• 締切済み
  • 困ってます

文学部について

現在、経済学部か文学部国文学科のどちらに進学を決めようか迷っています。 経済学部の方が就職には有利なようです。しかし立派な文章が書ける人になりたいので国文学の方へ進みたい、と思っていたのですが…、国文学について調べてみると、古典作品を深く理解したり、作者の心情について考えるといったようなことをするらしく、あまり文章を書くことには関係なさそうな学問のように思えてきたのですが、まだいまいち良く分かりません。 国文学を真面目に学ぶと、日本語の表現力が増して、巧みな文章が書けるようになるのでしょうか。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数7
  • 閲覧数174
  • ありがとう数18

みんなの回答

  • 回答No.7

日本文学科在籍中です。 私は今まさに就職活動中です。今年は超売り手市場だということもあるかもしれまんせんが、私はちゃんと3社から内定をいただいています。今求められている人材は、どこの学科を出ているかというよりもその人が何をしてきたか、どういう人なのか、を重視しているように思いました。なので、どこの学科が有利かなんて関係ないと思いますよ。 日本文学科で学ぶことは、確かに古典作品の理解や作者について考えることもやります。しかし、立派な文章が書けるにはよい文章を読むしかないと思いますよ。また、今の国際化社会の中で世界の人と話したとき自分の国の誇るべきものを知らないことはとても恥ずかしいことだと思います。せっかく大学に行くのでしたら、自分が本当にやりたいことをしたほうが後々後悔しないと思います。それがあなたの自信になり、就職活動のとき自分を上手くアピールできると思いますよ。私は日本文学科に入ったことは後悔していません。 自分でよく考え一番やりたいことに進むことをオススメします。 受験がんばってくださいね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 文学部について

    大学進学で文学部を考えています。 少し小耳に挟んだのですが文学部では就職を考えるときにあまり就職がないというような内容のことを聞きました。 文学部の中の学科にもよるとはおもうのですが、 こういったことは本当なのでしょうか? また就職という点では法学部や経済学部のほうがつぶしがきくものですかねぇ?

  • 文学部で現代日本文学作品だけを学ぶのは無理?

    文学部進学を選択肢の一つに考えている高校生です。 文学部に進学したら現代日本文学作品を学びたいと思っています。昔から小説を読むのが好きで、古典作品よりも、明治以降の作品(さらに言えば、例えば村上春樹さんのように今リアルタイムで執筆活動をされているような作家さんの作品)の方にに学問的な興味も寄っています。大衆文学でも純文学でも。自分が読んで育ってきた時代のものを研究したいという気持ちが強いです。 ちなみに志望校については、京都大学の学風に大変惹かれており、今のところそれ以外を考えたことがありません。 しかし、その文学部について調べていて引っかかる点が少しありました。 他の大学もそうだと思うのですが、国文学は文学部の中でも「東洋文化系」という大きなくくりの中に属していますよね。 その東洋文化系の必修科目や専門科目は、 ・中国・韓国語・サンスクリット語などの外国語 ・中国古典文学・漢文・国語古典文学・インド古典文学 がほとんどという印象でした。 国語学や国文学もありますが、それ以上に外国語や他国の古典文学の授業がかなりを占めていると思います。 さらに国文学の授業でも、古典文学だけを扱うのが文学部の一般的常識だと聞きました。これは本当なのでしょうか。 教授の研究テーマを見ていても、現代日本文学を専門にしていらっしゃる方がいらっしゃいませんでした。 京大以外の国立大も軽く見てみましたが同じような印象を持ちました。 これは、大学の文学部に進学しても現代日本文学を本格的に学ぶことはあまりできず(卒論を除く)、他国のものを含む古典文学・外国語ばかりということになるのでしょうか? 古典文学も外国語も嫌いではありませんが、現代日本文学をあまり学べず、そちらにウェイトがかなり寄っているなら、他学部に進学して独学で文学を学ぶ方が幸せなのかなぁという気がして迷っています。 文学部で現代日本文学作品だけを、とまでは言いませんが、少なくともそれを専攻にしていると言えるようにはなりたいのです。 それが無理ならば、現代日本文学を学びたいという人が、古典文学や外国語をやる意味って何でしょうか? 文学部に在籍経験のある方や、その辺の事情に詳しい方の回答を頂けたらと思います。些細な情報でもかまいません。よろしくお願いします。

