• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

運送事業の主要仕入先について

初めて質問させていただきます。よろしくお願いします。 トラック運送事業の主要仕入先とは何に当たるのでしょうか? 運送事業は運送というサービスを対価に収入を得ています。 製造業ならば原料を最も仕入れている相手先が、小売業ならば商品を最も仕入れている相手先が主要仕入先となるでしょう。 では運送事業では・・・?といった内容で悩んでおります。 どなたかご存知の方がいらっしゃいましたらよろしくお願いいたします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数1132
  • ありがとう数3

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.3

こんにちは。 どのような書類に記入なさるのか、従って何を求められているのかがはっきりしないのですが。 考え方としては、運送業における「売上原価=運送原価」には、燃料代が含まれますので、「仕入先=燃料購入元」と言うのも成り立ちますね。 例えば・・・ 「法人事業概況書」 運送業における原価性を有する燃料費は、原材料費(仕入高)欄に記載する。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

早速のご返答、ありがとうございます。 法人事業概況書を確認し、確かにそのような注釈がついておりました。 困っていたので非常に助かりました。

関連するQ&A

  • 運送事業についてですが

    現在の会社が出資して運送会社を立ち上げることになりました。 私の勤める所は申請をすればちゃんと立ち上げることはできそうなのですが、別の県の営業所にはトラックもなく、運行管理者もいなければ、整備士もいない状況です。 このような場合でも運送事業の看板をあげることはできるのでしょうか?

  • 運送事業者は都市部では仕事をしてはならない?

    国からの認可を受けて営業をしているはずの運送事業者ですが・・・ トラック・バス・タクシー等の職業ドライバー、ひいては運送事業者は都市部では仕事をしてはならないと言わんばかりの懲らしめとも言える措置はいつまで続くのでしょうか?

  • 運送事業報告書(正式名かはわかりません)

    トラックやタクシー事業者には運送事業報告書(?)なるものの備え付けが義務付けられているそうです。 その内容によれば「トラックなどの運送を業とする会社は、予備の車を5台以上勤務先に備え付けておかねばならず~」となっているそうです。しかし、同内容が事実であればトラックやタクシーは車が故障や事故で走行不能となったときでも必ず代わりの車が用意されていることになり、商売に影響があることはない(収益上の)ということになるのかと思うのですが?詳細をご存知でしたらお教えいただきたいと思います。

その他の回答 (2)

  • 回答No.2
noname#77757

※あなたが運送業者として説明してみます。 A原料扱い業者・・・・製造・加工の元になる材料等 B運送業者・・・・Aの原料をC製造業者へ運搬する立場なので仕入は考えなくてよいと思います。それとも何か事情があれば別。 C製造業者・・・・Aの原料を(仕入る)Bの運送業者が(安全に)届けてくれた物を製造します。 ※A・B・Cの事からB運送業者は悩む事はありません。AとCとの取引が少なくBの運送業者が儲からないのであれば外を探すしかないのでは?と思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

早速のご返答ありがとうございます。 解決いたしました。どうやら上記の方がおっしゃるように運送事業においては燃料費が仕入にあたるようです。

  • 回答No.1
  • mi-dog
  • ベストアンサー率6% (92/1479)

荷主さんでしょうか? 送り元から、送り先を取り持つわけだから、まだ、先に渡してないので送り元でしょうか。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

早速のご返答ありがとうございます。 解決いたしました。どうやら上記の方がおっしゃるように運送事業においては燃料費が仕入にあたるようです。

関連するQ&A

  • 運送事業用トラックの耐用年数

    運送事業用のトラック総排気量3L以上の耐用年数は今5年ですが、過去に4年だった時はあるますか? ご存知の方おしえてください。

  • 福祉有償運送事業などについて

    質問です。 介護事務所にて輸送サービスを行うに当たり、いろいろ調べてみると 解らないことが多くあります。特に下記の(1)~(3)なですが、具体的に どう違うのでしょうか?法律に詳しい方がおられましたら、教えて頂ければ幸いです。 (1)福祉有償運送事業 (2)一般旅客自動車運送事業(福祉運送事業限定) (3)特定旅客自動車運送事業

  • 運送業における 営業費用と管理費の違いについて教えてください。

    運送事業において、  トラック運送を行う費用を営業費用  運送計画を立てる部門の費用を管理費 とします。「営業費用と管理費の違いは何だ?」 と聞かれたらどのように説明すればよいのでしょうか?

