• ベストアンサー

初当り1回当りの期待できる出玉

確率が138.5分の1で大当り図柄が14通りです。 7通りの図柄で当たると出玉が1100個で次回大当りが約束されます。 その他の図柄で当たると出玉が220個で40回の時短がつきます。 (時短とは玉を減らさずにスタート回数を回せる機能です) 上記の条件で初当り1回あたりに期待できる出玉を教えてください。

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
noname#181872
noname#181872
回答No.7

これって現金機モンスターマンションですよね。 #4さんの考え方であっていると思うのですが、40回の時短で引き戻す確率は 1-(1-1/138.5)^40じゃないかな?と思います。そうすると、1760個となりました。 あと#5さんの考え方では、めちゃくちゃ運がよくて、ひたすら次回まで時短を 引き続けるというものがないように思います。それと”時短はテンパイ 状態だからあたり確率は高いね。”というのも時短は電動チューリップが 開きやすくなるだけで、あたり確率は変わりません。さらにパチンコ屋の 儲けの話をしようと思ったら換金率が必要なのでは?茶々入れで申し訳ありませんが。

hikibou
質問者

お礼

ありがとうございました。 参考にさせていただきます。

全文を見る
すると、全ての回答が全文表示されます。

その他の回答 (10)

  • toru1025
  • ベストアンサー率0% (0/4)
回答No.11

#4です。 #7さんご指摘ありがとうございました。 「40/138.5」は、引き戻す回数の期待値です。 1回あたり(1/138.5)回期待できますので、加法定理から [40/138.5」回引き戻せると考えました。

全文を見る
すると、全ての回答が全文表示されます。
  • mmky
  • ベストアンサー率28% (681/2420)
回答No.10

#9 nrbさんの回答にエールを送ります。 数学は美しくあるべきですね。 mmky

全文を見る
すると、全ての回答が全文表示されます。
  • nrb
  • ベストアンサー率31% (2227/7020)
回答No.9

初回1当たりの期待値は (1100×7+220×7)÷14=660個 1回当たると平均値は660個ですね いい問題ですね回答に時短とか関係ないですね ひっかけ問題でした

全文を見る
すると、全ての回答が全文表示されます。
  • mmky
  • ベストアンサー率28% (681/2420)
回答No.8

#5です。 Charlie24さんやADEMUさんの指摘のとおりです。 質問者へ、#5のアドバイスは数学的には「めちゃ」ですよ。 パチンコで大当たりした場合のケースと考えてくださいね。 特にいい台は、時短内で大当たりがありますね。 (こんなのはあまりないですけどね。) それから、質問者の問題に該当するパチンコ台はやったことがないのでわかりませんが、大当たりは普通2箱は保証してますね。なんでも「大当たり」とパチンコ台ではいうのですが1箱で終わりというのを(小あたり)としています。(これ気落ちするからね?) 回答者の皆さん、ちょっといい加減でごめんね! 追伸まで