  • 文学部について

    中学三年生の男子です。 大学の事で質問です。経済学部も法学部も何を学ぶか何となく分かるのですが、文学部が良く分かりません。例えば美術史だったら、ルネッサンスだとかありますよね。そうすると、日本文学論とか西洋文学論、つまり文芸評論家のような事を学ぶのでしょうか。それと文学部を目指す人はどういう目的で文学部を志望するのかという事が知りたいのですが、知っている人がいたら教えて下さい。

  • 回答No.6

 皆さんがお書きになっていることでもう十分だとは思いますが、それにプラスαとして書きます。  文章力は、何を専攻しても、それを極めれば、完成できると思います。あとは好みだとお思います。最近やたら新しい学部や学科がでてきていますが、古典的な経済学部とか文学部とか法学部という名を維持している大学を私は好きです。俗論に迎合していないからです。その点ではあなたの選択に賛成です。  日本文学(敢えて国文学とは書きません)を学ぶのもいいでしょう。それが好きならば。好きですか?  文学は書かれたものを相手にします。ある書き手が書いたものそのものを相手にします。歴史学は(私は歴史学科でした)は、個人が書いた、文学的価値のある文献だけでは成り立ちません。面白くもない記録をさんざん読まなくてはなりません。経済学もそれに似ているかもしれません。公文書(文化的価値がない)や様々な数値を相手にしなければなりません。研究結果をまとめたいい本は面白いのですが。その背景には無味乾燥な作業があるのです。  しかし、文学はその度合いが少なくてすむ。読む文献自体がほとんど文化的価値があるものです。古典でも現代文学、外国文学でも。  例えば漱石の研究。彼が書いたものそのものが対象です。小説から手紙日記まで全てに私は文化的価値を感じます。また、漱石研究の文献もすごい。江藤淳、柄谷公人、吉本隆明などそれ自体が文学作品といっていいでしょう。これはすごいことです。私はそれを職に就いてから知りました。  私は今高校で世界史を教えていますが、国語を教えている同僚を見て羨んでいます。直接テキストにあたって授業が出来るからです。世界史では「オイディプス」も「戦争と平和」も直に読めません。作品と作者と大雑把な内容だけです。  ですから、やはり文学とか哲学がいいと思います。就職率は悪いという俗説がありますが、それはその様な学部を卒業した人たちが、一般的な企業に就職を希望しないからだと思います。       

