• 締切済み
  • すぐに回答を!

屋根の納まりについて(防水等)

在来木造の屋根の納まりについてなのですが、屋根にフラットルーフが突き出た形になっていたとき、防水、施工上どのように納めていくのがよいのでしょう?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数1337
  • ありがとう数0

みんなの回答

  • 回答No.1
noname#78261
noname#78261

ん~日本語不可解ですね。 屋根にとあるのはどんな屋根?勾配と材質を。 突き出ているフラットルーフはどんな風に作ったものを想定しているんですか?それとも既成? 全体の形状と材料、できれば大きさも概略イメージしていることを書いてみてもらえませんか?

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 屋根仕上げのシート防水

    法22条区域の木造住宅なんですが、屋根仕上げ材を3方向陸屋根のシート防水にしてもいいんでしょうか?また、シート防水の見やすい施工例の写真が掲載されてるサイトどなたか教えてください。自分で探してもなかなか見つかりません。よろしくお願いいたします。

  • 屋根の防水シートからの雨漏り

    屋根の防水シートから雨漏りがありますが、大丈夫でしょうか? 来週から屋根葺きをするのですが、防水シートを施工しても雨漏りは多少なりともするのでしょうか?

  • 屋根用透湿防水シートの件

    屋根用透湿防水シートで、フクビのルーフエアテックスとデュポンのルーフライナーとあります。どちらにしようかと迷っています。 用途は一緒です。商品自体が年数経っていませんが、工事中とか工事後でこのようなトラブルが出たとか、こちらのほうが滑らない、使いやすい等の施工上の事でも結構です。工事やられている方いましたら教えてください。 在来工法で屋根材はガルバ鋼板で鋼板に断熱材裏打ちされていません。野地板は針葉樹合板12mmか杉板15mmです。事情があって急ぎなので商品が間に合いません。殆どが2から3ヶ月まち) 垂木間での断熱もありません。(商品が間に合わないため)その分天井断熱グラスウールを200mmにします。 棟換気と、妻換気、軒天換気はします。それでも小屋裏は暑くなりますか。 こうすればよくなります。なども教えてください。 よろしくお願いします。

  • 屋根材の隙間

    只今建築中です。 屋根の形状はフラットな屋根で、,ALCを乗せ防水シートを敷く説明を受けています。 ALCを使った何枚かのパネルは、綺麗に隙間なく施工された部分もあれば、 3cm以上の隙間のある分も何か所かあり、不安です。 確認したところ大丈夫の一言です。 雨の日のコンクリート打設もあまり良くない?と言われていますが、 その時も大丈夫だと断言されました。 不具合が出るとすれば、どういう所に問題がでるのか? 屋根材の隙間は神経質になるのものではないのか? 不安です。まだ、防水シートは敷いて貰っていません。 ALCの上からブルーシートで覆っています。 どのような意見でも結構ですので、どうぞ宜しくお願い致します。

  • 折板屋根の結露対策

    友人が新築して相談を受けたのですが、在来木造に折板屋根を採用したところ、屋根に結露するとのこと。なにかよい対策はありませんか。 ちなみに小屋裏にはブローイング工法にて断熱材が施工されています。

  • 鉄筋コンクリート造の屋根の防水について

    こんにちは。 いつも大変お世話になっております。 RC造にて建築した際の屋根の防水について質問です。 建築家の方にプランをいただいたのですが、屋根を別途防水する必要がある、ということを言われました。 無駄な工事はしたくないので、皆様のお知恵を頂きたいのですが、RCの陸屋根であっても、屋根は別途防水をしないと駄目なものでしょうか? また、もし、防水をしなくてはならない場合、コスト対性能で一番良い手法は何でしょうか? よろしくお願いいたします!

  • 屋根&壁の防水工事を施すといくらぐらいかかりますか?

    一条工務店で築11年目にはいります。 先日、リホーム屋さんが来て壁の塗り替え工事が必要だと言われました。 同時期に一条工務店が来て保障期間が切れるので最後に見てもらいました。やはり壁の塗り替えも必要だが、屋根の防水がもう取れかかっているのでそっちの方が急務だと言われました。費用は結構かかるかと思い、その場は聞きませんでしたが、実際施工するのであれば、屋根と壁と一緒に施工したほうが足場を組むのも1回で済むので効率がいいと思いますが、いったいどのくらい掛かるものでしょうか?

  • 屋根材の選択について(PART2)

    先日の質問では、具体的なご解答ありがとうございました。 今度は、とある業者に屋根の葺き替え見積もり(コロニアル→金属屋根へ)を取ったところ、その業者では竹田工業の【GMルーフ】(定尺横葺屋根)を使っているとのことでした。 上記商品を検索してみたのですが、良いのか悪いのかよくわからないので、どなたかご存知の方、施工したことがある方、ご意見をお願いします。 また、この業者のオリジナルで、屋根の断熱もしているようで、施工方法としては、 既存屋根解体(野地板まで解体) ↓ 新規野地板貼り ↓ 20mmの断熱材貼り付け(種類はまだわかりません) ↓ 垂木?取り付け(用語がわかりません) ↓(ここで断熱用の空気層ができる) 新規野地板貼り ↓ 防水シート貼り(アスファルトルーフィングかな) ↓ GMルーフ貼り 以上ですが、この工法は効果ありますでしょうか? 長くなりましたが、よろしくお願いします。

  • 屋根防水について

     築18年経過しているヘーベルのALC板使用の陸屋根住宅で、シート防水をしてあります。最近雨漏りをするようになってしまい、シートを取り替えようと見積もりを取りました。施工方法は表面のシートDN(高分子系)シート(2.3mm)を張替えます。2階部分80m2、屋根部67m2で非歩行部分はフレームバリア塗布を施します。歩行部分は全部で35m2程度です。これで見積もりが約200万円とのことです。この他に軟質FRP防水工法を検討していますが、良くわかりません。良い物と安価な方法があったら教えてください。

  • ルーフバルコニーの防水について

    10m2弱のルーフバルコニーで、FRP防水+ウッドデッキの予定です。 法22条地域のためルーフバルコニーは飛び火認定のFRP防水になります。 FRP防水の事を調べてみましたが、雨漏りのリスクは回避できないようです。 かと言って、コストをかけた工法での防水は難しいため、いっそうの事 ガルバの屋根の上にルーフデッキ・・・はどうかと考えます。 以前何かで事例を見た記憶がありますが、ネット上でも施工事例は見つかりませんでした。 ただ、金属屋根でも緩勾配では、漏水のリスクはあるようです。 ■計画上、1/30勾配が限度ですが、緩勾配すぎますか? 一応、最低勾配は5/100のようですが、この勾配であれば問題ないという意味でしょうか? ※コストダウンしたいという趣旨もありますので、コスト・防水面の総合判断としてどちらを選択べきか? ■コスト的にはどうでしょうか? コスト的には安くなると思っています。 ■雨漏りの信頼性は大差ないでしょうか? (FRP防水と緩勾配ガルバ屋根) もしくは、この程度の勾配であれば、かえってFRP防水を適切な施工でする方が良いのか? ■施工上の問題は何かありますか? 特にデッキの固定等についてどのようにすべきか、情報がなくわかりません。 単純に、ハゼに留めるとかで良いものか? 以上、アドバイスよろしくお願いします。

専門家に質問してみよう