• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

防火地域、準防火地域において防火壁で区切る必要は?

延面積1000m2を超える建物は、内部を防火壁で区切り、各スペースが1000m2以下になるようにしなければならないという規制があるのですがこれは、防火地域、準防火地域においても適用されます。 しかし実際に適用されるケースは存在するのでしょうか? そもそも1000m2を超える建物となるとその2つの地域では必ず耐火建築物もしくは準耐火建築物にしなければならないと思います。その建築物に果たして防火壁で区切る必要はあるのでしょうか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数1526
  • ありがとう数2

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.3

法26条の防火壁は、1000m2を超える木造建築物等を対象にしているものです。 耐火建築物と準耐火建築物は防火区画が義務付けられているので、防火壁の設置は除外されています。 しかし、法67条1項の防火壁は、防火地域又は準防火地域の内外にわたる場合を対象にしているものです。 よって後者の防火壁が、防火系地域でも適用されるケースがあるものです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

みなさまご回答ありがとうございます。かなり詳しくわかりました。 本当に助かりましたm(_ _)m

その他の回答 (2)

  • 回答No.2
  • blueaby
  • ベストアンサー率51% (14/27)

何やら偏った知識をつけてしまった感があるような気がします。 質問内容からして素人ではないと判断させてもらって説明しますが、 1,000平米を越えたら1,000平米以内で区画・・・必ずしもそうとは限りませんよ?何を根拠にしているのでしょう? 主要構造が耐火構造なら1,500平米ですし、 任意的な準耐火でも1,500です。 基準法27条やら62条やらで イ準耐だとか外壁ロ準耐だと500平米です。 さらに1時間耐火のイ準耐、不燃構造のロ準耐火なら1,000平米です。 でもってこれ、ご存知と思いますが、防火区画の面積区画にあたるものです。 耐火・準耐火だからやらなくて良いじゃなくて、耐火・準耐火の建物に適用する法律です。根本的に何か勘違いしてませんか? また、防火壁で区切る!と意識されているようですが、特定防火設備で区切っても良い訳です。 実際のケースとしては普段は何も無いけど、火災時に自動で降りてくるシャッター。これです。 納得いきました?いきません?すいません。法規の説明苦手です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1

こんにちは。 防火地域は、建物が密集しているため、火災を外に広げない、外から火災を貰わないために、耐火建築物等で建築するよう決められています。 一方の面積区画は、建物の構造によって、500/1000/1500m2以内の区画に防火壁で分ける必要がありますが、これは前出の観点ではなくて、建築物内の火災の延焼を防止するために行われています。本体が耐火構造であっても、内部にほとんど壁がなかったり、壁があっても特に耐火になっていないと、その建物の内部で火災が発生すると、建物が丸焼けになる恐れがあります。それを局所化して被害を最小限に抑えるため、防火壁を設置するよう定めたものだと思います。 ピントがずれていましたらご容赦を。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 防火地域と準防火地域が混ざっている土地

    防火地域と準防火地域が混ざっている土地で、80%ぐらいが準防火地域で、残りの20%(道路からみて奥側・奥の境界から3mぐらいまで)が防火地域に入っているのですが、建物を建築するときには防火地域として建築しないといけないのでしょうか? くわしく教えて頂ければ助かります。 ちなみに市街化区域で第1種住居地域になります

  • 防火地域、準防火地域

    防火地域、準防火地域は都市計画区域、準都市計画区域内でのみ指定可能なのでしょうか?

  • 防火認定のカーテンウォールってありますか?

