• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

耐震診断した方がいい?

木耐協の耐震診断のチラシが入っていました。 我が家は、平成11年着工の木造2階建てです。 築年数は浅いものの、この耐震診断の対象に含まれているので、少し気になっています。 しかしながら木耐協は、金物の業界団体というのを過去の回答で見て、依頼すべきか迷っています。 自治体にも耐震診断の補助制度はありますが、我が家は築年数が浅いので対象外です。 ちなみに我が家を建てたのは、個人の大工さん(2級建築士)で設計もその方がしました。 私は図面の読み方は分からないですが、手元に図面等あるので、必要でしたら補足は出来ると思います。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数6
  • 閲覧数658
  • ありがとう数5

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.6
  • FF-man
  • ベストアンサー率40% (20/50)

こんにちは。 H11着工の住宅ということであれば、建築基準法の改定後の住宅ですので、「耐震診断」なんて全然必要ないですよ。 「ご自宅の耐震診断は公的補助の対象となっていない」ということは、「耐震診断の必要性がない」ということを表しています。 では、なぜ、こういった公的補助の対象外の住宅(=耐震診断の必要ない住宅)まで、耐震診断の対象としているのでしょうか? もう、お判りですよね。 冷静な判断を。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

まとめてのお礼ですみません。 てっきり建築基準法の改正があって、我が家のように築年数の浅い住宅も診断対象になっているのかと思いましたが、そういうわけではないと知り、安心致しました。 安易に業者を家に入れるのも怖いので、今後その必要性や業者選びには気をつけていきたいと思います。 皆様、回答ありがとうございました。

関連するQ&A

  • 耐震診断で困っています。

    現在、住んでいるマンションの耐震診断をするのに構造計算書がありません。構造計算書を作り直すと数百万かかると予想され、それに代わるものとして何か良い方法はありますでしょうか? 設計図書として、竣工図はあります。構造計算書がなくても設計図面から耐震性があるかどうか確認できるものなのでしょうか? ある1級建築士からは、「構造計算書がないのであればそれを作成してからでないと耐震評価を図面だけでは正確にはじきだせないですよ。」 とも言われています。 もし、耐震性を図面に書かれているものからの数値入力でも確認できるソフトがあってそれが、適正な評価をされるものであればそれで建築家にお願いしたいと思います。数百万円という費用はとてもだせないので、どなたかご教示願います。 素人なので構造計算書がなくても何とかなるのではないかと浅ましい考えですみません。

  • 動的耐震診断について

    延べ床面積40坪(現在)の木造2階建て、土を乗せた日本瓦葺、壁は竹組の土壁、田の間取りで、昭和43年に父が建て、2階部分を2回増築しました。増築に際して強度計算はやっていないと思います。最近特に地震が怖くて建て替えようかと思いましたが、あと長く住んでも20年と思うので、耐震をメインにしたリフォームをしようとしています。 私は建材メーカーに勤めている関係で2級建築士とDIYアドバイザーを取り少しは知識があると思っています。近かじか定年のため、可能なら大きい工事は業者に頼み、後は自分で床下にもぐり基礎と土台、土台と柱の緊結等いろいろな対策を自分でしたいと考えています。 その準備として県、市、耐震リフォーム団体等の耐震ホームページ、耐震の書籍、プレハブメーカーの耐震説明会等で少し勉強しましたが、団体により説明が異なっているように思います。今後数回に分けて質問したいと思います、どうかよろしくお願いします。 1. 2階部分に錘を置き震度2程度の振動を起こし家の抵抗力を調べる動的耐震診断は、実際的で効果のある診断と私は思います。しかしこの診断をPRしているのは動的耐震診断をする業者だけで、公的団体は一般診断(静的)は説明しているが動的耐震診断は一切紹介していない。どうしてでしょう、あまり効果がないのでしょうか? 2. 震度2で得られる耐震と実際の強震とは比例しないのでしょうか? 3. 私は耐震金具を建築家の指導のもと取り付けた後、この動的耐震診断をやり耐震の効果を検証するのが効果的と考えますが、お教え願います。

