• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

延床面積500m2以上の共同住宅は?

用途地域、防火地域共に、指定なしの地域内に延床面積500m2以上の共同住宅を建設した場合、準耐火建築物としなければならないのでしょうか? 建築基準法 第62条では「準防火地域内においては」となっているのですが、用途も防火も指定なしの地域ではどうなのでしょうか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2

指定なしの地域内の場合 共同住宅500m2以上は 法27条と別表第一に書いてある通り 3階建て以上→耐火(もしくは一部の準耐火) 2階の面積300m2以上→準耐火以上 です

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございました!

関連するQ&A

  • 工場の計画での質問

    工場の計画をしているのですが、 建築基準法2条では「工場」は特殊建築物となっていますが、耐火または準耐火建築物にする必要はあるのでしょうか? 防火区画は耐火でも準耐火建築物でない場合は不要になるのでしょうか? また鉄骨造か木造かまたは両方の構造で考えていますが、どれでも可能でしょうか? 敷地面積:13,000平米、用途地域:工業地域、防火指定:なし です。 計画建物は延べ面積1,500~2,000平米ですが、将来増築工事予定があります。 よろしくお願いします。

  • 特殊建築物における増築部の取扱について

    準防火地域内の特殊建築物(病院)で増築部の取扱について、 既設部分は、延べ床面積約13000m2で耐火建築物です。 同一敷地内に、延べ床面積約320m2の建築物(軽量鉄骨・2階建て)の (準)耐火でない建築物が、別棟で立っています。これは問題ないのでしょうか。用途は、事務室・休憩室です。 消火設備は一切設置されていません。

  • 共同住宅の防火戸

    共同住宅と防火戸について、悩んでいます。 サッシメーカー勤務なのですが、準耐火もしくは耐火建築物で 各住戸の出入り口の防火戸について教えてください。 建築基準法では20分の娑熱構造の防火戸また常時閉鎖式防火設備とありますが、防火設備(旧乙防)と特別防火設備(旧甲防)どちらにするのが正解なのでしょうか? 法律上は防火設備(旧乙防)で問題ないようですが、設計事務所の建築図面では特別防火設備(旧甲防)を指定されるケースがあります。 もし特別防火設備が必要ならそのときのケース(建築用途・床面接等)と、根拠(法律上:基準法・消防法等)もお教えください。 よろしくお願いいたします。

  • 建ぺい率80%地域が60%になると言われ・・・

    今、歯科医院の確認申請手続きを進めています。 用途地域は第2種住居地域、建ペイ80%、容積300%、準防火地域です。 建物は、木造2F、建築面積≒100m2、延べ床面積≒180m2、耐火や準耐火建築物ではなくその他の建築物で申請手続き中です。 確認検査機構へ提出した際に、確認申請書の第三面のト欄「敷地に建築可能な建築面積を敷地面積で除した数値」は、60%となると言われました。 私なりに調べてみたのですが、わかりませんでした。 どなたかお分かりの方がいらっしゃれば、教えていただけませんでしょうか? お願いいたします。

  • 準防火地域

    準防火地域に3F建て軒高8.9Mの住宅を建てる 予定ですが、延べ床面積620m2です。  建築士は、一般的な仕様でOKで特別に耐火を  する必要ないといいますが本当でしょうか?  

  • 防火地域、準防火地域において防火壁で区切る必要は?

    延面積1000m2を超える建物は、内部を防火壁で区切り、各スペースが1000m2以下になるようにしなければならないという規制があるのですがこれは、防火地域、準防火地域においても適用されます。 しかし実際に適用されるケースは存在するのでしょうか? そもそも1000m2を超える建物となるとその2つの地域では必ず耐火建築物もしくは準耐火建築物にしなければならないと思います。その建築物に果たして防火壁で区切る必要はあるのでしょうか?

  • 申請四面の軒天記載不要かな?

    急ぎで質問です。 防火地域、88.87m2、木造3階建(耐火建築物)ですが、基準法61条を 見ると軒天の仕様は明示不要でしょうか?

  • 3階建の住宅

    3階建することによってでてくる建築基準法は何がありますか? ・用途地域:なし ・防火規定:22条区域 ・普段は確認申請も不要な地域です ・木造3階建て

  • 共同住宅 2以上の直通階段

    共同住宅 6階建て 耐火建築物 は2以上の直通階段は必要ですか? 令121条1項五号により不要、と考えたのですが、六号により必要?? 令121条1項六号の意味がわからず困っております。 「前各号に掲げる階以外の階」とは何なのでしょうか? 1階から6階まで全部共同住宅、200m2以下は「前各号に掲げる階」ではないのですか?

  • 店舗新築予定で準耐火建築か耐火建築にする必要性があるか?

    現在、店舗新築(鉄筋)予定です。 適当なカテゴリーが見つからないのでこの場で質問させて下さい。 素人ながらある程度は調べたのですが、耐火建築にする必要があるのか準耐火建築にする必要があるのか又は非耐火建築で問題ないのかはっきりさせていただきたいのです。 敷地面積240坪に2階建ての店舗(物品販売業)を新築予定です。 用途地域:第一種住居地域 建坪率:60% 容積率:200% ※防火地域ではありません。 この条件で建てられる建物の床面積は 240*0.6*2=288坪(950m2)までですよね? 店舗の場合、床面積が500m2を超えると準耐火建築もしくは耐火建築にする必要があると聞きましたが間違いないのでしょうか? 今回の場合、準耐火建築か耐火建築いずれに該当するのでしょうか? また、防火設備(防火戸、避難誘導灯、避難階段、鉄骨の耐火被覆)等の設置は必要なのでしょうか? 業務用のリフトを1つける予定です。(荷物の上げ下ろし専用でお客はもちろん、従業員も利用しません)