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.5

国文科卒です。 文章の書き方の講義も、大学によってはあると思いますし、私もうけました。 他に、日本語の成り立ちや方言などの言語学的な講義もあります。 近現代については、もともと苦手なのと、教授たちの思い入れがすごすぎて付いていけなくてゼミではとらなかったので、何をしていたのかはわかりません。評論を見ると研究内容が少しわかるかもしれませんね。 私は基本的に古典中心で、主に和歌を勉強していましたが、読んでいたのは変体仮名で書かれた評論や研究所などの文献です。 資料からして古典ですね(笑) 文章を書くための学部ではなく、作品を勉強する学部ですから、その大学の教授が何をしているのかを調べないと、文章論の勉強はできないと思います。 私は私立の女子大でしたので、そういう授業は講義しかありませんでした。 ゼミで研究しようと思うなら、文章論を研究している教授がいる大学へ行く必要があるでしょうね。 それから、 >国文学を真面目に学ぶと、日本語の表現力が増して、巧みな文章が書けるようになるのでしょうか。 ですが、古典や漢文学、近世、また近現代の表現を研究するので、まじめに学べば、後の肥やしになると思います。 私は今は趣味で小説を書いていますが、せっかく国文科へ言ったのに、なぜ源氏物語や竹取物語などを学ばなかったかと後悔しています。 小説はもちろんですが、文章は感性の問題なので、古典から学ぶのはかなり有益だと思うのです。 そのときは、楽することしか考えてませんでしたからね(^^;) ただ、結果的に和歌と近しくなれたことは、なかなか貴重なものだったと思っています。 高校まで和歌は暗号でしたが、今は純粋に楽しめますし、小説に行き詰まると古今集を開いたりします。 先日、我ながらアホだなあと思いつつ、図書館で新釈漢文大系の孫子を借りてきました。 もちろん小説を書くためですが、結構普通に読めますので、国文科に言った甲斐があったかなって思っているところです。 悲しいかな、在学中は漢文には一番興味がなかったんですよねー。 論語じゃなくて、孫子をやる教授がいたら、一も二もなくゼミとってたんでしょうけど(笑) ただし、これは国文科だけの話ではありませんが、高校までのように一方的に教えられる場所ではありませんので、質問者様が思っているような講義内容でない可能性も考えてください。 講義はたしかに一方的ですが、高校の国語の授業のようなことはしません。 そういうものが望みでしたら、大学は経済学部へいって、文章はカルチャーセンターのようなところで勉強なさる方がいいでしょう。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.4

こんにちは。 文学部をお薦めします。 就職のことも気になっておられるようですが、 あなたは就職のために大学に進学するのですか? では、就職した後は、何を目標とするのですか? 何のために生きていきますか? さて、いざ文学部に入ったら、 古典だけでなく現代文学も外国文学も読みましょう。 どの学部に入っても、読書をして損をすることはないと思いますよ。 たとえ経済学部に入ったとしても。 「文学と哲学は金にならない」と昔からよく言われますが、 さて、どうなんでしょうね。 あなたもご自分で試してみてはいかがでしょう?

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.3
  • babusan
  • ベストアンサー率28% (37/129)

 #1,#2のお二人が言われるとおりだと思います。「文章がうまくなる」ことは何か別の目的を達成する手段でしかないです。その手段を学部で学ぶことの中心に据えているところはないはず。  国文学は、日本文学そのものを研究することが主目的の学問で、自分の文章がうまくなることを目指すところじゃありません。  自分がやりたいこと(パソコンがうまくなるとか、英語がしゃべれるようになる、とかいった「手段」じゃだめですよ)を考えて、学部を決めるとよいと思います。がんばってください。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.2
  • Hardy
  • ベストアンサー率31% (46/147)

巧みな文章を書くのに、学部は関係ないです。英米文学科出身ではないのに通訳や翻訳をしている人が多々いるように、どこの学部学科にいても、出来る人は出来るのです。文系だから小説が書けるとか、理系だから小説は書けない、文章は下手とか、そういうふうに思ってませんか? また、経済学部だから就職に有利とか、文学部だから就職に不利だとか、そもそもそれが間違っています。 システム系なんかでは、最新のシステムは英語で書かれているので英米文学科出身者(つまり文系)も必要とされたりするのです。 質問者さんの質問を見ていると「本当に何をしたいのか」ということが明確ではないように思います。もっとよく考えてみてはどうでしょう?

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1

基本的に、大学に進学すれば、課題はほとんど レポート提出になります。 だから、どの学部に進んでも、基本的な文章力は身につくでしょう。 僕が、文章修行に利用してたのは、 新聞でした。 毎朝、新聞の社説を字数を短縮して、要約したり。 読書欄に、毎週投稿したり。掲載されたら、図書券とか、1000円とかもらえました。 あとは、アマゾンのレビューを書いたりとかかなあ。 文章力を身につける方法は、いくらでもあるので、学部を選ぶ基準としては、あまり重要ではないような気がします。 どの学部に所属しても、卒業時には卒論50枚とか書いたり、発表したりすることになるでしょうし。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 文学部国文学科って?