全文を見る
すると、全ての回答が全文表示されます。
  • ADEMU
  • ベストアンサー率31% (726/2280)
回答No.6

#5の回答をみて大当たり、小当たりの感覚が間違っているように思うのですが、220個でも大当たりなのですよね。

hikibou
質問者

補足

はい、そのとおりです。大当りが2R9カウントと10R9カウントがあります。

全文を見る
すると、全ての回答が全文表示されます。
  • mmky
  • ベストアンサー率28% (681/2420)
回答No.5

パチンコの出球ですね。なかなか勝てませんよね。 139回転で運良くあたれば、 (1)大当たり (1/2)1100 個  次も大当たり約束されていて(1/1)1100個 ですね。3回目は約束されてないね。だから139回転うち込みだよね。その次も(1/2)で続くね。 出玉が質問だから性格には回転数ではなく玉数で計算するのが正確な出玉(入りと出の加算)の算出ができるね。1回転に要する玉数は、平均5個ぐらいかな。(ちよっといい台の場合かな。)と考えると、 (a)=(1/2)×1100+(1/1)×1100+(1/5×139)×(1/2){・・・}    =550+1100=1650 個 (2)小あたり (1/2)220 個 次は時短だけだから(時短はテンパイ 状態だからあたり確率は高いね。) (40/139)でまた(1/2)の大当たり(2通り)があれば、 (b) (1/2)×220+(40/139)×((1/2)×1100)+(1/1)×1100 =110+158+1100=1368 個 (c) (1/2)×220+(40/139){(1/2)×220+(40/139)×(1/2)・・}     =110+32=142 個 で期待される出玉数は、1650個、1368個、142個 の3通りですね。 ところが、139回転まわすために約695個(=139回転×5個)がいるわけですから、a=1650-695=955個、b=1368-695=673個 c=142-695=-553個 の三通りが実際的な出玉数ですよね。 それぞれの台の数をN,M,Lとしますと、 aN+bM+cL=Xの値で、この値Xがプラスなら大放出デー、マイナスならパチンコや大もうけデー ということですか。 勝てませんね??? ということで答えになっているかどうか?? 参考まで

全文を見る
すると、全ての回答が全文表示されます。
  • toru1025
  • ベストアンサー率0% (0/4)
回答No.4

期待値をEとすると E=1/2×(1100+E)+1/2×(220+(40/138.5)×E) これを解いて、 E=1856 個 と、なるんじゃないでしょうか。

全文を見る
すると、全ての回答が全文表示されます。
  • nrb
  • ベストアンサー率31% (2227/7020)
回答No.3

回答不能 各絵柄のでる確立が不明です おんなじ確立なんですかね また、何発平均で1回転すのですか? 条件が不足しぎで計算できる方がおかしですね

hikibou
質問者

補足

確率が138.5分の1で大当り図柄が14通りです。 各図柄の出る確率は、14分の1です。 7通りの図柄で当たると出玉が1100個で次回大当りが約束されます。 その他の図柄で当たると出玉が220個で40回の時短がつきます。 (時短とは玉を減らさずにスタート回数を回せる機能です) 説明が適当かどうかわかりませんが、上記のスペックは、パチンコのものです。 スタート回転数とは、大当りさせるためにスタートチャッカーにいれた玉の数です。 通常はスタート回転数を回すために、玉を購入して消費しますが、時短の状態では、 玉を減らさずに回せるので、このときに仮に大当りした場合、初当りの出玉の期待値に 含めます。 こんな説明でご理解いただけますでしょうか?

全文を見る
すると、全ての回答が全文表示されます。
  • ADEMU
  • ベストアンサー率31% (726/2280)
回答No.2

一応計算してみたのですが、約1330個とでました。 条件として、時短の40回で大当たりする確率が約25%です。(1-(275/277)^40)

全文を見る
すると、全ての回答が全文表示されます。
回答No.1

もう少し詳細な説明をお願いします。 まず初当たり1回あたりの期待できる出玉というのは、最初に大当たりとなった時の出玉の期待値ですか? 大当たりになった後の効果が記されていますが、大当たり後の出玉についても考慮する必要があるのですか? 単に最初に大当たりとなった時の出玉の期待値ですと、14通りのケースのうち半数が1100個の出玉で、残りの半数が220個の出玉ですので1100/2+220/2=660個が求める期待値になりますが..... なんか、文章からすると別の値をお知りになりたい様な気もするのですが如何でしょうか?

hikibou
質問者

補足

質問内容がわかりにくかったことをお詫びします。 大当り後の出玉についても考慮にいれた、最初の大当りとなったときのの出玉の期待値です。 これで、おわかりいただけるでしょうか?

