• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

合成確率と平均継続回数の出し方をお願いします。

パチンコ機で以下のようなスペックを持つ機械があります。 通常時の大当り確率=1/310.6 確変中の大当り確率=1/31.06 確変突入率=64% 大当り振り分け:確変=58%、潜伏確変=6%、通常=36% 時短=通常大当たり終了後100回転 用語の説明をさせていただきます。 パチンコ打ち始めるときは大当たり確率が通常時の大当り確率1/310.6から遊技をはじめます。 大当りしたときに次回の大当り確率が、 64%で確変中の大当り確率1/31.06になり、 36%で通常の大当り確率1/310.6になります。 これが確変突入率64%の意味です。 確変中の大当り確率1/31.06になった場合、 64%のうち58%は、玉を減らさずに次回大当りまで遊技できる状態 になり、(確変58%の意味です) 6%は、通常時の遊技状態で玉を減らしながら遊技します。 (潜伏確変6%の意味です) 通常の大当り確率1/310.6になった場合は、 100回転まで玉を減らさずに遊技できます。 (時短100回の意味です) 上記の条件で、通常時の確率と潜伏確変時の合成確率と通常時に大当りした場合(100回転まで玉を減らさずに遊技する分は除きます)の平均継続回数の求め方を教えていただきたいのです。 答えは確率が1/294.8 平均継続回数が3.618になっています。 よろしくお願いします。 上記のスペックで潜伏確変6%が普通の確変である場合の平均継続回数の計算方法は以下のように おこなっています。 確変突入率が64%なので、無限等比級数の和の公式を使って 1/(1-0.64)=2.778・・・・(1) 時短100回での引き戻し率 1-(309.6/310.6)^100=0.2756・・・・(2) (1)と(2)を合わせて 2.778/(1-0.2756)=3.8348 になります。 潜伏確変と言う概念が入って、計算の仕方がよくわからなくなっています。 よろしくお願いいたします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数1239
  • ありがとう数1

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.3

少し思い出しました。潜伏確変とはCR五右衛門(タイヨーエレック)の一攫千金モードのようなものでしょうか? 突然確変の場合にも同じことが言えるのですが、2R確変(出玉無し大当たり)を搭載した機種においては、「通常時の確変突入率」と「確変時に確変が継続する確率」は見かけ上違ったものになります。なぜなら、前者においては突確および潜伏確変も確変突入とみなされるのに対し、後者では突確、潜伏確変はただの確変継続演出に過ぎないからです。 ですから、 >1/(1-0.64)=2.778・・・・(1) >時短100回での引き戻し率 >1-(309.6/310.6)^100=0.2756・・・・(2) >(1)と(2)を合わせて >2.778/(1-0.2756)=3.8348 の計算において、(1)の確変継続率 0.64 の部分を、実質的な確変継続率である (0.58/(0.58+0.36))=0.617021277 に置き換える必要があります。これで計算すると平均継続回数は 3.60475117 回となります。答えの方と少し違っていますが、この誤差は前回の回答で述べた通りです。 また、合成確率の方ですが、 まず、初当たりに要する平均的な回転数は310.6回よりも多くなることを述べておきます。なぜなら、大当たり確率は1/310.6ですが、潜伏確変を引いてしまった場合、出玉有りの大当たりを引くまで続けて回さなければならないからです。 一方、初当たりに要する平均的な回転数を知りたいわけではない場合には、期待確率を計算で求めるのは、少し難しいと思われます。機種のシミュレーションを作成したいのであれば、これらを計算で求めるよりは、潜伏確変や時短などを考慮したシミュレーションプログラムを組んだほうが手軽に計算できると思います。実際、雑誌出版社でもそのようにしていると思います。 最後に、思い出してみてわかってのですが、「潜伏確変と通常大当りの区別ができない」ものとしての合成確率を求めるということは、甚だ不自然であると思います。おそらく、質問者様と私の思うところが違っていることから来た齟齬だとは思いますが、これでは、時短を考慮しない計算になるからです。 ちなみに、時短が無く、潜伏確変と通常を区別できないような機種についての期待確率は、 大当たり終了後100回転目においては、 (309.6/310.6)^99*1/310.6*6/7+(30.06/31.06)^99*1/31.06*1/7 ではなく、 (309.6/310.6)^99*1/310.6*6/7+(30.06/31.06)^99*1/31.06*1/7 ------------------------------------------------------←分数の真ん中の線 (309.6/310.6)^99*6/7+(30.06/31.06)^99*1/7 となります。これは 1/287.55程度でした。なお、回数が多くなるにつれて、1/310.6 に近づいていき、200回転目では、1/309.29となりました。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

