• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

在宅医療について教えてください。

御世話になります。宜しくお願いします。 4月に父親がステージ3の食道がん(動脈や器官を巻き込むように浸透していて手術困難と言われた)と大腸がんのステージ2の多重癌が見つかりました。 大腸ガンは転移もないので手術で取りきれたのですが、 食道がんは手術も困難なので、抗がん剤と放射線で治療をしましょうと言われています。 余命は1年はないと言われていて、治療をしても癌の消滅する率は20パーと言われました。 父親は治療はもうせずに家で静かに時を過ごしたいと言っております。(父は病名は知っていますが、余命は知りません) 今、現在、首からの点滴と腸からの栄養のみで過ごしています。(水分は飲める状態です。) このような状況ですが、在宅医療が希望であるならば家で過ごさせてあげたいと思っております。 先生は口から物が食べられないのに家に帰れないとおっしゃっていたのですが、本当にそうなのでしょうか? (治療を勧められているので、治療したら食べられるようになるよ・・の意味でおっしゃってくれたんだと思うんですけどね) 在宅で点滴を受けるなどは無理なのでしょうか。 在宅医療について何かわかることがあれば何でも結構ですので教えてください。 宜しくお願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 病気
  • 回答数2
  • 閲覧数305
  • ありがとう数3

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2
  • r_nurse
  • ベストアンサー率65% (180/274)

訪問看護師してました。 単純に食べられないということだけなら、「在宅中心静脈栄養法」や「胃瘻造設」といった方法で、ご自宅で生活することはできると思います。 通常、医療機関か訪問看護ステーションからの訪問看護+地域の医師の往診体制を組んで対応します。がんの末期であれば、介護保険の認定にかかわらず、医療保険を用いた訪問看護が受けられます。 また、がんの痛みに対して麻薬などで対応しながら、ご自宅で最期を迎える方もおられます。 どちらかというと、今の病院経営としては早期退院が望ましい仕組みになっているので、在宅を勧めない担当の先生には、何かその他のお考えもあるのだと思います。  ご本人のご希望と、ご家族の皆さんの意向と、医師をはじめとする医療職の治療・ケアの方向性がそろっていくことが大切だと思います。多少時間があるようなので、慌てずに準備してゆくことが大切だと思います。  病院に医療ソーシャルワーカーさんがいれば、相談に乗ってくださることもあると思います。

参考URL:
http://www.zenhokan.or.jp/

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

大変、詳しく説明してくださりありがとうございます。 父の入院している大学病院は訪問看護のようなことをしていないみたいですが、ソーシャルワーカーさんはいらっしゃるようなので、さっそく相談してみます。^^ がんの末期であるなら、医療保険を用いた看護が受けられるのですね^^安心しました。 家に帰りたいと本人も言ってるのですが、お医者様は治療を受けたほうがいいと言っていて、本人も気持ちがその日、その日で違ったりすることもあるようなので、家族もその意見に振り回されているかんじなところもあります。(^^;; おっしゃってくださったように、慌てずに準備していこうと思います。 とても説得力のあるご助言をくださったことで、少し冷静になれた気がします。 本当にありがとうございました。

その他の回答 (1)

  • 回答No.1

最近、在宅で95歳の高齢者を看取りました。 昨年8月から今年1月までIVHとなり、口からは水すらむせて飲み込めない状態でした。 高カロリー点滴で、退院した時点から、介護度4の在宅治療となり月一回の医師による往診、毎週一回の訪問介護でした。段々に点滴が漏れたり、アラームがなったりということが度重なり、看護師とは24時間体制で連絡も取れ、安心して看護できました。何よりも病院が嫌いで、入院すると帰りたいと暴れたりもしましたので、在宅に切り替えて本人も落ち着き、幸せで立派な最期を家族と共に迎えられました。笑顔で旅立ちました。 お父様の場合は保険者による介護の認定は下りていますか?治療等もあるでしょうからIVHとの兼ね合いで、万一の場合の入院受け入れ体制などが合意されれ病院の管理下にて不可能なことはないと思います。 今、入院されている病院に訪問看護室があるのでしたら、ご相談されてみてはいかがでしょうか。 点滴をながら在宅治療されている方はいくらでも居られますよ。薬等も一緒に点滴できますので、ただ今後の痛み等のコントロールの点が心配ですね。 医師とも十分に話し合いをなされ、納得いく治療を受けられますように。 どうかご家族と共に心穏やかにお過ごしできますようお祈り申し上げます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

