• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

don't have to と は have not to

英文法書を見ると助動詞 have to の否定形は don't have to のみしか紹介されていない物や have not to を間違いとしている物などをよく目にします。 しかし、学生時代に使用していた英文法書には don't have to はアメリカ、have not to は主にイギリスで使用されると書いてあり、図書館で見た辞典では両者が併記してありました。 ただし、have not to が載っている書物はいづれも出版年が古い物です。 そこで質問です。 1.現在では have not to は使われなくなっただけで(死語になった?)昔は普通に使われていたものなのでしょうか? それとも元々誤用だったものが、日本の文法書に間違って紹介されているだけなのでしょうか? 2.もし誤用でなかったとしたら、両者の意味は同じなのでしょうか? 以上2点教えてください。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数5
  • 閲覧数5582
  • ありがとう数31

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1
noname#20688
noname#20688

普通は don't have to ですね。しかし、イギリス口語では haven't got toの形がよく使われます。have not toは現代のイギリスでもあまり使われません。100年前なら普通の言い方でしたが。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

>100年前なら普通の言い方でしたが。 日本で英語が使われるようになったのは明治時代で、その当時の言葉をベースにつくられた英語教育のシステムが日本での英語教育の根本にあるらしいです。その名残のようですね。 回答ありがとうございました。

質問者からの補足

肯定文の have got to は載っていますが、否定文のhaven't got to は参考にしたどの本にも載っていなかったです。 haven't got to と don't have to の意味は同じでしょうか?

その他の回答 (4)

  • 回答No.5

文法史は専門ではないので、不正確かもしれませんが、証拠はあるので、それに基づいて説明をさせていただきます。 1.結論的には、have not toという用例はありました。 ただ、書かれたものが実際に慣用的な用法であったかどうかなどは、書かれたものそれだけではわかりません。複数の別の考察や資料が必要になります。リンク先のMeher Babaの箇所には、 For example, you are a man. Is it necessary for you to tell others that you are a man? No. But if you are living among donkeys, you would vehemently declare that you are a man. In the same way, I am God, but I have not to speak of it, because it is quite natural. Yet sometimes, I have to declare it." とあり、have toがnecessaryとほぼ意義的には同等のもの、あるいはかなり近接していることもわかります。そして、have not toとは異なり、肯定を表現するものがhave toだということもわかります。 この表現がMeher Babaが言ったものかどうか、また言ったとして彼の母語はなんだったか、また仏典と同じように、別に書記者がいてその人の母語が何だったなどを考慮することは、この資料単体からはできませんから、信憑性は、単にここにこういう資料がありますという程度です。その信憑性をあげる方法は、他に用例を見つける方法が一番説得力があります。誤用かどうかは、厳密な判断基準が成立しているかどうか、また、サンプリングした集団の中での多数というような統計的意味以外に、科学的に誤用判断ができるのかどうか、私自身は知りません。誤用でも使用例が多いようなものもありますが、それでも誤用かどうかの判断基準は、歴史的視点か、各語に内在する意味を把握するということしか私には思いつきません。専門家の回答を待ちたいと思います。普通に使われていたかどうかは、頻度の問題ですが、これはどのような使用域(register)、つまり、小説には多かったとか、その記録に残っている当時でも説教や訓話などに多かったなど、も考慮にいれないといけませんから、これはまさに私の答えるべき領域ではありませんので、専門家の回答をお待ちします。 2.don't have to とhave not toの意味は同じかどうかですが、これは「意味」という語の、それこそ意味にもよりますが、大雑把には、ほとんど同じだと言ってかまわないと考えます。 厳密な解釈では私の説明を否定するかもしれませんけど。 なお、1950年代(多分質問者が参照された出版物が出版された時期)は結構地味な文献書き写し作業で仕事をしていて、いまのようなコーパス言語学なんてなかったので、ひょっとすると使用例は少ないもので、たまたまそれがイギリスの著者のものだったのでイギリス英語と解釈された可能性があります。 量だけでもだめ、質だけでもだめというのを考えさせられるよい質問でした。ありがとうございました。

参考URL:
http://www.answers.com/topic/list-of-people-who-have-been-considered-avatars

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

実際例は少ないようですが、そのような使用例があるということが確認でき、意味上にも大きな違いがないという情報は大変参考になりました。回答ありがとうございました。

質問者からの補足

ありがとうございました。 補足ですが、参考にした図書は1960年代(併記してあったもの)、1970年代(米・英で異なると記載)の物でした。

  • 回答No.4
noname#20688
noname#20688

#1です。 イギリス口語では「持っている」と言う意味で have gotをよく使います。でも、日本人はその表現を知らないのか嫌っているのか無視しているのか、なぜかどの文法書でも取り上げていないですね。 haven't got to と don't have toは同じ意味ですよ。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

再度の回答ありがとうございました。 日本での英語教育はアメリカ英語をベースにしているらしいので、受験に出ないから have got to はあまり教えていないのだと思います。

  • 回答No.3
  • raves
  • ベストアンサー率25% (7/28)

オーストラリア居たけど have not to は聞いた事も使ったこともないなぁ。違う意味で have yet to とかはあるけど。 なんだろ? シェークスピアの世界?確かにあのころはよく分からない英語が使われていたからねぇ~。 日本の文法書見たこと無いからこれ以上いえないけど(^^;

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございました。

  • 回答No.2
  • chonam
  • ベストアンサー率0% (0/4)

もしあなたが学生ならdon't have toを使った方が無難だと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございました。

関連するQ&A

  • have to + 動詞の原形

    have to + 動詞の原形は、have to という助動詞として、分類されています。 形の上からは、have to という助動詞に動詞の原形がついているともいえますが、have という動詞に to 不定詞がついているともみえます。 否定形は don't have to になることから、have を動詞と考えた方が理解しやすいケースもあります。 have to が助動詞的に頻繁に使用されたことから助動詞に分類されたものと思いますが、have を動詞ととらえると、何か問題があるのでしょうか?