    私は理系の人間で、昔から気になっていたのですが... よく大学の文学部に「文学科」とか「国文学科」という 学科があると思います。そのなかに「国文学研究室」 があったりするわけですが、「国文学」という学問の ジャンルは、何を研究するところなのでしょう? 具体的には、卒論タイトルなどを見ると 「『源氏物語』の研究」といったものがあるのですが、 どんなことが書いてあるのでしょうか?新しい知見と か、あるのでしょうか? 文学部でも、文化人類学や心理学はなんとなく想像が つくのですが...

  • 文学部好きですが

    文学部は、就職がないと言われて、商学部に進学しました。東京大学文学部にも行きましたが、子供時代に憧れた文学作品365日は、無理でした。私の中の超一流文学センスは、就職がない、お金がもらえず、文学センス三流になりました。文章を書いてみても三流、現実の人間関係三流、ヒアリング三流、届く活字三流、お前は文学部の裏切り者の紋章ベットリです。聞きたくない話がラップ音ノイズが聞こえます。戻りたい、被害届。私の文学センスを美辞麗句叩かれて、三流センスに成り下がった、被害届です。文学部堕天使は、どう生きていったらいいですか?

  • 阪大文学部

    現在高三で、大阪大学の文学部を志望している者です。 しかし、私は文学にはあまり興味はなく語学を学びたいと思っています。外国語学部を志望していたのですがリスニングが本当に苦手で担任の先生から文学部を強く薦められたための志望校です。 先生曰く、文学部でも第二外国語を選択して語学を充分学べるというのですが、ホームページや学部案内を見ると文学作品を通しての、高校と変わらない語学学習の方法のように思います。 文学作品にそこまで魅力を感じていないならば、また、実用的な語学を学びたいなら文学部は適さないでしょうか? また、文学部を志望した方はどのような理由で志望されたのかも伺いたいです。

  • 法学部か文学部どちらにするか迷っています。

    一浪です。今年の大学受験で文学部日本語日本文学科と法学部法律学科に合格しました。 まず私が合格した大学を選んだ理由は世間的にあまり良くないかと思われますがネームバリューです。 (ここからは個人的な話になるので読み飛ばしていただいて構いません。私はいわゆる自称進学校と呼ばれる高校に入学しました。中学校まではよかったのですが高校から成績が奮わず、周りが国公立や私立の有名どころに合格しているにもかかわらず自分は滑り止めしか合格できていないのかという劣等感から浪人を選びました。自分には誇れるものがないからせめて大学は、、という心情でした。) 次に学部学科についてです。 文学部日本語日本文学科を選んだ理由は将来、中学高校で教師になりたいなと思っていたからです。中でも本を読むことが好きなのと国語が得意だったので、それなら国語の教師を目指してみようかなと思ったのがきっかけです。 法学部法律学科を選んだ理由は漠然とですが法律に興味をもっているからです。法律を学べば自分の生き方の見方が変わるのだろうかと考えています。それと一浪しても大学に合格できなれけば就職と親から言われていたので何としても合格しなければと思い、入試結果などを考慮して法学部ならもしかしたら受かるだろうという希望も含めで受けました。 ですが、ここ数ヶ月、将来やりたいことが曖昧になってきています。曖昧といいますか何がしたいのかわからない状態です。自分自身特別国語の教師になりたいかと言われたらそうではなくなってきています。(ならその学部学科を受けなければよかったと言われたらそうなのですが、他に文学部の歴史専攻や英文学科または経済学部や経営学部などにあまり興味を見い出せませんでした。)個人的な意見ですが日本語日本文学科に入学すればある程度の就職先は絞られると思います。この質問をする前にネットで文学部か法学部どっちにすればいいかと調べたら「文学部に入学する人はよほど文章を読むのが好きだとかそういう人でない限りやめておいた方がよい、つぶしの利く法学部がいい」等とあったのでさらに迷っております。日本語日本文学科で言えば、出版関係の仕事ってどんなんだろう、日本語教師もいいかも、、。法学部で言えば司法書士、パラリーガルって詳しくどんな仕事なのかな。と興味のある仕事を調べれば調べるほどドツボにはまって決められないです。本当に自分のやりたいことがわからないのです。最終的に決めるのは自分ではありますが、皆様ご意見のほど宜しくお願い致します。稚拙な文章で申し訳ありませんでした。最後まで読んでいただきありがとうございました。

