• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

下流社会から抜け出す

  • 質問No.3522359
  • 閲覧数1469
  • ありがとう数19
  • 気になる数1
  • 回答数14
  • コメント数0
私は今までいわゆる下流社会の中で生活してきました。周りも同じようなレベルの人たちばかりで、それが普通だと思っていました。
また下流の中でも若干格差はあって、たまたま勉強が出来たりした私は下流社会の中では上流扱いされていたほうでした。

が、あくまで下流は下流。現在中流と言われるような人はいないと言われますが、割とその名残を残している人と結婚し、下流社会から抜け出しつつあります。

外食と言えばファミレスかファーストフードだった私が、ほとんどそういうものを利用しなくなりました。休日はゴロゴロ寝てばかりだったのに朝早くから起きるようになりました。公営住宅で育ったのに、今は分譲マンションです。
中流家庭に育った主人から少しずつ躾けられてきた感じです。
子供を通してのお付き合いも、皆中流以上という人たちばかり。

そういう生活に憧れてはいました。下流独特の「頑張らなくてもいいじゃん。適当に、好きにやろうよ」みたいな感じが嫌で抜け出したいと思っていました。
でも嫌なことにそういうのは身に染みてしまっているんですよね。どれだけ頑張っても、未だに違和感を覚えます。

下流社会から抜け出した人はすぐに慣れたのでしょうか。それともこういう状況は結局下流社会にいるままなのでしょうか。
向上心を持って人生に臨みたいのに、こころのどこかで下流な私が悪魔のささやきをしているような感じです。どちらにも行けず居場所がなく感じます。どこに身をおけば安心できるのでしょう。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.7
  • ベストアンサー

ベストアンサー率 22% (103/467)

中流がいかなるものか,およそ中流のど真ん中にいると思われる自分自身では客観視できませんが,質問者さんの描いている下流はとてもよく描写できていて,体験したことのないわたしでもイメージが持てます。。。。

自分に対してずぼらにならないこと,,,これが(下に)押し流されないためのもっとも基本的な態度じゃないでしょうか。。下というのは下流という意味じゃないですが,どこか日の当たらない引け目を感じる世界のことです。

質問者さんはとてもしっかりした自意識をもってらっしゃるので,自分に対してまめに、ていねいにすごしてきたために,その下流という世界から浮かんでこれたのでしょうね。。

ですが、上流はまだしも,中流なんてしっかりした輪郭のある社会はどこにもありません。上でもない,下でもない,普通にしっかりとした人々がたむろっている程度のものだと思います。この帯域のひとは上流の文化をちょこちょこつまみ食いしますので,質問者さんの目を引いたところは,芸事だったり,ファッションだったりの上流のかけらなんです。

>噂話に終始しない友人を持つ
友達が(難しいことを言えば参加するコミュニティーが)あなたをしっかりといまの位置に支えてくれる助けになるのは間違いありません。いまは旦那さんやその親族だけかもしれませんが,いずれこどもつながり,趣味つながり、ご近所つながりの知人ができて,あなたをしっかりといまの生活につなぎとめてくれます。

目を引くもの,上のほうにあるものだけでなく,真横にあるものにしっかりとつながっていくこと,,,これが居場所をつくることですし,時間が経つほどに安心をもたらしてくれます。

やや抽象的でしたが,,,下流というのは結局のところ,ひとが(自分に)ずぼらなまま留まっている場所だと思います。矛盾する言い方ですが,人は生まれながらにずぼらな生き物ですからね,周囲がすべてずぼらであると自分がずぼらであることすら気が付かないんですよ。ちょっと首を伸ばせば(ずぼらじゃない)外の世界が見えるのに,ずぼらなばっかりにそれすらしない....

