• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

英語の語順と文末焦点の法則について

清水建二著「英文法 日本人が繰り返す200の間違い」という本に文末焦点の法則というのが、英語の語順の根底にあるように、書かれていたのですが、これは著者の独自の理論なのですか? 他の人も唱えている説なのでしょうか? 申し少しこの法則について知りたいのですが、参考になるようなサイトや書籍などありましたらご紹介下さい。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数1284
  • ありがとう数2

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2
noname#19923
noname#19923

>「マテジウスの英語入門」は残念ながら、在庫がないようでした。 お近くの図書館にもありませんかねぇ。いい本なんですが。 >英語は日本語に比べて語順が大切な言語のように思います。 えーっと、語順が重要でない言語など存在しません。 語順はどの言語であれ、焦点などの情報構造と純粋な文法的条件によって決まります。 文法的には、日本語は SOV 言語で英語は SVO 言語ですが、語順の自由さから言えば、日本語の方が上です。 一般にラテン語・ロシア語・日本語のように、格表示のある言語ほど語順が自由で、そのため、情報構造を語順に反映させやすくなります。 たとえば、高見さんの本にもあるように、日本語では動詞の直前の要素が焦点となります。日本語では動詞が最後というのは譲れないのですが、それでも何とか「文末情報の原則」にのっとって、焦点をなるべく後ろに回すわけです。 たとえば、 私は太郎に花子を紹介した。 (焦点=花子) 私は花子に太郎を紹介した。 (焦点=太郎) 太郎に花子を私が紹介した。 (焦点=私) もちろん情報構造は語順だけで表されるものではなく、助詞の「は」は主題を表すのに用いられたりするなど、他の文法規則が絡み合うので非常に複雑ですが、上の例を見ても分かるように、「私は」は文頭に近い方が自然です。焦点にはなれないからです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

わかりやすい事例ありがとうございました。

その他の回答 (1)

  • 回答No.1
noname#19923
noname#19923

今から100年ほど昔、チェコのプラハに Prague School (プラーグ学派)という言語学サークルがありました。トゥルベツコイ、ヤーコブソンらのロシア系の大物を抱えた、当時もっとも勢い盛んな言語学派でした。 その最も重要な考え方が「機能主義」、その最大の成果が音素論、次が情報と語順の関係を明らかにしたことです。これを分かりやすく一般向けに書かれた本が ビレーム マテジウス(著)『マテジウスの英語入門―対照言語学の方法』三省堂 (1986/06) ASIN: 4385340358 です。 後にこれをもっとも発展させたのが Jan Firbas (著)Functional Sentence Perspective in Written and Spoken Communication (Studies in English Language) Cambridge Univ Pr (1992/07) ASIN: 0521373085 です。 さて、第二次世界大戦後、機能主義は世界に広がっていきます。 イギリスではハリディらの体系文法が有名です。 村田 勇三郎(著)『機能英文法』大修館書店 (1982/01) ASIN: 4469210994 日米で活躍しているのが久野すすむと高見健一のお二人でしょう。 さて機能主義ですが、この考え方では何語であれ、情報は 旧情報-新情報、トピック-コメント、主題-焦点 の順序で並ぶことになっていますが、これがそのまま文の語順にはなりません。 各言語に固有の規則があって、その規則に従いつつ、情報構造を並べることになります。 たとえば、疑問詞は焦点ですが、英語などでは文頭に置かなければなりません。 また英語は語順よりもアクセントで焦点を表すことを好む言語です。 Who hit you? JOHN hit me. これがたとえばもっと焦点を後ろに回すことを重視する言語であれば、 me hit JOHN. と言います。 逆に言えば、他の言語に比べると、英語は比較的、「文末焦点の法則」を軽視する言語であるといえます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

紹介して頂きました「マテジウスの英語入門」は残念ながら、在庫がないようでした。でも高見氏の著作と「機能英文法」は入手できそうなので、読んでみようと思います。 回答ありがとうございました。

質問者からの補足

英語は日本語に比べて語順が大切な言語のように思います。その語順を説明するのに「文末焦点」が使用されていましたので、興味を引きました。なお、アクセントというか、音の強弱が語順にも影響するみたいなことを他の本で見たのですが、どうでしょうか?

関連するQ&A

  • 文末焦点の法則と倒置について

     こんばんは。 新情報や最重要な情報は文末に置いて、聴き手や読み手の期待感を高める「文末焦点」の法則がありますが、「倒置」の働きや「日本語と違って、英語は言いたいことを先に言う」などということと矛盾しているのじゃないかなと思います。  倒置は、語順を入れ替えて文頭に否定語や副詞句を持っていき、それらを強調するものだと私は思っています。(あってるかわかりませんが)  結局のところ、それらについてどれが正しいのかわかりません。よろしくお願いします。

  • 英語における強勢とは、どのようなものなのでしょうか?

