• 締切済み
  • すぐに回答を!

自己株式の取得

ある会社から当社の株式を売却したいという申し出があり、当社はその株式を引き取り自己株式として取得したいと考えております。その際の原資は会社法における分配可能額の枠内での取得になると思われますが、分配可能額の算出方法は直近期末時点の資本剰余金+利益剰余金-自己株式-有価証券評価差額金等 の算出方法で良いのでしょうか? ご指導よろしくお願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数334
  • ありがとう数1

みんなの回答

  • 回答No.1
  • ksi5001
  • ベストアンサー率84% (170/201)

こんばんは。 会社法では「分配可能額」の計算要素として次のものを挙げています(特殊なものは 除いています)。 1 剰余金の額 2 剰余金の配当等の効力発生日において有する自己株式の帳簿価額    ※「剰余金の配当等」には「自己株式の取得」が含まれています。 3 前期末日後剰余金の配当等の効力発生日までの間(以下「当期中」といいます)に   自己株式を処分したときは処分対価の額 4 前期末日の有価証券評価差額金がマイナスのときのそのマイナスの金額 5 前期末日の土地再評価差額金がマイナスのときのそのマイナスの金額    ※従って4、5はプラスのときは0となります。 6 300万円から下記(A)~(C)の合計額を控除した額(マイナスのときは0)    (A) 資本金、資本準備金及び利益準備金    (B) 新株予約権の額    (C) 前期末日の貸借対照表の純資産の部の「評価・換算差額等」の区分に計上した       各金額(その各金額がマイナスのときは0)         分配可能額=1-(2+3+4+5+6) 上記1の「剰余金の額」の計算要素として次のものを挙げています。 イ 前期末日の貸借対照表の「その他資本剰余金の額」と「その他利益剰余金の額」の合計額 ロ 当期中に自己株式を処分したときの処分差損益 ハ 当期中に資本金を減少した場合に、その他資本剰余金又はその他利益剰余金を増加した   ときはその増加額 ニ 当期中に資本準備金又は利益準備金を減少した場合に、その他資本剰余金又はその他   利益剰余金を増加したときはその増加額 ホ 当期中に自己株式の消却をしたときはその自己株式の帳簿価額 ヘ 当期中に剰余金の配当を行ったときはその配当の額 ト 当期中に剰余金の資本組入れ又は準備金組入れを行ったときはその組入額 チ 当期中に剰余金の配当を行った場合にはそれに伴う準備金の要積立額         剰余金の額=イ+ロ+ハ+ニ-(ホ+ヘ+ト+チ) 以上のことから、質問者様の会社が (1) 当期中に自己株式の処分及び消却をしていない (2) 当期中に資本金及び準備金の減少をしていない (3) 当期中に剰余金の資本又は準備金への組入れをしていない (4) 当期中に剰余金の配当をしていない (5) 前期末日の有価証券評価差額金がマイナスである (6) 前期末日の土地再評価差額金がプラスである(又は無い) (7) 上記「6」の金額が0以下である という状況でしたら、質問者様が仰る算式になると考えられますが、その算式のうち 資本剰余金は「その他資本剰余金」に限られ、利益剰余金は「その他利益剰余金」に 限られます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

丁寧なご説明ありがとうございました。非常に参考になりました。 自分の考えが間違ってなかったことが確認できました。 また、分からない事があったらいろいろ教えて頂きたくよろしくお願い します。

関連するQ&A

  • 自己株式と剰余金・分配可能額算定

    剰余金と分配可能額について質問させて下さい。 期末の剰余金の算定は、会社法446条によって、「資産+自己株式(純資産の控除項目)-負債-資本金・準備金-法務省令事項」によってなされ、結果的に、その他資本剰余金とその他利益剰余金がその内容となるかと思います。 一方で、分配可能額の算定の際は、会社法461条2項によって上記の剰余金から自己株式の額を控除しています。 自己株式は純資産の控除項目であるならば、剰余金算定の段階で自己株式額を加算しなければ済む話だと思うのですが、剰余金算定段階で加算し、分配可能額段階で減額する意味はどこにあるのでしょうか? 剰余金算定の意味、及び分配可能額算定の意味についてご教示下さい。 よろしくお願い致します。

  • 自己株式の消却時の相手勘定

    会計の仕分けで、 自己株式を消却時は、なぜ”資本剰余金”で取り消すんでしょうか? イメージ的には利益剰余金のほうがしっくりくるのですが。。。 資本剰余金 ××/自己株式 ×× 他の掲示板で消却原資によって利益剰余金か資本剰余金にできるとありましたが、改正前はそうだったとおもいますが、そっちのほうが理論的なきがします。