貴重な体験をお話頂きありがとうございます。 介護の認定というのはおりていませんが、大腸がんで人工肛門になったので障害者の手帳はもらえるとのことでした。介護認定されるに当たっては、かなり本人は元気ですので認定されないでしょうか・・。 幸い、痛みは全くなくてやせたこと以外はとても元気なのです。トイレや売店にも毎日1人で行っているし、わざわざ待合室にあるテレビを見に行ったりをしていますが、 痛みなどのこともこれから、在宅医療を考えるのであれば 考えなくてはなりませんね・・。 心温まるお言葉を頂き、涙が出ました・・・。正直、父が 癌であることや、余命を言われても受け入れられないでいるので、動揺するだけの1ヶ月を過ごしてまいりました。 nanami2000さんのように体験を詳しく話していただき、 なんだかそれを聞いただけでホッとしてしまいました。 父が望むように、家族が納得できるような時間を過ごしていきたいと思います。ありがとうございました。

関連するQ&A

  • 介護認定について教えてください。

    いつも御世話になっております。宜しくお願いします。 父が食道ガンと大腸ガンになり、人工肛門(永久) 障害者4級になるでしょうと言われています。 食道ガンはステージ3で動脈や器官を巻き込むように 腫瘍が広がっていまして、手術は無理といわれ、病院では 放射線と抗がん剤治療を・・と言われましたが、やっても 治る確率は20パーで余命も1年ないと言われています。 家でのんびり、何もせずに過ごしたいことを本人が望んだので、在宅医療にはなることになったのですが。 食べ物は食べられず、小腸から栄養を入れていて、水などは飲むことは可能です。食道の腫瘍のせいか、人工肛門の袋を替えたりするのに下を見ることが苦しくて、家族が 替えてる状態です。 痩せて骨と皮というかんじですが、それ以外は本人は結構、元気にしていまして、トイレにも自分でいけますし、ベッド上にも座位で座っていられますし、痛みもないと いいます。 病気が進行していて、余命がなくても、本人がトイレまで 歩ける等、動けるのであれば、介護認定で要支援等しか 受けられないのでしょうか。 わかる範囲で何かわかれば教えてください。 よろしくお願いします。

  • 大腸ガン→リンパ線のガン

     2/18に父親(58歳)が大腸ガンの手術をしました。大腸ガンは 取除いたそうですが、リンパ線にガンが進行しているということでした。  これからは抗がん剤で治療していくそうなんですが、治るのですか?余命はどれくらいなんですか?

  • 食道癌

    食道癌 こんにちは。母が内視鏡検査を個人病院でして、先生の回答が 大きい病院で検査をしましょうとのことでした。言葉を濁しながらというか、細胞検査は大学病院に出してその結果がまだきてないので、はっきりと答えられないというのが正直なところなのでしょうが、食道癌の可能性があり、進行状況は初期ではないとのことでした。胃のほうは綺麗で、食道の口の方も綺麗だけど、少し奥に行くとしこりがあるという感じです。 今後予想される治療を聞いた際には、紹介してくださる病院まで少し遠いので通院というよりは入院になる可能性があると思います。手術というよりは、点滴と放射線治療になるのではないでしょうか?ということでした。母が、余命どれくらいですか?と直に聞くと、いや~そんなことはないですよ。今は医学が大分進歩してますからということでしたが、当の本人は多分余命半年ぐらいだといっています。 私もネットで調べると、点滴・放射線治療は末期の人が手術してもあまり効果が現れないときにするものであるという風に書いていたので、もうステージ4なのかな?って思っていますが、大きい病院に行く前にある程度皆さんのご意見を参考にさせてもらいたいなと思って質問させてもらってます。よろしくお願いします。