そういう意味では仮に中流生まれでも,自分にずぼらを許せばそのひとは内面的にはすでに下流に暮らしているんです(独り立ちすれば経済的にも下流になるはずです)。
お礼コメント
noname#59946
ご回答ありがとうございます。
自分に対してズボラ…だったんですよね、今までは。健康管理なんてしたことありませんでした。キレイになりたいと思っても努力するのは嫌、みたいな感じでした。私だけじゃなく周りも皆そんな感じで。

そういえば結婚してから友人関係が変わったんです。そのあたりから自分がいた世界がおかしいんじゃないかと思い始めました。

私が今流されそうになっているのは、元来持っていたそのズボラな部分なんでしょうね。すごく分かる気がします。
投稿日時:2007/11/17 16:22

その他の回答 (全13件)

  • 回答No.14

ベストアンサー率 36% (54/148)

私は60過ぎたおばさんで貴方のお母様くらいでしょうか?
hanaden0さんのご質問はよくお見かけします。
その多くに共通しているのは自信満々な貴方と自分に自信がない貴方です。
何でも出来る人というご質問も拝見しました。
その両方をとって回答を書かせてください。
私は長いこと人をみて自分でわかったことがあります。
私は私の友人に選ぶのは「育ちのいい人」です。
そして私は中流以上の家で育ちました。
私は戦中生まれですが昭和27年にはTVがありました。
お金だけでなく中学から私立へいき大学も親が入れてくれました。
そこで当時恵まれたのいい人たちと学び、育ちました。
私の時代は地域格差も経済格差もありましたから、その差は歴然でした。
ところが私も母子家庭になり、貧乏を経験し貴方の言う下流社会の近くで生きるようになりました。それはとても苦痛でした。
hanaden0さん、貴方はものすごくその下流や中流を気にする方です。
仰るとおり、ご自分の居場所がないのでしょう。
多分、貴方は私が経験した逆を感じているはずです。
経済の豊かさは心を豊かにするだけでなく周囲もを豊かにすると。
その下流の世界で生きてきたhanaden0さんには全てが違うはずです。
お金があるから綺麗なのではない。(もちろん闇雲にかける人もいますが)
みんな限られたお金の中で綺麗でいよう、年だからではなく年齢なりに美しくなろうという意識があるのです。自分の周りのみんなが綺麗だから自分も頑張ります。
子供への学業も周りがいいから自然と自分も考えるようになる。
人様への悪口や愚痴も浅ましい行為ですから皆さんしません。(適度にはありますが)
こうして1つ1つ、周りが良くなると自分も自然と良くなるのです。
食品は口に入るもっとも重要なもの。
たとえ少々高くとも健康を思えば、子供の体調を思えばそういった害のない食事をとるよう「心がけ」ます。
この心がけこそが周囲から得られる影響なのです。
hanaden0さん、私は貴方はいつも自分の価値みたいなものを追っておいでです。
迷うとでもいうのか。
狭い社会の中では出来る女性なのでしょう。その評価だったのでしょう。ですがフィールドが違えば自分は何もできないという不安に苛まれるのではないでしょうか。
だからそのレベルの低い中で何でもできると言われると悩み辛いのです。そしてレベルの低い中の自分を認めたくないのでしょう。
私もよく、何でもできるといわれます。
些細なことでは60代でパソコンが使えるのは私だけです。
こんなことでも会社ではすごいね、と言われる。
物を知っていればすごいね、教養があるねと。
でも私からみればそれは会社のレベル、その会社に勤める皆さんのレベルが低いからです。
私は嫌なおばさんなのでそれをはっきり自覚しています。
私は60の定年まで一流企業で勤めていました。
その会社に入れるのは最低でも大卒です。
大学がよいのではなくそのご両親が教育への意識の高さがお子さんに現れているのです。そうすると小学校から基礎学力も違うし、有る程度大きくなれば新聞や社会の動向にも目を向けていました。
先日の子供の学力も親の経済力と関係するという調査結果もでましたよね。それが事実なのです。