  • リフォーム時に耐震補修もしたいが

    築32年木造モルタルです。今度リフォーム時、耐震診断をしてもらってそのリフォームもするつもりです。 ところが、当地は個人住宅は自治体として耐震補修推進に熱心ではありません。業者がマニュアルを持っている所も少なく、総じて経験不足だと思われます。 無料の耐震診断をしてくれるところ(木耐協)にまずは当たって見ようかと思いますが。修理を頼むとすぐかけつけてくれる出入りの工務店や職人さんのこともあり、考えあぐねています。 耐震リフォーム経験者の方や専門家の方、ご意見をお聞かせ下さい。

その他の回答 (4)

  • 回答No.5
  • mammma
  • ベストアンサー率27% (116/425)

うちの実家が「無料の耐震診断」をやってもらって、付けた方がいいと言われたものが「木耐協」の金具でした。 工事一歩手前までいったのですが、話を聞いた私がおかしいと思い、色々調べた結果、業者がいった 「床下に湿気が溜まっていて腐りかけている」 「補強をしないと、地震の時に危ない」などは、全部うそとわかりました。 その後、行政の耐震診断を受けたのですが、「全く問題ない」の判定を受けました。 耐震診断は、床下にもぐる理由が欲しいのです。 そのチラシの業者が良い業者か悪い業者かはわかりません。 もし床下を見るなら、一緒にもぐって写真を撮ったり、話は全部ビデオに録画するぐらいしながら、調べてもらったほうがいいです。 また、「問題あり」で工事を勧められたら、すぐに依頼するのではなく、それこそ有料でも信頼のある業者に一度診断を依頼した方がいいと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.3
  • houng
  • ベストアンサー率25% (103/397)

お住まいの地域の行政庁などで、木造住宅の無料でする制度があるか、あるいは素人個人でできるチェックシートとかが配布されていると思うので、耐震性が心配ならそちらを調べてみるといいと思います。 木耐協自体を私は良く知りませんが、平成11年に建てられた建物であればおおむね耐震性能に問題のあるようなものにはなっていないとは思いますが、設計をやった大工さんに耐震性能について質問してみても良いと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.2
  • tom0014
  • ベストアンサー率31% (192/605)

まず図面が耐震にたいして問題ないか 仮に問題ないとして図面通りに施工されているか ということになると思います。 今回設計者と施工者が同じなので図面通りに施工されている 可能性は高いと思いますので 図面を第三者の方にチェックをしていただければ 良いのではないでしょうか。 もっとも自分が施工するため詳細な図面を書かなかったというのであれば 実地調査をしなければなりませんが

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1
  • chakuro
  • ベストアンサー率65% (157/239)

別途、欠陥住宅のコンサルティングをしているようなところ(一級建築士事務所など)に調査を依頼してみてはどうでしょうか? どこが信用できるやら素人にはわけが分からず、詐欺まがいの出来事も多いようですが、いっぺんに複数のところが入れば、それぞれでたらめはいえないと思いますが・・・ 仕事の絡みで最近、床下調査を依頼しました。8万円程度でしてくれました。「欠陥住宅  OOO(居住地)」で検索すればいろいろ出てくると思いますし、土地の購入のとき、お世話になった不動産屋さんに紹介を相談してみてもいいのではないかと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 木造住宅耐震診断 筋かい付きの壁厚さ

    木造住宅耐震診断の一般診断法で、筋かいがついた土塗り壁の厚さは、筋かいを除いた厚さですか? 例えば100mmの柱に30mmの筋かい、チリは両面に15mmずつで30mmの場合、100-30-30=40mmになるのでしょうか? 木耐協の回答表にも載っていないので、どなたか教えてください。

