• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

退職→開業 給与所得の確定申告

昨年の9月末日で退職をし、 10月より開業しました(個人事業・青色申告)。 以前の会社より源泉徴収表をもらっており だいたいですが、、、 給与所得:230万 源泉徴収税額:9万円 社会保険料等の金額:27万円 となっています。 10月~の事業所得は40万円なので青色申告特別控除を使って 所得金額は0円になりました。 ここで問題なのですが、この0円を確定申告書Bの 「事業収入」「事業所得」に記載するのですよね? 次に「給与収入」「給与所得」の欄に230万を記入するのですか? ただそうすると、最終的に支払う税額が58000円となるのです。 よく期中で退職した方はたいてい税金の還付が受けられると聞きますが 当方の場合払わなければならなくなります。 事業所得0円ですので、実質、給与所得のみの確定申告になりますが こういった事はありえるのでしょうか? また、何故か解らないため、 源泉徴収表を添付するのみで、「給与所得」欄に何も記入せず、 「事業所得」(0円ですが)欄のみ書いて (もちろん以下の控除額等も記入して)提出しても良いのでしょうか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数5
  • 閲覧数2850
  • ありがとう数0

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.5
  • hitoc
  • ベストアンサー率82% (14/17)

こんばんわ。 推察しますと、「給与所得:230万 源泉徴収税額:9万円 社会保険料等の金額:27万円」は源泉徴収票をごらんになって、ご質問されているようですね。 年末調整されていない源泉徴収票ですので、おそらく「給与所得:230万」というのは源泉徴収票の「給与収入」の欄に書いてある金額をおっしゃっているのだと思います。 そうしますと「給与所得」は143万円になりますので、源泉徴収票に書かれている社会保険料以外に何も控除がないとしても、19800円の還付になりますね。 もし退職後、18年中に国民年金や健康保険を支払っているのであればそれも控除できますし、従来は年末調整で控除していた生命保険や損害保険の控除も当然出来ますから、それらを申告すればもっと還付金額は増えるはずです。 他の回答者様に教えていただいた国税庁のHPを使って計算してみてください。 蛇足ですが退職金は申告する必要はありませんが、もしいくらかでも税金が引かれているようであれば、申告することによって還付額は増えます。(特別減税が適用されるため) また事業所得は0円ですが青色申告特別控除を使っているので申告は必要です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 事業所得と給与所得の確定申告について

    給与所得で二つの所から、事業所得で一つの所を申告する場合、給与所得の内訳((1)・・・1月~3月。支払金額499250円、源泉徴収税額28998円、(2)・・・5月~8月。支払金額589666円、源泉徴収税額20020円)。 事業所得の内訳・・・9月から12月。738688円(まだ税金等は何も納めていません)。交通費、1ヶ月1万5千円。(4ヶ月働いていますが、12月分は1月末に支払われるので12月分の交通費は1月分の交通費になるのですか??)事業所得の全経費は8万程度です。 国民保険は194280円(4月~7月の領収書をなくした場合駄目ですか??)。生命保険は86937円。住民税は2万位だったと思います。(全て年間)他に控除額は無いとしていくらになりますか? また、今忙しいので郵便で確定申告ができると聞きましたがどうやってするのでしょうか?商工会議所に聞きに伺ったのですが、1月からは契約社員になって給与所得になったのであまり話をきいてもらえませんでした。

  • 事業所得+給与所得の場合の確定申告

    来月から会社員をやめフリーランスとして働きます。なので、給与所得は11月まで、事業所得は12月となります。来年の確定申告する際、どのように計上したらよいのか分かりません。 課税対象=(事業所得-必要経費)+(給与所得-社会保険料-源泉徴収) つまり、 課税対象=(事業所得-必要経費)+(毎月給与として振り込まれた額の合計) で合っていますでしょうか? 事業所得の方は青色申告が適用されないので経費しか引けません。事業所得と給与所得を合算する場合、給与所得控除がされないでしょうか?そうなると最後に載せている表では上から2番目に該当するので約100万円近く課税対象が加算されることになり、当然源泉徴収では足りないので払う税金が跳ね上がってしまいます。所得税率は20%、住民税率は10%なので、約30万追加で払わなきゃならないのでしょうか。。 宜しくお願いします。 ●年収(※)ごとの給与所得控除額の計算方法 180万円以下:収入金額×40%、65万円に満たない場合には65万円 180万円超360万円以下:収入金額×30%+18万円 360万円超660万円以下:収入金額×20%+54万円 660万円超1000万円以下:収入金額×10%+120万円 1000万円超1500万円以下:収入金額×5%+170万円 1200万円超:230万円(上限 平成28年からの税制改正項目)

