• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

中和滴定について

先日実験でライム中有機酸の中和滴定の実験を行いました。このとき誤差が生じたのですが、原因としてどのようなことが挙げられるでしょうか。 また指示薬として使用したフェノールフタレイン溶液やメチルレッド・メチレンブルーの色の変化の原理を教えてください。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 化学
  • 回答数4
  • 閲覧数4215
  • ありがとう数8

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.4
  • kb-nike
  • ベストアンサー率36% (72/200)

ANo.2です。 失礼しました。 メチルレッド・メチレンブルー混合指示薬についてお尋ねだったのですね。 この混合指示薬は、変色点 5.4(pH)、赤紫(酸性側)~緑(アルカリ性側)です。指示薬自体の色は淡青です。 メチルレッドと同じ程度の変色点ですが、メチルレッドが慣れないと色の変化が見にくいのに対して、変色が明瞭です。 (ただし、滴定系に酸化還元剤として働くような化学種が含まれていないことが前提になります(色が変わる)。) どの酸の滴定に使用するかは、一般的に、当量点前後のpH変化が変色点に近い場合に使用します。 弱酸を強アルカリで滴定するとき、当量点のpH変化は酸のpKa値の少し上で(アルカリ側で)始まります。 具体的な、酸の名前を挙げないで、申し訳ありません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

本当にありがとうございました。とても助かりました。

その他の回答 (3)

  • 回答No.3
  • kb-nike
  • ベストアンサー率36% (72/200)

ANo.2 補足: <メチルレッド・メチレンブルーはどのような中和実験で使用するのでしょうか。 メチルレッド:変色範囲 4.2~6.3 (pH)ですので、メチルオレンジ(3.1~4.4)よりも弱い酸の滴定に使います。 メチレンブルー:酸化・還元によって変色し、酸化還元滴定に使われます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。もう一度お聞きしたいのですが、混合指示薬のメチルレッド・メチレンブルーはどのようなときに使用するのですか?またメチルレッド・メチレンブルーはもとはどのような色でどのように変化するのでしょうか。

  • 回答No.2
  • kb-nike
  • ベストアンサー率36% (72/200)

指示薬としてフェノールフタレインを使用した場合は(空気中の)二酸化炭素(の吸収)の影響も考慮に入れる必要があると思います。 正確に滴定するためには、不活性ガス下で行うなどの対策が有効です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございました。とても参考になりました。 後さらに質問したいのですが、メチルレッド・メチレンブルーはどのような中和実験で使用するのでしょうか。

  • 回答No.1
noname#62864
noname#62864

誤差というのが、測定のたびに、結果がばらつくということであれば、技術(メスフラスコ、ホールピペット、ビュレットの使用法など)が未熟であるか、測定サンプルが均一に混ざっていないということでしょう。 後半の部分に関しては、参考URLのQ43あたりを見て下さい。

参考URL:
http://www.kiriya-chem.co.jp/q&a.html

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 中和滴定の実験

    実験で中和滴定をしました。その内容はアンモニア10mlをホールピペットで取り、これに水を10mlを加えた溶液20mlに指示薬をいれ、0.1M塩酸で滴定しました。指示薬はメチルレッド、フェノールフタレインそれぞれ実験して、フェノールフタレインの方が塩酸の滴定量が少なかったです。この実験で中和点は塩基性よりになる理由が分かりません。H3O+ができて酸性にはならないんでしょうか?よろしくお願いしますm(_ _)m

  • 中和滴定にて

    0.5モルの炭酸ナトリウムを規定度が大体0.5の硫酸に加えたときの半分中和したときのpHを求めようとしているのですが・・・半分中和という意味がよくわかりません。どういうことなのでしょうか・・・? さらにそこから完全に中和したときのpHを出そうとしたのですが、これは単純にPH約7を考えてよいのでしょうか? あと、指示薬溶液でフェノールフタレイン溶液とメチルオレンジ溶液がありますが、ある溶液の滴定でフェノールフタレインは使えてメチルオレンジは使えないというものでは色の変化が見られない以外に何か不都合なことでもあるのですか? わかりにくい質問かもしれないですが、お願いします。

  • 中和滴定について

    中和滴定について 化学の中和滴定について教えてください。 例えば、ビーカーに水酸化ナトリウムが入っているとします。 そこに上から塩酸を少しずつ垂らしていくと、どこかの時点で中和しますよね。 その際に指示薬としてフェノールフタレインを用いると思うのですが、 その使い方がよくわかりません;; 最初に水酸化ナトリウムしか入っていない溶液にフェノールフタレインを垂らすと 赤色になるんですよね? で、次に塩酸を加えて、またフェノールフタレインを垂らし、溶液の色を見る。 中和したら、フェノールフタレインを加えても無色になる、 だから中和点がわかる、ということなのでしょうか? それと、フェノールフタレインやメチルオレンジなどは 2つの溶液が 強(弱)酸、強(弱)塩基 といった大まかな濃度の組み合わせ しか分からないのですか? しばらく化学をやっていなかったので、すっかり忘れてしまいました。。 かなり初歩的な質問で申し訳ないのですが、 中和滴定(特に指示薬の使い方)について教えてください!

