• ベストアンサー
  • 困ってます

株式会社の設立及び定款について質問です。定款の事業目的の欄に、認可が必

株式会社の設立及び定款について質問です。定款の事業目的の欄に、認可が必要な業種で現在は認可または資格を有していない事業を、今後展開するかもしれない事業ということで記載しても問題ないでしょうか。

noname#160377

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数210
  • ありがとう数2

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1

今後行う「かもしれない」事業を定款に記載しても全く問題ございません。 また、定款に記載したからといって、必ずその事業を行わなければならないわけでもありませんので、「とりあえず入れておく」というものでもOKです。 なお、許認可等の種類によっては、目的の表現にウルサイものもございますので、念のため許認可申請に当たってどのような表現がなされている必要があるかを調べられると良いかと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

大変わかりやすいご回答をいただき、また補足までいただきましたお心遣いに感謝です。ありがとうございます。

関連するQ&A

  • 株式会社の定款に載せることのできる事業目的

    株式会社の定款を変更して、新たに(1)旅行業(2)化学薬品の買取・販売を追加したいと思ってます。 何らかの有資格者がいないと、これらの業種は会社定款に載せることができないのでしょうか?

  • 定款を作成するのですが事業目的について

    これから株式会社を設立します。 一応、ネット上の格安業者に書類作成を依頼するのですが・・・。 現在やっていない事業目的まで複数書くのは補正となってしまうでしょうか? 将来的には不動産業とか人材派遣業とか参入しやすい業種も書いておきたいです。 そのときになったら定款変更するのもあるでしょうが、自分で変更できないとまた代行手数料がかかってしまうので、なるべく最初に記入しておきたいと考えています。

  • 会社設立の目的について

    株式会社を設立します。 様々の事業を展開することになると予想されるので、定款の「会社設立の目的」の欄には想定されうる複数の事業を記載することになりますが、今後、金融機関などからの融資や増資などがあるとして、同欄に記載しない方がよい事業や業種はあるでしょうか? たとえば、ある関連書籍によれば、金融業と示してあった場合、融資を断られることがあるそうです。 公序良俗に反してはいなくても、また暴力団との関係性はないにしても、社会的なイメージの高くない業種や事業を定款に記載していたら、融資を受ける際に不利になることはないでしょうか?   例えば、探偵業や興信業は如何でしょうか? これらの職種はいまだ些かダーティーな印象を残していると思いますが、どのようにお考えですか? 避けるべき業種や表現があるのなら教えてください。  宜しくアドバイスを頂ければ幸いです。  

  • 定款の事業目的

    最近「その他一切の事業」というものがあります。 これだと、別に事業目的を記載する必要性も無い気がします。 また定款変更の必要もないので、会社にとっては有利ですが、債権者や投資家は、わからない事業に手を出して知らない内に財産をなくす可能性もあり、どうかと思います。 なぜ、登記が認められる様になったのでしょうか?

  • 定款の事業目的

    定款の事業目的に記載する例文(適否判定事例等)が紹介しているサイトなど、ごぞんじな方いらっしゃいましたらご教授ください。 「会社「目的」の適否判定事例集」を買えばすむのではあると思いますが・・。 よろしくお願いいたします。

  • 会社定款にある事業目的の例

    会社定款の中にある事業目的について調べています。 後、日本法令からでている本でも参考にしますが、先にどんなものがあるのか知りたいので事業目的例としてどんなものがあるか、できるだけたくさん教えてください。

  • 株式会社と個人事業について

    わかり辛いかもしれませんがよろしくお願いします。 まず、個人事業を開業するにはどうしたらいいのでしょうか? 税務署に行き開業する。 これでいいのでしょうか? しかし税務署に行かなくてもお店はできると思います。 飲食店なら保健所、風俗営業なら警察署などに行けば許認可は取れます。 それでお店を開店し営業していく事は可能です。 これも個人事業になるのでしょうか? 税務署に開業届を出すとはどうゆう事なのでしょうか? ただ青色申告をする為なのでしょうか?? それとも税務署に開業届を出すとゆう事は株式会社で言う所の定款を出すといった所でしょうか? それで個人事業とゆうのは税務署に開業届を出し、【〇△□】といった個人事業を開業、そしてその【〇△□】とゆう事業名を掲げそこから派生して様々な事業をできるっといった所ですかね? そして株式会社の場合は【株式会社〇△□】とゆう風に設立し、【株式会社〇△□】とゆう会社名を掲げそこから定款に記載した事業を派生して行える。 こういった感じの認識でよろしいのですか? そしてちょっと別の事になりますが… 何件かお店を個人事業として営んでいたとします。 そして株式会社を設立しました。 株式会社の定款には個人事業として営んでいた業種も記載していますが株式会社が運営しているとゆう事にはしたくありません。 こういった事は可能なのでしょうか? 個人事業でお店を営みながら、株式会社は株式会社として別でといった形… 詳しい方がいらっしゃればご教授よろしくお願いします。 回答にさらに疑問があれば補足に書かせて頂きたいと思いますのでよろしくお願いします。

  • 探偵業 事業目的

    よろしくお願いします。 探偵業を法人化して起業しようと思ってます。 そこで、定款に記載する事業目的に悩んでおりまして (ネットで検索をかけましたが、どこにも参考となるサイトがありませんでした。) ご存じの方がいらっしゃれば教えて頂きたいと思います。 探偵業を起業する際の定款に記載する事業目的を教えてください。

  • 株式会社設立後について

    みなさんからの良きアドバイスを伺いたくて質問します。 株式会社設立後のことなのですが、今度、介護保険事業を立ち上げたいと考えています。その介護保険事業を行うためには法人(株式会社、NPO法人、社会福祉法人など)を立ち上げていなくてはなりません。その介護保険事業は国、県、市などが認可して初めて開設することが出来ます。つまり国県市が認可しない建物については介護保険事業が行うことができないのです。そしてその認可もなかなか競争率が高い状況です。 長々と前置きをすみません。本題ですが、株式会社を立ち上げて介護保険事業に名乗りをあげても、認可されない場合(当然何度も認可をもらうために努力はします)、事実上何の役にもたたない株式会社となります。そして介護保険事業を諦め、株式会社を解散する時、私が出した資金である運転資金などはどうなってしまうのでしょうか?何かしらの税金などがかかってしまうのでしょうか?とるに足らない質問かもしれませんがアドバイスの程どうぞよろしくお願いいたします。

  • 定款に事業目的を追加したい

    事業目的を追加した謄本が必要になり 会社の定款に事業目的を追加しなければならないのですが 個人(司法書士さんに依頼せず)で議事録や他の必要書類を作成し、提出する事は可能でしょうか? ※司法書士さんが提出しなければ受理されない 等 よろしくおねがいします。