• ベストアンサー
  • 困ってます

会社設立の目的について

株式会社を設立します。 様々の事業を展開することになると予想されるので、定款の「会社設立の目的」の欄には想定されうる複数の事業を記載することになりますが、今後、金融機関などからの融資や増資などがあるとして、同欄に記載しない方がよい事業や業種はあるでしょうか? たとえば、ある関連書籍によれば、金融業と示してあった場合、融資を断られることがあるそうです。 公序良俗に反してはいなくても、また暴力団との関係性はないにしても、社会的なイメージの高くない業種や事業を定款に記載していたら、融資を受ける際に不利になることはないでしょうか?   例えば、探偵業や興信業は如何でしょうか? これらの職種はいまだ些かダーティーな印象を残していると思いますが、どのようにお考えですか? 避けるべき業種や表現があるのなら教えてください。  宜しくアドバイスを頂ければ幸いです。  

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数184
  • ありがとう数2

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1
  • ben0514
  • ベストアンサー率48% (2966/6105)

直接の回答でなく申し訳ありません。 関連性の無い業種をいくつもやられる予定であれば、会社を分ける(必要なたびに設立)させたほうが良いですよ。実際にやられる事業かもしれませんが、設立直後に登記内容などを確認した人からすれば、怪しく思う人も少なくないと思いますからね。 ちなみに、システム開発会社を経営していますが、事業の目的は16個あったと思います。IT系で関連するものを並べただけでこの数です。パソコンやシステムの導入・販売・保守・リース、WEB関連、古物商、派遣業などを詳細にしただけですがね。 許認可の必要な業種などによっては、兼業禁止もあったと思います。 あなたがどの程度の知識をお持ちかはわかりませんが、登記官が納得できない事業目的は認められないことがあります。私の会社でも事業目的がひっかかり、補正時に説明をし、他の管轄法務局で登記があること、言葉の言い回しの変更などで登記してもらいました。 公証役場の定款認証と登記官の判断が異なる場合もあります。できれば、許認可や定款の面から行政書士、登記の面から司法書士に相談されることですね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

御回答有難う御座いました。 やはり気になる点に関しては慎重に対応した方が良いと考え、それらを削除して登記して、先週、無事に登記が完了いたしました。

関連するQ&A

  • 株式会社の設立及び定款について質問です。定款の事業目的の欄に、認可が必

    株式会社の設立及び定款について質問です。定款の事業目的の欄に、認可が必要な業種で現在は認可または資格を有していない事業を、今後展開するかもしれない事業ということで記載しても問題ないでしょうか。

  • 会社設立について(会社法)

    長文失礼いたします。 大学で会社法を勉強しているのですが、課題で記載しなければならない文字数が多すぎて(各場合につき1000文字以上)自分の考えた量だけではどうしても足りません。 もちろん、一項目だけでも結構です。 どうか、知恵をお貸しください。 Aは出版事業を営むことを目的とする株式会社Sの設立を目指していた。以 下のような各々の場合について法学部生であるあなたに相談してきた。 その法的問題を検討しなさい。 (1)Aは現在資金がなかったので友人Bに対する金銭再建を出資したいと考えて いる場合。 (2)Aは、現在資金がなかったので銀行Cと相談し、C銀行帳簿上Aが資金を借り入れS社設立のための資金をC銀行に払い込み、会社設立登記後に、その資金で弁済する旨を約束する場合、あるいは払い込みをD銀行として、設立後、直ちに当該資金でC銀行に弁済する旨を約束する場合。 (3)Aが会社設立前に次の行為を行った場合。 (a)設立事務所の賃借 (b)本社ビルの購入 (c)開業後出版予定の本についての宣伝広告。 (4)設立登記がなされたが、実はAが未だに出資していない場合。 (5)Aは定款に発起人として署名していなかった場合

  • 休眠会社の活用、新会社設立どっちがお得?

    新事業立ち上げの為に、休眠有限会社の活用か新会社の設立を考えています。 有限会社(資本金500万)が10年ほど休眠しており、資産無し。500万増資して株式に転換し、定款の変更などの手続きの後、許可申請をする。この場合は、確定申告をして納税証明書が必要となります。または、全く新たに株式会社を立ち上げ、許可申請をする。どちらが、お得なのでしょうか?