  • have not と don't have

    英語の勉強をしていて、haveの使用で頭が混乱してしまったので、質問をお願いします。 have not と don't have の違いを教えて下さい。 (うまく説明できないのですが) 私はりんごをもってなない。は、 どちらを使う・・・のような感じでおしえてください。よろしくお願いします。

  • have toは、~しなければならない

    have toは、~しなければならない mustも、~しなければならない don't have toは、~しなくてもよい must notは、~してはいけない will not have toは、~しなくてもよいだろう では、「~してはいけなくなるだろう」は、何と言いますか? こんな表現は英語にはないのでしょうか?

  • have toとbe able toの否定形について

    ought toとused toの否定形はought not to、used not toとなりますが have toとbe able toの否定形はどうして do not have to、be not able toとなるのでしょうか?

  • don't have to / don't need to / shouldn't / sould not  に関してご教授下さいませんか。

    「長いメールを書かなくてもいいですよ。」 これを英語にすれば You don't have to write a long email. You don't need to write a long email. のような雰囲気と思います。では、 You shouldn't write a long email. で同じ意味合いになりますでしょうか。 「長いメールを書くべきではない」 のニュアンスを感じます。 例えば、 If you're busy, you should not write a long email. Just a few line would be fine to me.  と言うメールが来たとしたら、 「忙しいなら長いメールを書くのは良くないよ。(でも)短くても書いてね。」 というニュアンスを感じ、 If you're busy, you don't have to write a long email. Just a few line would be fine to me.  と言うメールが来たとしたら、 「忙しいなら長いメールを書かなくてもいいよ。短くていいからね。」 というニュアンスを感じますが。 大差はないかもしれませんが、どうなのでしょうか。 皆様のご意見お聞きしたいです。 sould not と Hを抜くと柔らかい表現になるのでしょうか。

  • Must have to

    Must have to do Must not have to do 上の構文は英文に有りますか? あるならば、どういった意味で使いますか? 助動詞を勉強中です。回答よろしくお願いします。

  • 否定形でhaveの使い方、文法的に正しい?

    子供が今、海外(アジア)のインターナショナルスクールに通っています。 学校で教わる英文法の中で、私が日本で学んだことから、どうしてもおかしいと思われる用法があるのですが、これは文法的に正しいのでしょうか? 動詞[have]の使い方ですが、時制のHaveではなく、「持っている」の意味でのHaveの場合で、 (例) 1) I have a book. →(否定形)I don't have a book. と、当然ならいます。 ところが、とある国では、 2) I have a book. →(否定形)I haven't a book. (私は本を持っている)  (私は本を持っていない) と、教えています。テキストブックにも記載されています。 私は先生に、2)は誤りで1)が正解だと言うと、 「1)も2)も、文法的におかしくない(「持っていない」という意味2)で)」とのことです。本当でしょうか? Haveを動詞に使う場合は、時制の完了形として、 I finished a job. →(否定形)I haven't finished a job. とはいえるでしょう。 でも、「持っていない」は、Haveという動詞の否定形なので、don't(doesn't, didn't) have ~ でないとおかしいと思うのです。 私が日本で習った記憶はそうで、これしかないと思っていました。 文法として、「ネイティブの国で」2)の用法が正解なことはあるのでしょうか? ちなみに、そのテキストブックはインド製でした(こちらはインドではないですが)。 今回、オンライン授業がいきわたっていて、テストもオンラインなので内容を見てみると、Have(持っている)の否定形として、don't have や doesn't have の選択肢がなく、haven't / hadn't (持っていない)しかないのです。 こちらは旧イギリス植民地だった国ですが、イギリス英語では、これは2)はOKなのでしょうか? 正直、非常にびっくりしました・・・。 子供には、日本では2)は通用しないから、どちらでもいいと先生が言うのであれば1)を書くように、と教えたのですが・・・。 専門家の方、英語ネイティブの国にいらっしゃる方など、ネイティブで通用するかどうか、そもそも文法的に正しいのかどうか(文法というのも慣わしの部分があるかとは思いますが)、お教えください。

  • haveの否定形

    haveの否定形は一般動詞として使われるときは don't haveで、現在完了の助動詞として使われるときは haven'tになると学校で教わりました。しかし、“We haven't enough money”のように、一般動詞の場合でも haven'tになる形をよく見ます。これは英米の用法の違いなんでしょうか?

  • 仮定法過去完了のhaveの品詞は何ですか?

    英文法の本をしていて、完了形のhaveは文法上助動詞になりますと書いてありました。 そのままその本を見ていると、仮定法過去完了というところがあり、should,would,couldが助動詞と書いてありました。 じゃあ、仮定法過去完了のhaveの品詞は何ですか? 助動詞は、2つ使えなかったような覚えがあるので、疑問に思いました。 どうぞよろしくお願いします。

  • dont needはdont can toと同じ?

    助動詞needの否定形は You don’t need to do it. 助動詞needをdontで否定して,さらにtoもつけているから I dont can to go home,みたいになっているということですよね?