• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

ノンバンクとローン特約

昨年9月、気に入ったマンション(今年10月完成予定)が見つかり売買契約をしました。その時、某銀行に仮審査を出したところ満額融資OKとのことでした。さて、完成も間近に迫りその銀行に融資申し込みをしたところ200万程の減額回答…。他にも数行あたってみましたが、どれも減額回答でした。そのローン申込書を書く過程で「GEマネーにも審査を申し込む」というチェック項目があり、営業マンにいわれるがままチェックしといたノンバンクだけが満額回答でした。しかしノンバンクは銀行に比べ金利も高く(変動4.2%)気が進みません。この場合ローン特約によって白紙解約できるのでしょうか?それともノンバンクで満額回答が出ている以上、そこで融資をうけるしかないのでしょうか。ちなみに私がかわした売買契約書のローン特約の項目には「売買契約締結後、金融機関の審査により借入申し込みが不承諾となった場合は、売主または買主は本契約を解除できる」と書いてあり、借入先を特に限定しない「金融機関」と記しています。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数4
  • 閲覧数495
  • ありがとう数10

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2

そのケースでしたら、通常は白紙解約できますよ。 契約時に、借入先を特定しない「金融機関」と記している場合、 普通は、一般の銀行を思い浮かべるものであって、ノンバンクは想定しませんよね。 売主に白紙解約したいと伝えれば、素直に応じてくれると思います。 万一、白紙解約を渋るようなことがあっても、それは営業マン個人の判断だと思うので、上司を呼んで交渉するとか、 消費者センターや行政などに相談することで、白紙解約に持ち込めますよ。 最近は、消費者保護にうるさくなっていますので、「ノンバンクも金融機関なのだから白紙解約できませんよ」という理屈は通りません。 審査の申込段階で、「GEマネーにも審査を申し込む」にチェックしたとしても、それが即ノンバンクで借入れをするという意思表示ではないですし、 万一、売主側がそのような主張をしてきた場合は、ノンバンクの審査申込のチェックが、ノンバンクでの借入れの意思表示になる(白紙解約できなくなる)という説明を受けず、営業マンに言われるままにチェックしたのだから無効であるというような主張をすればいいと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご返答ありがとうございます。 極めて明快なアドバイスをいただき、心が軽くなりました。 自信を持って売主との話し合いに臨みたいと思います。

その他の回答 (3)

  • 回答No.4

不動産経験者です。 通常の流れは以下の通りです。 1.マンション購入契約 2.ローン事前審査 3.事前審査OK 4.本審査申請 5.本審査OK 6.物件引き渡し・ローン実行 今回の問題は2点です。 1.ローン満額OK(多分、事前審査かと思いますが。)の返事を書面  で受けていたか。その時に何か条件が入っていなかったか?(カー  ドローン解約等)。なぜ事前審査OK後、すぐに本審査を申請し   なかったのか?。減額の理由は? 2.ローン条項説明時に、ローンの種類の説明を受けているか?               上記2の点、契約される時点で返済計画表(頭金・諸経費が幾らで、このローンで幾ら借りると幾らの返済になります等の計画表)を頂いているはずです。その時のローンの借り入れ先は?。銀行ローンのみのしか受けていない場合はその書面は大事なものですから、取っておいてくださいね。(話し合い・裁判の場合、証拠になります。) 上記1の点、理解できないのが、一度事前承認を出した場合よほどのことがない限り本審査で減額・不承認を出しません。何かご本人に思い当たる点はありませんか?。また、事前審査OK後、すぐに本審査を申し込むのですが、なぜ間があいたのですか?。今回のようなケースがあると、その銀行とその不動産業者との関係が悪くなるので、あまりこのようなケースは聞きませんし、私も体験したことがありません。(銀行もローンを出したいのです。) もし思いあたる点がなければ、銀行担当者(現在の多くの銀行担当者は銀行員ではありません。ローンに特化した会社の契約社員です。)または不動産担当者がなにか不手際が有った可能性がありますね。 ローンは不動産業者を通してだしました? ご自分単独でだしました? 不動産業者は仲介業者? 売主業者?  これらの点も重要です。 上記の点を踏まえ、業者と交渉を。解約でもいいし、減額された200万を値引けと伝えてもいいのでは? もし、もめるようなら 宅建協会へご相談を?                        

