• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

発泡スチロール?の断熱材

現在新築中です。 内壁に発泡スチロール?(水色)の断熱材が施工され、その隙間には発泡剤?みたいなものが注入されています。 断熱材というとグラスウールのような物をイメージしていたのですが、こんなんで大丈夫なのでしょうか? また、この発泡スチロールの断熱材はグラスウールのそれと比べてどんな代物なのでしょうか? よろしくお願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数8
  • 閲覧数4534
  • ありがとう数9

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.6

壁にスタイロフォームを使っているとは、 断熱仕様はよい家だと思います。 普通は、費用面からグラスウールを使うことが おおいです。(性能も同じ厚みなら普通はスタイロの方が 上です) まして、隙間に充填しているのはウレタンフォームだと 思いますが。普通はそこまでしてくれません。 家そのものの仕様も職人さんもいいものだと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございました。 最初発泡スチロールなので不安に思いましたが、一安心できました。 大手ハウスメーカーでもグラスウールが多いと聞いていましたので。。。

その他の回答 (7)

  • 回答No.8

値段比較との追記でしたがスタイロフォームの方が単価としたは8倍位の値段しますよ。性能的には、熱伝導率はグラスウールの半分熱抵抗率は2倍くらいで、スタイロフォームはグラスウールの半分の厚さで同じくらいの効果があります。但し透湿抵抗にいたってはグラスウールは、ほぼなし、スタイロフォームは湿気を通しません。そのためのロックウールによる隙間充填なのです。あなた様のお家は高気密高断熱の住宅を目指しているのでしょうかね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございました。 スタイロフォームは高価なんですね。 私の家は天井もスタイロフォームのようです。 隙間は全て発泡剤で埋められているようです。 金具?までもが。。。 高気密高断熱を目指した訳ではないのですが、結果的にそうなっているのでしょうか? ちなみにサイディングは13mm厚で薄い部類です。 この組み合わせは、なんか変でしょうか?

  • 回答No.7

水色の断熱材はスタイロフォームと呼ばれる、ポリスチレンフォームを板状に成形したものです。一般的な発砲スチロールよりも丈夫ですので、コンクリート造の建物の打込断熱材として良く用いられます。 断熱効果は厚みにもよりますが、30mm以上あれば十分です。開口部などとの隙間にはウレタンフォームを後から充填します。ただし直接的な火気は厳禁ですのでお気をつけ下さい。屋根の(天井裏)にはビニールに梱包されたグラスウールの断熱材になるかと?思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.5
  • yiwt
  • ベストアンサー率36% (250/694)

ポリスチレンフォーム、つまり発泡スチロールです。化学的には食品のトレイに使われている発泡スチロールと変わりませんが、作り方や使い方によっては強度を上げることができます。 ポリスチレンフォームは均一な圧縮に対しては非常に強いので、寒冷地では道路工事の下地として実績があります。反面、引っ張りには容易に亀裂が入ってしまうのですが、合板でサンドイッチにすることで強度を確保した例(三井ホームのダブルシールドパネル)もあります。また、押出法で作られたものはビーズ法のものより強度が高いとされています。 グラスウールと比べると板状で施工が確実、経年変化によるずり落ちがない、湿気を全く吸収しないなどの利点があります。このため、壁はグラスウールを使用しても、床断熱にはポリスチレンフォームを使う業者も多いです。 ポリスチレンフォームは、塊の状態では意外に着火しにくいもので、難燃処理や外装材との組み合わせにより十分に安全性を確保できると認定されています。ただ、熱には弱いため、火災時に溶けてしまう可能性はあります。

参考URL:
http://www.epskenzai.gr.jp/info/index.html

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございました。 熱には弱そうですね。 ポチスチレンフォームの性質にまで言及してくださって、とても参考になりました!

  • 回答No.4
noname#40979
noname#40979

皆さんが言われてるとおりですが少し補足を。 断熱材に使われるのは発泡スチロールでは有りません。抽出ポリスチレンフォームという材料で、発泡スチロールよりもはるかに硬く熱にも強いものです。 断熱性能はグラスウール等に比べても高いことが言われています。 グラスウールは水分を含むと極端に断熱材としての機能を損ないます。 しかし、ポリスチレンフォームは水分を含みません。発泡スチロールと同じで水を入れたりしても水分を含まないのです。(魚屋さんが水や氷を入れて魚を保存していますね) そのポリスチレンフォームの断熱材を柱間に入れて、隙間を同様の材料で埋め尽くしているのですから、十分な断熱性能が保障されていると思って良いのではないでしょうか? 通常は少しぐらいの隙間に注入までしてくれないものですよ。 良心的な建設屋さんだと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.3

手で触って暖かい物の方が断熱性能がいいです、夏は逆ですが。発泡スチロールでも暖かいでしょ、逆に鉄やガラスは冷たいので断熱性能は悪いのです、問題ないというかグラスウールより性能がいいので嬉しいことです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございました。 断熱性能がいいということで、安心できました!