  • 仕入れについて

    私はインターネットショップで雑貨販売を経営しているのですが、仕入をしている商品が製造会社からではなく、小売をしている会社から仕入れています。 つまり、製造会社→小売→小売→販売という形になります。 しかし、この度製造会社との連絡が取れるようになり商品を直接仕入れることができそうなのですが、すでに自社のホームページにて商品を販売している状態です。商品画像などは自前で撮影しました。 このような状態で商品を仕入れるというのは失礼なことにはならないでしょうか?交渉するときもすでに別の小売店から仕入れて販売していましたと説明することになると思いますが。 まだまだビジネスマナーについては初心者です。経験者の方よろしくお願いします。

  • 企業を分析する比率について

    企業を分析するときに使用される、流動比率は、日本企業の平均はどのくらいなのでしょうか?上場企業となるとまた違うのでしょうか? また、洗剤関係の商品を販売している花王などは、製造業・小売業のどちらにはいるのでしょうか?私としては、小売業かなぁと思うのですが…

  • 企業の分析比率について

    間違えて質問をしてしまったのでもう一度します。 企業を分析するときに使用される、負債比率は、日本企業の平均はどのくらいなのでしょうか?上場企業となるとまた違うのでしょうか? また、洗剤関係の商品を販売している花王などは、製造業・小売業のどちらにはいるのでしょうか?私としては、小売業かなぁと思うのですが…

  • サラリーマンしながら個人事業する場合

    始めはサラリーマンをやりながら日曜日だけ小売業をやろうと思っているのですが、 その場合の税申告って、サラリーマン収入の税申告は会社の総務にまかせて、 個人事業(小売業)の税申告は青色申告ですればよいのでしょうか? ご返答のほど、よろしくお願いします。

  • 製造業と小売業、一緒に出来ないのはどうして?

    自営業などで経理も自分でする方も多いと思いますが 経理上では製造業と小売業を一緒に出来ませんよね。 それは知っているのですが、どうしてなのかは詳しく知りませんし あまり突っ込んで考えたことがありませんでした。 例えば自分がお弁当屋さんを開業したとします。 お弁当を製造しスーパーに卸していますが 消費者に直接販売もしています。 この場合、経理で一緒に出来ないのであれば 2つのビジネスをしていると言うことになるのでしょうか? (1)は食材を仕入れ製造し(2)に卸して売り上げる。 (2)は(1)から仕入れお客さんに販売し売り上げる。 余分に売上げがあり大変なことに! それか製造をしていても小売業と言い張るとか。 小売をしても製造と言い張るか。 一つの場所で経営しているのに経理もわざわざ 2つの事業者に分け、名刺も二つ 仕入れや販売や保険、クレジット取扱、融資などにおいての取引などで 自分の業務形態をはっきりさせなければいけない時が多々あると思いますが 皆さんどうしているのでしょうか? 昔、異業種交流会のときに○○の製造、卸、小売をしています。 と言った時がありまして、そんな事業所は無いと突っ込まれたことが ありまして、それは判ってるんですけど、 実際、全部してますもんってなったことがあります(TOT) なるほどだから一緒に出来ないし、しないんですね。と言う 納得の理由ってなんでしょうか?

  • 金融業の損益に関してです。

    金融業の損益に関してです。 製造業や小売業では総売上-仕入=粗利、更にここから人件費や様々な経費が差し引かれ、営業利益、ここから営業外の収入、支出をして経常利益、更にここから税金が引かれて、当期純利益となるのですが・・・ では銀行、証券会社、損保、リース会社などは製造業や小売業の損益に当たる、売上、仕入、粗利などはどうやって出すのでしょうか。手数料は分るとしても、では保有する株や債権の利子はどうなるのでしょうか。製造業や小売業なら営業外収益となります。 それとも金融機関はもっと特別な会計で通年の損益計算書を出しているのでしょうか。貸借対照表が出せるのは分るんですが。 金融機関の会計にお詳しい方教えてください、よろしくお願いします。

  • 消費税 簡易課税方式の事業区分 について

    はじめての投稿の為、不適切な点がありましたらご指摘ください。 消費税申告の簡易課税方式事業区分の判定について教えてください。 業務内容は、掛軸、額装の製造小売販売をしています。 日本標準産業分類では、業務内容が表具業(ふすま、びょうぶ、巻物、掛け軸などの布はく又は紙はりを行う事業所をいう)ということで第5種のサービス業となっていますが、製造業(もしくは小売業)とはならないのでしょうか? 実際の業務内容は、お客様(個人)からお預かりした作品に合わせて、掛け軸、額を作成、販売しています。掛け軸に関しては生地、軸先、軸棒、八そう(木材)などの材料を仕入れ製造加工しています。 額については業者から額を仕入れ、加工しお客様に販売しています。 第五種の業務について調べてみたところ、おおむね人の作業やサービスにかかわる内容でした。 このような場合ですべて表具業とみなされるのでしょうか? 業務内容が特殊なため、なかなかネットでも調べることができず困っています。 どなたかご教授いただけましたら幸いです。