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。 >ローン満額OKの返事を書面で受けていたか。その時に何か条件が入っていなかったか 銀行側の返事は営業マンの口頭でつたえられました。書面は頂いておりません。また、自動車ローン等の残債がありましたので完済条件がついておりましたが、それは当方承諾済みで返済の目途もたっております。 >なぜ事前審査OK後、すぐに本審査を申請しなかったのか 事前審査を受けたのは昨年9月でマンションの竣工が今年の10月ということで、約1年の間が開くため金利変動の関係で竣工直前に本審査を受けなければならないという営業マンの説明があった為です。 >不動産業者は仲介業者? 売主業者? 売主業者です。 >ローン条項説明時に、ローンの種類の説明を受けているか? ローン不成立の場合は無条件に解約できるという説明はうけましたが 「金融機関」という定義に関しては詳しくは伺ってませんし、こちらから「それはノンバンクも含まれるか」などという質問もしていません。 >一度事前承認を出した場合よほどのことがない限り本審査で減額・不承認を出しません。何かご本人に思い当たる点はありませんか? 事前審査後、15万円程のパソコンを10回払いのクレジットで購入しましたが、それが影響しているのでしょうか。 懇切丁寧なアドバイスありがとうございます。 皆様のアドバイスを踏まえて先程、「ノンバンク融資での購入意思は無い」と売主側に伝えたところ、もう一度銀行側に満額融資の打診をすると言ってきました。それでも銀行融資が受けられなかった場合は解約を了承し手付金も返還する(ただオプションで付けた清水器35000円は買い取り)ということで一応の決着をみました。 皆様のアドバイスがなければ、こうもうまく話を運ぶことはできなかったと思います。心から感謝します。ありがとうございました!!

  • 回答No.3

原則消費者に著しく不利な特約は無効です。 よって、ノンバンクの高金利融資の強要に対し、たとえチェック項目に自ら記載していたとしても解約の正当性を主張できると考えられます。 しかしながら現実問題として、業者が手付金返還を拒んだ場合には司法の場で争う以外ありません。行政は“ちょっとまずいんじゃない?”位の勧告位は業者に対してしてくれる可能性はありますが、それ以上の権限(法的強制力を伴う措置講じる権限)はありません。 まずは業者との話し合いからでしょうね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご返答ありがとうございます。 回答内容を拝見しまして勇気がわいてきました。 まずは話し合いからやってみようと思います。

  • 回答No.1
noname#39684
noname#39684

やられましたね。 「GEマネーに審査を申し込む」にチェックをした時点で、ローン特約での白紙解約はできない仕組みです。つまり、営業マンは「こいつは普通の銀行の審査は危ないな・・。」と察知すると白紙撤回をさせないためにGEマネー審査を申し込みさせます。ノンバンクは業者と結託していますから審査を落とすはずはなく、逆にこのような策略でローンを組ませないと金利が高いノンバンクで住宅ローンを組む人などいません。 おしゃるとおり、借入先を特定しない「金融機関」ですからノンバンクも含まれます。最初からこのような段取りは計算済みです。 高い授業料だと思って手付金放棄をして解約か、高い利率で住宅ローンを組むか、のどちらかしかありません。いくら金利が高くなりつつあるといっても、よほどの高収入が今後期待できる方なら別ですが、“変動”4.2%で住宅ローンを組むバカはいませんから、手付金放棄のほうが得策と思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。 私が懸念していた見方が今回の回答者様がおっしゃる内容です。 兎にも角にも解約という方向で売り主側と話し合ってみようと思います。

