• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

耐震診断で困っています。

現在、住んでいるマンションの耐震診断をするのに構造計算書がありません。構造計算書を作り直すと数百万かかると予想され、それに代わるものとして何か良い方法はありますでしょうか? 設計図書として、竣工図はあります。構造計算書がなくても設計図面から耐震性があるかどうか確認できるものなのでしょうか? ある1級建築士からは、「構造計算書がないのであればそれを作成してからでないと耐震評価を図面だけでは正確にはじきだせないですよ。」 とも言われています。 もし、耐震性を図面に書かれているものからの数値入力でも確認できるソフトがあってそれが、適正な評価をされるものであればそれで建築家にお願いしたいと思います。数百万円という費用はとてもだせないので、どなたかご教示願います。 素人なので構造計算書がなくても何とかなるのではないかと浅ましい考えですみません。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数277
  • ありがとう数4

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1

「・・正確には・・」ですから大まかには出来ますよ。 構造計算書は質問者さんが紛失されたのでしょうか? 施工業者側にも控えがないのでしょうか? 耐震診断をされるということは、耐震補強をお考えということでしょうか? でしたら、施工業者(建設会社)に相談されてはどうでしょう? 耐震補強込みで耐震診断を行ってくれるかもしれませんよ。 耐震診断のみでしたら構造設計事務所へ相談してみましょう。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご教示ありがとうございます。

質問者からの補足

構造計算書は、管理組合にも施工した施工業者、設計会社にもありません。今となっては、分譲時の時点での管理体制が悪かったとしかいいようがありません。施工業者に尋ねたところ「設計会社が普通持っている」とのことで肝心の設計会社にも尋ねようとしたのですが、すでに、解散していて会社自体ない状態でした。 耐震補強前提で耐震診断を検討しています。

関連するQ&A

  • 動的耐震診断について

    延べ床面積40坪(現在)の木造2階建て、土を乗せた日本瓦葺、壁は竹組の土壁、田の間取りで、昭和43年に父が建て、2階部分を2回増築しました。増築に際して強度計算はやっていないと思います。最近特に地震が怖くて建て替えようかと思いましたが、あと長く住んでも20年と思うので、耐震をメインにしたリフォームをしようとしています。 私は建材メーカーに勤めている関係で2級建築士とDIYアドバイザーを取り少しは知識があると思っています。近かじか定年のため、可能なら大きい工事は業者に頼み、後は自分で床下にもぐり基礎と土台、土台と柱の緊結等いろいろな対策を自分でしたいと考えています。 その準備として県、市、耐震リフォーム団体等の耐震ホームページ、耐震の書籍、プレハブメーカーの耐震説明会等で少し勉強しましたが、団体により説明が異なっているように思います。今後数回に分けて質問したいと思います、どうかよろしくお願いします。 1. 2階部分に錘を置き震度2程度の振動を起こし家の抵抗力を調べる動的耐震診断は、実際的で効果のある診断と私は思います。しかしこの診断をPRしているのは動的耐震診断をする業者だけで、公的団体は一般診断(静的)は説明しているが動的耐震診断は一切紹介していない。どうしてでしょう、あまり効果がないのでしょうか? 2. 震度2で得られる耐震と実際の強震とは比例しないのでしょうか? 3. 私は耐震金具を建築家の指導のもと取り付けた後、この動的耐震診断をやり耐震の効果を検証するのが効果的と考えますが、お教え願います。

  • 耐震診断した方がいい?

    木耐協の耐震診断のチラシが入っていました。 我が家は、平成11年着工の木造2階建てです。 築年数は浅いものの、この耐震診断の対象に含まれているので、少し気になっています。 しかしながら木耐協は、金物の業界団体というのを過去の回答で見て、依頼すべきか迷っています。 自治体にも耐震診断の補助制度はありますが、我が家は築年数が浅いので対象外です。 ちなみに我が家を建てたのは、個人の大工さん(2級建築士)で設計もその方がしました。 私は図面の読み方は分からないですが、手元に図面等あるので、必要でしたら補足は出来ると思います。

  • 耐震診断について教えて下さい

    今、小学校の内装改修を現場管理しています。先日教室の天井を撤去した時に中央の大梁の下端が5cm位ハツラレ,STも主筋もすべて出ているのを見つけました。この建物は昭和40年竣工で平成10年に 耐震改修された建物です。念のために3階まで天井を確認したところ1階がすべて4か所2階が3か所 同じように梁の主筋が出たままの状態までハツッタ状態でした。STも柱から300以上ない所もあります。新築時は明らかに県の監理怠慢です。耐震改修の時には施工者にも責任があります。 責任を追及するつもりはありませんが、このまま、内装改修はできないと思い県に確認してもらいましたが梁下端なので、あまり問題ないとのことでした。他にも柱はジャンカが多いし設計図通りの配筋もされていないと思います。この学校は災害の時には避難所にもなり、普通は400人の子供たちがいるのです。私は1級建築士ですが構造のことは詳しくわかりません。しかし、もしも悪意の判断であればそのままにしておく訳にはいきません。どなたか、構造に詳しい方の判断を頂きたいのですが、このまま、かぶりの補修程度でいいものでしょうか。