  • 源泉徴収された海外給与所得に関する確定申告

    源泉徴収された海外給与所得に関する確定申告について教えてください。 日本居住者で国内の給与所得に加えて、海外の給与所得がありましたので、確定申告を行いました。 税務署の方の言われるままに確定申告書Aを書きましたが、後から考えると疑問が出てきました。 国内、海外とも源泉徴収がされていますが、確定申告書Aの「所得の内訳(源泉徴収税額)」で、海外の源泉徴収税額を0とされました。 その結果、大きな申告納税額になってしまいました。 海外の税率は30%程度ですので、還付されることはあっても納付するとは思っていませんでした・・・ これで正しいのでしょうか・・・

その他の回答 (4)

  • 回答No.4

#2です。 すみません、1点訂正です。 給与所得=給与所得控除を引いた後の金額、です。社会保険料はここでは関係ありません。 社会保険料などは、税額計算をする時に、あらためて給与所得から控除します。 失礼しましたm__m

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.3

貴方の資料から勝手に逆算して、毎月の源泉徴収税額が少なく差引かれているようです。 私の試算だと源泉徴収額が約178,000円になりますが・・・ もし私の計算が正しければ約30,000円の還付になります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.2

こんばんは。 申告書の「給与」に関する項目の記入方法がわからない、ということで よいでしょうか? #1さんのおっしゃるとおり「収入」と「所得」は別物です。 「給与収入」は、社会保険や税金などが引かれる前の、額面金額(手当含む)をいいます。 お手元の源泉徴収票の「支払金額」が、ここでいう「給与収入」です。 「給与所得」は、社会保険料と、給与所得控除を引いた後の金額です。 源泉徴収票の「給与所得控除後の金額」欄がそれにあたりますが、これは会社で 年末調整をされていない中途退職者の源泉徴収票では空欄になっているはずです。 この場合、給与所得控除後の金額は、国税庁HPなどから表を検索してご自分で 計算して求めることになりますが、申告期限まで日にちもありませんので、簡単な方法を。 国税庁HPの「確定申告書作成コーナー」を利用しましょう。 これを使えば、源泉徴収票の書式のまま金額を入力すれば、自動的に給与所得も計算されて出てきます。 給与所得金額の確認のみ使うもよいですし、事業所得の計算もお済みのようですので、 該当事項を全て入力して、印刷して、税務署に郵送するもよし、です。 がんばってください^^

参考URL:
http://www.nta.go.jp/category/kakutei/kakutei.htm

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1

>「事業収入」「事業所得」に記載するのですよね… >次に「給与収入」「給与所得」の欄に230万を記入するのですか… 基本的な認識不足です。 「収入」と「所得」とは意味が違いますから、同じ数字が入るものではなく、使い分けなければなりません。 【事業所得】 http://www.taxanswer.nta.go.jp/1350.htm 【給与所得】 http://www.taxanswer.nta.go.jp/1400.htm >源泉徴収表を添付するのみで、「給与所得」欄に何も記入せず… 源泉徴収表でなく「源泉徴収票」。 源泉徴収票に書かれていることもすべて転記します。 税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。 http://www.taxanswer.nta.go.jp/index2.htm

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 給与所得者の確定申告

    FPの勉強し始めです。頭がこんがらがってきました。 給与所得者でも確定申告が必要な場合、給与所得から源泉徴収された税は還付されるんですよね?