    最近英文法を学習しているのですが、英文法の語順に永久を与える、強調と強勢というものの区別がつかず、混同していたことに気づきました。 強勢というのは音律などに関連するようなもののようですが、今ひとつよくわかりません。 参考になる書籍やサイトをご紹介下さい。

  • 21世紀なのにまだ学校英語!!! 新時代の英語教育の潮流は?

    日本の学校英語(学習用辞書、文法書・参考書)では、間違った英語を教えられていると言われています。参考図書として以下二点。 「日本人に共通する英語のミス121」 ジェイムズ・H.M. ウェブ (1991/11) >日本人に共通する間違いのうちのいくつかは、中学校や高等学校での誤った教え方によるものだったり、間違いや旧式の英語が多い教科書と和英辞典を使っていることによるものだということがわかりました。本書には著者が気づいた、日本の大学生や大学を卒業した人の間違いの中から共通してひんぱんに繰り返される121の間違いを集めました。 「英文法 日本人が繰り返す200の間違い」 >外国の文法書を徹底的に研究したところ、日本で教えられている英語、特に学校英語の文法に、間違いや思いこみ、誤解の多いことがわかった著者が、それに気づかせてくれる200の例文を通して、これまで繰り返してきた間違いを正していきます。 一般の英語学習者、仕事上英語を必要とされる方は「ここがおかしい日本人の英文法」などで間違いを正すよう努力されていると思います。教育熱心な方からすれば頭が痛い話と思います。学校英語とは「別に」正しい英語を習得しなければならない。 ★ 現状の学校英語に関してのご意見は結構です。せいぜい話の流れで触れる程度でお願いします。 ■ この現状を改善するための前向きな提言、現在行われている授業改革などを教えてください。

  • 回答者は学校英語、受験英語に詳しい人がベストだ!

    ※ 日本語は理解されていると思います。質問に対する回答以外は利用規則違反です。 日本では学校英語(学習用辞書、文法書・参考書)などで、間違った英語を教えられています。参考図書として以下に二点挙げておきます。 「日本人に共通する英語のミス121」 ジェイムズ・H.M. ウェブ (1991/11) 日本人に共通する間違いのうちのいくつかは、中学校や高等学校での誤った教え方によるものだったり、間違いや旧式の英語が多い教科書と和英辞典を使っていることによるものだということがわかりました。本書には著者が気づいた、日本の大学生や大学を卒業した人の間違いの中から共通してひんぱんに繰り返される121の間違いを集めました。 「英文法 日本人が繰り返す200の間違い」 外国の文法書を徹底的に研究したところ、日本で教えられている英語、特に学校英語の文法に、間違いや思いこみ、誤解の多いことがわかった著者が、それに気づかせてくれる200の例文を通して、これまで繰り返してきた間違いを正していきます。 一般の英語学習者、仕事上英語を使われる方は「ここがおかしい日本人の英文法」などで間違いを正すよう努力されていると思います。 ■ 質問です。■ 1. このサイトなどでの質問、英語教室などで、日本でしか通じない英語を教えてもらいたい人がいらっしゃいますか? 2. 質問者の方は日本で教えられている英語に忠実な回答者を望みますか? それとも英国英語、米国英語の用法に通じている方を望まれますか?

  • わかりやすい英文法の参考書

    こんばんわ! 私事ですが、英文法が苦手で、英語学習が思うように進んでおりません。 中学レベルの英文法から学べる、シンプルな英文法の参考書を知っている方、教えていただければ幸いです。 高校生向けや一般向けの書籍をいくつか読んでみましたが、説明が長く、かえって混乱してしまっている次第です。 もし、英文法の参考書に限らず、英文法が自然に身につくようなマテリアル(教材)がございましたら、それもご紹介いただきたいと思います。

