• 締切済み
  • すぐに回答を!

擁壁について

最近(ここ1ケ月)L型コンクリート擁壁を施工しました。工事完了しましたが、地耐力が設計値ほどないことに工事完了した後にわかりました。L型擁壁をこわさないで擁壁のしたの地盤改良の方法はありますか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数260
  • ありがとう数0

みんなの回答

  • 回答No.1
noname#107982
noname#107982

土壌改良剤

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 地盤改良後の地耐力

    初めましてこんばんは。 2階建て軽量鉄骨の店舗兼住宅を新築中なのですが、地盤調査をしたところ、地盤改良(表層改良)が必要との事になり地盤改良を行っていただきました。 工事も進み建て方も済んだ頃に、何気なく施工会社さんに地盤改良してどのくらいの数値(N値)が出たんですか?と聞いたところ、地盤改良後の地耐力は測定してないとの事でした。 少し不安になり確認申請書の書類や図面を見ましたが、地盤改良を行う旨が特に出ていませんでした。 (地盤調査自体が遅くなり、確認申請が下りる頃になってしまったせいも有りますが) もう施工してしまった、表層改良に関してセメントの配合量等から地耐力の推定値とかは判るものなのでしょうか。 また、地盤改良後の地耐力の測定は建築の法律的には義務づけられてはいないのでしょうか(行政の完了検査時に確認は無いのですか) 工事会社さんの不手際でしたら、今からでも測定できないか要求してみたいのですが、お手数かけますがアドバイス宜しくお願いします。

  • 置換法による表層改良

    新規にGL+1.5mほどのL型擁壁を考えているのですが、支持地盤が弱く(細砂2~3t/㎥)置き換えによる地盤改良を考えています。(支持地盤までGL-1.5m) 設計上の必要地耐力は10t/㎥なのですが、この地耐力を確保するには通常、セメント系固化材をどれくらい混ぜるものなのでしょうか? 置き換える土質は粘性土です。 業者の方に設計を頼むのが一番だと思うのですが、建築物等も建てる予定はなく、費用の面から頼むことが出来ないので、一般的な混入量を教えて頂きたいです。 よろしく御願いします。

  • 擁壁で悩んでます。

    擁壁で悩んでます。 何度も同じような質問ですみません。 ・擁壁工事見積もりあり ・土地の一辺だけです。 ・高さは1メートルまで ・地盤改良時にコンクリートの壁があり ・建物は1700くらい離して基礎あり ・求積図面には設計者により安全であることを確認と記載あり ・既存石積擁壁500~1200のCON塗仕上げと記載 教えて欲しいのは、 (1)擁壁工事が本当に必要なのかどうか?です。 (2)図面に安全確認や既存擁壁が記載されているので、補強工事や外溝工事ならわかるのですが、それでも擁壁工事見積もりがあるのは、不適格擁壁だからでしょうか? (3)擁壁をしなければいけない条件が記載されている法律がありましたら、教えてください

  • 擁壁のある土地の地盤改良について

    土地面積約55坪、東側が高さ3m、南側が1~3mの擁壁(L型プレキャスト)のある土地の購入を考えています。造成は3年前に大手が行っています。土地全体に高さ1mの盛土があり、支持地盤は固い粘土質(N値:25~50)ですが、擁壁側は幅3mが埋め戻しの盛土となっています。入口となる西側は道路との段差がなく、こちらに駐車場を設置したいのですが、その場合建物が東側の擁壁から幅1mのところに建つことになり、地盤改良を行うとL型擁壁の上に鋼管杭を打つことになります。これを避けるため、東側を幅3m程度あけて建物を支持基盤の上にのせると、西側の駐車場を北側にうつすことになり、南側の庭は2.5m程度になってしまい土地が有効に活用できなくなってしまいます。HM及び地盤調査会社の方は、砕石とベタ基礎だけでも十分安全であるが、心配であれば擁壁の上に杭を打ってもよいと話しています。 地震等で擁壁が壊れてしまわないかが心配なので、擁壁の負担を減らすような地盤改良を行いたいと考えています。擁壁に直接杭を打つのはためらわれますので、他によい地盤改良の方法があれば教えていただければと思います。また、プレキャストの擁壁は頑丈なので50年はもつと言われたのですが、粘土質の土地ということもあり、コンクリートの寿命も気になります。一般的に擁壁はどの程度の耐用年数があるのでしょうか。わからないことばかりで申し訳ありませんが、よろしくお願いいたします。