  • 大腸ガンの肝臓転移、ステージ4

    54歳の父が大腸がんの肝臓転移、ステージ4とわかり今治療にかかっています。 医師の話では これから人工便を付け体力を付けてから抗がん剤治療にはいり、がんの様子をみて手術するとの事です。 医師に余命を告知されなかっただけが救いです。 とても辛く厳しい抗がん剤や手術になると思われます。 抗がん剤にもいろんな種類があるらしく、現代の医療に期待して、父、家族共に前向きに頑張っていきたいと思っています。 治療が成功した例などアドバイスがあれば教えて頂きたいです。 宜しくお願いします!

  • 癌の終末期医療について教えて下さい。

    私の父親は4年半前に大腸癌が見つかり手術をしました。大腸の癌は取り除けましたが肺に転移しており、こちらは完治は難しいと言われました。余命は一年を覚悟する様に言われましたが、本日まで抗がん剤を含め色々と治療を頑張ってきました。しかし遂に癌が進行してしまい呼吸困難な状態になりました。 現在、某大学病院に入院しておりますが、本日主治医に呼ばれ「今は麻薬で痛みを押さえているが、今日明日にでも呼吸が止まってもおかしくない危険な状態」と説明を受けました。 続いて主治医からは「年明けに自宅か緩和ケアが出来る施設のどちらかに移ることを決めて下さい」と言われました。 私の家族は両親と私の三人家族ですが、母親も大分弱っており、歩くのがやっとという感じです。私は今は年末年始休暇で時間が取れますが、平日は会社へ出勤する為、日中に介護の時間を取るのは難しい状況です。(但し休暇の取得の可能性があり検討しております) 癌による終末期医療は、在宅が良いのかホスピスなどの緩和ケア施設が良いのか判断に困っております。単純に考えれば家でゆっくりさせてあげたいと考えるのですが、十分なケアが出来ない等の理由で父親が辛い思いをすることも避けたいです。 10日程前に一緒に食事に行ったときは、自分で車を運転する程元気だった父が急に酸素マスクが無いと生きられない状態になり、心も含め全く準備が出来ておりません。 この様な質問の仕方は失礼かと思いますが、実際にご家族で終末期医療を経験されたことがある方にアドバイスを頂ければ幸いです。 決して裕福ではありませんが、出来るだけのことはしてあげたいと費用も用意したいと思っております。 どうぞ宜しくお願い致します。

  • 大腸がん ステージ4での手術後について

    とても大切な友人が大腸がんになりました。 ステージIVになってから発見され、10月に手術を受けストーマとなり、11月から抗がん剤の点滴治療をしています。 2週間ごとの治療ですが、この6週間は白血球の減少が原因で点滴が出来ないとのことです。 先日の検査では白血球が2,570で腫瘍マーカー0,9です。 抗がん剤の治療の副作用として白血球が減少するとの事ですが、正常値に戻るのにはやはり日にちがかかるのでしょうか? 1日でも早く白血球を増やす方法などないのでしょうか? また、発見時、癌は腹膜と骨に転移があり余命2年との宣告でしたが、本人は人に薦められたミネラル深層水を飲んでいるので癌は完治出来たと思っており、抗がん剤の治療は再発に備えての事と捉えています。 抗がん剤の治療で効果が続けば、余命2年という不安は解消されたと思っていいのでしょうか?

  • 先進医療、重粒子線治療って

    保険に先進医療の特約がついているものがあります。 ネットで少し検索しただけですが、費用は全額自己負担で医療費は1万~300万程度らしいです。 例えば重粒子線治療は高い分類に入りますが、これはがんになったとき希望すれば受けられるのでしょうか? 通常の抗がん剤治療や、手術(がんを摘出)が通常の方法ですが、切るのは嫌だ、副作用が心配だ。・・・ などの理由や、どうせ保険に入っているから先進医療を受けたい。 で可能なのでしょうか? それとも重粒子線治療のようながん治療の先進医療の場合は、ステージ3、4などでどちらかというと 現在の保険が適用されるような医療技術では、余命5年以内に死んでしまう可能性がある。 固形がんなど、がんの種類も限られているし、先進医療を受けたからと言って絶対ではないが 治る可能性が通常よりは高くなる。 などの条件がつくのでしょうか? 逆な言い方をするとがんの先進医療の場合は、がんになっても先進医療を受ける可能性はきわめて低いのでしょうか? 初期のがんなどにはまだ適用されないのでしょうか?(どんな副作用があるかまだ不明なためリスクがある)