  • 日本人が英語を習得する過程について

    お世話になります。 学生時代ぶりに英語を学ぼうと一念発起した30代です。 当時は、本当に苦手で文型も品詞も「なんのこと?」といった状態で 試験を突破するだけに無理やり詰め込んでいたことを今でも覚えています。 それから10数年、社会人になり「今押さえておかないと、今後どんどん難しくなる!」 と思い立ちました。 そして、先日。ネイティブの方のセミナーを拝聴する機会がありました。 「ほんの少しでも、理解できるかな?」と思い臨みましたが返り討ち。 そして、ほかの参加者(日本人、東南アジアなど)は理解できているし、会話できている。 完全に火が付きました。「ぜったいしゃべれるようになってやる!」と。 やっぱり、できないよりできたほうが楽しい、と信じています。 ・・・前置きが長くなりました。 今はとにかくがむしゃらに勉強しよう!と突き進んでいるわけですが、 独学で進めているため、方向性が正しいかどうか不安でいます。 現在、当方は・・・ 1.英文法の基礎を習得する 2.英文の書物を読み込む 3.読み込んだ書物を英文法に従って解釈する 4.英語を浴びるように聴く 5.発音を習得する 6.少しずつ語彙、句動詞を学ぶ。 7.実際に使う(話す、書く) 8.2~7を規模を拡大しながら繰り返す。 という過程を想定しています。 現在は4.あたりにいます。 ここまでに使用・参照した書籍などは次の通り a)基本にカエル英語の本 b)ゼロから始める!大人のための中学英語 c)The Gandhi Story(書籍・オーディオブック) d)一億人の英文法 e)The Thomas Edison Story(書籍のみ) 参考までにTOEICは370点。 このTOEICの数字がどれほどの意味を持つか、いまだに疑問ではあります。 ここからどこへ向かおうか、と思案している状態です。 噂では「発音できない音は聞き取れない」という説があるようで それにまかれるように「発音を習得しようかな」ということで 5.を設定しています。 色々勉強していて思うのです。 「なぜ私たちは日本語を話せるようになったのか?」って。 根拠のない当方の解釈として、 本質的な学びという意味では日本語も英語もその他の言語も その過程に違いはないのかな、と。 生まれた時から四六時中その言語にふれあい、自ら発音し 先人たちからの指導を受ける。その繰り返しで言語を自分のものとする。 語彙だの英文法だの、形式的な内容は後付けでしかない。 だから、「言語は必ず習得できる。」と半ば無理やり 自分自身を鼓舞しています。 変でしょうか。 ぜひ、これまでの、そしてこれからの過程について 忌憚なき意見を頂戴したいです。

  • 英語塾探しております

    英語塾に通おうと思っております。英文法を中心に勉強して、英文を読めるようになりたいです。社会人ですので平日5時以降, 土日に通うことになります。日本人講師の方が良いです。何処か紹介してもらえないでしょうか?(希望所在地:大阪市内, 東大阪[近鉄沿線], 南大阪[近鉄沿線], 奈良県中部)

  • 『法則』に関する本やサイトに心当たりのある方お願いします。

    『法則』に関する本やサイトに心当たりのある方お願いします。 心理学にて多用されると思われますが、それが経済や仕事、何気ない日常生活の事であっても構いません。 最近できた言葉や、有名な言葉で無くても構いません。 要は、一つの法則に関して記述された、本やサイトでは無く、多数の法則に関して解説された様な本を探しています。 ウェブも検索したのですが、じっくり検索した訳では無く、加えて、ある程度その法則の事や名称を知らないと、検索しにくいと実感しました。 当方営業マンですが、ちょっとした待ち時間や移動中に読みたいので、できれば本の紹介を頂ければ幸いです。 書店において、書籍検索をすれば良いとも思うのですが、店員さんによっては、書籍名や著者を告げない限り、辿り着かない恐れもありまして、そのアドバイスでも大歓迎です。 また、あまり該当しない場合でも、参考になった、面白かった、一読の価値があるというご紹介でも大歓迎です。 宜しくお願いします。

  • 英語で書かれた英文法の本、お薦め教えてください

    英語で書かれた英文法の本で、日本人の英語学習に適当な物があれば、教えてください。 日本の中学から高校で学ぶ基本的な英文法の内容のものを探しています。 見やすくて、もう沢山という様な気分になる難しいもの困ってしまいます。イギリスで 英語を学んでいる子供たちや中高生が使用する文法書なのかな?と思いならが、 果たしてそれが日本人によいのかとも思う次第です。 目的は確実な英会話や文章が書けるようになりたいからです。 何かよいものがあればご推薦いただきたいのです。

  • 英文を頭から訳すコツは?

    英語のリスニングやリーディングで、どうしても日本語の語順に置き換えてしまいがちなのですが、 英語の語順通りに理解するコツや勉強法はありますか? 慣れといってしまえばそれまでですが、 実践して効果が上がったことなどあれば教えて下さい。(例えば、英字ニュースを読むとか、ダイアリーを書くとか、英文法をとにかく反復練習するとか・・・)