• 締切済み
  • 困ってます

濃度が可算以上の任意の群はZと同型な群を含みますか?

濃度が可算(アレフゼロ)以上の任意の群はZと同型な群を含むと私は思いますが、合っているかどうか教えてください。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数65
  • ありがとう数3

みんなの回答

  • 回答No.2
  • koko_u_
  • ベストアンサー率18% (459/2509)

濃度が可算個の群で、すべての元の位数が有限なものを考えれば反例になると思われます。 だいたい、そういうのは自分で考えるから面白いのに。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

教えてくれてありがとうございます。参考になりました。

関連するQ&A

  • 濃度についてーその2

      任意の集合はそのべき集合を作り続けることによって、無限に増大する濃度を持つ集合列が生成できることは証明されています。 例えばこれを可算集合から開始した場合、 可算集合の濃度=アレフ0 可算集合のべき集合の濃度=アレフ1 可算集合のべき集合のべき集合の濃度=アレフ2 可算集合のべき集合のべき集合のべき集合の濃度=アレフ3         ・         ・         ・         ・ 以下無限に続く。 このように無限に増大する濃度を持つ集合列アレフ0、アレフ1、アレフ2、・・・・が生成されます。 また同様にして連続体から開始した場合、 連続体の濃度=ベート0 連続体のべき集合の濃度=ベート1 連続体のべき集合のべき集合の濃度=ベート2 連続体のべき集合のべき集合のべき集合の濃度=ベート3         ・         ・         ・         ・ 以下無限に続く。 このように無限に増大する濃度を持つ集合列ベート0、ベート1、ベート2、・・・・が生成されます。 さて質問です。 1. 任意の自然数nに対して適当な自然数mを取ることにより、ベートn=アレフmを成立させることが出来ますか。 2. 任意の集合に対しその濃度をAとするとき、適当な自然数mやnを取ることによりA=アレフm、A=ベートnを成立させることが出来ますか。  

  • 濃度を求める問題

    次の集合 A = {S⊂R | Sは高々可算 } の濃度を求めよ、という問題の解き方が分からず困っています。 以下、Nを連続濃度(アレフ)とします。 (アレフが入力できないので…すいません。) 写像 f :R→A , x ↦ {x} は単射なので、N≦ |A| である事が分かります。 さらにA⊂2^Rなので、|A|≦2^Nである事も分かります。 この後、どうしたらよいのかが分かりません。 Sが有限の場合なら解けるのですが、可算となると写像をどのように作ればいいかがピンときません。 濃度はNか2^Nになるのだと思いますが… 分かる方がいましたら回答よろしくお願いします。

  • 群の同型について

    現在,ガロア理論を理解するために,まず群論を勉強しています. そこで「準同型定理」や「群が同型である」という言葉が出てきます. そこで質問なのですが,「群が同型」であるということはどのような利点があるのでしょうか?

  • 回答No.1

こんばんは。あまり自信がないので参考意見として理解してください。 Zは整数全体からなる加法群のことですよね? 濃度が可算以上の可換群GならZからGへの単射な準同型写像を定義することによってZをGに埋め込む(つまりGの部分群と同型)ことができると思います。 しかし、中心が単位元だけの非可換群ならZと同型な群は含まないと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

こんにちわ。教えてくれてありがとうございます。参考になりました。

関連するQ&A

  • 濃度について

    私は、有理数体と実数体の間にある群で、その濃度がアレフゼロより大きくて、アレフより小さいものはないと思うんですが、そうなんでしょうか?

  • 群の同型について

    同型な群というのにはどのようなものがあるのでしょうか? 具体的な例を教えてください。 また、準同型定理や、同型定理を証明したのですが、具体的なものが考えられず、 いまいちイメージがわきません。 簡単な説明も兼ねて教えてくださると助かります。

  • 2元生成の自由群は可算か?