親切なご回答ありがとうございます。 平均継続回数の計算の仕方参考にさせていただきます。 潜伏確変と通常大当りの区別できないものとして合成確率を求める意味合いは、潜伏確変と通常大当りまでの遊技状態が全く同じであるために 区別できないものとして計算しています。このやり方は、某ホールコンピュータメーカーがおこなっているやり方で、その計算式を知りたいと思って色々やったのですがわからなかったので、ここに質問させていただきました。答えもその某メーカーの答えなんです。 100回転目の期待確率の計算方法ありがとうございます。 分母の式が必要だったのですね。(難しいです!) 貴重なお時間を使っていただきご回答ありがとうございました。

その他の回答 (2)

  • 回答No.2

#1です。 先程の回答の >1/310.6*1/7+1/31.06*6/7=1/35.6 の部分は間違っていました。 1/310.6*6/7+1/31.06*1/7=1/135.8875 ですね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1

2、3年ほど前までパチンコの確率やボーダーを自前で計算していたものです。殆ど独学でやってましたが、この経験で数学の確率の分野は得意でした。現在はパチンコは数ヶ月に1回いく程度で現行の機種については詳しくありません。 回答と補足要求です。 まず、「通常時に大当りした場合の平均継続回数」ですが、 「どこまで」を大当たり継続とみなすのでしょうか? 例えば、潜伏確変をきちんと見抜いた上で(現行の機種では必ず確変状態を見抜くことができるはずです。)、確変の継続及び時短での引き戻しまでを大当たり継続とみなすならば、質問者様の計算で間違いないように思います。 また、雑誌等の解析では、大当たり確率の値が小数点以下第2位で四捨五入、もしくは切り捨てされているので、計算結果に誤差が出ます。確変突入率に関しても、正確に64%ではないので、正確な値を計算したければ、それらの正確な値を知る必要があります。(確か、パチンコにおいては確率の分母が素数となるように定められていたと記憶しております。)単純に数学的な興味からの質問であれば、もう既に答えは出ているといえます。実際にボーダーを正確に計算したいとの質問であっても、これ以上正確に知る必要は無いでしょう。 一方、「通常時の確率と潜伏確変時の合成確率」ですが、 これは「潜伏確変と通常大当たりの区別ができない」という仮定のもとででしょうか。質問文によると、潜伏確変と通常大当たりは時短の有無によって明確に区別できるように思いますが、実際のところどうなのでしょうか?ただ、もし潜伏確変が時短の有無で区別できるのであれば、それは潜伏確変でもなんでもないように思うのですが。 もし、潜伏と通常が区別できるのであれば、大当たり確率はそれぞれ1/310.6と1/31.06となり、1/294.8という結果にはなりません。 また、潜伏と通常が区別できない場合についてですが、これについては、回転数によって期待される確率が変わってきます。 極端な例で言うと、大当たり終了後1回転目では、潜伏確変と通常大当たりの割合の6%と36%から、その比率は正確に1:6となり、期待される大当たり確率。すなわち、1回転目で当たる確率は1/310.6*1/7+1/31.06*6/7=1/35.6です。一方、100回転回した後であれば、潜伏確変である可能性は殆ど否定されるので、1/310.6に近い値となるはずです。 こちらについては計算が煩雑になるので省略しました。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

ご回答いただきありがとうございます。 また、質問文がうまく書けず申し訳ありません。 補則させていただきます。 >まず、「通常時に大当りした場合の平均継続回数」ですが、 >「どこまで」を大当たり継続とみなすのでしょうか? のところですが、潜伏確変は1回で特賞が終わると仮定して平均継続回数を出したいと思っています。私は、パチンコ店を営業する側の者で機種のシミュレーションを作成しています。そのシミュレーションを作成上、この計算のしくみを知りたいと思っています。 もう一つの補則をさせていただきます。合成確率については、 「潜伏確変と通常大当りの区別ができない」ものとしての合成確率を出したいと思っています。ご回答者様のご回答から 1回目:1/310.6*6/7+1/31.06*1/7 2回目:309.6/310.6*1/310.6*6/7+30.06/31.06*1/31.06*1/7 3回目:(309.6/310.6)^2*1/310.6*6/7+(30.06/31.06)^2*1/31.06*1/7 ・ ・ ・ と無限に続いた場合の確率をだせばいいのではとおもうのですが、こっからどうやって出すかわかりません。 よろしくお願いします。