関連するQ&A

  • ローン特約欄の金利について

    一般的な話としてお聞きしたいのですが、 不動産売買契約のローン特約欄について、金融機関、融資額、金利、年数を記載すると思いますが、 仮に、○○銀行 融資額3000万 金利1.0% 年数35年 の条件で事前審査が通り、 同様の内容でローン特約欄に記載して契約し、銀行の本審査を申し込んだとします。 本審査の結果が以下の様になった場合は、それぞれローン特約による白紙解約はできるのでしょうか? (1)融資額2800万に減額、金利と年数は変わらず (2)金利が1.5%に上昇、融資額と年数は変わらず (3)年数が30年に短縮、融資額と金利は変わらず 3つの条件が揃わなければ白紙解約という形を取れるのでしょうか? 金利部分が1.1~2.5%になっている場合、 事前で1.1%でOKだった場合でも本審査の結果2.0%になったとしても文句は言えないわけですよね? このような形で金利に1.4%もの金利の幅を持たせてのローン特約を設けることは多いでしょうか? よろしくお願い致します。

  • 結局、ローン特約とは?

    過去の回答履歴等を参考にしましたが、結局、ローン特約とは、次のように解釈してよろしいのでしょうか? 私が10月に、業者を通じてAさんに不動産を売却する契約を締結した。売買契約書では、ローンの実行期限が11月末日であると記載されている。 Aさんは、数行の銀行に住宅ローンの申込をしたが、なかなか銀行から融資OKの返事がこない。それでいつのまにか、売買契約の期限である11月を過ぎて、12月に突入した。いまだに銀行から融資OKの返事がこない。 以上のような状況の場合、既にローンの実行期限を過ぎてしまい、つまりローン特約期限を過ぎてしまっているから、もはや契約を白紙に戻すことはできず、私としてはAさんに、売買契約書記載の違約金を請求できる。 このように解釈したのですが、間違っていますでしょうか? どなたか、ご存知な方、どうぞよろしくご指南下されば、大変幸いに存じます。

  • ローン特約条項を利用する場合

    売買契約書のローン特約条項を読んでいて疑問が出てきました。 ・買主が期日までに必要な書類を金融機関に提出する ・金融機関から融資の決定がおりない 主にこの2点がポイントと思います。しかし売主から見ると上記2点を確認する術がありません。銀行に聞いても個人情報として教えるわけがないです。 売主がローン特約をタテに契約を白紙撤回されないために取りうる手段はあるのでしょうか? ※事前審査が通ったら契約を結ぶという意見があることは承知しております よろしくお願いします。

  • 住宅ローン特約

    FRK標準の契約書にて住宅ローン特約付の中古物件売買契約を締結しました。 ローンの本審査を受け、住宅ローン特約条件をクリアするための銀行と、実際のローンを受ける銀行が違っても問題ないでしょうか。本審査合格の確認期限までの時間が短く、事前審査を受けた不動産屋提携ローンの金融機関で本審査を受けるのが、一番早くて確実であると思われますが、他により良い条件の金融機関があるように思えます。 とりあえず、不動産屋提携金融機関で本審査を受け、住宅ローン特約を確定しておいて、引き続き借入先の検討をして、実際のローンは一番条件のよい金融機関から受けたいと思っておりますが、可能でしょうか? 無理にローン本審査確定日を守らなくてもこちらの不利にならないと思われますが、道義的にはちゃんとやっとかなきゃダメですよね。 よろしくお願いいたします。

