締切済み

免税業者と消費税

  • 暇なときにでも
  • 質問No.295420
  • 閲覧数1821
  • ありがとう数3
  • 気になる数0
  • 回答数5
  • コメント数0

お礼率 72% (24/33)

顧問契約に際し、消費税込みで支払いを行う形で契約書を作成したら、
上司から、
「その顧問は消費税の納税義務の免除を受けているかもしれないから、
確認して、そうであれば消費税分は支払わない形で契約書を作成しなおして」、
と指示されました。

あまり消費税について詳しくないのですが、今回指示されたことについても
いまいちよく納得できてません。

例えば報酬が10万円だった場合、現在の契約書の記載は
「報酬10万円(消費税別)を支払う」となっており、支払額としては10万5千円ですよね。
これを先方に確認して免税業者だった場合には、
「報酬10万円を支払う」と修正して、総支払額は10万円、経理処理の際も非課税扱いで処理する、
ということになるのでしょうか?

回答 (全5件)

  • 回答No.5

ベストアンサー率 22% (2112/9525)

消費税(分の金額)を払うか払わないかは、相手からの請求書しだいです。相手が免税業者であり、請求金額が「顧問料10万円」であれば、10万円だけ支払えばよろしいのです。
請求書の発行が難しいために、上司はそこを確認せよ、と言ったのでしょう。
一般的に、相手が免税業者か否か? その申告の正否までは問いつめませんから、請求書通りに支払うということになると思います。
実際にあなたの会社が税務署に納める消費税とは、まったく別の次元だと思います。
少なくとも、上司がそう指示しているのですから、勝手な解釈をしてはいけません。会社として一時的にせよ消費税分5000円を払うかどうかなのですから。
感謝経済、優待交換9月20日スタート
  • 回答No.4

ベストアンサー率 36% (279/758)

顧問というと弁護士・公認会計士・税理士などと思いますが、
これらは課税対象となりますので免税業者・納税業者に関わらず
消費税を支払う必要があります。
  • 回答No.3

ベストアンサー率 15% (82/544)

消費税は,通常支払わなければありません。

通常税金として企業から支払っているのは、
売り上げ時に得た消費税額-仕入れ時に支払った消費税額 です。
免税業者は売上金額が低く,上記の計算での差が余りでない業者を指している物です。
上記の考え方で行くと,あなたの所の仕事をするに当たって,仕入れに当たる行為で支払う消費税は,あなたの会社より支払われた消費税で補われるべき物です。
  • 回答No.2

ベストアンサー率 50% (173/345)

弊社も、免税業者ではありますが、顧客から消費税は頂いております。
支払先が例え免税業者であっても消費税を支払うのが普通だと考えます。
なぜなら、消費税そのものの仕組みが崩れるからです。

消費税の仕組みについては、下記の私の回答をご参照下さい。

もし、御社が消費税の支払いを行わないとしたら、設立間もない会社や売上が十分に上がってない会社を保護するための消費税免税の仕組みを、なぜか御社が受けるということになります。
御社は、売上計上時に消費税分を預かり受けているはずですから、それに伴う経費や仕入等に置いても消費税を支払うのが普通であると考えられます。

ぜひ、上司を説得して消費税も払ってあげて下さい。
お礼コメント
zacc

お礼率 72% (24/33)

「免税業者」という言葉から連想していたものと、実際の免税業者とのギャップが見えてきました。免税業者でも実際の取引の中では消費税分のやり取りが発生しているわけですよね。そのためにも我々が消費税相当分を支払わなければ、「免税」の意味がなくなってしまう、と。
勉強になりました!

実は弊社は免税業者でこそないものの、設立して間もない小さな会社で、
経理のエキスパートがいるわけでもなく、何かあったときには親会社に確認しながら業務を進めている状況です。
今回のことも上司ともう一度話をして、対応したいと思います。
どうもありがとうございます。
投稿日時 - 2002-06-19 16:20:35
  • 回答No.1

ベストアンサー率 38% (386/1005)

>これを先方に確認して免税業者だった場合には、
>「報酬10万円を支払う」と修正して、総支払額は10万円、経理処理の際も非課税扱いで処理する、

そのようなことはしません。相手が課税事業者か免税業者であるかは通常は分かりません。(いちいち取引先が課税業者か免税業者か確認しないですよね。確認するとしたら膨大な手間です)

相手が免税業者であっても、支払う金額は課税取引に該当するものであれば課税仕入です。相手が免税業者だからという理由で非課税仕入になる、ということは絶対にありません。
お礼コメント
zacc

お礼率 72% (24/33)

>いちいち取引先が課税業者か免税業者か確認しないですよね。
>確認するとしたら膨大な手間です。

そうですよね。上司に言われた時、真っ先に私の頭をよぎったのもこのことでした。。。
ただ、非課税扱いで処理するのか?という疑問は私が思ったことで、この点については回答を読んで納得しました。
どうもありがとうございます♪
投稿日時 - 2002-06-19 15:47:58
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する

特集


より良い社会へ。感謝経済プロジェクト始動

ピックアップ

ページ先頭へ