関連するQ&A

  • パチンコの平均大当り回数で質問です

    パチンコのことで質問です<(_ _)> 昔はあったようですが、大当り後の時短の突入契機が確変終了後のみ というタイプの平均の大当り回数が分かりません。 例として 大当たり確率 1/300 確変中確率 1/30 確変突入率 60% 時短回数 100回 時短突入は確変終了後のみ(最初に単発図柄を引いた時は時短はありません) 時短の引戻し確率 1-(1-1/300)^100=0.283867..... 確変1回に期待できる大当り回数 1/(1-0.6)=2.5 ここまでしか分かりません(´;ω;`)ウッ… どなた様か求め方をご教授頂けますでしょうか?どうかよろしくお願い致します。

  • パチンコの初当りの特賞回数の計算方法

    確率349.7分の1のパチンコ機で、図柄が8通りあります。 そのうち4つの図柄(確率変動図柄と呼ばれています。他の4つの図柄は 通常図柄と呼ばれます。)で大当りすると次回の大当りが約束されます。 次回の大当たりは図柄8通りから選ばれます。確変図柄から通常図柄、 または通常図柄の大当たり終了後、100回までは、玉が減らずに遊技できます。 以上の数値で、初当り1回当りの大当り回数を教えてください。

  • 合成確率

    確率1/236.3と1/88.6の二つの確率をもつパチンコ機があります。最初に大当りするまでは確率は1/236.3の確率で遊技し、大当り後80.6%の割合で確率が1/88.6で遊技できます。また大当り後どちらの確率の場合も70回転まで玉を減らさずに遊技できますので70回転までに大当りした場合は、合成確率を計算する場合に排除します。確率が1/88.6の状態の場合、1/99.5で転落抽選がおこなわれ、抽選された場合は、1/236.3に確率が戻ります。このような条件で合成確率はどのような値になるのでしょうか? どうしても解けなくて困っています。よろしくお願いいたします。

  • 正確な確率の調べ方を教えてください。

     パチンコの確率についての質問です。  最近ボーダーを意識してパチンコを打っているのですが、正確な確率が調べられるサイトや雑誌とかないでしょうか?  大当たりの確率は、台盤の隅っことか、メーカーのホームページに1/100、確変の割合65%、時短100回とか書いてありますよね。でも、最近は、突確・潜伏確変・出玉の無い当たり・転落抽選・時短中の電チューサポートの有無など色んな要素があり、同じ1/100でも玉の出方が随分違います。メーカーも潜伏確変とか出玉の無い当たりとかがある以上、しっかり公表して欲しいものです。  正確な期待値が知りたいんです。

  • 合成確率の計算方法

    確率1/252.1のパチンコ機があります。初回大当り後30%の割合で確率が1/25.2になり残り70%は1/252.1の確率で遊技が出来ます。大当り終了後、25回転までは、玉を減らさずに遊技でき、この間に大当りした場合は、合成確率の計算に含みません。この条件の場合にあるメーカーが発表している合成確率は、1/218.8になっています。私がいくら計算しても1/218.8になりません。どうやったらこの数値になるか教えていただけないでしょうか。よろしくお願いいたします。

  • 時短って?

    エヴァンゲリオンがやりたくて、スロットからパチンコに浮気したものです。 パチンコの時短についてよく理解できないので教えてください。 確変でない大当たり終了後のチャンスタイムですが、 私が調べたところによると、時短とは終了後100回転は玉を減らさずに回せるという おまけ程度のものだと出てきました。 それにしては、時短中に引き戻すことが多いと感じますし 時短中に大当たりをひいたとき、台のデータを確認すると 前のあたりが「確変」としてカウントされていることも気になります。 もうひとつ気になることは、 パチンコは、スタートチャッカー(エヴァ機だと上のチャッカー)に入った玉は大当たりの抽選をしているが 下のチャッカー?(電チューの動くところ)に入った玉は回転するが、大当たりの抽選をしていないと聞きました。 と、すると時短中は、下のチャッカーにたくさん玉が入るので、 実際は100回転中の半分以上大当たりの抽選していないということなのでしょうか? それでも、時短中の100回転と、通常の100回転だと 時短中の方が当たりやすいと思いますが、どうしてなのでしょうか? 専門用語がよくわからずうまく説明できませんでしたが、よろしくお願いします。

