• 締切済み
  • すぐに回答を!

中和滴定

中和滴定の実験でメチルオレンジを加えたKHCO3溶液をHCl溶液で滴定して、溶液を黄色からダイダイ色にする実験を行ったのですが、この溶液がダイダイ色になったら一旦滴定を中止して沸騰するまで加熱しました。これを水道水で冷やすと溶液の色が黄色に戻るのですが、何故加熱する必要があるのか?また、何故色が戻るのかが分かりません。誰か教えてください。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 化学
  • 回答数1
  • 閲覧数830
  • ありがとう数1

みんなの回答

  • 回答No.1

メチルオレンジは、酸性でオレンジ色、中性からアルカリ性にかけて黄色になります。 もともとアルカリ性だった溶液にHClを加えて、中和点でわずかに酸性にした後、沸騰させたんですね? また黄色に戻るということは、液性は何性になったんですか? ところで。 水道水を沸騰させてカルキ抜きとかしますよね。あれは、水道水中の残留塩素を除去するわけですが。高温にすると、溶液中に溶けていられる気体の量は減るんですねー。 さぁかんがえてみよう。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

なるほど、沸騰させて黄色に戻ったということは溶液を酸性にしている二酸化炭素が減って、アルカリ性になったということですね。 ありがとうございました。

関連するQ&A

  • メチルオレンジを使った中和適定。

    前に似たような質問をされた方がいたのですがそれでも不明な点があったので質問させていただきました。 今週学校で行われた中和滴定の実験でメチルオレンジを加えたKHCO3溶液をHCl溶液で滴定して、溶液を黄色からダイダイ色にする実験を行いました。 このHCl溶液がダイダイ色になったら一旦滴定を中止して沸騰するまで加熱し、これを水道水で冷やすと溶液の色が黄色に戻るというものですが、前質問した方の回答には“沸騰させることで溶液を酸性にしている二酸化炭素が減って、アルカリ性になった”と書かれていました。テキストに書いてあった KHCO3+HCl→KCl+H2O+CO2-(1式)  H2O+CO2⇔H2CO3-(2式) H2CO3⇔HCO3-(炭酸水素イオン)+ H+(水素イオン)-(3式) の式からCO2が溶液を酸性にするH+(水素イオン)をだす原因ということは解りました。そして ここからが推測になるのですが、要するに沸騰させることで(3式)の平衡が左に進み、H2CO3濃度が増えさらに(2式)の平衡が左へ進むことでできたCO2が沸騰することで減少したという事で良いのでしょうか? また上記の推論からすると、なぜ溶液を沸騰させることで(3式)の平衡が左に進んだのか教えて頂きたいです。 推測自体が間違っているのならどうかご指摘していただけないでしょうか。  

  • 中和滴定にて

    0.5モルの炭酸ナトリウムを規定度が大体0.5の硫酸に加えたときの半分中和したときのpHを求めようとしているのですが・・・半分中和という意味がよくわかりません。どういうことなのでしょうか・・・? さらにそこから完全に中和したときのpHを出そうとしたのですが、これは単純にPH約7を考えてよいのでしょうか? あと、指示薬溶液でフェノールフタレイン溶液とメチルオレンジ溶液がありますが、ある溶液の滴定でフェノールフタレインは使えてメチルオレンジは使えないというものでは色の変化が見られない以外に何か不都合なことでもあるのですか? わかりにくい質問かもしれないですが、お願いします。

  • 中和滴定について

    中和滴定について 化学の中和滴定について教えてください。 例えば、ビーカーに水酸化ナトリウムが入っているとします。 そこに上から塩酸を少しずつ垂らしていくと、どこかの時点で中和しますよね。 その際に指示薬としてフェノールフタレインを用いると思うのですが、 その使い方がよくわかりません;; 最初に水酸化ナトリウムしか入っていない溶液にフェノールフタレインを垂らすと 赤色になるんですよね? で、次に塩酸を加えて、またフェノールフタレインを垂らし、溶液の色を見る。 中和したら、フェノールフタレインを加えても無色になる、 だから中和点がわかる、ということなのでしょうか? それと、フェノールフタレインやメチルオレンジなどは 2つの溶液が 強(弱)酸、強(弱)塩基 といった大まかな濃度の組み合わせ しか分からないのですか? しばらく化学をやっていなかったので、すっかり忘れてしまいました。。 かなり初歩的な質問で申し訳ないのですが、 中和滴定(特に指示薬の使い方)について教えてください!

  • 中和滴定と中和点と指示薬

    メチルオレンジの変色域は3.2~4.4 フェノールフタレインの変色域は8.3~10.0 強酸+弱塩基は中和するとほとんど中性で中和点は7くらい として、この実験でメチルオレンジの変色域をつかうとすれば、  ・ そもそも、メチルオレンジは3.2未満では赤色をしていて、4.4より上では黄色、その間では黄~赤へと徐々に変化する、ということなんですか?  ・ 中和点は7くらいのはずなのに、変色域の上限が4.4ではどうすれば中和した、と分かるんですか? 中和滴定曲線では、変色域より上の7あたりに中和点があるので。(pHジャンプなので、黄色になった瞬間から中和点に一気にいくから、と思ったけど、細かく見れば垂直ではなく若干斜めなので違うかな、と。入れる量が0.1ミリリットルくらいなので、曲線がそもそもアバウトなので、中和点も結構アバウトなのかな、と。)  ・ 逆にフェノールフタレインではどうなるんですか

  • 中和滴定について

    先日実験でライム中有機酸の中和滴定の実験を行いました。このとき誤差が生じたのですが、原因としてどのようなことが挙げられるでしょうか。 また指示薬として使用したフェノールフタレイン溶液やメチルレッド・メチレンブルーの色の変化の原理を教えてください。

  • 中和滴定法

    中和滴定実験において、0.1NのNaOH溶液と0.1NのHCl溶液の標定をしたのですが、この実験の目的は何ですか?教えてください!

  • 中和滴定の実験について

    中和滴定の実験で指示薬としてメチルオレンジの使用は可能ですか?

  • 中和滴定について

    高1化学についてです。 こないだ授業で食酢と水酸化ナトリウム水溶液の中和滴定の実験をしました。 その課題に「今回の中和滴定でメチルオレンジを用いることは可能か?」とあるのですか誰か教えていただけませんか?理由もお願いします!!

  • 中和滴定について

    中和滴定の実験に関する質問です。 (1) 実験において、ビュレット、ピペット、コニカルビーカーなどを用いますが、これらを水洗いした直後に使用するときはどうする必要があるのでしょうか? また、その理由も詳しく説明していただけるとありがたいです。 (2) 実験は、濃度のわかっているシュウ酸水溶液に濃度未知の水酸化ナトリウム水溶液を加えるというもので、このとき指示薬はフェノールフタレインを使用しました。 これはなぜメチルオレンジ溶液ではだめなのでしょうか? フェノールフタレイン溶液を用いた理由もあわせてお願いします。 稚拙な文章ですみません。 どちらかひとつでもよいので答えていただけると助かります。 お願いいたします。

  • 中和滴定の実験

    実験で中和滴定をしました。その内容はアンモニア10mlをホールピペットで取り、これに水を10mlを加えた溶液20mlに指示薬をいれ、0.1M塩酸で滴定しました。指示薬はメチルレッド、フェノールフタレインそれぞれ実験して、フェノールフタレインの方が塩酸の滴定量が少なかったです。この実験で中和点は塩基性よりになる理由が分かりません。H3O+ができて酸性にはならないんでしょうか?よろしくお願いしますm(_ _)m