質問者からの補足

皆様ありがとうございます。 断熱性能は良いようですが、火には注意が必要みたいですね。 ちなみに、この発泡ウレタンとグラスウールではの値段差はどれ位のものなのでしょうか? グラスウール材の方が高級な感じを受けるのですが。。。 よろしくお願いします。

  • 回答No.2

こんにちは。 断熱性能だけ見るなら、常温範囲では発泡スチロールの方がはるかに上ですよ。 但し、建築用に用いられてるのは発泡スチロールではなく、発泡ポリエチレン(ポリエチレンフォーム)です。 ドライアイス用や保冷箱はほとんどが発泡スチロールですよね。 発泡ポリエチレンも少し劣るけど、ガラスマットより断熱性能は上です。 発泡スチロールで心配なのは、火災と湿度に対する長期安定性で、特に湿度が高いと加水分解を起こし発熱し発火の心配もあります。 水はけがよければそれほどでもないのですが。 火災に対する弱さは有名ですね。あっという間に火が回るので危険極まりないです。 発泡ポリエチレンは、それらに対してスチロールよりはるかに強く安定ですが、ガラスマットには及びませんし、耐火性はガラスマットの方がはるかに勝ります。 でもガラスマットでは湿気が溜まってカビが生えたりする心配がありますが、こちらはそいうう心配がないので、一長一短でしょう。 #判りやすくする為に使われてはいない発泡スチロールを引き合いに出しました。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございました。 ガラスマットはカビが生えたりするなんて知りませんでした。 どちらも一長一短なんですね。 とても参考になりました。

  • 回答No.1
  • char2nd
  • ベストアンサー率34% (2685/7757)

 スタイロフォームのことでしょう。一般住宅用の断熱材としては一般的な材料ですね。 http://www.dowkakoh.co.jp/Styrofoam%20Product/styrofoam-top.htm http://www.geocities.co.jp/SweetHome/8755/sankou/dannetu/hikaku.htm

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございました。 発泡スチロールじゃなかったんですね!

関連するQ&A

  • 断熱材

    新築半年です。工務店の断熱材の施工ミスがありました。設置したダウンライトが断熱仕様ではなく、マット式工法ができない為、火災防止の為にダウンライト周りの断熱材、グラスウールをはがす状態で施工されていました。やり直しになりましたがこの場合、断熱材は新しい物に交換させた方が良いのでしょうか?詳しい方、お願いいたします。

  • 断熱材の種類について

    屋根裏部屋を作るため、屋根裏に断熱材を入れたいのですが何を入れたら良いのでしょうか。 (1)発泡スチロール (2)スタイロフォーム等 (3)グラスウール等 予算と施工面から教えてください。 宜しくお願い致します。

  • 断熱材の工事について

    断熱材の工事について教えてください。 今、建てている家で断熱材の工事が終わったところなのですが、 所々、ちゃんと施工されていないように見えます。 具体的に言うと、断熱材の袋の部分は柱にちゃんとホッチキスのようなものでとめられて隙間はないのですが、その中身のグラスウールが少ないのか、家の内部から見ると外の防水シートが透けて見えている状態です。 このような状態で断熱性に問題はないでしょうか? 自分のイメージとしては、柱の間にびっちり断熱材が詰まっているというのが正しいのかなと思っているのですが・・・ ご回答よろしくお願いします。

  • 断熱材について

    断熱材について質問です。 最近、高気密・高断熱住宅と言う形で各メーカーから 住宅が販売されていますが、ある人から、グラスウー ルの場合、施工によって結露が起きて、カビやダニが発生する可能性があり、セルロースのほうが良いと 言われました。 セルロース断熱について私なりに調べてみたのですが 1.古紙を使っている事。 2.他の断熱材よりも断熱性が高そうに見えること   あくまで、セルロース断熱を薦めるメーカーの   言い分ですが、、、 3.シックハウスの被害報告を見かけないこと。 くらいでした。 他の断熱材と比べて、良い点が強調されているみたい ですが、デメリットもありそうな気がします。 大手のメーカーでもグラスウールやロックウール、 発泡スチロール系を使うところが多いように感じるの ですが、セルロースと他の断熱材を比較した場合の メリット、デメリットを教えていただけないでしょう か。