  • パチンコの時短終了後について

    当方、パチンコのビギナーです。 よろしくお願い致します。 m(_ _)m パチンコ台は、確率が1/300で、 偶数で、大当りをした後の 時短回数を100回とします。 よろしくお願いします。 確率論上では、300回せば、一応大当たりが来ることになります。 実際、偶数で大当たりをし、時短100回転中に大当たりが来なかった場合の話しです。 後、200回転回せば計算上大当たりが来るのか、 時短の100回転は考慮されず、さらに時短終了後に300回転回せば良いのかわかりません。 基本的な質問だと思いますが、どうかよろしくお願い致します。 m(_ _)m

  • 花の慶次の殿モードについて

    最近、花の慶次を打つようになりましたが、 ゲーム性がわかりにくいのでお尋ねさせてください。 戦モード→殿モードへ降格した後、内部確変に当選していれば 時短100回転後も殿モードが続く、とありますが、これは・・ (1)時短100回転以内に「殿モード継続」となって、大当りカウント&回転数リセットされた状態から殿モードが続き、    時短中の総回転数として100回転を超える (2)時短回転数が101回転のカウントを超えても「殿モード」として継続される ちょっと説明が解りづらいのですが・・どちらになるのでしょうか? 昨日(1)の状態から「殿モード継続」が連続6回ほどきて、大当りのカウントばかり 上乗せされ、玉は一向に増えず「一体何よ?」と腹立たしくなった頃、大当たりを引き戻したので 「あぁ、時短100回転を超えても通常ステージに戻らない、というのはこの事なのかな?」と思い、質問いたしました。 どなたか詳しい方、ご教授おねがいします。 ちなみに昨日は、カウンター上16連でしたが実際7箱で、なんだか損した気分でした。。

  • 初歩的な確率計算です

    トータル確率はどうなりますか? <台のスペック> 簡略化しました 当選確率:1/300、時短100回(1/300) 確変突入率50%、確変継続率:50% 確変時の当選確率1/30 自分でも考えてみたんですが、この手の計算はどうも苦手。 時短100回 ⇒ 引き戻し割合28.8%  ∴ 約1/3としました ※28.8%はどこかのサイトに書いてあったものをそのまま転用。 本来のトータル確率は、出玉の有る当りの平均連荘回数で、初当り確率の分母を割って求める・・とこれもどこかのサイトに書いてありました。 自分にはとてもややこしいので、この際球の増減等の影響やその他を無視して考えてみました。 出玉無視ではパチンコの実践には役に立ちませんが、まずは単純なトータル確率の計算方法が知りたいため以下のように考えてみました。 (勝ち負けは考慮せず。単にトータル確率が知りたいだで、ボーダーを出したいわけではないので。) まずは1/300の抽選で初当たり引くことが必要。 この当たりを引いたら、以降は全て電サポ付き出玉増減なしですから、自動的に抽選が付いてくる・・と考えたんですが? 確変時の割合も、同様に電サポ付き出玉増減なしとの仮定ですから、無視できると考えました。 (高確率とはいえ時間のロスはあるが、確率そのものに影響がない) 計算に置きかえようとするとさっぱりですが、なんとなく計算した結果、 1/300+1/2×1/2×1/3≒1/115 1/115になりましたが、間違いですか? よろしくお願いします。

  • 沖縄2(1/359.5)の平均連荘回数について

    沖縄2(1/359.5)の平均連荘回数ってどうやって算出すればよいでしょうか? ヘソと電チューで振り分けが違うため、数字に疎い私にはハードルが高く苦戦しております。 自分になりにWeb検索する中でわかってきた範囲で記載させて頂くと、まず基本スペックとして 【ヘソ大当り内訳】 [確変] 突確:17% 16R:50% [通常] 16R:33% 【電チュー大当り内訳】 [確変] 突確:7% 16R:60% [通常] 16R:33% なので、確変になった場合の平均連荘回数が 1/(1-67)=3.03(回) そこから電チュー時の突確分を引い実質出玉ありの平均連荘回数が 3.03-3.03*0.07=2.818(回) 初当たりはヘソなので、突確、16R確変、16R通常のそれぞれについての平均連荘回数を合算して 17*2.818〔突確〕 +50*(1+2.818)〔16R確変〕 +33*1〔16R通常〕 =2.718(回) ここまではわかるのですが、これにプラスされる時短引き戻し分の平均連荘回数をどう計算すればよいでしょうか?