総中流化を生んだ意識

「総中流化」ということが言われて久しいですが、実態はともかくとして、こういう概念が定着するということには、すくなくとも人...

jamiru さんからの 回答

  • 2007/07/19 22:30
  • 回答No.1
jamiru

ベストアンサー率 5% (170/3045)

中流という「みんなで幸せになろう。」という言葉で、
ネズミ構が生まれたからでは?
今ではマルチ商法が世界各地で蔓延してますが。

宗教もみんなで幸せになろう。とか言いながらやってることは…ね。

経済的には良かったんですが、人の心には良くなかったのかもしれませんね。
お礼コメント
garcon2000

お礼率 89% (2707/3010)

「みんなが」という思想は結局危ないものを含んでいますね。倫理的にも実利的にも。なにか悪しき平等の例です。
投稿日時:2007/07/23 09:13
この回答にこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう!
この回答にはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。
関連するQ&A
  • 「昔話」から歴史的意識を考える 哲学・倫理・宗教学

    「昔々あるところに」の決まり文句から始まるような、いわゆる昔話の由来を知りませんが、昔話というくらいですからあまり近代の作ではないのでしょう。それとも「昔」の話なので昔話なのか? 仮に、かなり昔から「昔話」が語られていたとしますと、そのはじまりは「昔々」とは言っても、その語られた時点とあまり風俗的環境的な差がないと考えられます。極論すれば、縄文時代にそれが語られたとすると、1000年前のことだろうが、「今」と何も変わっていないわけです。 つまり、古代人の心には、発展性という概念はごくなかった、1年周期の春夏秋冬の永劫繰り返ししかなかったでしょう。あるいは、拡大解釈すれば、江戸時代人でさえ、ほとんどジェネレーションギャップのような、身近にいる人間の世代間による環境的発展はなかった、100年前だって、お役人の治世は違うでしょうが、生活上意識できるような差はなかっただろうということです。 問題は、この「昔話」が現在捉えられるように「昔々」と始まることで、「今とは違う穏やかで原始的で素朴な時代」という意識を喚起するために始めるようなことが有効なような時代、それはいつから始まったのでしょうか? 維新からでしょうか?...

  • ★現代医学上の意識について 医学・歯学・看護学・保健学

    現代医学上 意識とはどのように捉えられているのでしょうか? 以下 私(達)の認識ですが、 脳だけではなくすべては宇宙なわけですが、それは、個々のものは私たちの認識によって生まれている(そのように見えている)ものであって、宇宙という観点では、脳と脳以外を分ける境界線は実在しないということです。 認識とは、そこに(脳と脳以外のところに)観念的な境界線を引き、脳を概念として存在させることです。 それを「観念的に位置づける」と言うこともできます。概念とは、観念的な位置のことであり、位置としては存在するが実在はしないもののことです。 一方、この宇宙は、すべてが宇宙であるために、「位置」そのものが実在しません。 私たちは宇宙であって、私やあなたとして実在しているのではありません。 ところが、認識はそれを概念化して捉えることで「別々に存在している」というふうに解釈するのです。 質問(1)医学上 意識とはどのように解釈されるのでしょうか?    (2)境界線とは自我を超えて存在している意識上のという解釈でよろしいでしょうか?    (3)意識には時間という概念は含んで考えられますか? あくまで現代医学上での判断基準でお願いします。       ...

  • 江戸時代の人は元号を言えたか 歴史

       以前どこかで前世療法というものの動画を見た際、前世にもどったひとに「年号は何年ですか」と質問すると、「安永○年」とか「天明○年」と、“前世”の人が答えていました。  最近思い返してふと疑問に思ったのですが、江戸時代の人はその時々の元号を知っていたのですか?  知っていたとすると、元号が変わったときはどのようにしてその情報が伝わったのでしょう?  ちょっと不思議に思いました。  ざっくりしていますがお答えいただければ幸いです。...

  • 昔の「講」にたいする人々の意識 歴史

    民間信仰であるさまざまな「講」がありますが、現在では人々の意識は、儀式的なものという認識が多数だと思います。しかし、たとえば江戸時代などはどうだったのでしょうか。本気で神頼みをしていたとか、利益を信じていたとかだったのでしょうか。あるいはどれくらいまで上れば、一般人は純粋な信仰としての認識で行われていたのでしょうか。...

  • 江戸時代の道徳心について 歴史

    江戸の銭湯は混浴でした。 その理由は水や燃料の不足という問題があったためですが、もしかしたら江戸の庶民のなかに男女混浴であることに対する今と違い羞恥心であったり嫌悪感がなかったのかなとおもったのですが、その当時の道徳的観念をご存知のかた教えてくださいませ...

ページ先頭へ