  • 田んぼ(昔沼地)の造成について

    ある田んぼの表土を300鋤取外周に1mのL型擁壁を組み盛土を1m程度しようと思っていますが、地盤調査の結果が悪く(深さ6mまでN値0.8~1.5)施工方法の検討をしていますが、いまいちどれが良いのか分かりません。以下施工業者の案です。 ・L型擁壁ベースの下に鋼管杭を打ち安定させる。 ・L型擁壁ベースの下に栗石を敷く。 ・現地盤を1m~1.5mほど地盤改良(セメントを混ぜる) しその上に擁壁、盛土をする。 疑問点 ・地震等が起きた場合、地盤沈下の恐れは無いか? ・L型擁壁は安定するのか? ・盛土をしてどの位の期間放置すればよいのか? ちなみに建物の方は杭打ちする事になっています。何でも昔沼地だったらしく全体的に地盤が弱いとのことです。拙い文章で申し訳ありませんが何か良い返答お待ちしています。

  • 擁壁について

    ハウスメーカーの監督です。 外構は他社工事で行っているのですが、二メートル以下の擁壁をすることもよくあり地盤調査前に打ち合わせをするため、又改良工事が発生すると離れ寸法により杭と干渉することがあるので、逆L型かL型のもの二種類で対応が多いのですが、早い段階で(確認申請図面まで進む前)自分でもお客様の打ち合わせで確認したいので、よいソフトはないでしょうか。 住宅なので形状は単純なものがほとんどです。 また資料などよい方法がありましたら、お願いします。

  • 擁壁の根入れ 

    現在田んぼで使用している場所に現場打L型コンクリート擁壁を計画しております。(地盤調査はしておりません) 最終的には、支持地盤まで改良等をする予定です。 H=1.50mぐらい土盛りする場合は、一般的に根入れは、どれくらい必要なのでしょうか? 概算見積もり用なのでアバウトでかまいません。 宜しくお願いします。

  • 契約後の地盤改良費の負担

    自宅を建築中です。 設計事務所の建築士さんと施工会社それぞれ別契約を結んでおります。 先週、着工したところ、今週になって、構造設計上、地耐力の設定に誤りがあり、地盤改良が必要になる旨、謝罪と報告がありました。 地盤改良費が追加で150万円程度かかるようなのですが、このような場合、施主が支払わなければならないのでしょうか? 地盤調査は1年半ほど前に設計事務所が手配した委託先が実施しており、その費用、約12万円程を支払い済です。ミスは設計事務所が委託した先の調査会社のものになります。地盤改良は不要との調査結果に基づき、設計事務所も設計を終えて着工している状態で、着工してみなければわからなかった問題では無い完全なミスで既に金額確定して契約は済んでいる状態でこれから追加費用といわれても、、、と思っています。 対応方法について、アドバイスいただけないでしょうか?

  • 擁壁にクラック

    1年前に造成された土地を購入し住宅を建築しましした。 引渡し前に擁壁にクラックが入っているのを発見してしまいました。 擁壁じたいは2m以下です。土地購入後、地盤改良で杭をうっています。 色々調べた結果擁壁はL型になっていて住宅は底版にかかっていないのですが、擁壁側にある温水器のための杭が底版にのってとめているみたいです。 クラックが入っているのはこの温水器の近くのみです。 杭をうった会社が調査した結果、杭をうって擁壁にクラックが入った可能性がないとは言えないので擁壁にシリコンを注入する提案がでています。もちろん住宅が傾いた場合は10年間保証します。 との事です。擁壁が崩れるなら地盤が固まってない造成後10年以内におこると言われていますが、10年後に擁壁が崩れたりした場合はもう仕方ないのでしょうか?そこから家が傾くとか気になっています。 ずっと保障とかありえない事ですか?良い方法は他にあいますか?

  • 確認申請審査

    確認申請では地耐力は見るが、地盤の中まで見る事が出来ないので、地盤改良内容は見ないと言われました。 そうなると、地盤改良工事は全て建築メーカーの判断に任せられるのですか?