今、私の勤める会社は物流会社。
来る社員、アルバイトも大卒のほうが珍しいくらい。
新聞は取ってない、社会の動きはわからない。
その人たちのお友達もみんなそう。
彼らには社会に参加していない若者なのです。
当然、教育への意識も低いです。
食事も安ければいい、美味しければいい、手軽であればいい。
そうやって人は自分のレベルにあった人たちが集まってくるのです。
hanaden0さんも私からみれば失礼ですがお育ちの悪いお嬢さんです。
それは貴方の育ちやご両親の関係もあるとは思いますが一番は貴方自身がそう性格や性質だったのではないでしょうか?
例えば勉強が出来る、これはある良いほうの一面であるが違う方面では真面目ではない貴方もいたはずです。やさぐれたお友達が多いとか、そういう仲間が常にいるとかありませんか?
人は長いこと育ってきたレベルから離れることができません。
私は60年以上生きていますが強く感じますよ。
だから今のまま、この世界はなんとなく違う、そう感じるままに生きて結局私のように年をとれば無理をしないで生きていくことを望みます。そして昔のお友達、貴方の言う(下流社会)のお友達と会うのでは?と思います。
皆さん、悪いところばかりではないでしょう?
今でいう「イイトコ取り」をするのです。
あっちの友人こっちの友人のイイトコ取りをです。

>向上心を持って人生に臨みたいのに、こころのどこかで下流な私が悪魔のささやきをしているような感じです。

私は育ちの良さを書きましたが、それでもやっぱり一握りではありますが教養もなく育ったレベルの全く違う友人もいます。
彼女は貴方の言う下流社会にいきてきました。
今もそういった社会に居ますが志は一流です。
向上心は、人に左右されるものですがそれでもご自身がしっかりと心を強くもっていれば大丈夫ですよ。
何度がご質問をみてそのお礼をみるたびに貴方は自分をわかっていると思いました。
貴方は貴方の思うように下流社会や狭い世界では出来る人。
でも中流以上になればそれほどでもない。
それが正しいのです。
自分が思うほど出来なくないけど他人が思うほどできるわけでもない。きっとちょっと人生経験があれば本当に出来るひと、というのはわかるのです。
それは失礼ですがhanaden0さんくらいではないのです。(ごめんなさいね)
貴方はすごく志を高く持ちたいという意識を持っています。
それを周囲の人に求めすぎなのです。
お友達や親にです。
自分だけに求めればいいのに友達や親、きっと身近に居る人にそう求めるのです。
だからお友達に叱咤激励をする立場の人になってしまうのです。
おわかりでしょう?hanaden0さんなら。
私はhanaden0さんはきっとよくわかっていると思っています。
ただ、いつも迷っている。いつも不安がっているhanaden0さんを見るのです。
貴方に欠けていることは貴方が一番わかっていることです。
貴方自身の心に問いかけて自分というものを見つめてください。
貴方は「良い着眼点」をもっていますよ。ただそれが具体化しないだけ燻っています。きっと何かのきっかけで今の自分というもの、ありのままの自分というものを受け入れることができる、悪い意味ではなく楽な人生を送れるはずです。
そして下流も中流も関係なく自分の居場所を探してみてください。結局はそれしかないのです。
それが60すぎたおばさんからの意見です。
お礼コメント
noname#59946
ご回答ありがとうございます。私の母がこのようなことを話してくれる人であればどんなに良かっただろうと強く思いました(そうだったらこんな風にはなっていませんが)。

おっしゃるように、私は低いレベルの中で出来る出来ると言われ、上にはもっと上がいるのにといつも嫌な気分でした。世間に出れば私なんて普通かそれ以下。

ずっと「一緒に成長して行きましょう」みたいな友人がいませんでした。それが嫌で、でもそういう関係になりたくてきっと友人などにも強要していたと思います。
今は過去の友人と疎遠になる覚悟を決めました。新しい友人たちとのほうがはっきり言って居心地はいいんです。こんなに楽な友人づきあいが出来る関係があるんだとはじめて知りました。

だからこそ疑ってしまって。それが下流ゆえなんでしょう。外側だけ見たら下流も中流も大差ないのですが、裏が違います。今は陰口やねたみ・ひがみが少ないんです。それに慣れている私は、いつも裏があるんじゃないかと疑ってしまって。それが下流育ちゆえでしょう。

人を信じる能力と言うのも育ちが出ますね。純粋であれば良いわけではないですが、なかなか変えがたい部分です。いつも人を疑ってばかりで嫌になります。
だからこそそこを乗り越えられれば少し楽になれる気がしますが。
投稿日時:2007/11/20 10:55
  • 回答No.13

ベストアンサー率 12% (287/2339)