  • 耐震改修について

     築約30年の自宅を平成17年に耐震診断をしてもらい、耐震改修をしてもらいました。費用は120万程度かかりました。  その後1年程経ってからその建築事務所から書面で通知が来て、耐震診断の基準が改正されたため改めて耐震診断を受けることをお勧めする、ということが書かれていました。ただし強制ではありません。  さすがにその時は改修直後だったので診断してもらう気はありませんでしたが、この度再度診断を勧める通知が送られてきました。  さすがに気にはなるのですが、我が家も決して経済状況に余裕があるわけではありません。診断結果が良ければいいのですが、診断後、また100万以上の費用はかけたくありません。かといって、改修の必要がある結果を聞かされてそのままにしておくことはもっと気になってしまいます。  以前の改修時、自治体の助成金を受けたいということを建築事務所に相談しました。この事務所に診断と施工の両方を依頼しました。  しかし、助成金を受けるには改修計画そのものを見直す必要があり、そうなると結果的に費用がかさむことになる、と聞かされ、結局助成金の申請は見送りました。  この事務所は木耐協のホームページから診断を依頼して紹介されたところですが、耐震改修の例をいくつも紹介されています。阪神大震災の記念日には耐震施工業者として新聞にも取材されていました。   診断の結果についての説明も非常に丁寧だったと思います。しかし如何せんこちらには専門知識がないので、理解するには限度がありましたが、まず悪徳業者ではないと思っています。  また施工も非常に丁寧で好感の持てるものでした。  せっかくひと安心したのに、また不安な気持ちになっています。もし新たに耐震補強を施されるにしろ、以前の補強を生かしてもらい、できるだけ低コストで施工してもらうことは望めるでしょうか。費用がかかるようでは、少ない貯えが全部住宅だけに消えて行ってしまいます。  

  • 土木事務所から耐震診断の案内

    こんにちは。質問させてください。 地方病院の事務局で働いております。 この度、県土木事務所より、【建築物の耐震改修の促進に関する法律に基づく耐震診断の実施について(通知)】という書類が届きました。 その内容を要約すると、当病院が昭和56年以前の建物である事が書いてあり、 「建築物の耐震改修の促進に関する法律」に規定する特定建築物に該当する。同法では特定建築物の所有者は耐震診断を行い、必要に応じて耐震改修を行うよう努めなくてはいけない。 つきましては【建築士等による耐震診断を本年度内に実施し、結果を県土木事務所建築班あてに報告いただきますよう、同法7条第1項の規定に基づき、指導及び助言します。なお、事情により、耐震診断の実施が来年度以降となる場合は、委託先、実施時期等を明示した耐震診断実施計画を本年度中に報告してください。】 と記載して有ります。 このような通知が届いた場合、耐震診断を必ず行わなくてはいけないものなのでしょうか?もちろん行うに越した事は無いのは十分承知なのですが、他の病院に聞いたところ、耐震診断で約300万位、もし補強するとなると数千万かかると聞きました。 そのような予算は正直持ち合わせておりません。 万が一、病院のような建築物の場合は診断を行わなくてはいけないと言う法律若しくは条令が有るようでしたらせざるおえないのでしょうが、診断を行い、万が一強度不足と判定された場合、補強しなくてはいけないのでしょうか?しなかった場合何かペナルティ等あるものでしょうか? 出来れば診断をするにしても5年~10年くらいまでに資金を貯めて耐震診断を実施、万が一補強が必要ならばそこからさらに数年かけないととても資金など貯まりません。 よって出来る限り診断実施を延期したいのです。 しかし、ペナルティや法律などに触れるようでしたら困ります。 何卒、お知恵拝借出来ればと思います。 宜しくお願い申し上げます。

  • 耐震診断、耐震リフォームのタイミングって?

    中古住宅を買おうと思ってます。 候補の建物の築年数が古く、耐震の面で不安があるので、耐震診断や必要があれば耐震リフォームを考えていますが、購入の前に状態を調べることって可能なんでしょうか?また、その方法やどこまで調べることができるのかアドバイスお願いします。 ちなみに、物件は現在売り主さんがお住まいの状態です。 耐震助成の活用もしたいのですが、自治体の要項を見ると条件が物件を所有かつ居住となっているので、そうなると買ってからでないと調べられないのかなぁと思いまして・・・

  • 耐震補強のいろいろ

    今度中古戸建を買おうかと思います。しかし築年数 が25年と古く耐震面で不安です。でもとりあえず 住まないといけないので、耐震工事を頼もうかと 思います。そこで質問です。 1 費用ってどれくらいかかるんですか?数十万 でできるのですか? 2 やはり事前に耐震診断を受けた方がいいのか? 3 きちんと施工すれば震度6クラスでも倒壊、圧死 等は防げますか?

