• ベストアンサー
  • 困ってます

定款を作成するのですが事業目的について

これから株式会社を設立します。 一応、ネット上の格安業者に書類作成を依頼するのですが・・・。 現在やっていない事業目的まで複数書くのは補正となってしまうでしょうか? 将来的には不動産業とか人材派遣業とか参入しやすい業種も書いておきたいです。 そのときになったら定款変更するのもあるでしょうが、自分で変更できないとまた代行手数料がかかってしまうので、なるべく最初に記入しておきたいと考えています。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数4
  • 閲覧数118
  • ありがとう数0

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2
  • anji55
  • ベストアンサー率59% (25/42)

将来行う予定の事業を列挙しても構いませんが、金融業や風俗営業などを入れると、金融機関からの融資が受けられない可能性もありますのでご注意ください。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 株式会社の設立及び定款について質問です。定款の事業目的の欄に、認可が必

    株式会社の設立及び定款について質問です。定款の事業目的の欄に、認可が必要な業種で現在は認可または資格を有していない事業を、今後展開するかもしれない事業ということで記載しても問題ないでしょうか。

  • 株式会社の定款に載せることのできる事業目的

    株式会社の定款を変更して、新たに(1)旅行業(2)化学薬品の買取・販売を追加したいと思ってます。 何らかの有資格者がいないと、これらの業種は会社定款に載せることができないのでしょうか?

  • 会社設立の定款の件で確認したいことがふたつあります。ひとつは事業目的を

    会社設立の定款の件で確認したいことがふたつあります。ひとつは事業目的を追加変更したい場合の方法です。定款認証済で登記はこれからです。この場合、役場での再認証がよいのか?・可能なのか?登記申請日に変更登記を一緒にするのがよいのか?得策(費用面・簡便な方法等)はありますでしょうか。ふたつめは事業目的の文言についてです。「宅地建物取引業」のこの一行の記載のみで、事務所の看板に営業種目として「・注文建築、分譲住宅、中古住宅 ・増改築、リフォーム、塗装 ・アパート、店舗、工場 ・造成、造園、土木 ・管理、設計、施工、企画」とうたうことは可能でしょうか。または別途これらの種目を定款に記載すべきなのでしょうか?ご教示をよろしくお願いいたします。

その他の回答 (3)

  • 回答No.4
  • bune
  • ベストアンサー率22% (8/35)

金融や風俗などの許可が要るもの以外はみんな書いておいたほうがベターです。最後の行には必ず「上記に付帯する一切の業務」と書いておく事をお勧めします。そうすれば、解釈次第でかなりの幅が出せるからです。多くの会社の定款がそのようになっているはずです。 また、設立手続きは自分でも可能ですよ。 限られた資金(・・かわかりませんが?)で開業するのにそんなところで浪費するのはどうなんでしょう? 経験にもなりますし、自分でやられては?

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.3

公証人役場に行き事業内容を説明したら業種等も教えてもらえますよ

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1
  • poioro
  • ベストアンサー率20% (111/541)

>現在やっていない事業目的まで複数書くのは補正となってしまうでしょうか? 補正にはなりません。 現にこれから設立しようというわけですから、やっていない、やっているの区別はつかないはずでしょう? するかしないかはともかく、将来こういった分野の仕事もやってみようというのがあれば、それも事業目的に入れても差し支えありません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 株式会社の定款を作り直したいのですが、

    会社の変更登記を数々、行なった為、原始定款と整合性が取れず、 見難い物となった定款を作り直したい思っていますが、 変更箇所はそのまま変更すれば良いとして 表題の書き方は例えば ”○○株式会社 変更定款”という風に書いた方が良いでしょうか? 又、原始定款の最後の辺りに --- 以上、○○株式会社設立のためこの定款を作成し、発起人が次に記名押印する。 --- と書いてありますが、新しい物はどんな感じに締めれば良いでしょう? ”設立”じゃないのかな?とか”発起人”より”代表取締役”かな? とか考えて迷っています。 宜しくお願い致します。

  • 定款の発起人

    たびたび質問させて頂いてますが、有限会社から株式会社に組織変更のため定款を作成中ですが、定款の最後に、発起人と記載していますが、組織変更でも「発起人」で良いのでしょうか? 草案では  付則の部分で「発起人の氏名、住所及び発起人が設立に際して引き受けた株式数は、次のとおりである。」 としています。 このような経緯で、有限から株式会社に組織変更した場合の定款を教えてください。

  • 定款について

    最近入社した会社(株式会社)の定款には、絶対的記載事項であるはずの発起人の氏名・住所の記載がありません。 この定款は、無効ではないのでしょうか?(ちなみに設立から3年で、今までずっとこのままです。) また、商法改正に伴い監査役の任期が3年から4年に変更されたはずですが、3年のままです。H14.5以降就任の監査役がいなければいいのでしょうか?