  • 廃業→給与所得者の確定申告

    15年2月に個人事業を廃業し、その後サラリーマンとなりました。 申告書Bにて所得の確定申告するところですが、記入のポイントについてご教示願います。 1.個人事業分は 約250万円の損失となりました。 2.約100万円の不動産収入があります。 3.15年度の給与収入は、源泉徴収票の「支払金額」欄で約350万円でした。 こちらは年末調整にて源泉徴収税分が全額戻ってきました。 さて、申告書Bの「所得金額」欄への記入ですが、 Q1.「事業」-「営業等」欄へは、"▲250万円"と記入すれば良いのでしょうか? または "0円"? Q2.「給与」欄への記入金額は、源泉徴収票の「支払金額」「給与所得控除後の金額」「所得控除の額の合計額」のうちのいずれを参照すれば良いのでしょうか? Q3.上記1.2.3.項の差し引き額、200万円の収入に各控除分を差し引いた金額に対し、課税額を算出するするという事で間違いは無いでしょうか? Q4.その他、注意する点、気づき事項などをお聞かせください。 よろしくお願いします。

  • 確定申告(給与所得とその他)

    確定申告(給与所得とその他) 確定申告(給与所得とその他) 昨年、フリーランスで仕事をしました。 他の会社からは給与所得で源泉徴収票をもらっているのですが、1社だけ何ももらっていません(支払調書も)。 年間所得が38万円超えると、確定申告(青色?)しなくてはいけないと聞いたのですが、源泉徴収されている分の収入も含めて38万円超えたら確定申告しなくてはいけないんでしょうか? この1社だけだと、38万は超えなさそうなのですが、全部合わせると超えてしまいます。 (この他、株式の配当ももらっているのですが、これも含めて所得にしないといけないですか?) アドバイスをお願いします。

  • 確定申告の「給与」の計算について

    確定申告をするのですが、申告書の記入方法について教えて下さい。 源泉徴収票が3枚あります。その内の1枚が、 支払金額 415,200円、給与所得控除後の金額 0円、 所得控除の額の合計額 380,000、 源泉徴収税額  0円 となっています。 他の2枚には、支払金額、源泉徴収額に記載があり、 給与所得控除後の金額、所得控除の額の合計額は ともに0円です。 確定申告書の「給与」ア欄には、 全ての「支払金額」を加算して記入するのでしょうか?  または、源泉徴収税額が0円の場合は、「所得控除の額の合計額」を加算するのでしょうか? よろしくお願い致します。

  • 退職後の確定申告

    3月に退職後、個人事業者として仕事を始めました。 1~3月の給料も収入として記入するのでしょうか。 記入するとすれば、収入欄の給与のところですか。 また、源泉徴収税額は、その他の欄の雑所得,1時所得の源泉徴収税額、のところで良いのでしょうか

  • 確定申告 事業所得と給与所得

    WEB制作とPCインストラクターをしています。 個人事業でしているWEB制作の収入は事業所得、アルバイトでしているPCインストラクターの収入は給与所得として青色申告をしようと思います。 わからないのはPCインストラクターの収入をどのように記帳して良いかということです。 記帳の必要があるのなら、貸方借方の科目はどのようになるのでしょうか。 もしくは記帳せず、確定申告書B第1表に記入するだけでいいのでしょうか。だとしたら収入金額として記入するのか、所得金額として記入するのかもわかりません。 PCインストラクターの雇い主からは源泉徴収票が送られてきていて、年末調整はされていません。 どうかアドバイスをお願いします。

  • 確定申告(給与所得とその他)

    確定申告(給与所得とその他) 昨年、フリーランスで仕事をしました。 他の会社からは給与所得で源泉徴収票をもらっているのですが、1社だけ何ももらっていません(支払調書も)。 年間所得が38万円超えると、確定申告(青色?)しなくてはいけないと聞いたのですが、源泉徴収されている分の収入も含めて38万円超えたら確定申告しなくてはいけないんでしょうか? この1社だけだと、38万は超えなさそうなのですが、全部合わせると超えてしまいます。 (この他、株式の配当ももらっているのですが、これも含めて所得にしないといけないですか?) アドバイスをお願いします。