あまり上・中・下を意識することなく、周囲に合わせるが良いかと思います。
大事なのは「自分」を見失わない事だと思います。
お礼コメント
noname#59946
ご回答ありがとうございます。

上か下かというのはとりあえず便宜上使わせてもらったと言う程度ですが、「何か世界が違う…?」と言う感じでした。
自分自身を見失っているのかもしれません。
周囲にあわせると、今までの自分の生活とは全く違うし、今までの自分の生活をそのままやっていると明らかに浮くし!みたいな感じです。

どっちが良くてどっちが悪いのか分かりませんが、居心地がいいのは今の生活ですね。
投稿日時:2007/11/19 09:17
  • 回答No.12

ベストアンサー率 13% (493/3663)

私も下流育ちです。
でもなぜか、ヤンキー顔じゃないため、高学歴の人の下で働く羽目になります。(従姉妹や叔母は喫煙・飲酒・水商売・茶髪・リンチに遭う・離婚経験有。×2が基本、みたいな。)

はっきり言って、上の社会にお嫁に行った、ご自身の度胸を信じたほうが良いと思います。
私も同族や個人商店で働く勇気は、二度と有りません。
綺麗な事務机、綺麗なトイレで働きたいだけなのに、上司は院卒・・・飲み会で同席してると、大学の話が出るけど、当然、親の話も出るけど、育ちが違ーうっつ!!

なんか、実家の友達とも話は合わないし、メールの返事は来ないし・・・汗

私一人だけ、無所属という孤独感?が有ります。
帰りたいと願うのだけど、どこに帰ったら良いのか、分からないのです・・・高校の同級生で同じ様に上京して、メーカー相手に働いてる人がいるんですが、その人から頂いたメールは、読み返すと元気出ますね。田舎の商業科なので、卒業直後、自立のために結婚する子が当たり前にいたので。生活のために退学する人もいたし。
なんか、太陽と一緒に働くのは疲れますよ・・・
私は努力と言う概念がないので、無所属のまま、漂流してる感じです。
下流にいても上流にいても、叫びたくなるというか・・・
私は、おっさんが飲みに行く様な飲み屋に行って、お惣菜を食べるのが好きです。地元の卸団地の食堂に近い場所というか。
多分、職場の男性は、軽トラなんて運転せずに死ぬんだろうなあ・・・MT車乗れないだろう、みたいな。
私はランボルギーニもスバルの軽トラも、両方欲しいんですけど・・・老後は軽トラしかいりません。
私は正直、最後は離婚して、一人で田舎に帰るつもりです。
子供も夫も要らない。だって、私と同じ、貧乏家の子じゃないんだもの。疲れるけん、ずっとは(一緒に)居れん。
今の職場にいると、髪を染める勇気も出ません・・・なんか、黒髪でいなきゃいけんのかなあ・・・みたいな自意識が働いて、勝手に辛くなってます。奥さんは、好きな道を行って下さい。子供が自立したら、自由にして良いと思います。
お礼コメント
noname#59946
ご回答ありがとうございます。
無所属と言う感じですね、私も(笑)。ただうちの場合母方のほうは中流だったかもしれません。ヤンキー顔ではないし…。

でも考えてみたら私は大衆食堂よりカフェのほうが好きだし、軽トラよりランボルギーニのほうが好きです。
今の環境も疲れるわけじゃない。

だったらここが私の居場所なのかもしれません。
投稿日時:2007/11/19 09:15
  • 回答No.11

ベストアンサー率 33% (361/1089)

no.5です。

>夢は叶ってはいけないと言うか、何でも思い通りになるなんて絶対裏があるはずだ!と思う自分がどこかにいるんです。
>逆にありえない理想のような気もします。

過去の習慣にはなかったことをしたり、過去とは全く違う生活を送るとこのような思いも出てきますよね。新しい生活を自分で作っていくわけですから、定期的に自分を客観的に「チェック」する必要がありますよね。冒頭に引用したような思いも当然あると思いますが、自分自身でこの思いを上手く消化していかないといけないですよね。
お礼コメント
noname#59946
ご回答ありがとうございます。

