• 締切済み
  • すぐに回答を!

時制の表現とその意味について(関係詞節編の続き)

こんにちは。taked4700 です。 今回の英語文法の説明方法についての投稿も8回目になりました。 今回は、「時制の表現とその意味について(関係詞節の続き)」です。 この考え方が正しいか、または、これと同じような考え方が、以前 、誰かによって言われていたか、それを知りたいと思います。 「時制の表現とその意味について(関係詞節)」で、次のように自分は述べました。 英語の後置修飾は、意識の上での焦点の動きを伴うものに使うのが自然であり、それは、次の二つの場合だと言うことになります。 1.その対象の名詞だけを見ても分からないこと、 2.時制表現が必要なもの、 なぜ、このような制限がつくのか、その傍証を挙げてみましょう。関係詞には二種類あります。一つはwh系です。which,who,where,when などです。もう一つは、that です。 wh系は、基本的には疑問詞であり、先行詞を受けて、「それはどんなものかと言うと」と言う意識で、説明を続けるのですから、それは当然、その前の部分では現れていなかったもの、見えていなかったものが続くわけです。「それはどんなものかと言うと」と言う風に、疑問を最初に言うのは、まだ分かっていないものがそこにあると言う意味なのですから。 thatも、基本的には、同じで、そこに無いから、「あれ」と言う遠くのものをさすthatを使うわけです。同じような指示代名詞であるthis が関係代名詞として使われない理由もここにあります。先行詞を受けてthatを使うのは、そこで、「これ、ここ」と言う世界から「あれ、それ」と言う世界に意識が動くと言う意味です。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数89
  • ありがとう数1

みんなの回答

  • 回答No.1

>この考え方が正しいか、または、これと同じような考え方が、以前、誰かによって言われていたか、それを知りたいと思います。 正しいと思います。また、浅学のため以前誰かによって言われていたかどうかは知りませんが、私はこれまでに見たり聞いたりしたことはありません。一陣の心地よい風のような、全く新しい理論であると思えます。 ただ、基本的かつ重要な事項であるだけに、よく探してみれば関係詞が関係詞として用いられるようになった歴史的経緯についての調査、検討などであればあるのではないかと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。 確かに歴史的経緯のようなものについての文献調査が必要かとおもわれます。 前置修飾か後置修飾かという問題は、とても、考えていると面白いものだと感じます。「ものの見方」そのものに関係するような感じがして、特に日本語との違いを意識すると、その差が大きく出て、いろいろ面白いと感じています。機能的というか、言語構造そのものとして、日本語は助詞によって文構造を示すので、どうしても後置修飾が取りにくくなっているのだと思います。同様に、英語も、関係代名詞という構造は、後置でしか使えないという面があり、意味とか感覚をのぞいた形で、それぞれの言葉の特徴として説明が可能だと感じるのですが、その元になる感覚のようなものがやはり先に存在するのかなとも感じています。結局、鶏が先か卵が先かという議論になってしまうのかも知れません。 ずっと、回答していただける方が出てこられなかったので、このまま、回答を締め切らずにおいておくか、それとも質問そのものを削除するしかないかと、考えあぐねていた時期でした。 その意味でも、回答していただき、とても感謝しています。

関連するQ&A

  • 時制の表現とその意味について(関係詞節編)

    こんにちは。taked4700 です。 今回の英語文法の説明方法についての投稿も7回目になりました。 今回は、「時制の表現とその意味について(関係詞節)」です。 この考え方が正しいか、または、これと同じような考え方が、以前 、誰かによって言われていたか、それを知りたいと思います。 時制というのは、基本的に変化があるから意味があり、変化によって意識の焦点の動きが促されるということを言ってきました。 このことを裏付けることの一つとして、関係代名詞節があると思います。The book that I bought yesterday is very interesting. を例にとれば、the book という焦点の当たっている語がまずあり、それに時 制表現を伴った節が後置修飾しているわけです。なぜ、前置でなく後置であるかというと、the book だけを見てもI bought yesterday ということが分からないからですし、I bought yesterday というのは、焦点の合うものではないからです。つまり、英語の後置修飾は、意識の上での焦点の動きを伴うものに使うのが自然であり、それは、次の二つの場合だと言うことになります。 1.その対象の名詞だけを見ても分からないこと、 2.時制表現が必要なもの、 よって、The boy who is very fat is my little brother. のような文章は、the boy だけを見てvery fat だと判断できるので、基本的に不自然な文章となります。That very fat boy is my little brother. がこのような場合は普通自然な文章になるわけです。 同様に、「その病気だった子供がトムです。」のような時制のずれを持った文章は、関係代名詞を使って、The child who was sick is Tom. となるわけです。これを、The sick child is Tom. としてしまうと、「その病気の子供はトムだ。」となり意味が異なってしまいます。 以上で関係詞編の終わりです。 実を言うと、I don't know if he knows it. とか、She didn't tell me what he knows. のような文章で、なぜ、if やwhat がそれぞれの節の先頭に来るのかとか、red-burning heart とか、a guitar-playing student のような名詞に前置する形容詞句の問題も入れて、語句編を 書く予定でしたが、体調があまりよくなく、疲れもたまってしまったので、しばらく投稿を休みます。 皆様のご回答をお待ちしています。