  • 食道癌について

    はじめまして。 66歳の叔父が進行性の食道癌、ステージ3~4、リンパ節2箇所に転移有りと診断を受けました。11月16日に入院し19日には告知を受け、まだ検査も続くとの事で今日から25日まで外泊許可が出たので一時帰宅しました。お医者さまには「余命」の事は本人も居たので聞けませんでしたが 一般的にはどれくらい生きられるのでしょうか。食べ物が通りづらくなっているので手術を行う事になっているのですが、手術をした場合は食べ物が喉を通るようになるのでしょうか。癌は食道の15cmにも及ぶのですが手術は可能なのでしょうか。来週も検査が続くのですが、まだお薬や点滴なども一切使ってません。2週間も検査で癌は進行しないのでしょうか。どなたか教えてください、よろしくお願いいたします。

  • 末期癌で肺炎を起こしている父について

    いつもお世話になっています。食道癌と大腸癌の父を在宅看護と往診でこの半年、看て来ました。今月に入るまで、少しの肺炎などありましたが、おさまり、痛みもなくて、穏やかに過ごせました。 先日、肺の痛みを訴え、救急車で運ばれました。原因は重度の肺炎と、器官のほうに腫瘍が入り込み、破れてしまったとのことでした。 延命治療はしたくないと、言っていたので、痛みと呼吸を楽にさせるような 形での処置のみをお願いし、運ばれた大学病院に入院となりました。 昨日からモルヒネを投与されたのですが、幻覚などがあるみたいで、監禁されちゃってるんだよ・・。なんでここにいるの?などと聞きます。 夜中は自分で点滴やドレーンを抜いてしまうようで抑制させていただきますと言われました。 それを思うと可哀相でたまらないのと、家で最期まで看るつもりでいたので 本人も家には帰りたい、明日、退院できる?と聞いてくるのもあって、もう1度、家に帰してやることはできないかなと考えています。 他の家族は今のままだと無理なんじゃないか・・・と言っています。 今、重度の肺炎を起こしていて、モルヒネを投与して、6Lの酸素を 吸入しています。 急変がいつ起きてもおかしくないと言われていて、余命は1~2ヶ月と言われましたが、もっと時間がないように思えてならないのです。 それとも、今の状態で動かすことがあまりに無謀な考えでしょうか。 このまま、毎日とにかく、残された時間をなるべく一緒に過ごしてあげた ほうが良いのでしょうか。ご助言いただけたらと思います、よろしくおねがいします。

  • 医療に関する質問です

    一概に言い切れないのは承知で… 癌に関しての質問です(長文です) 初めに発見されたのは肺、同時期に胃にも癌が発覚。 そのときはステージ的には「初期」との判断で、内視鏡で癌を切除しました。 それから3ヵ月後、定期健診で胃に癌細胞を再発見。 ステージは2後半~3レベル…前回の手術で見落としと言えるでしょう。 見落としも問題ですが、お尋ねしたいのはその後です。 再発見後、開腹手術をすることになったのですが… 当然のごとく「開腹してみて状況によっては、そのまま閉じます」とのこと。 結果としては胃を半分切除しました。 しかし… 切除した胃の検査から転移と余命4ヶ月を宣告されたんです。 に関わらず、再手術だというのです。 ほんの1週間前に手術をして、さらに再手術。 余命4ヶ月なのに・・・? ここで質問です。 こういうケースってあるんでしょうか? 手術できるのに余命4ヶ月っておかしくないですか? ちなみに患者は41歳、糖尿病歴ありの男性です。