新しい生活を作っていくって色んな意味で大変ですね。でも大変だからって諦めたり、楽なほうに流されるのは嫌だと思います。
なかなか消化しきれない思いもありますが、こうやって色んな人の力を借りて消化できることが幸せだと思います。昔なら「私は大変なんだから、話を聞いてもらって当然!」と思うところでした。

あまり疑心暗鬼になりすぎるのは良くないですが、客観視できるいい機会だと思うようにします。
投稿日時:2007/11/17 17:19
  • 回答No.10

ベストアンサー率 43% (583/1343)

 こんにちは!
 いままでの質問と回答等を丹念に読ませていただき私も大変勉強になりました。良い内容の回答も集まりましたが、御質問様の御礼内容も正直で好感が持てました。
 私からのアドバイスは、せっかくこのサイトに来られたのですから、このサイトの社長さんが2年間ホームレスをして、そのから世のため人のために役に立つこのQアンドAサイトを立ち上げました。もし、ご質問者様がミクシーから入られたのなら、ここは、OKwaveがミクシーにレンラルしているサイトです。小学館文庫から「ホームレスからのリベンジ」500円くらいの本です。ホームレスという社会の底辺で何を考えて、それでどう生きていままで来たのか、もし良かったら読んでみてはいかがでしょうか?御質問に対して、ホームレスの立場からの答えが入っているような気がいたしました。
私は、今年の夏、ふとしたことからこの社長さんにお会いすることができました。それで、この会社の株式を少しばかり買いました。株で儲けようという気持ちからではなく、この企業を応援したいという気持ちから買いました。1株7万円くらいですが、こんな株式を持っているのもいいかもしれませんよ。
 それから、社会の中では、立場とか貧富の差が関係ない世界もあります。登山、マラソン、囲碁、将棋、釣り、料理・・・などなど。登山やハイキングにいたると、登って下りてくるともとの位置にもどっているという、体を動かすのが大嫌いな人には理解できないかもしれない世界です。そういう趣味の世界に足を伸ばしてみてはいかがでしょうか。
最後にひとこと。他の回答者様もおっしゃっているとおり、今の生活には案外早く慣れると思います。時間が経つと昔のことを忘れてしまい、
例えば、かつて売れなくて困っていた芸能人が売れると、横柄な態度でふるまうようなことがないように、かつての生活を大事な人生体験として忘れないで地道に暮らして幸せになってほしいと思います。
お礼コメント
noname#59946
ご回答ありがとうございます。

こちらのサイトの社長さんにそんな経緯があったとは!一度読んでみたいと思います。

登山やハイキングもそういう見方をすると非常に面白いものですね。同じ位置に立っていても上りと下りじゃ全然景色も違ったりして不思議だと思います。今までと変わらないことをしていても、感じ方が違うことって多いような気がします。

いつまでもこの気持ちを忘れないことが大事ですね。
投稿日時:2007/11/17 17:13
  • 回答No.9

ベストアンサー率 0% (0/1)

こんばんは。私も下流社会から抜け出したいと思っている未婚女性です。
私からするとすでにそういう生活から抜け出せる事ができた
質問者さんをとても尊敬します。
私は下流社会に育った者は、そういう同じような相手としか
結局は結婚できないのかな…と思っていました。

そういう方と結婚できただけでも素晴らしいと思います。
どうしたら下流からそのような人と結婚できるのか
お伺いしたいぐらいです。

環境で人は変わる、環境がその人を作るのですから、
下流にいれば下流の人間に、中流にいれば中流の人間になると思います。
質問者さんは、下流の社会の「頑張らなくてもいいじゃん。適当に、、」
的な感じを嫌だと思っているのですから
もうその世界には戻らないように頑張ってください。

もしちょっと疲れたりした時はたまには
かつての友人に会って話をしてみたりしてはいかがですか?
懐かしかったり楽に話せる半面、やっぱりこういう世界は私は
嫌だなと思うかもしれませんし。

今までが、生まれて育った環境が下流に囲まれていただけです。
それに慣れてしまっていただけです。
質問者さんが「下流の人間」だというわけではありません。
初めは大変な事もあるかと思いますが、環境で変われると思います。

今はまだ中流社会に慣れないところもあるようですが、
少しずつ慣れていって、頑張ってほしいです。
せっかく中流社会の仲間入りができたのですから!