その他の回答 (2)

  • 回答No.3
  • no009
  • ベストアンサー率40% (109/269)

あくまで安上がりにするという前提での話しです。 マンションの竣工年度により大まかな耐震性の検討は出来ます。S56.6.1に建築基準法が改正され、それ以降に確認申請を受けていれば、現在の基準法に適合した建物となります。工事期間を含みますので、その前後でグレーゾーン(旧基準か新基準かの判別が困難)の期間はあります。少なくとも、S56.6.1以前に竣工した建物はほぼ耐震性に関し既存不適格と考えてよいと思います。(姉歯のような偽装物件は問題外) また、責任は問わないという条件で、プロ中のプロに見てもらえば、 (柱、梁の断面寸法や1階の耐震壁量、配置など)耐震診断の必要の有無くらいは回答をもらえるかも。かなりアバウトな回答ですよ。 どちらにしても、お金をかけなければ、ある一級建築士の言うとおり正確にはわかりません。(逆に言うと大まかには分かるが、責任を問われるとまずいので言わない。責任のある発言は出来ません。)お金と比例した耐震性能の評価精度になると思います。 最初はかなりアバウトな検査をして、リスクありと判断されたら、お金をかけて精度を上げていくのがセオリーと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご教示いただきありがとうございます。 やはり、安全を買うのに安く上げようという考えが間違いのようですね。プロに責任のある意見を求めるのであれば、それ相応の対価が必要ですね。 ありがとうございました。

  • 回答No.2
  • ys528
  • ベストアンサー率52% (58/111)

建築構造屋です 図面はあるが計算書は無い、という建物の診断計算を何度かおこないました。 詳細な耐震診断(2次診断、3次診断)は、何も構造計算書が無くても、構造図さえあれば可能です。 もし、構造図も無いということになると、お手上げです。 コンクリートの中にどれだけ鉄筋が入っているか分からないため、かなり粗い検討(1次診断)しかできません。 同じ理由で、新たに構造計算書を作成するということも不可能です。 耐震補強まで考えているのであれば一次診断はお奨めできません。 この診断方法はかなり余裕をみた計算を行なうので、これで補強計算を行なうとなると、恐らく非現実的な(部屋の中に耐震壁増設とか)補強案が出てくることだと思います。 コンクリートの中の鉄筋を調べる為に鉄筋探査という方法がありますが、コストがかかる割りに不正確です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答いただきましてありがとうございます。参考に致します。 構造図は、たぶん、竣工図の中にあると思うのでこれで耐震診断を お願いするように考えます。 ご教示いただきありがとうございました。

関連するQ&A

  • 新耐震、旧耐震 どっち?

    建物が新耐震か旧耐震かわからないので、質問させていただきます。 (1)構造検討書、設計図面はあり。 (2)構造検討書の表紙の日付はS56/4/25 (3)確認済み証は無し (4)設計図書によると、着工はS56/5/25 竣工はS57/9 以上で旧耐震かな?と思っていたのですが (5)構造検討書の構造計算概要に手書きで!  ”地震力は政令196号に基づくAi分布になる。”  と書かれているのですが、これって新耐震と考えて良いのですが?    困っています、宜しく御願い致します。

  • 耐震診断

    耐震診断の方法について教えてください。 木造(軸組)構造計算では壁の量にその壁の種類の倍数を掛けてその強度を計算すると理解してますが、既存の木造住宅を耐震診断する際に壁の種類(筋交入りか)までは判らないと思うのですが?どのように診断されるのでしょうか? 天井裏からも全ての壁の種類を拾っていって計算・診断は不可能かと思うのですが? 又、RC造については、X線?超音波?電磁波?か何かで非破壊検査とありますが、鉄筋の数や太さは分かっても溶接の強度まで判るのでしょうか? 専門家の方、よろしくお願いします。

