• 締切済み
  • 困ってます

司法書士の資格

現在、学生(理系学部)ですが個人的に興味があり司法書士試験を受けてみたいと思っています。 ただし、卒業後は一般企業に就職する予定なので将来的に司法書士として独立する予定もありませんし、 仮に合格したとしても司法書士の業務に携わる予定がありません。 「合格後日本司法書士連合会に登録し、事務所を置く管轄内の司法書士会に所属して初めて司法書士になれる」 とのことですが、司法書士としての業務目的がない受験者が合格した場合(司法書士資格の活用予定はない、 合格後も「司法書士会」への登録・入会はしない場合)、合格しても司法書士の資格を保有できないのでしょうか? ご教示お願い致します。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数737
  • ありがとう数4

みんなの回答

  • 回答No.3

そんな気持ちでは受かる試験でないから お金と時間とエネルギーをドブに捨てるようなもの

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 司法書士の開業について

    司法書士資格について不思議に思うことがあります。司法書士の資格を取り、日本司法書士会(連合会)に登録した方でも、一般企業に勤めているということを耳にしました。私は、司法書士の業務は幅広く、応用がとても利くと思うのでそれも社会的によいものだと思います。しかし、実際には、一般企業に勤めている司法書士の方は少ないのではないでしょうか。私はまったくの初心者で詳しいことは何も知りません。司法書士の資格を取り、登録をした方で、司法書士専門の仕事以外についている方はどのくらいいるのでしょうか。 司法書士の資格をとった場合、開業する場合、通常なら司法書士事務所を開業するのでしょうが、不動産の会社、金融の会社など、司法書士の専門とは違う職種で開業したような方はいらっしゃるのでしょうか。

  • 司法書士の独立について

    はじめて質問致します。 今付き合っている彼氏(28歳)が司法書士を目指して勉強しているのですが、司法書士の資格を取得した後本当に独立してやっていけるか(仕事があるか)どうか不安に思っています。 ネットで調べても独立の情報はあまり無く、司法書士会連合会に質問してみても、「それは個人の頑張りによるものです」と言われました。彼は今司法書士と全く関係の無い仕事をしているのですが、勉強をしながら司法書士事務所に見習いとして転職したいと考えています。しかし、お給料が手取り17万くらいと少なく、勉強中は17万で構わないのですが、司法書士の資格を取得した後は独立しないととてもやっていける額ではありません。司法書士会連合会に伺った所「独立などの情報は資格を取得した後研修があり、そこで説明します。」とおっしゃられるのですが、資格を取得した後、独立が難しいと教えて頂いても困るというのが正直な気持ちです。現役の司法書士の方、司法書士の独立についてご存じの方、資格を取得した後の現状について教えて頂けないでしょうか? ちなみに彼は千葉県に住んでいて実家で開業したいと考えています。 よろしくお願いします。

  • 司法書士や行政書士の登録料について

    司法書士や行政書士の資格試験に合格したら司法書士会や行政書士会にすぐ登録しなければ合格した実績は消えてしまうのでしょうか? かなり高い登録料や年会費があると聞きましたが、まだ学生なので少し無理な感じなのですが・・・・。 開業しようとしたり、実務に携わるときになって登録することは可能でしょうか?

  • 回答No.2
  • age1118
  • ベストアンサー率40% (219/536)

何の問題もないでしょうが、そのために貴重な時間を費やすなら、自分の将来に何か有益な資格を勉強した方がよいと思います。 今はいろんな専門学校がありますから。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございます。 時間というものが貴重であることは承知しています。 ただ、有益という結果を求めるのは素晴らしいことだと思いますが、今の私はまだその判断が適切に出来るような人間ではありません。 興味から法学を学ぶことが有益なのか無益なのか考えたいと思います。

  • 回答No.1
noname#51227

別に構わないですよ。 合格証書に有効期限(登録期限)はないんで、「司法書士有資格者」として、ず~と司法書士となれる資格を保持し続けられます。 ただし、みんな司法書士になって独立するために、死ぬ気で勉強して運がよければ合格する試験ですから、宅建みたいにとりあえず取っておこうか、という資格ではありませんよ。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございます。 向学心から受験を検討していますが、当然やるからには真剣にという気持ちでいます。 お言葉を肝に銘じておきます。

関連するQ&A

  • 司法書士は、なぜ受験者が多い資格なのか理由がわかりません。教えてくださ

    司法書士は、なぜ受験者が多い資格なのか理由がわかりません。教えてください。 司法書士になりたいと考えてます。 司法書士は、難関資格と言われ続け、それでも受験者は減るどころか増え続けています。 なぜ、司法書士が受験者が多いのか、理由が分かりません。 具体的に教えてください。 なお、まじめに質問してますので、ひやかしはご遠慮ください。 よろしくお願いします。