  • 事業融資の難しさ

    事業融資の難しさ たとえば、金融業を行おうとして法人を設立し、無担保の事業融資をお願いしたら、どれくらいの業者が応じてくれるのでしょうか?(融資金額は任意として)

  • 会社設立の定款の件で確認したいことがふたつあります。ひとつは事業目的を

    会社設立の定款の件で確認したいことがふたつあります。ひとつは事業目的を追加変更したい場合の方法です。定款認証済で登記はこれからです。この場合、役場での再認証がよいのか?・可能なのか?登記申請日に変更登記を一緒にするのがよいのか?得策(費用面・簡便な方法等)はありますでしょうか。ふたつめは事業目的の文言についてです。「宅地建物取引業」のこの一行の記載のみで、事務所の看板に営業種目として「・注文建築、分譲住宅、中古住宅 ・増改築、リフォーム、塗装 ・アパート、店舗、工場 ・造成、造園、土木 ・管理、設計、施工、企画」とうたうことは可能でしょうか。または別途これらの種目を定款に記載すべきなのでしょうか?ご教示をよろしくお願いいたします。

  • 花田家の話は兄弟喧嘩なわけですよね?

    どうしていつまでもテレビで扱っているのか 不思議でしょうがないです。こういう事は「公共の 福祉に貢献し」「公序良俗を守る」とかいう 放送法とやらに抵触はしないのでしょうか? 免許事業に詳しい方に特に伺いたいです。

  • 融資を受けたい!!

    個人事業主で金融業を営んでおります。 (職種はとりあえず伏せさせてください。) 融資を受けたいんですが、保証協会などには金融業は保証外とされております。 こんな私は公的なところからの融資は無理なんでしょうか??

  • ドコモ マイボックスの利用について

    待ち受けやアプリの月会費制のサイト運営を考えている者です。 現段階では個人ですが、事業を興して収益が伸びたら法人を設立し、順次増資を行っていく予定です。 ここでサイト開設についてですが、iMENUに掲載してもらえないので、PRとかは自分でやらなければならないのですが、iモードIDの識別による課金で初期費用10500円、会員数~1000人までは3150円で公式サイトと違い審査なし(18歳未満禁止の出会い系やアダルト系に関すること、他公序良俗に反することは一切取り扱わないのですが)と手頃なマイボックスを利用してサイト開設を行いたいのですが、個人での申込みなどとはとても受け付けてもらえないのでしょうか?

  • 法人名義で新規口座開設できません。

    株式会社(確認会社)を設立したので、最寄の信用金庫へ新規で口座を開設したいと思い、出向いたのですが、会社登記簿謄本を見るなり断られてしまいました。 理由は、取引実績がないことと、登記簿の事業目的に、金融業と性風俗業が記載されているからとのことでした。事業目的は、将来経営するかもしれない事項をいくつも記載しておいただけで、実際の営業は違う旨説明したのですが駄目でした。 単に融資を受けるとかではなく、口座を開設したいだけなのに断られてショックです。 今後、どのような手続きをとればいいんでしょうか。たとえば、金融業や性風俗業を登記簿から抹消した方がいいとか、ネットバンクなら審査が通りやすいとかいいアドバイスがございましたら是非教えてください。よろしくお願いします。

  • 新しい会社の定款

    新会社設立を予定しているのですが、手掛ける事業の一部に 行政の許認可を取得しないと手掛けられないものがあり、 会社設立後に許認可を取得する予定でいます。 この場合、この事業を設立時の定款の会社の目的として記入しても良いのでしょうか? あるいは、許認可取得後に定款変更を行って記載しなければならないものでしょうか? よろしくお願いします。 例えば、極端な話、新たな銀行の設立を想定した場合、 設立時の会社名に銀行は使えないですが、定款の目的には銀行業と 書いてしまい、実際には銀行免許が下りるまでは銀行業は 行わないということでいいのでしょうか? よろしくお願いします。