  • 『文学部の就職における可能性』

    『文学部の就職における可能性』 僕は今年仮面浪人をした者です 法政大学人間環境学部 →今のところ慶應義塾大学文学部に進学予定です もし文学部に進学するとしたら気になるのが就職における問題です 文学部の就職は実学系他学部に比べたら劣るとよく聞きます それは、ただ単に文学部だから、文学部学生の性質的に就職に対してガツガツしてる人が少ないから、文学部の人が実学系他学部の人が一般に希望するような職種を志望する割合が低いから、女子が多いからなど様々な要因がありますが、文学部だからと言って金融や商社を志望してはいけない理由はないと思います そこでお伺いしたいのが、例え文学部であろうと能力があれば金融、商社に行けるというのがただの気休めとしての嘘なのか、それとも可能性があるという意味で本当なのかです (実学系学部ではない文学部でも実学の資格で武装すれば法学部、経済学部、商学部などと同じスタートラインに立てるかどうかということです) スタートしてからは個人の本質なのでどうにでもなりますが、資格武装をしても同じスタートラインにも立てないことがあるとしたらとても残念なことだと思ったからです 日本は本音と建前の国ですし、今なお学歴差別もあると思いますし、仮面浪人の経験も不利になる可能性もないとは言えません TOEICや中国語、簿記2級、FP2級、宅建、パソコン関連の資格は取ろうと思います ただ文学部だからというだけで、これらの資格をとっても相手にされないのなら、語学が好きなのでフランス語でも頑張ろうと思います もちろん可能性があるなら上記のような実学系の資格取得に励みます 経済学部、商学部は? →慶應のこれらの学部は入学後に数学を多用すると聞き、数学が嫌いなので最初から眼中にありませんでした 法学部は? →落ちました SFCは? →総合政策、環境情報ともに合格しましたが、大学生という多感な時期に東京に行かないことはあまり考えられない 早稲田は? →慶應のリッチなイメージが生きていく上でプラスになると考えているので気が進まない ちなみに専攻は比較的就職に有利と言われる社会学や人間科学を考えています

  • 大阪市立大学:文学部について

    現在一浪中で、第一志望に大阪市大文学部を考えています。 しかし、文学部で具体的に学びたいと思っている事柄があるわけではないんです。 私は絵を描くのが得意で、将来はその方面の仕事に就きたいと思っています。 と言っても絵画などではなく、イラストや漫画です。 なので、大学は保険と割り切って就職の強い経済学部などに行くべきかなとも考えているのですが、興味があるのは文学部なんです。 ですが、文学部は具体的にどうゆう勉強をするのかあまりよく分かりません。 大阪市大の文学部と特徴や学生の雰囲気などご存じの方いらっしゃいましたら教えて頂きたいです。 また、関西圏の大学の文学部で、有名な講師がいたり、特色のある大学があったら教えてもらいたいです。 よろしくおねがいします<(_ _)>

  • 慶應義塾大学 文学部・経済学部

     慶應文学部の一年生です。訳あって留年が確定しました。  今、自分が一番やりたいことは何なのかと考えたとき、経済学部に入り直したいという気持ちが強くなりました。それは就職に有利なのもありますし、入社してからも昇進を目指して頑張りたい思っているからです。(経済の本質的なことを知らなければ会社の上層部になどなれないと言われました)  そこで、次の二つの選択肢で迷っています。 1、今年再受験をして一般試験で経済学部に入る。 2、来年は文学部で頑張り、二年次の編入試験で経済学部に入る。この二つだとどちらがいいでしょうか。  経済学部へ入り直す必要はないという意見もあればよろしくお願いします。