  • ローン特約について

    ローン特約での不動産売買契約の解除について教えて下さい。 気に入った建売住宅を見つけたので売却差損の出るマンションを売却して建売住宅を購入する媒介契約を不動産業者と締結しました。 建売住宅の売主とは6/30に売買契約を締結しました。7/31期限のローン特約条件付きです。そして8/29が売主への代金支払い期日です。 売買契約と同時にマンションの売り出し、ローンの事前審査の申し込みを行いました。融資額はマンションが万一売れなかった場合には800万円で業者買取をするので【ローン残債-800万+建売住宅購入費用】で申込みしました。この内容でローンの事前審査は通りました。 問題はここからです。ローン特約期日が迫ってきてもマンションが売れないため販売価格を下げたのですが、突然不動産業者からもう800万円での業者買取ができなくなったと言ってきました。販売価格を下げたのが原因とのことでした。そして新たな業者買取価格として500万円と言われました。ローン特約期日の数日前のことでした。500万というあまりに低い額に納得いかずローン期日が過ぎてすぐ売買契約の解除を申し入れしました。 この場合、ローン特約による契約の白紙撤回はできますか? ローン特約期日の直前に800万では無理。500万円でということは融資額が違ってくるためでローン審査すら未実施だというのが私の言い分です。 如何なものでしょうか?何方か教えて下さい。

  • 不動産売買契約のローン特約について教えてください

    先日、マンションの売買契約を結びました。 まだローンの仮審査も出していない状態でしたが、担当者が「すでに買い付けの申し込みが入っているから契約を先にしてしまいましょう。ローンが通らなかったら白紙解約ができる特約がついていますから 心配はいりません。」と、その物件をとても気に入っていたので、言われるままに契約をしてしまいました。 以下、契約書の文言です。 1.乙は売買代金の一部金「○○円」を金融機関「都市銀行」より融資を受ける場合、本契約締結後す みやかに借り入れ申し込み手続きを行うものとする。 2.乙は、前項に記載された融資が、融資利用の特約の期限「平成26年7月5日」までに決定されなか った場合は、本売買契約は自動的に本特約により解除の扱いとなります。 3.本契約により本売買契約が解除の扱いとなった場合、甲は乙に対し受領済みの金銭を無利息に てすみやかに返還しなければなりません。 となっています。(銀行名、金利等の詳細は何しろ仮審査前だったので、未記入でも仕方ないだろう。都市銀行となっているから問題はないだろう・・・と安易に考えてしまいました。) 本日6月20日現在、都市銀行4行に出した仮審査では、2行が減額条件、2行は通りませんでした。 よって、担当者は、地方銀行4行にさらに提出してみるというのです。 もちろん、私としては地方銀行でも全くかまいません。最高の優遇を希望しているわけでもありません。が、このままいくと、ひょっこりどこか1行でも通ってしまった時に、仮にそこがどんなに高い金利でも借り入れさせられるのではないかと不安です。 現時点では、契約書に記載の通り、「都市銀行」にすみやかに申し込みを行ってローンが通らなかったわけですから、白紙解約の特例発動に問題がないように思えるのですが、この先、仮に、地方銀行に申し込みを入れてしまっては、この解約条件にあてはまらなくなってしまうのではないでしょうか? 仮審査→融資の可否と金利が決定→借り手が承諾→本審査→融資の可否・・・という流れはどこの銀行でも変わらないと思うのですが、仲介業者も必死でしょうから、仮審査が通ったら、金利云々はこちらの事情だから違約になる!と言われるのではないかと心配なのです。 担当者は、「高い金利で借りることにはならないから大丈夫です!」と言うのですが、どこをもって「高い」というかは書面にないわけですから何とでも言えそうな気がするのです。 逆もそうかもしれませんが。 こういう場合、私にはちゃんと意思決定の権利があるのでしょうか。 地方銀行へは23日の月曜日に申し込みを入れると言ってましたが、この時点で仮審査だと期日までに本審査は7月5日までに通すのは難しいのではないかとも思いますが、担当者は「仮審査が通ったら売主にこちらから話をして時間をのばしてもらうから大丈夫」と言ってました。(売主は不動産業者です) お任せしておいて大丈夫なものでしょうか? この状態で、とても不安な毎日です。 契約書の条文から外れるので、地方銀行へはもう申し込みをしないほうがいいものでしょうか? 申し込みをお願いする際に、金利が○%以上だったら無理だ・・・とか、先に伝えておいたほうがいいでしょうか? それとも、仮審査の結果が出てから検討しても大丈夫なものなのでしょうか? 教えてください。よろしくお願いいたします。

