• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

文末焦点の法則と倒置について

 こんばんは。 新情報や最重要な情報は文末に置いて、聴き手や読み手の期待感を高める「文末焦点」の法則がありますが、「倒置」の働きや「日本語と違って、英語は言いたいことを先に言う」などということと矛盾しているのじゃないかなと思います。  倒置は、語順を入れ替えて文頭に否定語や副詞句を持っていき、それらを強調するものだと私は思っています。(あってるかわかりませんが)  結局のところ、それらについてどれが正しいのかわかりません。よろしくお願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数501
  • ありがとう数2

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2
  • KappNets
  • ベストアンサー率27% (1557/5688)

英文で重要な情報を置く場所は1が文末、2が文頭 とされています。 それでも主語が文頭なら順当(やや平凡)ですが、主語以外を文頭に持って来ると強調感じが強まります。それが倒置です。 備考:The Elements of Style, pp. 22-23.

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございました!

その他の回答 (1)

  • 回答No.1
  • SPS700
  • ベストアンサー率46% (15187/32614)

    これは「書き言葉」と「話し言葉」で違うと思います。 1。書き言葉     読み返しが効くので、「僕に取って」どこが大切かは僕がその場で決めています。文末とか倒置とかで著者がどこを強調しているかは、「著者の」関心事で僕には意味ないです。 2。話し言葉     強調したい所に強勢を置きます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうござました!

関連するQ&A

  • 倒置?

    副詞が文頭にきたので倒置が起こります。 といっていました。 否定表現の副詞が文頭なら必ず倒置が起きるとは知っていますが ただの副詞については聞いたことがないので ただの副詞が文頭にきたら倒置にすることができるし しなくてもいいということでしょうか?

  • 英語の語順と文末焦点の法則について

    清水建二著「英文法 日本人が繰り返す200の間違い」という本に文末焦点の法則というのが、英語の語順の根底にあるように、書かれていたのですが、これは著者の独自の理論なのですか? 他の人も唱えている説なのでしょうか? 申し少しこの法則について知りたいのですが、参考になるようなサイトや書籍などありましたらご紹介下さい。

  • 否定の倒置について、思ったこと

    こんにちは。否定の倒置について、ふと考えたことが あるので書かせてください。 よく文頭にNeverなどの否定語が来ると、(助)動詞SVと 倒置が起こりますが、これは強調のためです。 ただ、私的に疑問なのが、そもそもnever自体「決して~ない」 という0%の意で、倒置を起こさなくとも、これを使うこと自体で 強調しているように感じるのです。 不明確な質問なのは承知してますが、何かこれに関してお気づき のことがあれば教えてください。

  • 倒置について教えてください

    こんにちは。倒置についてなんですが、 happy became sheというような文を倒置でつくることができますよね? これは倒置の「補語+動詞+主語」の形に従って考えたんですが、 これが(元の文が)She became unhappy.だったら、unhappyを前に出すと、上の形のように unhappy became sheになるんでしょうか?それとも、「un」という否定の語がついているから、疑問文の語順にして unhappy did she became.になるんでしょうか? それから、 The man went nowhere.のnowhereを文頭に出して倒置すると、場所をあらわす副詞がついていて、しかもgoは自動詞だから「場所を表す副詞+自動詞+主語」の順にして nowhere went the man. になるんでしょうか?それとも、「no」という否定語がついているから nowhere did the man go. にするんでしょうか? すみませんが以上について教えてください。

  • 倒置

    Never have I read such an interesting story. のような倒置がありますが、このようなことがあるのは、否定の語のときだけのような気がします。 どうして、yesterday とかふつうの副詞が文頭に来ても当地は起こらないのでしょうか?

  • 副詞の強調における倒置構文について質問です

    副詞の強調における倒置構文について質問です 副詞の強調における倒置構文では、(1)否定を表す副詞,(2)場所・方向を表す副詞の2つの用法がありますが、それ以外の副詞も強調できるのでしょうか?ある参考書に以下の副詞強調の倒置構文とし以下の英文が掲載されていましたのでご覧頂いたうえで、質問にご回答くだされば幸いです。 The answer came in 1908,in amachine which Henry Ford called his Model T With it was born a completely different way of life(強調構文) with itは否定も場所・方向もあらわす副詞ではありません。でも何故強調倒置できるのでしょうか?

  • 倒置についておしえてください

    Little as we know about his origins, we can at least be sure that he was brought up in Greece. は 倒置を戻すと、As we know little about his origins, ですが 否定の副詞を文頭に持ってきた場合残りの部分は疑問文の語順になったとおもうんででが なぜならないんでしょうか?

  • 倒置について

    副詞や否定辞のあと倒置されますが、あれは「強調」として理解することができます。 so do I hardly had she gone before I arrived など。 仮定法の副詞節で「if」を省略して、倒置形にしますが、あれはどんなニュアンスをもつのでしょうか。 Had it been Should you など で「if」があるのとないのでは……たとえばですが、「ない」ほうが、語を略した分「くだけた」「口語的」となるとみなすべきか、いや、「固い」「気取った」「形式ばった」とみるべきか。

  • Well do I remember などの倒置

    Well do I remember the first time that I saw Mr. Spender. という例文を見ました。これは、どうしてこのような倒置になっているのでしょう? 倒置になるのは、否定を意味する副詞(句)が文頭に来たり、場所や方向を表す語句が文頭に来たりする時だったのではないでしょうか? well は否定でも場所や方向でもないと思います。

  • 倒置の問題について教えてください。

    高校英語の倒置の問題です。 否定の副詞が文頭に来た場合、その後ろは疑問文と同じ語順になるのはわかるのですが、 以下の二つの文について… (1) Little did I dream that I would have such a terrible accident. (2) Never had I dreamed of that kind of things 上の文ではdreamの後ろにすぐthatが来ているのに対し、 なぜ下の文ではofが来てからthatになっているのでしょうか? 文法的に解説していただければと思います。 お願いします。