  • 慶応大学文学部 国文学専攻

    某六大学付属高校に通っている高2の女子です。ですが私は他大受験をして文学部にいきたいと思っていて、自己推薦で慶応大学の文学部にいけたらな、と思ってます。 もし慶応大学の文学部にいけたら国文学を専攻したいと思ってるのですが、慶応の国文学はどんなかんじなんでしょうか? 色々調べたのですが、あまり出てきません。 私は国語の勉強が好きだし得意だし、何より読書が大好きなので、文学部が自分に一番合っていると思ってます。 でも文学部っていうのは太宰や芥川などの文学を読んであれこれ研究するといった漠然としたイメージというか理想しかありません。 しかし慶応の国文学専攻の説明を見たところ、文学というよりは文芸や言語など色んなことが対象になっているし、何より古典文学の勉強って感じがしました。 古典はまあどちらかというと好きですが、私は近代や現代の文学作品について多く学びたいです。 もし慶応の国文学が自分が学びたいこととは違うなら、わざわざ受験などせずそのまま付属の大学に通います。 なので、慶応大学の国文学専攻について、どんな勉強をするのか詳しい知りたいです。 また、慶応の文学部は社会学とかそういう系が人気で、文系の専攻は人気がなくて地味というのは聞きました。 まあ人気がないのは構わないのですが、私は派手系というか、おしゃれや化粧もばっちりで今どきな感じの女子(自分で言ってすいません‥)なので、国文学の雰囲気なども知りたいです。やっぱり大学ではおしゃれで可愛い友達も欲しいし、あんまり地味なのはちょっと‥‥ なので、慶応の文学部国文学の雰囲気、具体的にどんな勉強をするのかを教えて下さい。 長くなってしまいすいません。 (ちなみに、早稲田、上智の文学部も調べましたが、公募推薦で私にも応募資格があるのは慶応大学文学部だけでした‥)

  • 京大文学部の就職

    来年、京都大学を受けることを考えている現在高3の者です。 自分は、本(小説、エッセイなど)を読んだり哲学的なことを考えたりすることが好きなので、興味という点では文学部が自分に合っているかなと思うのですが、就職のことを考えると、経済学部や法学部の方が良いと聞きました。 本を読むことは誰かに教えてもらわなくてもある程度は自分でも出来るし、就職で不利になるのなら(最近不景気ということもありますし)、経済学部や法学部の受験を考えようと思うのですが、京大でも文学部は就職に不利になるのでしょうか。 回答をいただけると非常に幸いです。よろしくお願い致します。

  • 理系なのに文学部しか受かりませんでした。

    私は高校で理系科目を選択していました。 大学も理工系の学部に進みたかったのでそのつもりで勉強をしていました。 しかし、希望していた理系の学部は第一志望どころか滑り止めにも落ちてしまい、受かったのはFランと呼ばれるような大学の文学部だけでした。 家計的にも浪人はできませんし、正直、理系科目よりも文系科目の方が得意だったので、「駄目だったら文学部に行こう」とも考えていました。 けれど、実際に文学部に行くことが決まってしまうと「やっぱり理系の学部に行きたかったなあ」などと考えてしまって悲しいのか悔しいのか自分でもわからないのに、一日中涙がぼろぼろ出てきてしまって止まらないです。せっかく受験が終わったのに、なにかをする気力もわいてきません。 受験期に自分なりに必死になって勉強した数学も化学も物理も今後一切、なにも使うことはありません。 悪いのは努力の足りなかった自分なのはよくわかっているつもりなのに、塾や予備校に通うことのできた友人たちが羨ましくて、つい僻んでしまいそうになります。 きっと私には理系は向いていなかったのだろう、受かった大学が私の行くべき学校なのだろう、とわかってはいるのですが、やっぱりとても悲しいです。 甘ったれた学生で申し訳ないのですが、なにかアドバイスなどいただけると嬉しいです。 まとまりのない文章ですみませんでした。