  • 断熱材と壁紙張替え

    雨の降っている日に、システムバスの組み立てをすると、雨で濡れてしまって、悪影響とか有るでしょうか? また、断熱材が、雨で濡れてしまうと、悪影響とか有るでしょうか? まだ、業者の営業の人に聞いてみていないのですが、予定していたシステムバスの組み立ての日程を変更してくれと頼むのは、まずいでしょうか?普通は、拒否されるものでしょうか? 断熱材を入れようか迷っていますが、TOTOのあったか浴室パック(グラスウールの断熱天井50mmと発泡スチロールの断熱壁10mmと発泡ウレタンの断熱床5mm)をつけるケースと、普通の断熱材をつけるケースと、どちらが良いでしょうか? 業者の営業が『普通の断熱材』と言っていたのですが、『なんていう名前?』と聞いても分からなかったみたいなんですが、なんだと予想されますか? また、グラスウールは、あまり効果が無いのでしょうか? 『グラスウールの断熱天井50mmと発泡スチロールの断熱壁10mmと発泡ウレタンの断熱床5mm』の50mm、10mm、5mmという厚さですが、薄すぎる気がするのですが、この位が一般的なのでしょうか?また、こんな5mmとかでも、効果は有るのでしょうか? 壁紙を張り替えてもらいたい場合、リフォーム店にお願いする以外では、どういう所でやってもらえるでしょうか?(壁紙張替え専門店みたいなのは、有るのでしょうか?) 壁紙のショールームとかは、どこかに有りますか?

  • 断熱材について

    先日屋根裏に上がった際に、(屋根融雪の配管漏れの)水漏れで断熱材に水が掛かっていて数枚断熱材がダメになってしまいました。 融雪メーカーに見てもらったら全体と軒先を切り替える機械が壊れてそこから漏れていたとのことでした。とりあえず来週月曜に部品がくるのでそれから修理) とりあえず、断熱材の下の板?(タイガーナントカという打刻がありました)には水が垂れていたのですがそれほどではなく拭いておきました。 でも断熱材が結構重くなっていたので交換しようと近所のスーパーにいったら、グラスウールの100mm厚のものしか売られていませんでした。 交換前の製品はロックルール(ダンレーマット)なのですが、この部分(木で仕切られている部分の一角をまるごと=大体2~3枚くらい)だけグラスウールというのはまずいでしょうか? また、売られているグラスウールは丸められていてとても100mmもあるように見えませんでしたが、これって自然に膨れて100mmになるんでしょうか? また断熱材って屋根裏にただ敷くだけでいいんでしょうか? できるだけ隙間なく埋めようと思っていますが・・・

  • 断熱材の厚さ

    断熱材の厚さって関東でしたらどのくらい有れば標準ですか? 我が家は壁、床下共に発泡性の板状のものが入っており、屋根裏はグラスウールです。 それぞれの箇所の規準がわかれば教えてください。

  • 断熱材に気密テープ

    現在、新築中で断熱材(グラスウール)を施工中です。 断熱材の切り口(グラスウールがむきだしの所)やコンセントボックスの廻りなどに気密テープを貼ろうかと思っているのですが、気密や断熱に効果がでるでしょうか? それとも他に自分で出来てで効果がある方法ってありますか? 詳しい方、ご助言お願いいたします。

  • 床下の断熱材の施工について(下地と断熱材との隙間)

    床下の断熱材の施工について(下地と断熱材との隙間) 現在、次世代省エネ基準の仕様で新築中の者ですが、床下の断熱材の施工について疑問がありますので教えてください。 我家の床は、根太貼り工法です。この工法ならば、根太の間に断熱材が施工されるのが普通だと思うのですが、我家の場合は、大引の間に施工されています。そのため、床下地と断熱材との間に隙間(根太の幅55mm)が生じています。このような施工でも良いものなのでしょうか。 掲示板等を拝見しますと、床下地と断熱材は密着させるのが原則のようで、このような隙間は結露の原因となるとの記載もあります。 設計士に質問したところ、「空間が生じているが、断熱材と大引との間を密閉しており、気密性がとれているので問題はない。」とのことです。 現在、施工を中断しています。よろしくお願いします。    

  • 屋根の断熱材

    屋根裏の断熱材について。グラスウールですが、床には断熱材が敷き詰められてありましたが、屋根に施工はしてありませんでした。通常はどうなのでしょうか?詳しい方、お願いいたします。