全文を見る
すると、全ての回答が全文表示されます。

関連するQ&A

  • パチンコの初当り1回当りの大当たり回数の計算方法

    確率400分の1のパチンコ機で図柄が12通りあります。そのうち4つの図柄(確率変動図柄と呼ばれています。その他の8図柄は通常図柄と呼ばれています。)で大当たりすると以後2回の大当たりが約束されます。次回の大当たりは、図柄12通りから選ばれます。確率変動図柄での大当たりした場合にその後の1回目または2回目に確率変動図柄で大当たりした場合も以後2回の大当たりが約束されます。 以上の数値で、初当り1回当たりの大当たり回数をおしえてください。

  • パチンコの初当りの特賞回数の計算方法

    確率349.7分の1のパチンコ機で、図柄が8通りあります。 そのうち4つの図柄(確率変動図柄と呼ばれています。他の4つの図柄は 通常図柄と呼ばれます。)で大当りすると次回の大当りが約束されます。 次回の大当たりは図柄8通りから選ばれます。確変図柄から通常図柄、 または通常図柄の大当たり終了後、100回までは、玉が減らずに遊技できます。 以上の数値で、初当り1回当りの大当り回数を教えてください。

  • 期待値 出玉の計算

    出玉の期待値の計算は、 期待大当たり回数 = 通常時回転数 / トータル確率 期待出玉 = 1回当たりの平均出玉 * 期待大当たり回数 で計算できると思います。この中で、トータル確率と、1回当たりの平均出玉は、インターネットから拾っていますが、2Rの出玉なしの当たりは、期待大当たり回数に含まれているのでしょうか。 もちろん、これは参考にしているサイトや、台によってことなると思うのですが、一般的にどうなんでしょうか。 根本的に、間違っていたら、すみません。

  • パチンコの平均大当り回数で質問です

    パチンコのことで質問です<(_ _)> 昔はあったようですが、大当り後の時短の突入契機が確変終了後のみ というタイプの平均の大当り回数が分かりません。 例として 大当たり確率 1/300 確変中確率 1/30 確変突入率 60% 時短回数 100回 時短突入は確変終了後のみ(最初に単発図柄を引いた時は時短はありません) 時短の引戻し確率 1-(1-1/300)^100=0.283867..... 確変1回に期待できる大当り回数 1/(1-0.6)=2.5 ここまでしか分かりません(´;ω;`)ウッ… どなた様か求め方をご教授頂けますでしょうか?どうかよろしくお願い致します。

  • パチンコの出玉について

    大海スペシャルで、1回の大当たりは1400玉前後で、1200玉以上有ればと考えていますが、その時の出玉は750玉前後でした。 大当たりラウンドは問題なく終了しました。ラウンドは下のアタッカーになかなか玉が入らずに時間がかかり、出玉が少ないと思い、出玉カウンターをみたら600玉しかありませんでした。 法律的には問題だと思いますが、どのようになるのでしょうか。

  • (1)最近のパチンコ台の時間あたりの出玉について (2)回転数あたりの期待できる初当り確率について

    こんにちは。 また、パチンコ理論で気になる点がでてきましたので、回答お願い致します。(熱心に勉強中です。) まず、パチンコの内規的な質問になりますが、日頃我々が遊戯しているパチンコ台は、 (1) 一日あたり、具体的に何時間あたりの出玉量の規制はあるのかどうか あきらかに最近の台は、リーチ演出が長い事で、時間効率が悪いし。小当り、潜伏、5Rなどで出玉の制限がされている台が多いと思っているんです。 次に、大当り期待値の事なんですが。調べたところ、確率まで回して初当りになる確率(%)は、確率、機種に関係なくおよそ63%だそうです。 仮に、確率1/300の同機種、101番、102番、103番の3台があるとします。 この機種の回転数あたりの期待できる初当り確率(%)を 100回=27% 200回=47% 300回=63% とした場合。 (2) 101番、102番、103番と順番に100回、100回、100回と回した場合、期待できる初当り確立(%)は 27%<47%<63% と高くなるのか、それとも 27%=27%=27% のままなのかどうか 疑問に思っています。実際のパチンコ台の立ち回りで、是非知っておきたい事なので、教えて頂けますでしょうか。 質問は、以上の2点です。よろしくお願いします。