    防火地域で延べ面積が100m2を超える建築物は、耐火建築物としなければなりませんが、その場合カーテンウォールを使用する事は可能でしょうか。 カーテンウォールが建具ではなく非耐力壁であることから認定適用外となると聞いたのですが・・・

  • 準防火地域 延焼線内の建具

    質問させていただきます。 既設建物が準防火地域内の建物なのですが 耐火建築物で外壁の開口部で延焼のおそれのある部分に防火設備が必要とあるのですが、 (1)建具の一部が延焼線内で連窓の場合は建具全体を防火設備に改修が必要になるのでしょうか? (引き違い窓が方立を共有して10個連なっている) 考えでは全部に防火設備が必要となると思うのですがあまりに量が多いので・・・ 延焼部分と連窓を切って分ける等しか方法はないのでしょうか?

  • 防火地域における耐火建築物の建築諸条件

    耐火建築物の建築諸条件(窓や玄関...,,その他)について,どこをどうすればよいのか具体的に教えください。 ちなみに建築予定の条件は下記の通りです。 - 敷地:ほぼ長方形(23m×13m,約90坪) 西北面(長辺 23m)と東北面(短辺 13m)とが道路に接する角地 西南方向の30坪ほどが防火地域(商業地域),残りが準工業地域 - 建物:3階建てで総床面積80坪でRC構造を第1優先に考えています。 2世帯(計9名,内60歳以上4名)なのでこれ位の広さを考えています。

  • 準防火地域に建てる平屋建ての屋根に、「タキロン」は使用できるのでしょう

    準防火地域に建てる平屋建ての屋根に、「タキロン」は使用できるのでしょうか。 現在、準防火地域に平屋建てを新築しようと考えています。 その建物(延28.7坪)の屋根にタキロン(3.3m×6.3m)を使用したいのですが、確認申請が降りるでしょうか。 建築基準法上で、面積が決まっていたような気がするのですが、条文がどこにあるか忘れてしまいました。 よろしければ、(1)使用できるか。(2)根拠(条文含む)を教えていただけないでしょうか。

  • 準防火地域内での店舗併用住宅について

    準防火地域内、用途地域は商業地域で1階部分と2階の一部を賃貸の飲食店(ラーメン屋、居酒屋、喫茶店等)とし、2階の残りと3階部分を専用住宅とする計画があります。このような用途の建物を木造で建築は可能なのでしょうか?また、可能な場合は準耐火建築物となると思いますが、どのような構造としなければならないのでしょうか?経験なされた方、お教え頂けませんでしょうか?宜しくお願いします。

  • 準防火地域

    準防火地域に3F建て軒高8.9Mの住宅を建てる 予定ですが、延べ床面積620m2です。  建築士は、一般的な仕様でOKで特別に耐火を  する必要ないといいますが本当でしょうか?  

  • 防火地域での木造3階建て住宅について

    防火地域の第一種住居地域で、 木造3階建ての木造在来工法の住宅についてお尋ねしたいのですが、 基本プランと仕様書が届き見積を依頼されたのですが、 経験がなく教えていただけたらと思うのですが、 耐火建築物って外壁防火サイディングにして、内壁石膏ボード厚み12.5mmの下地して、外装建具を網要りのガラスにしたらそれでクリアするような簡単なものではないように思うのですが。 また、日本木造住宅産業協会というところで、講習を受けない限り設計も施工もできないと協会の担当者にいわれ、 それまたびっくりしているのですが、行政の建築指導課に聞くとそのような指定はないといわれ少し混乱しています。 慣れないもので申し訳ありませんが、 ご意見いただけましたらお願いいたします。

  • 防火地域での駐車場

    近隣商業地域で防火地域での駐車場を建てたいのですが、現在70m2 敷地の中に1階に食料品の工場と2階に住宅・住宅の2階建てが建っています。4車線道路と一方通行の角地です。隣接してる住宅の隙間は1メートル空いていて、敷地の角の部分と一方通行の道路側に空き地及び車を止めています。この角地約17m2に駐車場は建てられますか?また建てられるとしたら防火に関する仕様等教えてもらえないでしょうか?建物にくっ付けて建築するのはダメだと思うのですが・・・住宅と工場の建築面積は約40m2です。よろしくお願いします。