• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

関係詞の質問

高校英語の関係詞の問題なんですが・・・  That which is bought cheap is the dearest.  (安く買われるものほど高いものはない。) 関係詞節はthat(代名詞)を修飾することができるのですか? それとthatには、『もの』というような意味があるんですか? ご回答よろしくお願い致します。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数4
  • 閲覧数55
  • ありがとう数0

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2
noname#2891
noname#2891

関係代名詞は that(代名詞)を修飾することは可能です。”those who…(~の人びと)” は知っていますよね? これと一緒です。’He who…’ なんてのもあるんですよ。ただし。代名詞はどれでもいいかというと、そうではありません。this, it, she, these などは見たことはありません。 ご質問の that は「もの」ではなく「あれ、それ」です。ただし、’that which…’ というのは普通は先行詞のいらないwhat で済ませます。’That which…’ のパターンは、ちょっと硬い言い回しにしたいときに使うようです。 高校英語に限らず、初級・中級でならう事項は、日常における頻度を無視する場合が多々あります。「こういう言い回しも可能」というのと、「よく使われる」というのは別物ですから、そのあたりはどんどん英文に触れて、ご自分で体得していってください。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

その他の回答 (3)

  • 回答No.4
noname#11476
noname#11476

英語のカテゴリでの回答は久しぶりです。 >関係詞節はthat(代名詞)を修飾することができるのですか? はい。 thatは関係代名詞whichの先行詞となることが出来ます。(文語です) (...するところの)もの、こと というように訳せます。 that which = what に変換できます。 What is bouight cheap is the dearest. ご質問のケースは主語に使われた例ですが、目的語でも使われます。 I did that which I ought not to have done. (なすべきではなかったことをやった) では。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.3

回答としては、二点ともYesです。 thatは「もの」「こと」という意味があり、関係代名詞の先行詞になります。 そういえば、that の複数形でこういう諺も有名では? God helps those who help themselves. この場合は、~するような人々 というような意味ですね。 個人的には、that thing の thing が省略されているのかな? というふうに 自分を納得させてます。蛇足ですが。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1
  • stripe
  • ベストアンサー率23% (89/374)

もろ自信ないので申し訳ないのですが、 I think (that)it is good. みたいなthatではないかと思うのですが。 関係詞節がthatを修飾しているのではないのでは、と思います。 てきとうな回答でごめんなさい!

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 関係詞について

    英語の関係詞について質問です。関係副詞と関係代名詞なのですがThat is the town ( ) I visited last manth.という問題の解説にvisitedは他動詞なので( )には関係代名詞が入るというのを見たのですがこれはつまり自動詞の場合のみ関係副詞が入ると考えてもよいのでしょうか?

  • 関係詞の二重限定

    文法書に、先行詞がthe onlyによって修飾されていたり、先行詞がanyoneとかanythingである場合はthatをよく使うと書かれていたんですが、これは二重限定の場合でも同じですか? ・Can you mention anyone (that) we know who is as talented as he is ? 私たちの知っている人で、彼くらい有能な人を挙げられますか? ・Thhi is the only word (that) I know which explains the situation. これは私が知っているうちで、その状況をよく説明するただ一つの言葉です。 のように、二重限定の場合はanyやonlyなどが先行詞についていることが多いにも関わらず、二個目の関係詞にwho,whichが多く使われてる気がします。(といっても5例くらいしか見たことないですけど。) 二重限定する場合は、一つめの関係詞はthatか省略、二つめの関係詞はwho(which)が多い、みたいなのってあるんでしょうか? こういう細かいことはどうでもいい気がするんですけどちょっと気になりました。

  • 関係詞節の位置

    ある英文で「Someting happend that changed the course of his life.」というものを見かけたのですが、that 以降はSometihgを修飾する関係詞節だと思うのですが、主部が長くなりすぎる様な時は、関係詞節を(関係詞節に関わらず修飾語の部分も?)先行詞と引き離して、適当な位置に後置で持ってきてもいいのでしょうか。

  • 関係詞節のコンマ

    関係詞を勉強中なのですが、疑問に思った事があるので質問します。 数量表現を含む関係詞節/名詞+of which/文全体を修飾するwhichと分類されて参考書に載っていました。どれも書く場合はコンマを必要とするようですが、何故でしょうか?理由が知りたいです。よろしくお願いします。

  • 代名詞を関係詞で修飾することはありますか。

    代名詞を関係詞で修飾することはあるのでしょうか。 ご教授願います。

  • 関係詞に関する質問です。

    関係詞に関する質問です。 This is the very moss in which the professor was in search. (これぞまさしく教授の探していた苔だ) という文中の[in which]は[that]に置き換えられないとのことです。 過去に[前置詞+which]は[that]に置き換えられると学んだ記憶があるのですが、 置き換えが出来るときの出来ないとき、それぞれの違いを教えていただけますでしょうか?

  • 関係詞の省略

    What everyone hates most about driving in big cities is the time ____ it takes to find a parking space. という文の下線には関係詞が省略されていると思うのですが、それは何ですか? whichかthatだと思うのですが、that なら関係副詞のthatでしょうか、それとも関係代名詞のthatでしょうか?

  • 関係詞

    Sometimes (that,what) seems absurd to most people is the very truth. ()カッコの中から正しい方を選ぶ時、答えはwhatになるのですがどうしてですか? 関係詞の後ろはseemsになっていて、主語がないので、関係代名詞になるので、thatでは・・・と思ったんですけど・・・。 わからないので、わかる方、回答お願いします。

  • 先行詞を含む関係詞

    This is what I want.のwhatのことを先行詞を含む関係詞または関係代名詞と呼びますが、これは適切な命名なのでしょうか?もしそうなら、なぜ、This is where I live.のwhereのことを先行詞を含む関係詞または関係副詞と呼ばないのでしょうか?

  • 時制の表現とその意味について(関係詞節編の続き)

    こんにちは。taked4700 です。 今回の英語文法の説明方法についての投稿も8回目になりました。 今回は、「時制の表現とその意味について(関係詞節の続き)」です。 この考え方が正しいか、または、これと同じような考え方が、以前 、誰かによって言われていたか、それを知りたいと思います。 「時制の表現とその意味について(関係詞節)」で、次のように自分は述べました。 英語の後置修飾は、意識の上での焦点の動きを伴うものに使うのが自然であり、それは、次の二つの場合だと言うことになります。 1.その対象の名詞だけを見ても分からないこと、 2.時制表現が必要なもの、 なぜ、このような制限がつくのか、その傍証を挙げてみましょう。関係詞には二種類あります。一つはwh系です。which,who,where,when などです。もう一つは、that です。 wh系は、基本的には疑問詞であり、先行詞を受けて、「それはどんなものかと言うと」と言う意識で、説明を続けるのですから、それは当然、その前の部分では現れていなかったもの、見えていなかったものが続くわけです。「それはどんなものかと言うと」と言う風に、疑問を最初に言うのは、まだ分かっていないものがそこにあると言う意味なのですから。 thatも、基本的には、同じで、そこに無いから、「あれ」と言う遠くのものをさすthatを使うわけです。同じような指示代名詞であるthis が関係代名詞として使われない理由もここにあります。先行詞を受けてthatを使うのは、そこで、「これ、ここ」と言う世界から「あれ、それ」と言う世界に意識が動くと言う意味です。