  • 司法書士合格から登録までの期間

    このカテゴリーで、同様の質問が無いようなので、質問させて頂きます。 司法書士を目指し、勉強を始めたばかりなのですが。 首尾良く試験に合格したとして、合格から(都道府県)司法書士会への登録までの期間に、何らかの制約はあるのでしょうか。例えば合格してから、○ヶ月(日、年)以内に登録しなければ、「司法書士になる資格」を喪失する、といったことです。 司法書士法には、特にそのようなことは書いていなかったので、「特に制限無し」と思っていいのだろうか、と想像はしているのですが。 よろしくお願いします。

  • 司法書士は、なぜ人気資格なのかわかりません。教えてください。

    司法書士は、なぜ人気資格なのかわかりません。教えてください。 司法書士になりたいと考えてますが、いつの時代でも難関資格と言われ続けてますが、それでも受験者は減るどころか増え続けています。 なぜ、司法書士が人気なのか、よく分かりません。具体的に教えてください。 なお、まじめに質問してますので、ひやかしはご遠慮ください。 よろしくお願いします。

  • 司法書士さんについて

    司法書士会から紹介された司法書士さんは安心してお願いして大丈夫でしょうか? またいい弁護士さんや司法書士さんを見分けるポイントあったら教えて下さい。

  • 司法書士の選び方 

    相続に必要なものを司法書士へ頼もうかと思っているんですが、 やはり、良い司法書士に依頼したいです。 何か、司法書士会に行くべきなのでしょうか? そこへ行くにしても、その前に知っておいたほうが良い事 などありますか? あと、司法書士会へ行かずに見つける方法とかもあれば教えてください よろしくお願いします。

  • 司法書士の補助者

    司法書士の補助者として、土地家屋調査士又は行政書士の登録をしているものは、登録できないのでしょうか? 職務上請求書の不正使用を防ぐため、司法書士の職務上請求書(戸籍、住民票の請求)による請求は、司法書士本人か補助者の登録をしているものしかできないのでしょうか? 司法書士会の考え方をご存知の方、お教えください。

  • 司法書士をとった後に2

    司法書士の資格試験を突破し合格した後は開業が主だとは思うのですがそれ以外にとった資格をいかしてできる就職先はないでしょうか? とったばかりでも開業は可能?司法書士さんの事務所に雇われるということはないのでしょうか?

  • 司法書士会の登録について

    司法書士会に登録されていない司法書士の人に建物の登記を任せても大丈夫でしょうか? 土地を登録するときに、司法書士会に登録されていない司法書士の人はやめたほうがいいとアドバイスされたこともあります。 今回建物を登記しようとしているのですが、工務店より紹介された司法書士の人が司法書士会に登録されていなかったので、非常に不安です。 その人は怪しいので変えてください、と言うと、工務店との関係が悪くなりそうなので、どうしようかと悩んでおります。 司法書士会に登録されているかどうかは重要なことなのでしょうか? よろしくお願いいたします。

  • 司法書士

    司法書士のメインとなる業務は今でも登記申請の代理ですよね? よく司法書士資格を持っていても営業力がないと食えないよ!と聞きます。 ところでその登記申請代理を主たる業務にしている司法書士の営業力とはなんぞやと思うわけです。 登記申請なんてどの司法書士がやっても同じだと思うのです。 A司法書士とB司法書士とで申請のやり方が異なるなんて事はないですよね。 となると、司法書士が仕事の依頼を受注する先、銀行や不動産会社はわざわざ他の司法書士が営業に来たからといって変えますかね? つまり、差別化を図り仕事を得ようとすれば価格勝負しかないと思うのですが、どうでしょうか?

  • 司法書士

    司法書士資格を取得してもなかなか食えないらしいですね? 今や司法書士も簡裁代理権を取得したり、成年後見の分野に積極的に進出してはいますが、メインは今も昔も登記手続き代理ですよね。 これが司法書士のアイデンティティと呼ぶに相応しいと思います。 しかし、登記業務も激減という量的な問題も深刻ですが、簡単な登記手続きなら、司法書士を介さず本人申請している人も増えているようですね。 以前に比べて法務局の職員も親切に、申請方法を教えてくれるようです。 また、司法書士に依頼するとしても、登記手続きなんてどの司法書士がやっても大差ない。つまり差別化が難しいですよね。 価格競争くらいでしょうか。 司法書士資格なんて取るだけ無駄でしょうか?