• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

豆電球の明るさが並列回路の方が明るいのはなぜですか?!?

並列回路と直列回路を比べたとき,並列回路の方が豆電球が明るくなるのはなぜですか? そのとき豆電球と乾電池は同じものを使いました。 教えて下さい!!回答よろしくお願いします!!

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 科学
  • 回答数8
  • 閲覧数9557
  • ありがとう数20

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.3
  • ginlime
  • ベストアンサー率27% (280/1031)

豆球を並列にして電源に繋ぎますと、豆球それぞれに電源の電圧がかかりますから豆球1個の時と同じ電流がそれぞれに流れて光ります。豆球を直列にして電源に繋ぎますと、直列の豆球の合成抵抗は豆球1個の時の2倍になります。豆球直列の両端には電源の電圧がそのままかかりますが、豆球1個には電源電圧の半分の電圧しかかかりません。つまり豆球直列の場合には同じ電源に繋いだ豆球1個の場合に比較して流れる電流が半分にしかなりませんのでその分暗くなります。オームの法則で全て理解できる事ですので良く考えて下さい。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

その他の回答 (7)

  • 回答No.8
  • mq3wer
  • ベストアンサー率22% (17/75)

電球が全く同じでNヶ使用するとします。 直列の場合には、全体で乾電池の電圧がかかりますから、各1ヶの電球には1/Nの電圧がかかることになります。そうすると1ヶで流れた電流の1/Nの電流しか流れませんから暗くなります。 並列の場合には、全体で乾電池の電圧がかかるのは同じですから、各1ヶの電球には、1ヶで流れた電流と同じだけ流れますから、明るさは変わりません。その為に電池がその分速く消耗します。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.7

やさしくと言うことで水に例えましょうか。 水道を電池、細く長いホースを豆電球と考えてください。 水道にホースを1本取りつけたとき流れる水を1とします。 2本並列につなぐとそれぞれ1で合計2です。 2本直列につなぐと流れが悪くなって0.5しか流れません。 つまり直列の方が豆電球が暗くなります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.6

質問から想定し、電球を並列、直列に接続するとして回答します。 電球を光らせるためにはその電球に必要(適切)な電流を流すことです。 不足....点かないまたは、暗くなる 適切または大きい....明るい。過大になると中のフィラメントが切れる 同じ電球を電池に対して直列につなぐと流れる電流は半分に(小さく)なる。従って暗くなる。このとき各電球に半分の電圧がかかります(つまり、電池の電圧が2つの電球に分散してかかります)。 並列にすると一方の電球に関係なくそれぞれの電球に同じ電圧がかかり明るくなります(電池が2つの電球に必要な電流を供給できる場合)。 前に別の質問で抵抗やワットを使わないで説明とありましたのでそれに従いました。 1つの電球に対し、電池を直列、並列にした場合は、直列にした方が電球にかかる電圧が倍増しますので電流も倍増します。従って電球は明るくなります。ただし、電球の許容電流を超えない範囲ですが....。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.5
  • 1_or_8
  • ベストアンサー率54% (12/22)

豆電球を並列にすると各豆電球には乾電池の電圧がかかります。 一方で豆電球を直列にすると直列につないだ分に対して乾電池の電圧がかかります。要するに同仕様の豆電球を3個直列につなぐと、各豆電球には1/3の電圧しかかからりません。 このため、並列回路の方が明るい。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.4
noname#251407
noname#251407

明るさは流れる電流に比例します。 直列回路  Is=V/R1+R2 並列回路  I1=V/R1  I2=V/R2  R1とR2が同じ(豆電球が同じと仮定して)ならば    I1=I2 Is<I1 で並列回路の方が明るくなります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.2

電球は抵抗体で、かかる電圧が高くなるほど明るくなります。 電池が同じ状態だとしたとき、直列につなぐと電流は同じでつないだ個数分の電球で電圧を分け合う形になります。並列につなぐと、電流を分け合いますが電圧は電源と同じようにかかるので、明るくなるわけです。 同じ理由で、家庭内の電気の配線は並列つなぎになってます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1

