頭の中でもこんがらがっていてなにがなんだかわからなくなってしまいました。 運動方程式を立てるとき、どのように考えればよいでしょうか??

  • 運動方程式

    F=maを使い 運動方程式を導くときに、x,y座標図面を書くとします。 座標軸の正方向は適当に設定していいのでしょうか?? 座標軸の負方向にmaの力を設定すると教科書に書かれています。 もし、正方向を逆に設定したばあい、運動方程式も違ってくるのですが よいのでしょうか?

  • 滑車に関する運動方程式の問題

    質量・摩擦の無視できる定滑車R,Sがあって、 定滑車Sは天井に固定し、 定滑車Sにかけられた糸の一方にはおもりC(質量4M) もう一方には定滑車Rをつるす。 定滑車Rには一方におもりA(質量M)、 もう一方にはおもりB(質量2M)をつるす。 重力加速度をgとする。 空気抵抗は無視する。 はじめ静止させておいたおもりA,B,Cを同時に静かに放すと、 おもりC の地面に対する加速度の大きさはα 定滑車Rに対するおもりA,Bの加速度の大きさはともにβ となった。 定滑車RとおもりCを結ぶ糸の張力をTとすると、 おもりA、おもりBの運動方程式は、 A:M(β+α)=【    】 B:2M(β-α)=【    】 となる。 空欄を埋めよ。 という問題なのですが、 おもりAは滑車RとおもりBによって引っ張られ、 かつ重力がかかるから、 おもりAにかかる力は T/2 + 2Mg - Mg となり、 運動方程式は M(β+α)=【T/2 + Mg】 と私は導いたのですが、 解答を見ると【T/2 - Mg】となっていました。 解説を見る限りでは、 おもりAがおもりBによって引っ張られる力が考慮されていませんでした。 おもりBの運動方程式に関しても、 解答は【2Mg - T/2】となっていて、 おもりAに引っ張られる力が考慮されていません。 なぜ考慮されないのでしょうか? それとも解答が間違っているのでしょうか?