基本は中流生活、たまに下流も楽しむ、
みたいなスタンスでぜひ頑張って下さい!
お礼コメント
noname#59946
ご回答ありがとうございます。
どうしてそういう人と結婚できたんでしょうね、自分でも分かりません。(本当に私の何が良かったのか未だに良く分かりません)
私には憧れる人がたくさんいて、少しでも近づきたい!といつも思ってました。同じ位置に立ったり近づいたりしたくて、その人の良いところを真似したりしてましたね。

昔の仲間とは…実はメールの返事すら来ないんです(苦笑)。最初は嫌われたのかと気に病んでましたが、拒否されてるなら仕方ないなと思って。

慣れなんでしょうね。やっぱり時間が解決してくれるのかな?
お互い頑張りましょう!
投稿日時:2007/11/17 17:06
  • 回答No.8
こんばんは、中流社会で生まれ育った人間です(^^

環境は田舎ですが周囲の人達の行動様式を見ていますと下流人間は見当たりません。現に80歳を超えても体が動く限り野菜作りなどに精を出しその収入を有効に使っているお年寄りが身の回りにとても多くいます。立派な生き方だと思いますね。
年をとっても尊敬されるし存在感があります。

ところで私が個人的に思う下流社会とは

若いのに向上心がない、将来に対する希望夢などを持たない、計画性が無い、建設的な事に金を使わず浪費に向かう、サラ金利用を何とも思わない、金やエネルギーを他人の為に使う気が無い、ゴミを平気で捨てる、たかり根性丸出し、卑しい性格・・・

仮に日本中がこんな人間なら考えただけでゾッとしますね。
収入が少ない事は副次的な問題でしかなく貧しくても志が高ければ下流社会とは呼びたくないです。
私は個人経営の家電屋で立場上様々な人と接しますのでその辺の経験は豊富かも知れません。いつの間にかお客様は中流以上の方がが多くなりました。

>下流独特の「頑張らなくてもいいじゃん。適当に、好きにやろうよ」みたいな感じが嫌で抜け出したいと思っていました。

その気持ちがとても大事で下流社会の人々はそのような向上心が無いのだと思いますね。
>向上心を持って人生に臨みたいのに、こころのどこかで下流な私が悪魔のささやきをしているような感じです。どちらにも行けず居場所がなく感じます。どこに身をおけば安心できるのでしょう。

今のお付き合いが疲れるなら無理をしている証拠なので実力の20%アップ位に抑えること、また自分が【下流社会出身】である事を再認識しそれだからこそ自分は向上出来るんだ、と良い部分に目を向けましょう。環境は仰せの通りかも知れませんが貴女の中にはご先祖の品格ある遺伝子が宿っているはず、この質問をしたのが何よりの証拠です。
お礼コメント
noname#59946
ご回答ありがとうございます。

おっしゃるような下流社会、それが今まで私の周りでは当たり前の世界でした。加えて、その中の一つでも当てはまらなかったら「私は凄い、偉い」と言い、出来てないものを馬鹿にすると言う世界でした。(もちろん私もそんな一人だったのだと思います)
金銭的には皆普通だったと思うんですけどね。衣食住に困っている人はいなかったです。

品格と言う言葉が出ましたが、ベストセラーの「女性の品格」を読み、全てではないものの私の求めていたものはこれだったんだ!と感動しました。そうじゃないからこそあの本が売れたのかもしれませんが…。
今のお付き合い自体は楽しいと思います。ただ私、場違いじゃないかな?と不安は残りますが。
でもそう思うことで自分の言動を振り返ることも多いのかと思います。今までの事も無駄ではないと心に刻んでおこうと思います。
投稿日時:2007/11/17 16:34
  • 回答No.6

ベストアンサー率 30% (8/26)

#2です。補足への書き込みありがとうございました。

いろんな方の回答と、それに応じたお礼を拝見してて分かってきました。もしかしたら私の今の悩みと似ているのかなとも思ってきました。

私のことを書かせてくださいね。
子供の頃から日舞をやってました。卒業したら一応OLになって社会人になるのは夢だけど、結婚したり子供ができたら、祖母や母ややっているお教室を継ぐのも私の夢で、今もコツコツ頑張っています。
そして、祖母や母のお師匠さんが歌舞伎界の方なので、年に数回、舞台を拝見するのは心も晴れるイベントで楽しみにしています。