  • ローン特約の延長に詳しい方

    ローン特約の延長に詳しい方 売主ですが、通常よりかなり規模の大きい売買契約を結びました。 本日が、銀行の融資決定日でしたが買主の仲介から 売主の仲介⇒私に連絡があり 「本日決定日だが銀行の手続きの問題で決定しなかった。ローン特約を一週間 伸ばしたい」とのこと。 契約からぴったし一カ月でしたが (1)実際にローン特約の延長は珍しくないのか? (2)銀行の手続きを理由の延長はありえるのか? (3)延長した場合融資が下りる、下りないどちらの場合が可能性が高いのか? (4)直接、どのような状況を銀行に聞くのは不可能か。 以上になりますがわかる方教えていただけたらと思います、。よろしくお願いします

  • ローン特約の期間について

    今週末、建売住宅の売買契約を予定している者です。 契約後、ローンの本申請を三井住友で出す予定ですが、 ローン特約はどれ位の期間設定すればよいでしょうか? ちなみに、事前審査時は、 銀行担当者から 「まったく貸付に問題ありません! ローン特約なしでもいいくらい」 といわれました。 アドバイスお願いします!

  • ローン特約の適用可否について

    私は買主です。ローン特約を用いて白紙撤回したいのですが可能でしょうか? 売買契約書には「融資利用の特約の期日」として「平成25年5月24まで」と記載されてます。 しかしローン結果は5月26日に売主から届きました。日曜日だったので金融機関も休みであり 月曜日までは連絡は来ないと思っていたのですが、26日に連絡を受けてその日に特約適用の 申し入れを行いました。 なお、ローン特約に関して期日が明記されているのは上記の日付のみです。 ローン特約の15条は、以下のとおりです。 ・表記の融資利用特約の期日までに表記の金融機関より融資の承諾が得られなかった場合、  売主買主は本契約を解除することができます。 15条を個人的に解釈しますと、24日までに融資の結果連絡はなく、26日でしたので解除は 有効であると考えます。しかし、売主は期限前に融資の内定しているため解約できないと 言われてしまいました。 また、金融機関にローンの本申し込みは行なっておらず、26日の結果はあくまでも事前相談の 結果に過ぎません。ですから本申し込みを行なって減額やNGとなる可能性もあり「承認」は、 下りていないとも判断できるのではないかと考えました。 売主から6月7日までに契約を履行しないと、13条の契約違反による解除で違約金を求める他 顧問弁護士に依頼し司法手続きに着手すると脅されています。

  • ローン特約って不動産屋経由の融資の時だけですか?

    先ほど「不動産売買契約」をとりかわしてきました。 手付金200万(物件は1100万、手付けの金額は不動産屋が勝手に決めてあった金額)と媒介手数料40数万円を払ってきました。 家に帰ってきてよくよく見ると「融資特約なし」と書かれていました。 (金融機関名・借り入れ金額・返済年数は記入されていましたが) 「融資特約」ってなに? と調べたら「ローンが通らなかった時に自動解除でき手付金は戻ってくる」特約とか・・・ 今回ローンの申し込みは不動産屋を通さず自分たちで金融機関を決めてきました。 不動産屋にもこのことは契約前に話してあったのですが、その時に「ローン特約」の説明は一切なく、今回の契約にあたっての読み合わせ(?)でも「この項目は該当しないので省略・・・云々」と飛ばされていました。 もし万一審査に落ちると200万は返ってきませんよね? 不動産屋の紹介で借り入れしないと「ローン特約」が付けられないのでしょうか? だったら最初にその説明をして欲しかったと思うのですが、契約書を取り交わしてしまった後ではどうにもならないですよね? 自分の勉強不足と言えばそれまでなのですが、どうにも腹立たしく今からでも何かできることがあればご教授下さい。 よろしくお願いします。