本当に並列と直列を間違えていない自信がありますか? 一般的に直列のほうが明るくなると思いますが。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 豆電球2個の直列回路と並列回路で・・・

    豆電球2個の直列回路と並列回路で、豆電球を1個ソケットから外したとき、もう一方の豆電球の明かりはついてるか。 という問題が、わからないので教えてください! 回答は、直列回路と並列回路両方ともです。

  • 直列回路と並列回路ではなぜ豆電球の明るさが違うのか

    道筋が一本の回路と道筋が枝分かれしている回路ではなぜ豆電球の明るさが違うのですか?? 直列回路より並列回路の豆電球のほうが明るいのはどうしてですか??

  • 豆電球

    (1)電池一個に豆電球一個 (2)電池を直列つなぎ(2個)で、豆電球が一個 (3)電池が並列つなぎ(2個)で豆電球が一個 (4)電池一個に直列つなぎの豆電球が2個 (5)電池一個に豆電球が並列つなぎ(2個) の5つの明るさの順番は(2)>(1)=(3)=(4)>(5)になりますよね?これを化学の初心者(小学生など)に分りやすく説明するにはどのような説明がいいですかね?水の流れや車をつかった例は聞いたことがあるのですが他にわかりやすい説明はないでしょうか?

  • 手回し発電機で,2個の豆電球が直列より並列の方が暗いのはなぜ。

    子どもの夏休みの工作で手回し発電機を作りました。 水道用エスロンパイプ(直径約8cm)に,ポリウレタン銅線 0.5mmを約1000回巻き,エスロンパイプの中で鳥よけ用のドーナツ型の磁石が回るようにして作りました。 さて,豆電球をつないで点けたところ,思いもしない結果となりました。というのは, 直列で豆電球2個をつないだときより,並列で豆電球を2個つないだときの方が暗いのです。 暗いというより,同じぐらいの回転数では直列2個の方はよく光るのに,並列2個の方はほとんど光りません。 回転数を上げるとかろうじて光り出します。 電池を使った直列,並列の回路とは逆の現象が起こっており,不思議でなりません。 なぜこのような現象がおきるのでしょうか。教えてください。

  • 直列と並列の混合回路の教え方

    小学5年生の塾での問題です。 問題 電池1個で豆電球1個の場合の電流が1の時 (1)電池1個で豆電球2個が直列 ⇒ 押し出す力は同じで、電気が通りにくいところが2ヶ所ある(電気の通りにくさ=抵抗は2倍)。なので流れる電流は半分の0.5になる。 ⇒ なんとなく理解できる。 (2)電池2個が直列で豆電球1個 ⇒ 押し出す力が2倍になって、電気の通りにくさは同じなので、流れる電流は2倍の2になる。 ⇒ 理解できる。電池直列=高さが高くなる=押し出す力強い というイメージ。 (3)電池2個が並列で豆電球1個 ⇒ 押し出す力は同じで、電気の通りにくさは同じなので、流れる電流は同じく1。 ⇒ なんとなくだが理解できる。電池並列=高さは同じ=押し出す力は同じ というイメージ。 (4)電池1個で豆電球2個が並列 ⇒ 押し出す力は同じで、豆電球1個1個の電気の通りにくさは1個の時と同じ(1個1個の抵抗は同じ)。なので、1個1個に流れる電流は同じ。全体の電流は2倍になる。 ※ここで「(全体としての流れにくさ(=抵抗)が半分になる」っていうのが理解しにくい感じ。 一応ここまではなんとかいけたのですが、 次の問題をどう説明すればいいのか、困ってしまいました。 (5) 全体としては電池1個の並列回路で、並列1には豆電球Aと豆電球Bが直列、並列2には豆電球Cが1個だけ (汚い図ですが添付しました) の時、 豆電球Aに流れる電流は? をうまく説明できません。 大人としては 電池1個 1V 豆電球1個 1オーム として考えて 並列1の部分は1オームの豆電球が直列で2個なので2オーム 並列2の部分は1オームの豆電球が1個なので1オーム 全体を考えると、2オームと1オームの抵抗が並列。そこで、全体の流れにくさ(=抵抗)を考えてみる。 1/R=1/2+1/1=3/2 ⇒ R=2/3 1Vなので、全体を流れる電流は3/2 直列では電流は同じ、並列は電流は分かれる(抵抗の少ない方に多く流れる)ので、 並列1=豆電球Aと豆電球Bには1/2の電流、並列2には豆電球Cには2/2=1の電流 で、無理やり私(=大人)の回答は出せるには出せたのですが、「電圧」も「オームの法則」も「1/R=1/R'+1/R''」も使わずに説明できるものでしょうか。 特に合成抵抗の計算「1/R=1/R'+1/R''」を使わないで説明できるのか、はなはだ自信がありません。 さらには、もっと複雑にした混合回路の問題もあり・・・ うまく説明する術をご教示いただければと思います。(5)のみならず(1)~(4)も、さらに良い言い方があればぜひお願いします。