  • メチルレッドとメチレンブルーは、それぞれ中和滴定用指示薬か酸化還元滴定用指示薬かについて

    メチルレッドとメチレンブルーは、それぞれ中和滴定用指示薬か酸化還元滴定用指示薬かについて、教えて下さい。

  • 中和滴定について

    中和滴定の実験に関する質問です。 (1) 実験において、ビュレット、ピペット、コニカルビーカーなどを用いますが、これらを水洗いした直後に使用するときはどうする必要があるのでしょうか? また、その理由も詳しく説明していただけるとありがたいです。 (2) 実験は、濃度のわかっているシュウ酸水溶液に濃度未知の水酸化ナトリウム水溶液を加えるというもので、このとき指示薬はフェノールフタレインを使用しました。 これはなぜメチルオレンジ溶液ではだめなのでしょうか? フェノールフタレイン溶液を用いた理由もあわせてお願いします。 稚拙な文章ですみません。 どちらかひとつでもよいので答えていただけると助かります。 お願いいたします。

  • 中和滴定で用いる指示薬について

    学校で中和滴定の実験をしました。 「濃度既知の水酸化ナトリウム水溶液を用いて、濃度不明の塩酸の㏖濃度を中和滴定によって求める」というものでした。 そこで質問です。指示薬にフェノールフタレインやメチルオレンジを使える事は知っているのですが、BTB(ブロムチモールブルー)やリトマスを使う事はできるのですか? 教えてください。

  • 中和滴定について

    中和滴定の実験について教えてください。 実験は (1)シュウ酸二水和物0.63gをメスフラスコに入れ、純粋を少量加えて溶かす。 完全に溶けてから、さらに純粋を加えて100mlとする。 (2)ビュレットの中を、まず少量の水酸化ナトリウム水溶液で洗ってから(洗浄液は捨てる)、あらためて水酸化ナトリウム水溶液を入れる。活栓よりも下の空気を液を勢いよく流して追い出した後、活栓を閉じて目盛りを読む。 (3)ホールピペットで(1)の液10mlをコニカルビーカーにとり、フェノールフタレイン溶液1~2滴加える。 (4)(3)の液に混ぜながら水酸化ナトリウム水溶液を少しずつ滴下していく。フェノールフタレイン溶液による着色が消えなくなったらビュレットの目盛りを読む。 です。 『結果』 滴定に要した溶液量 10.23ml ここから質問です。 1.(1)のシュウ酸化水溶液のモル濃度は何mol/Lか。 2.結果より水酸化ナトリウム水溶液のモル濃度は何mol/Lか。 3.ビュレット、ピペット、コニカルビーカーはそれぞれ水洗い直後に使用するときどうすればよいか。 4.(3)の操作で、指示薬としてメチルオレンジ溶液を用いてもよいか。フェノールフタレイン溶液を用いたののはなぜか。 5.滴定に要した溶液量の誤差について。 を教えてください。 長文すいません。 全てでなく部分的でもよろしくお願いします。

  • 中和滴定の指示薬

    実験で0.1Nシュウ酸溶液-0.3N水酸化ナトリウム溶液および0.1Nシュウ酸溶液-0.1N水酸化ナトリウム溶液での滴定を行いました。この滴定の指示薬としてコンゴーレッドを用いました。コンゴーレッドの変色域はpH3.0~5.0です(wikipediaではpH3.0~5.2)。 弱酸と強塩基の滴定では当量点が塩基性側なので通常フェノールフタレインを用いるのに、今回の実験ではなぜコンゴーレッドを用いたのかがわかりません。 どなたかご教授願います。宜しくお願いいたします!

  • 中和滴定

    中和滴定の実験でメチルオレンジを加えたKHCO3溶液をHCl溶液で滴定して、溶液を黄色からダイダイ色にする実験を行ったのですが、この溶液がダイダイ色になったら一旦滴定を中止して沸騰するまで加熱しました。これを水道水で冷やすと溶液の色が黄色に戻るのですが、何故加熱する必要があるのか?また、何故色が戻るのかが分かりません。誰か教えてください。

  • 中和滴定における正の誤差について

    こんばんは。5月末に行われる化学分析の競技会に向けて練習をしている高校生です。 中和滴定により試料水中の酢酸の含有率を求めるのが課題なのですが、毎回誤差がやや大きく(+1.0~1.5%程度)出てしまい困っています。(負の誤差は今まで出たことがありません。) 以下に実験手順をおおまかに書き出しますので、誤差要因になりえる部分をあげていただけないでしょうか。また、なぜ毎回正の誤差が生じてしまうのかも合わせて教えていただけますと幸いです。 (1) 0.1mol/l-NaOH溶液を調製し、0.1mol/l-HCl標準溶液で滴定し、ファクターを求める。(指示薬はメチルオレンジを使用) (2) 試料水を20mlほど採取し、精秤する。 (3) (2)を250mlメスフラスコに移し、希釈する。 (4) (3)を(1)で調製したNaOH溶液で滴定し、酢酸の質量、及び含有率をもとめる。(指示薬はフェノールフタレインを使用) ・ガラス器具の使用など、基本的な操作に不備は無いものとして考えてください。 ・(1)と(4)それぞれ3回滴定を行うのですが、滴定値のばらつきは少なく、最大値と最小値の差が0.03ml以内で安定しています。 ・誤差の基準としている値は、先生に計算していただいた理論値です。