でも私は大学生で、同級生の男子や女子から、こういう日常や趣味を馬鹿にされます。高校時代までは侮辱されることは無く、大部分の女子が授業で体験することだったので、揶揄されることは衝撃でした。
先日、「馬鹿にするだけでなく一度体験してみたい」といわれ、同級生の女子たちが祖母のお教室へいらっしゃいました。
その翌日から、どんなに古臭いことかと馬鹿にされる言葉が増え、笑いにされるネタも増えました。

そういう意地悪な出来事が起きてから、
これまで、コツコツ頑張ってきたことが、
まるで意味がないことのように感じたり、
将来、お教室を持つことが凄くいけないことのように感じたり、
自分の生き様を否定したい気持ちが生じて、落ち込みました。

でも仲良しの友達やサークル仲間は「気にしなくていい」って言ってくれるし、酷い言われ方をする男子も女子も、ほんの一部の少数の人に過ぎないので、仲良しの友達や仲間の理解に救われています。

また私はTV局でアルバイトさせて頂いているのですが、落ち込んでいるときに社員さんに声をかけられ、相談させて頂きました。
TV局の社員さんというのは、ある程度つとめたら、20代でも年収1000万円くらいになるんだそうです。正社員の大多数を占める人たちは最低、大卒以上な方たちばかりです。
それでも、年収1000万円の生活が身についているのは育ってきた環境で慣れてる人で、40代・50代・60代になっても、いつまでも、そうでない生活感でいて、社風や同僚と合わせられない人はいるんだと教わりました。
また私の趣味や将来の夢は、ちっともおかしくないし、笑い者にしようとする人たちは相手にしなくて良いとも諭してくださり、少し心が軽くなったところでした。

>どちらにも行けず居場所がなく感じます。
>どこに身をおけば安心できるのでしょう。

私の趣味を揶揄する方たちへの切り口を下流階級の人だと思っていた訳ではないのですが、そういう切り口で彼らとは価値観が違うと考えて、hanaden0さんの質問文を拝見したら、すごく納得でき、心がストンと楽になりました。(感謝しています、有難うございました)

それで、hanaden0さんの居場所や安心を得られる場所というのを考えてみたのですが、やはり同様の状況や体験をしている人とご一緒されるのが一番、心が落ち着くのではないでしょうか?

>下流社会から抜け出しつつあります
>公営住宅で育ったのに、今は分譲マンションです。
>中流家庭に育った主人から少しずつ躾けられてきた感じです。
>子供を通してのお付き合いも、皆中流以上という人たちばかり。
>向上心を持って人生に臨みたいのに、こころのどこかで下流な私が悪魔のささやきをしているような感じ

これと同様の経験を現在している方とご一緒されれば、すごく理解し合えて、互いに励ましあえ、心の支えや張り合いになり合えて頑張りあえるのかなと思ったりしました。

なぜかと言うと、私を励ましてくれた友達や仲間、バイト先の社員さんたちも、私と同じ学校に通い、似たような環境を理解してくれる人たちだったからです。

hanaden0さんにも同環境を経験し、現在の環境に近い方々との深い結びつきができますよう、心から祈っています。
お礼コメント
noname#59946
ご回答ありがとうございます。そして逆の立場での悩みと言うのもあるのだなと実感しました。どういう生活が上と言うわけではないと思うのですが、私の中では伝統芸能をたしなんでいる方は知的だと思いますし、そういうものを古臭いと言う人は俗っぽく低級だと思ってしまいます。
私自身が低俗な環境で育ってきたにも関わらず、そういうところだけは違うと言うか、居心地の悪さを感じてしまうんです。かといって知的な会話が楽しめる人たちの中にいると、歩んできた道のりの違いで肩身が狭い思いをします(決してそれを批難されることはないのですが)。

でも同じように生きてきた人ならば分かってくれるのかもしれないですね。ただなかなかそういう人はいないんですよね。下流社会で育った人は結局同じようにしか生活できなかったり。