  • 豆電球の明るさについて

    乾電池1個、豆電球1つの回路を基本形とし、そこに流れる電流を1A、乾電池の電圧を1Vとします。 乾電池を2個直列につなぎ、豆電球を2個直列につないだ回路をつくります。 質問1 この回路に流れる電流はどこも1Aでよろしいですか? 質問2 この回路の豆電球1つの明るさは基本形の豆電球の明るさと同じでしょうか? 質問3 質問2でもし同じだったとすると、       基本形の豆電球が消費する電力は 1A×1V=1W       新しく作った回路に豆電球一つの消費電力は 1A×2V=2W     というふうに、後者の方が電力が大きく、後者の方が明るくなるような気がします。 このあたり、私の考えにどのような誤りがあるのか教えていただけるとありがたいです。

  • コンデンサと豆電球

    コンデンサと豆電球について質問があります。 中学理科のオームの法則程度は知っていますが、 コンデンサについては素人です。(充電されると電流が流れなくなる程度の知識) 豆電球Bとコンデンサを直列につないだものと、豆電球Cを並列につなぎ、 その並列部分と豆電球Aを直列につなぎ、その両端を電池やスイッチにつないで、 回路をつくります。 スイッチを入れるとしばらくして豆電球Bは消えると思うのですが、 消える前後で豆電球AとCの明るさは変化しますか?      ー豆Bー∥ー ー豆Aー        ーー      ー豆Cーーー こんな感じです。 よろしくお願いします。

  • 豆電球とモーター

    子供の理科の教材で遊んでいたときに偶然発見しました。 乾電池に直列に豆電球とモーター(プラレールに入っているようなもの)をつなぐと豆電球はつきますが、モーターは回りません・・・ 乾電池を増やしても豆電球は明るくなりますが、モーターは回りません。 試しに乾電池に並列に豆電球とモーターをつなぐと豆電球はついて、モーターも回ります。 なぜでしょうか???

  • 直列と並列の電流の流れの違いをたとえ話を使って。

    電池に関する質問です。 2個の乾電池と豆電球などを使って、 直列接続の回路と、並列のものと2種類作るとします。 すると、当然、直列の方が豆電球は明るくなり、 並列の方は、電池1個と豆電球でつないだときの明るさと同じになります。 このことをたとえ話を使って子供にわかりやすく教えるには、どうすればいいでしょうか? 水の流れを使う、というのが一般的らしいのですが、 よくわからないので教えてください。

  • 単一電池で豆電球をともすと・・・

    単一電池1個に いわゆる豆電球を1個ともすとどれくらいの時間もちますか? ちなみに単一電池2個を並列にした場合と、直列にした場合はいかがですか? 教えていただける方、お願いします。