  • 土木事務所から耐震診断の案内

    こんにちは。質問させてください。 地方病院の事務局で働いております。 この度、県土木事務所より、【建築物の耐震改修の促進に関する法律に基づく耐震診断の実施について(通知)】という書類が届きました。 その内容を要約すると、当病院が昭和56年以前の建物である事が書いてあり、 「建築物の耐震改修の促進に関する法律」に規定する特定建築物に該当する。同法では特定建築物の所有者は耐震診断を行い、必要に応じて耐震改修を行うよう努めなくてはいけない。 つきましては【建築士等による耐震診断を本年度内に実施し、結果を県土木事務所建築班あてに報告いただきますよう、同法7条第1項の規定に基づき、指導及び助言します。なお、事情により、耐震診断の実施が来年度以降となる場合は、委託先、実施時期等を明示した耐震診断実施計画を本年度中に報告してください。】 と記載して有ります。 このような通知が届いた場合、耐震診断を必ず行わなくてはいけないものなのでしょうか?もちろん行うに越した事は無いのは十分承知なのですが、他の病院に聞いたところ、耐震診断で約300万位、もし補強するとなると数千万かかると聞きました。 そのような予算は正直持ち合わせておりません。 万が一、病院のような建築物の場合は診断を行わなくてはいけないと言う法律若しくは条令が有るようでしたらせざるおえないのでしょうが、診断を行い、万が一強度不足と判定された場合、補強しなくてはいけないのでしょうか?しなかった場合何かペナルティ等あるものでしょうか? 出来れば診断をするにしても5年~10年くらいまでに資金を貯めて耐震診断を実施、万が一補強が必要ならばそこからさらに数年かけないととても資金など貯まりません。 よって出来る限り診断実施を延期したいのです。 しかし、ペナルティや法律などに触れるようでしたら困ります。 何卒、お知恵拝借出来ればと思います。 宜しくお願い申し上げます。

  • 中古住宅の耐震性について

    築20年の軽量鉄骨の住宅を購入するか検討中です。 耐震性が心配です。 リフォームで2階の部屋の壁がぶち抜かれていて、2部屋を1部屋にしています。 1階も外壁を一部無くして、リフォームで部屋を大きくしています。 また、リフォームではありませんが、2階のある部屋は部屋の角の部分がXY 方向とも窓で壁がありません。 住人が2回ほど入れ替わっているため、新築時の図面も残っていないそうです。 耐力壁が壊されているってことは考えられないでしょうか? 耐震診断も考えましたが、壁をめくる必要などがあるため、購入前の診断は難しいですよね。 仲介会社の人からは、1980年の法改正以降の家だから今の基準と大差がない基準で建てられた家だという説明と、耐震診断については建築確認申請時に構造計算書等を添付するから普通は再調査をすることは無いということを聞きました。 物件を見たところ、外壁や基礎にヒビなどはなかったです。 購入する前に何か耐震性について調べられることがあるでしょうか? そんなに心配せずに、購入しても良いでしょうか?

  • 新耐震以前の耐震度

    某設計事務所による構造設計の偽造問題が世間を騒がせています。ニュースで「規定の50%しか耐震性がない」などの報道がなされています。 これはすべて新耐震とよばれる今の規定に対しての評価だと思います。しかし、そもそも新耐震以前と以降では何割位、耐震性が違うのでしょうか? 少なくとも、偽造されてなくても新耐震前のマンションは100ではないわけですよね。 新耐震100:昭和56以前75:偽造マンション30-50ってな感じなんでしょうか? ことの重大さを知る上でも比較が知りたいです。

  • ☆至急☆耐震基準適合証明書について

    築27年の耐火建築物(RC造)で、建築確認を昭和57年8月1日に取得した中古住宅を購入する者です。 築25年以上の耐火建築物の住宅を購入した際、新耐震に適合しているかどうかの証明書である「耐震基準適合証明書」があれば、所得税の住宅ローン控除及び、取得時の登録免許税の減税特例を受けることができるようなので、最寄の1級建築士にお伺いしたところ以下のような返答がありました。 「他の建築士が構造計算をし、建築許可を受けたものなので、一度当方で再度構造計算をし、それから新耐震に適合するかどうかを評価します。よって費用としては、構造計算費、評定費諸々で100万円ほどかかります。」 とのことでした。そこで、質問なのですが、新耐震(昭和56年6月1日)以降に建築確認がおりた物件について再度構造計算をする必要があるのでしょうか?当方が購入する予定の物件は4階建てなので、建築確認申請時に構造計算書を添付して提出しているので、新耐震基準に関しは何も問題ないのでは?むしろ、構造計算を再度行い、新耐震基準に適合していなければ、建築許可をした市や県のことを考えると、社会に与える影響はものすごいことになるのでは?と、思ってしまいます。それに、100万円かけないとできない特例っていうのはいかがなものでしょうか?それが、新耐震以前に建築許可されたものであるならば、意味は十分に分かるのですが。。。そこで、もう1点質問ですが、建築士の方は構造計算などはせず、新耐震以降の建築確認書を元に新耐震基準適合証明書は発行できないのでしょうか? 長々と申し訳ないですが、当方とても困惑しております。どうぞ、ご協力をお願いします。