ただそんなこといちいち言わないから分からないだけかもしれないですね。今まで自分が育ってきた環境が恥ずかしく、皆には言えないと思っていましたが、思い切って打ち明けるのも良いのかと思いました。

ちなみに日舞は経験したことがないのですが、社会に出て初めて華道に触れて非常に感動し、古臭いと馬鹿にしていた自分を恥ずかしく思いました。(ずっと習いに行きたくて仕方ないのです!)日舞もきっと素晴らしいのでしょうね。機会があれば是非見てみたいです。
投稿日時:2007/11/16 17:43
  • 回答No.5

ベストアンサー率 33% (361/1089)

>どこに身をおけば安心できるのでしょう。

これまでと違った「傾向」の生き方をしようと思うのであれば、いわゆる「普通」を自分で作っていくしかないと思いますよ。

「身をおく」のではなく、自分がどうしたいのかを考えて生きる。
お礼コメント
noname#59946
ご回答ありがとうございます。
どうしたいかというのは具体的にあるしそれが現実となりつつあるのですが、夢は叶ってはいけないと言うか、何でも思い通りになるなんて絶対裏があるはずだ!と思う自分がどこかにいるんです。

なんてことはない、まじめに働く優しい主人・優しく明るい子供と、少し節制しながらも生活が出来、噂話に終始しない友人を持つ…そんな理想です。

当たり前の事のような気もするし、逆にありえない理想のような気もします。
投稿日時:2007/11/16 15:25
  • 回答No.4

ベストアンサー率 16% (2/12)

なるほど、失礼かもしれませんが面白い考えをお持ちだなあと感心しました。
まず「人生への意欲が低い人たちにうんざりだ」と思っている時点で、
もうそこには属していないんじゃないかな、と私は思います。
私も自分が今あまりお金持ちでないので、いわゆる上流で暮らす人の話を聞くと
すごいなあ、ちょっと羨ましいなあと思ったりしますが、
やはり人にはそれぞれ道があるので、別にしょうがないかなって思います。
結局、大事なのは心の持ちようですよね。
向上心をもって人生に臨みたいと思っているなら、それを心の中で
あたためていれば、何か行動するときに生きてくると思いますし、
それで十分なのではないかと思います。
(ただ、ガツガツ頑張るってあんまり中流の人にはない気が私はするのですが…)
何をもって上流中流下流とするかは人それぞれですが、あまりカテゴライズ?みたいなことに
こだわらないようにするのも手かと思います。
向上心をもって人生に臨みたいという、前向きな姿勢を心に持ち続けるだけで
もう十分ではないでしょうか。
お礼コメント
noname#59946
ご回答ありがとうございます。
昔から知的な生活、良質のものに囲まれる生活には憧れを抱いておりました。貧乏な家庭に育ったので、お金さえあればそのような生活は手に入ると思っていたのですが、実際そうではないことに気が付きました。もちろんある程度の収入も必要になるのですが、それ以前に自分自身の意識の違いが大きいんですよね。

おっしゃるように中流や上流の人はガツガツ頑張ってるように見えません。でも下流の人と比べたら明らかに努力の仕方が違うんです。
今住んでいる地域は割と高所得者が多く、近所の奥様たちもきれいな人が多いんです。今までは単に「美容にお金をかけられるからだろうな」と思っていたのですが、実際は美容に対する意識や努力が凄く大きいことに驚きました。

そしていざ自分が同じように頑張れるかといわれたら、下流ゆえか出来ないんですよね。そしてすぐに「お金がないから」と言い訳してしまう。今までは「私もそうなのよ。お金がある人は羨ましいわね」と賛同してくれる人がたくさんいてそれに甘んじていたのですが、そんなことだから何も変わらないんだ!と気づいて。

でもこの気持ちを持ち続けるだけで変われるでしょうか。こんな生活がしたいわけじゃないのに、つい流されてしまう自分が嫌で嫌で。嫌だと思ってるのに動けない自分が本当に嫌いです。
投稿日時:2007/11/16 13:07
13件中 1~10件目を表示
結果を報告する
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。
関連するQ&A

ピックアップ

ページ先頭へ