  • 木造耐震診断 壁強さ倍率の工法・仕様について

    木造耐震診断をするにあたって、壁強さ倍率で悩んでいます。 「木造住宅の耐震診断と補強方法」の一般診断法では、壁の工法により倍率が様々ですが、厚みや仕様によっては、対象とならない場合も多々あるようです。 例えば、表には”モルタル塗り壁 1.6”としか書かれていませんが、実際は木ずり+ラスシートも含んでいたり、”ラスシート 2.7(2.4)”にはモルタル塗りも含まれていたり、と注意しなければならない点がたくさんあります。 これらの注意点を表記してくれているところはあるのでしょうか? 各自治体のHPなどには詳しく書いてくれてあるものもありますが、これはあくまでその自治体に限りますよね。 私は広島市ですが、算定根拠として公に出せるものが知りたいのですが(建築界での一般常識も含む)教えてください。

  • 小さな建物の耐震診断・改修の必要性について

    耐震改修促進法の対象とならない小さな面積の建物については、 1981年以前建築のものであれば、改修工事を行う際には、耐震診断や耐震改修の実施の必要性について、どのように考えればよいでしょうか? 法律では義務付けられていないがなるべく行った方がよい、という感じでしょうか。 ちなみにその建物は住宅ではありませんがある程度の不特定の人の利用のある建物です。 この当りの考え方について教えて下さい。よろしくお願いします。

  • 耐震補強って自分でできますか?

    自宅は築十八年の木造で、阪神大震災の時に一部損壊と認定されました。 基礎にひび割れがあり、強風や、大型車がそばを通ると家が少し揺れることもあり、 無料の木耐協に耐震診断をお願いしました。 結果は震度4以上で倒壊するというもので、 耐震補強のために、壁の補強やホールダウン金物の設置を勧められたのですが、 基礎については特に提言がありませんでした。 基礎のひび割れはそのままでも問題ないのかよく分からず、またエポキシ樹脂注入は費用も高いので、 もしできるのであれば自分でしたいと思っています。 どなたか助言お願いします。

  • 耐震チェックの回答が2社で違います

     先日、我が家の耐震を調べてもらうため、2社に調べてもらいました。  両社とも訪問販売ではなく、こちらからお願いしたところで、悪質な会社ではありません。  A社は1級建築士の方がいらして、「X(横)方向の耐震が弱いから、補強するならX方向です」と、見ていただいた後にその場で回答を頂きました。  B社はサービスマンに来ていただき、家の実況を見てから図面を持ち帰り、後日「耐震ソフトで調べた結果、Y(縦)方向の補強が必要です」と回答を頂きました。    両社で全く異なる回答をされたので、どちらを信用して良いのか困っています。  (1)耐震ソフトと1級建築士、どちらがより確実なのでしょうか。  (2)または耐震について自分でチェックできるような、もしくは耐震について知識が得られるようなサイトをご存知でしたら、ぜひ教えていただきたく思います。  (3)どんなアドバイスでも構いません、よろしくお願いします!

  • 賃貸住宅の耐震について

    賃貸住宅に住んでいますが、揺れやすい建物らしく、強風で揺れます(震度1~2程度の感じ)。また、地震のときも実際よりも揺れを大きく感じます。 1階が駐車場、2階が事務所(現在は空き)で仕切りがなく、3階と4階はそれぞれ半分ずつ2戸に分かれています(1戸の広さが35平米くらいです)。鉄骨造で、築年数は14年です。私が住んでいるのは4階です。 これだけではなかなかわからないとは思いますが、こういう建物はどの程度安全なのでしょうか? 引っ越してきてから地震が多いこともあり、不安が増してきています。 また、賃貸で耐震診断を受けることは難しいのでしょうか?(木造で築年数が古い家は、私が住んでいる地域でも診断を受けられるようなのですが。) どうぞよろしくお願いいたします。