  • 給与所得者と確定申告

    国税庁の「年末調整のしかた」によると、給与所得者で確定申告しなければならない人として、下記末尾(参考)のような記載があります。これに関しての質問です。話を単純化するため、配当控除や住宅ローン控除はないものとします。また、国税庁資料の(4)以下の項目はないものとします。 (ア)まずは前提として、年税額の発生しない人は、ナンビトたりとも確定申告は不要(しなくてもよい)という理解でよいでしょうか。 前項が正しいとして、次の質問に進みます。年税額が0円を超える人について、ということになりますが、 (イ)確定申告書を作成してみて、すでに何らかの源泉徴収がされていて、追加納付の発生しない人も、下記国税庁のいう「確定申告しなければならない人」に該当すれば、確定申告は必須ということでしょうか。 (ウ)下記国税庁資料には、「1か所から給与を受ける」とか「2か所以上から給与を受ける」とかという記述がありますが、「1か所」というのはあくまで1つの会社、2か所というのは、たとえ勤務期間の重複がなく2社とも甲欄適用であったとしても2か所とカウントするのでしょうか。それとも「2か所」というのは、期間がダブっていて、甲欄・乙欄が同時期に適用されたことがあった場合のことを言っているのでしょうか。 (エ)下記国税庁資料(3)に、「年末調整を受けた主たる給与以外の従たる給与の収入金額と・・・」という記述があり、甲欄(主たる給与)・乙欄(従たる給与)両方の源泉徴収票を持っている人のことについて述べていますが、言っているように、ここでいう甲欄の方は、年末調整を受けたものであることが条件になっているのでしょうか。つまり、年末調整を受けていない甲欄の源泉徴収票と、乙欄の源泉徴収票を持っている人は、「従たる給与の収入金額と給与所得及び退職所得以外の所得金額との合計額が20万円を超え」ても確定申告はしなくてもよいのでしょうか。文法的にはそう読めるのですが・・・。 (参考)国税庁「年末調整のしかた」より抜粋  確定申告をしなければならない人は、本年中の所得から配偶者控除、配偶者特別控除、扶養控除、基礎控除その他の所得控除を差し引き、その金額を基にして算出した税額が、配当控除額及び年末調整の際に控除を受けた(特定増改築等)住宅借入金等特別控除額との合計額よりも多い人で、次のいずれかに該当する人です。 (1) 本年中の給与の収入金額が2,000万円を超える人 (2) 1か所から給与を受ける給与所得者で、給与所得及び退職所得以外の所得金額(地代、家賃、原稿料など)の合計額が20万円を超える人 (3) 2か所以上から給与を受ける給与所得者で、年末調整を受けた主たる給与以外の従たる給与の収入金額と給与所得及び退職所得以外の所得金額との合計額が20万円を超える人   ただし、2か所以上から給与を受ける給与所得者であっても、その給与収入の合計額(その人が社会保険料控除、小規模企業共済等掛金控除、生命保険料控除、地震保険料控除、障害者控除、寡婦(寡夫)控除、勤労学生控除、配偶者控除、配偶者特別控除又は扶養控除を受ける場合には、その給与収入の合計額からこれらの控除の額を差し引いた金額)が150万円以下である人で、しかも、給与所得及び退職所得以外の所得金額の合計額が20万円以下の人は、確定申告をする必要はありません。 (4) 常時2人以下の家事使用人のみを(以下略)

  • 個人事業主の確定申告について

    昨年3月に個人事業主の開業届をしました。開業前から、A会社に半非常勤週2回月8回程勤めています。A会社から、頂いている給与は、社会保険料控除0円で所得税のみ引かれて 頂いていますので、事業所得として行けると思い開業しました。昨年12月A会社には、年末調整関係は提出しておりません。その会社から頂いた給与所得の源泉徴収票(1年分)を頂きました。その中身は、支払金額と源泉徴収税額のみ数字だけでした。A会社に、1月~2月までと3月から12月までの所得を2枚作成依頼をしましたが1年分だけしか出来ないとの答えでした。この場合の申告として、給与所得(1年分)と事業所得は他にありませんので0円で申告しないといけないでしょうか?A会社から所得を事業所得にする方法はないのでしょうか? 今回初めての申告ですので、よろしくお願いします。

  • 専従者に「給与所得者の扶養控除申告書」の提出は?

    青色申告をしており、妻に月々8万円の専従者給与を支払っています。この場合、「給与所得者の扶養控除申告書」を妻に書いてもらう必要があるのでしょうか。そうしないと、源泉徴収税額表の乙欄適用になってしまうのでしょうか?