  • 正確な確率の調べ方を教えてください。

     パチンコの確率についての質問です。  最近ボーダーを意識してパチンコを打っているのですが、正確な確率が調べられるサイトや雑誌とかないでしょうか?  大当たりの確率は、台盤の隅っことか、メーカーのホームページに1/100、確変の割合65%、時短100回とか書いてありますよね。でも、最近は、突確・潜伏確変・出玉の無い当たり・転落抽選・時短中の電チューサポートの有無など色んな要素があり、同じ1/100でも玉の出方が随分違います。メーカーも潜伏確変とか出玉の無い当たりとかがある以上、しっかり公表して欲しいものです。  正確な期待値が知りたいんです。

  • パチンコの大当り期待回数

    確率1/236.3のパチンコ機で大当り終了後時間短縮機能がついており玉が減らない状態で70回遊技ができます。また大当り終了後確率変動があり 80.6%の割合で確率が1/88.6になります。確率変動するかしないかは、大当り終了後に決定されています。確率が1/88.6の状態の場合は 1/99.5で転落抽選がおこなわれ、抽選された場合は通常確率にもどります。この内容の機械で初めて大当りした場合に期待できる大当り回数をおしえてください。よろしくお願いいたします。

  • 合成確率と平均継続回数の出し方をお願いします。

    パチンコ機で以下のようなスペックを持つ機械があります。 通常時の大当り確率=1/310.6 確変中の大当り確率=1/31.06 確変突入率=64% 大当り振り分け:確変=58%、潜伏確変=6%、通常=36% 時短=通常大当たり終了後100回転 用語の説明をさせていただきます。 パチンコ打ち始めるときは大当たり確率が通常時の大当り確率1/310.6から遊技をはじめます。 大当りしたときに次回の大当り確率が、 64%で確変中の大当り確率1/31.06になり、 36%で通常の大当り確率1/310.6になります。 これが確変突入率64%の意味です。 確変中の大当り確率1/31.06になった場合、 64%のうち58%は、玉を減らさずに次回大当りまで遊技できる状態 になり、(確変58%の意味です) 6%は、通常時の遊技状態で玉を減らしながら遊技します。 (潜伏確変6%の意味です) 通常の大当り確率1/310.6になった場合は、 100回転まで玉を減らさずに遊技できます。 (時短100回の意味です) 上記の条件で、通常時の確率と潜伏確変時の合成確率と通常時に大当りした場合(100回転まで玉を減らさずに遊技する分は除きます)の平均継続回数の求め方を教えていただきたいのです。 答えは確率が1/294.8 平均継続回数が3.618になっています。 よろしくお願いします。 上記のスペックで潜伏確変6%が普通の確変である場合の平均継続回数の計算方法は以下のように おこなっています。 確変突入率が64%なので、無限等比級数の和の公式を使って 1/(1-0.64)=2.778・・・・(1) 時短100回での引き戻し率 1-(309.6/310.6)^100=0.2756・・・・(2) (1)と(2)を合わせて 2.778/(1-0.2756)=3.8348 になります。 潜伏確変と言う概念が入って、計算の仕方がよくわからなくなっています。 よろしくお願いいたします。

  • 出玉の少ない時のボーダー値は

    今日「海物語in地中海SAF」を打ってきたのですが、1回当たった時の出玉が350~400個位でした。 ある情報サイトによれば、平均出玉が430個とありました。 つまり、今回は当たり中の持ち玉削りの多い台だったと考えます(アタッカー釘はマイナス調整~無調整に見えました。また、個人的にはこの機種のもともとのアタッカー釘が渋い感じに見えました)。 こういった時は、通常より+2,3多く回転する必要があると聞いたことがあります。 ちなみに、今回は2000玉打ちだして平均で250玉中20,6回転となり、情報サイトによるボーダー値より+2でした。しかしいくらボーダー値より+2、3回る台であっても、出玉が少なかったり、確変&時短中に持ち球が削れるようでは、そこの台でねばっていいか微妙ですよね。そこで質問なのですが、今回のように出玉が少なくて、確変&時短中で止め打ちして持ち玉が増えも減りもしない位とした場合、どれくらいボーダー値に+して考えたらいいでしょうか。 個人的には、普段からボーダー値+2↑の台狙っているため、こうした出玉の少ない台ではより+する必要あると考えています。+5↑位かな・・ってそんな台今はないですかね。 めんどくさい質問ですみません。