  • 自己株式の消却

    自己株式の消却について、会計上と税務上の仕訳があるとおもうのですが、会計上の仕訳について  借方・利益剰余金/貸方・自己株式 この仕訳をすることは可能なのでしょうか?いろいろ書籍を読むとだいたいが借方・資本剰余金と書いてあります。知識のある方、是非お教えください。

  • 自己株式の消却

    自己株式の消却について、会計上と税務上の仕訳があるとおもうのですが、会計上の仕訳について  借方・利益剰余金/貸方・自己株式 この仕訳をすることは可能なのでしょうか?いろいろ書籍を読むとだいたいが借方・資本剰余金と書いてあります。知識のある方、是非お教えください。

  • 減資と自己株式取得

    会社法に自己株式取得と減資があります。 自己株式は取得後消却できると会社法178条にあります。 また減資は会社法447条に規定があります。 自己株式消却と減資は実質的には同じように思いますが 減資の場合は、債権者保護手続きをとらなければならないとあります。 自己株式の取得、消却は債権者保護手続きをとらなくてよいのでしょうか。 ちがいについておしえてください。 よろしくおねがいします。

  • 自己株式での増資の仕訳に関して

    自己株式の処分による増資の仕訳なのですが、 なぜこのような計算になるのか?さっぱり分かりません。 ×1年1月1日に200,000株(新株176,000株及び24,000株)を1株当たり3円で交付し、 払込金額を当座に預け入れた。 なお自己株式の前期中に一括取得した40,000株である。 ・仕訳 現金600,000/資本金528,000 □□□□□/自己株式60,000 □□□□□/その他資本剰余金12,000 ・計算過程 @3×新株176,000株=528,000円 前T/B自己株式100,000÷40,000株=@2.5 @2.5×自己株式24,000株=60,000円 @3×自己株式24,000株=72,000円 72,000-60,000=12,000 このような感じなのですが、なぜ前期の株の単価を出して、当期と比較して、 その他資本剰余金を出すのか?がよく分からないのです。 もう公式を丸覚え状態になっています。 誰か分かりやすく教えてもらえませんか? 大雑把な質問で的確にココが分からないと言えていませんが、よろしくお願いします。

  • 自己株式処分と株主資本

    「自己株式及び準備金の額の減少等に関する会計基準」の40項で「・・・処分差損についても、資本剰余金の額の減少とすることが適切であると考えた。資本剰余金の額を減少させる科目としては、資本準備金からの減額が会社法上の制約を受けるため・・・」とあるのですが、制約をしている会社法の該当部分を教えていただきたいのですが。 よろしくお願いします。

  • 自己株式について

    質問1 自己株式の取得原価には、 なぜ、取得に要した費用を含めれないのですか? 資本取引に該当すると、なぜ含めれなくなるのですか? 質問2 自己株式を所持している場合 なぜ、決算時に値上がり・値下がりの評価替をしないのですか? なぜ、期末になっても取得原価のままにしておくのですか?

  • 簿記 自己株式の処分について質問です

    自己株式の処分について質問させていただきます。 自己株式を処分して (1)処分差益の場合は『その他資本剰余金』の増加。 (2)処分差損の場合は『その他資本剰余金』の減額。 新株の発行と同時に自己株式を処分した場合は (3)処分差益の場合は『その他資本剰余金』の増加。 (4)処分差損の場合は『資本金、資本準備金』の減額。 以上、自己株を処分した場合のパターンとして↑の4パターンがあると思うのですが、 要は、処分差益や差損に応じて『その他資本剰余金』を増減させているわけですが (4)だけは違いますよね。考え方として仲間外れです。 何故、新株の発行と同時に自己株式を処分して、処分差損の場合だけ『その他資本剰余金』を 減額させるのではなく『資本金、資本準備金』から減額させるのでしょうか? 長年の疑問なのですが是非趣旨、理由など教えて下さい。 宜しくお願いします

  • 自己株式の取得について

    自己株式の取得のメリットについて参考書には ①剰余資金を株主へ返却しることが可能となる ②新株発行に代えて自己株式を移転することで既存株主の持ち株比率に悪影響を与えずな資金調達ができる ③絶対的買収への対抗策とできる とありますが例をあげてわかりやすく説明してほしいですm(_ _)m お願いします