  • 先行詞を含む関係詞

    This is what I want.のwhatのことを先行詞を含む関係詞または関係代名詞と呼びますが、これは適切な命名なのでしょうか?もしそうなら、なぜ、This is where I live.のwhereのことを先行詞を含む関係詞または関係副詞と呼ばないのでしょうか?

  • 関係詞の質問

    高校英語の関係詞の問題なんですが・・・  That which is bought cheap is the dearest.  (安く買われるものほど高いものはない。) 関係詞節はthat(代名詞)を修飾することができるのですか? それとthatには、『もの』というような意味があるんですか? ご回答よろしくお願い致します。

  • 関係詞節の位置

    ある英文で「Someting happend that changed the course of his life.」というものを見かけたのですが、that 以降はSometihgを修飾する関係詞節だと思うのですが、主部が長くなりすぎる様な時は、関係詞節を(関係詞節に関わらず修飾語の部分も?)先行詞と引き離して、適当な位置に後置で持ってきてもいいのでしょうか。

  • 関係詞がわかりません

    we can get up at any time when we want to. この文章の関係詞は関係副詞whenで先行詞はany timeだと思います。 関係詞の先行詞は、関係詞節内で副詞の働きをするので 関係詞節を一つの文章として見た場合 we want to get up at any time. こうなりませんか? 「私たちはいつでも起きたい」というのは文章的に変ではありませんか?

  • 関係詞について

    連鎖関係詞節とは何ですか? また、関係代名詞と何が違いますか? 宜しくお願いします!

  • 関係詞について

    英語の関係詞について質問です。関係副詞と関係代名詞なのですがThat is the town ( ) I visited last manth.という問題の解説にvisitedは他動詞なので( )には関係代名詞が入るというのを見たのですがこれはつまり自動詞の場合のみ関係副詞が入ると考えてもよいのでしょうか?

  • 関係詞について

    関係しについて質問です。 I'm a student of ABC School who majors in chemistry. これは適当に作った文ですが、 この文のように先行詞が関係詞の直前になく、 先行詞 +of ABC School + 関係詞節 という書き方は文法的に正しいのでしょうか? この場合“a student of ABC School”これ全部を一つの先行詞と考えることはできるのでしょうか? よろしくお願いします。

  • 関係詞と先行詞が離れるのはどういう場合?

    The time has come when I must decide my future course.のように先行詞"the time"と関係詞節がはなれる場合というのはどういうときなのでしょうか。他の関係詞、whereやwho, which, that, whoseでも可能な場合があるのでしょうか。

  • 以下の例文のwh節は関係詞節ですか?それとも関係代名詞節ですか?

    以下の例文のwh節は関係詞節ですか?それとも関係代名詞節ですか? どちらも名詞節ですが… (1)Look who wants to visit Grandpa. (2)You accept her for who she is <洋ドラマ フルハウスより> 何故関係代名詞節かなと思ったかと言いますと、辞書にwhoは先行詞を含む意味もあると書いてあったためです。 (ただし<古>というマークが付いていましたが) 僕は両方とも、 Do you know who she is? みたく、間接疑問文中にでてくるような関係詞節として使われていると思うのですが。 前置詞はあとに名詞または名詞相当語句がくるので (2)のfor以下も関係詞節の名詞節が来ているとおもうのですが。 ただ、先行詞を含むwhoと捉えると(意味は〜する人)、意味が通ってしまう気がして頭が 混乱してしまったので、今回解決したく質問させて頂きました。 もしかして両方でもとれるとか? 回答よろしくお願いします