  • ★至急★耐震基準適合証明書について

    築27年の耐火建築物(RC造)で、建築確認を昭和57年8月1日に取得した中古住宅を購入する者です。 築25年以上の耐火建築物の住宅を購入した際、新耐震に適合しているかどうかの証明書である「耐震基準適合証明書」があれば、所得税の住宅ローン控除及び、取得時の登録免許税の減税特例を受けることができるようなので、最寄の1級建築士にお伺いしたところ以下のような返答がありました。 「他の建築士が構造計算をし、建築許可を受けたものなので、一度当方で再度構造計算をし、それから新耐震に適合するかどうかを評価します。よって費用としては、構造計算費、評定費諸々で100万円ほどかかります。」 とのことでした。そこで、質問なのですが、新耐震(昭和56年6月1日)以降に建築確認がおりた物件について再度構造計算をする必要があるのでしょうか?当方が購入する予定の物件は4階建てなので、建築確認申請時に構造計算書を添付して提出しているので、新耐震基準に関しは何も問題ないのでは?むしろ、構造計算を再度行い、新耐震基準に適合していなければ、建築許可をした市や県のことを考えると、社会に与える影響はものすごいことになるのでは?と、思ってしまいます。それに、100万円かけないとできない特例っていうのはいかがなものでしょうか?それが、新耐震以前に建築許可されたものであるならば、意味は十分に分かるのですが。。。そこで、もう1点質問ですが、建築士の方は構造計算などはせず、新耐震以降の建築確認書を元に新耐震基準適合証明書は発行できないのでしょうか? 長々と申し訳ないですが、当方とても困惑しております。どうぞ、ご協力をお願いします。

  • ピロティ(元店舗付住宅)の耐震診断

    平成7年新築の併用住宅(2階建)を中古で購入しました。 直前には飲食店がはいっていたようですが、仲介会社のリフォームで、1階にはトイレスペースの仕切り以外、細い鉄筋?が真ん中に一本あるのみです。すべて撤去したそうです。 (お店としての備品を、という意味かどうかは不明) 1階は購入時のまま何もせず、車庫として使っています。 35坪ほどの軽量鉄骨スレート、2階が住居スペースです。 室内を人が歩けば揺れ、風が吹けば揺れ、真裏の工場のボイラー?稼働で揺れ、 震度2や3の地震でも、体感的には1度くらいは上のような感じで、(とにかく揺れます) 少々精神的に疲れてきてしまいました。 まだローンが残っていますので、引っ越し、建て替えは現実的に不可能です。 そこで耐震診断をしていただいたうえで、どのような補強がいいのか専門家に相談できればと考えるようになりました。 木造の耐震診断はよく耳にしますが、軽量鉄骨専門の診断士さん?のような方がおられるのでしょうか? 中古購入のため、図面も構造計算書?も何もありません。大丈夫でしょうか。 多少、壁をはいだりしてもいいとは思っていますが。 ご経験者もしくはご専門の方がおられましたら、アドバイスをいただければと思います。

  • 耐震基準について

    私は建築は門外漢の素人であります。その素人から 見て思ったのですが、建物の設計時の耐震性って どうやって計算してるんですか?今は法律で ある程度の耐震性を要求されています。 例えばこれが車なら簡単です。同じものを 量産するわけですから、一台だけ試験してみたら 衝突時の安全性などわかります。しかし 大工さんが造る家なんかは一軒一軒違う構造 ですよね。まさか地震を起こすわけにもいかないし。 それでも大手ゼネコンだったらパソコンなどで シュミレーションできるでしょうが、大工さんに そこまで本格的な設備などないでしょうし。 そうやって考えると大工さんが木造の家を 建てる時、耐震性なんかはどうやって計算し 耐震基準に合致させているか気になります。 まさか長年の勘とかじゃないですよね。それ ではあまりに大工さんのキャリアによって 違いが出ると思いますが。

  • 姉歯問題で素朴な疑問

    姉歯建築士は構造計算書を偽造したといいますが、そもそもその建築物を設計する設計士は、柱の太さとか梁の太さとかには全く関与せずに設計するものなのですか。そもそも、建物の設計はどういう順序でなされるのでしょうか。まず、構造計算が先にあるのか、逆なのか。そういった設計の過程がよくわかりません。  本来の設計士はこの偽造に気がつかないものなのでしょうか。建設会社や設計主はなにやら怪しいような気がしますが(知っているのに知らぬふり)、本来の設計者が最初から耐震強度の低い設計をしたということはないのでしょうか。以上、素朴な疑問です