  • 定款の変更は

    設立後10年目の株式会社です。 取締役の人数や取締り役会の開催を変更したので、議事録を作成し所轄の法務局には届けましたが、定款の変更も必要でしょうか。社内で書き換えるだけでよいのでしょうか。 また、どこかに届け出る必要があるのでしょうか。

  • 定款の事業目的

    定款の事業目的に記載する例文(適否判定事例等)が紹介しているサイトなど、ごぞんじな方いらっしゃいましたらご教授ください。 「会社「目的」の適否判定事例集」を買えばすむのではあると思いますが・・。 よろしくお願いいたします。

  • 定款の事業目的

    最近「その他一切の事業」というものがあります。 これだと、別に事業目的を記載する必要性も無い気がします。 また定款変更の必要もないので、会社にとっては有利ですが、債権者や投資家は、わからない事業に手を出して知らない内に財産をなくす可能性もあり、どうかと思います。 なぜ、登記が認められる様になったのでしょうか?

  • 株式会社の定款変更について

    今回友人に相談を受けたのですが、その友人は株式会社を設立しておりエステの会社を設立しているそうです。その会社の定款を変更して飲食店に変更することは可能なんでしょうか? また、可能な場合(できない場合もいい方法があれば)はどのように変更できるかどうか? 心得のある方回答をよろしくお願いします。

  • 定款の内容を「細かく」設定するのは何故でしょうか?

    会社設立してしばらく経ち、実に合わなくなってきたため、定款の変更を行おうと考えています。 色々調べていると、定款にも実に細かいものと、その業種全般をカバーするようなものまで色々あることに気付いたのですが、これは何故なのでしょうか。 【ホームページデザイン会社】を例にしたとして、 「ホームページの企画・制作」もあれば、「インターネットに関する業務全般」としているところもあります。 普通に考えれば、全般をカバーしている、「インターネットに関する業務全般」とした方が、お客さんから何か相談されても柔軟に色んなものが扱えていいと思うのですが‥。 定款を拡げすぎることのデメリットなどあるのでしょうか‥。 詳しい方、是非ご教授くださいませ。

  • 現行定款とは?

    過去に定款変更(事業年度、目的追加など)を何度か行なったことのある株式会社です。 このたび金融機関から、最新の「現行定款」に「原本に相違ない」旨の付記をして提出するよう求められました。 この場合、 1.過去に変更した事項をまとめて改定し、全く新たにPCで打ち直したものを「現行定款」として良いのでしょうか? 2.その場合、設立時の附則(発行株式、最初の営業年度・役員、発起人等)や、発起人の印鑑も必要(押しなおしてもらう?)なのでしょうか? 3.たとえば「額面株式」など、法改正により今はなくなってしまったようなものを削除、変更してしまってよいものなのでしょうか? ご存知の部分だけでもご教示いただけると大変助かります。よろしくお願いします。

  • 代表者の変更と定款

    当社(株式会社)の定款の末尾に記載されている代表者の表示が現在のものと違うため、書き換えたいのですが、 この手続は定款変更の手続と呼べるのでしょうか? (「附則」の後に、「上記は、平成18年○月×日付の分割計画書に基づき設立される、株式会社○○の定款に相違ありません」との結びの記載があり、 その下部に代表者の表示がされているのですが、その表示が現在の代表者とは違う者なのです) 定款の内容とは違う(会社法規定の絶対的記載事項とも相対的記載事項とも任意的記載事項とも違う)と思われるので、この表示を変えるのに定款変更決議を要するものなのか、 もし不要なのであればどのような手続で済むのか、 そのあたりのところをご教授願いたいです。 よろしくお願いいたします。