    2元生成の自由群は可算か? バナッハタルスキーのパラドックスを本で読んで証明を追っています。 その途中、2元から生成された自由群(と同型な群)は可算であるから…、との表記が証明なしにありました。 これは正しいですか? 対角線論法と同じように以下のように考えました。 生成元をh,kとしたとき、可算濃度と仮定すると全ての元を e h k hh hk … と順番に並べることができます。 i番目の元のi文字目がhならk、何もない場合やkならh(i=1,2,…)と定めてできたものはすべての元と異なるので矛盾するように思うのですが… あるいは、可算の長さである元について、その選び方は2^(可算無限)となり、全体としても連続濃度になってしまうと思います。

  • 可算濃度

    「無理数全体の集合Pについて、Pの濃度は可算濃度より大きい」 この証明の仕方を教えて下さい。 カントールの定理を使わずにお願いします。

  • アレフ0より小さな濃度をもつ無限集合

      アレフ0(可算集合の濃度)より小さな濃度をもつ無限集合はありますか。  

  • 集合の濃度に関する質問です

    可算無限集合Aの濃度をα_0(アレフ0) R^nの濃度をα_1(アレフ1) (nは自然数) Aの冪集合の濃度を2^α_0(2のアレフ0乗?) ※ヘブライ語のアレフの代わりに、αを使って記述してます。 なので以下αはアレフと読むことにします。 このとき (1)α_0よりα_1のほうが"大きい"こと (2)α_0より2^α_0のほうが"大きい"こと の2つはわかったのですが、α_1と2^α_0ではどちらが大きいのですか? それとも2^α_0=α_1なのでしょうか? 私の記憶では、α_1はα_0の次に"大きい"濃度と定義されていたような気がしますが・・それだとα_0より大きくα_1より小さい濃度は存在してはいけないことになりませんか?(つまり、α_1>2^α_0の可能性はない) 来年度に数学科2年となる身なので、あまり高度な知識は持ち合わせていないです・・。すいません。 どなたか詳しい方がいらっしゃいましたら回答よろしくお願いします。 [補足] (1)については Aが可算(自然数全体の集合Nとの間に1対1かつontoな写像ができる)である一方で、Rは対角線論法により非可算なので、α_0よりα_1のほうが"大きい"としました。(RとR^nの濃度が等しいことの証明は省略します) (2)については Aの冪集合の濃度、つまり元の個数を、Aの各元を含むか含まないかを1と2に対応させることで、小数0.122111222121122・・・・・の総数へと帰着し、あとはこの小数全体に対して対角線論法を用いることで、α_0より2^α_0のほうが"大きい"としました。 「Aの各元を含むか含まないかを1と2に対応させる」とは、 たとえば、A={1,2}であればAの冪集合の濃度(個数)は2^2=4個ですが、これを 0,22⇔Φ(空集合) 0,12⇔{1} 0,21⇔{2} 0,22⇔{1,2} というように小数に対応させるということです。 "大きい"という言葉の定義をしてないのでこの表現が曖昧かもしれませんが、上記のようにして"大きい"かどうかを判断しました。

  • 任意の群は行列で表現できるのでしょうか?

    任意の群は行列で表現できるのでしょうか? ここで、「表現」とは同型写像があることを指します。 表現論の表現と同じ意味なのかどうかはわかりません。

  • 可算かどうか

    「XをN(自然数の集合)の有限部分集合全体の集合とするとき、|X|=アレフゼロ(可算濃度)となることを証明せよ」 を教えてください。 自然数Nと一対一対応もしくは、先頭から番号をつけていくことができるというような証明の仕方ではないのかなとは思うのですが、具体的な証明方法が思いつきません、教えてください。 よろしくお願いいたします。

  • 可算濃度2

    Xを自然数全体集合Nの有限部分集合全体とするとき、|X|と可算濃度が同じである証明の仕方を、分かりやすく教えて下さい!

  • 群同型,可換群,巡回群についてのQ&A

    よろしくどうぞ。素朴な疑問です。お答えいただけましたら大変幸いでございます(反例も賜れれば尚幸いです)。 Zを整数全体の集合,l,k,m,n,m',n'∈Zで ~は群同型を表す。 Z_l~Z_k且つZ_m~Z_nなら Z_l(+)Z_m~Z_k(+)Z_nは正しいでしょうか? Z_mはmがどんな時,可換群? Z_mはmがどんな時,巡回群? Z_m(+)Z_nはm,nがどんな時,可換群や非可換群になるのでしょう? Z_m(+)Z_nはm,nがどんな時,巡回群や非巡回群になるのでしょう? gcd(m,n)=1ならZ_mn~Z_m(+)Z_nは正しいでしょうか? gcd(m,n)≠1ならZ_mnは何と同型になるのでしょうか?またZ_m(+)Z_nは何と同型になるのでしょうか? Z_m(+)Z_nとZ_m'(+)Z_n' (但し,mn=m'n')はどんな時,同型でどんな時に非同型になるのでしょうか?