• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

今って本当に景気いいのですか?

景気が改善されている等・毎日のネットでの報道、政府の報道本当に?と疑いたくなってます。家電屋さんも閑古鳥が鳴いているような。大企業の皆さん、中小で働いている皆様、景気本当にいいですか?回復してますか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数7
  • 閲覧数2428
  • ありがとう数16

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.3
  • modify
  • ベストアンサー率10% (66/634)

景気が良いのは、公務員、政治家、一部の大企業だけですよ。消費税が上がってから、販売価格を下げないと売れないので給料はガタ減り。失業者やホームレスがこんなにいて何が景気の回復ですか?うちの子供なんか収入が減って子供を作るどころか結婚も出来ない。耐震偽造も安くしないと売れないので、やってしまった訳で、行政の言う通りにしてたら高くなってしまって売り物にはならないのでこれからも耐震偽造は増えるでしょう。近頃、テレビで役人や政治家の無駄遣いの酷さを見てたら腹が立って仕方がない。暴動がおきないのが不思議なくらい。阪神が優勝したら暴動をおこすのに・・・

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

どこかの日曜の朝のテレビで格差というけれど貯蓄率が26%なんてそんなことの基準はおかしいと竹中平蔵は言ってました。うちはまさに貯蓄率0を底辺で生きています。毎月口座を見ても5万円の金額がうろうろしているだけです。毎日毎月の高額な家賃の支払いで頭一杯になり、睡眠障害となってきてます。 でしょ、でしょ!同じ方がいてとてもうれしいです。子供が産めるもう時代でないのに政府は・・・次元が違いすぎますよね。有り難うございます。

関連するQ&A

  • 「景気」って回復してませんか?

    どこの企業も人手不足で、仕事はいくらでもあるし、「景気」は回復しているのではないですか? 報道などでは、回復は大企業だけで中小企業は恩恵を受けていないってなっていますが、どうして中小企業は、大企業の言われるがままに仕事を請けてしまうのですか、しっかりと技術のある企業は適性価格でやってますよね?

  • 景気よくなってるのでしょうか?

    夫が自営業者です。最近は株価が上がってきて企業業績もよくなってきていると聞きます。しかし、夫の会社はまだまだ景気回復には程遠いといった感じです。恐らく大企業だけでお金が回っているだけで我々末端にはまだまだ苦しい経営が続いていくと思われます。 さて、我々末端企業には景気回復の実感は何時ごろ感じるものなのなんでしょうか?それとも景気はもうすでに回復してて今後中小企業は無くなって行くのでしょうか? 皆さんどう思われますか?

  • 景気回復について

    こんにちは。 私は少し疑問に思っていることがあります。 地元企業が潰れ、その跡地や建物が安いからという理由で、他県から大企業の支店や事業所がくるとします。 その企業はいつまでいるか分かりませんが、数年~十数年はいるでしょう。 一応県で見ると売り上げは上がりますし、雇用も増えます。 うまく表現できないのですが、地元企業が発展してこそ景気回復なのではないか。 中小企業が数多く潰れている横に、大企業の支店がきて景気が回復してきたというのは本当に正しいのか。 このような疑問を感じております。 疑問点が氷解するような回答をお願いしたいです。 よろしくお願いいたします。

その他の回答 (6)

  • 回答No.7
  • aozola
  • ベストアンサー率12% (72/563)

聞いた話だと、サラリーマンの所得は、何年か下がり続け、会社の収益は上がりつつあるらしいです、最近のはあまり知らないのですけど、数ヶ月くらい前はそうだったらしいです、 つまり、景気が回復しても、企業だけが利益を上げるようになっているらしく、昔のように、景気回復が国民全体のメリットになるような、制度には今はなっていないようです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

なるほど、そうですよね。 有り難うございます。

  • 回答No.6

他の方がおっしゃっているように、景気は回復傾向にありますよ。失業者も減っていってるし、新入社員の数が増えているハズです。 仕事だっても選り好みしなければ40代でもいくらでもあるんじゃないですか?金があるところには金があって、そこでは人が必要なわけですから。 #1さんへの回答のところでおっしゃっていることなんですけど、アイ●ルや武●士等の消費者金融(以下サラ金)は、たいていバックに銀行がついているハズです。なぜ銀行がわざわざサラ金を通すかというと、サラ金は、銀行法の範囲外で、利子を多くとれるからです。銀行で借りるのに、利子はせいぜい2~3%?くらいですよね。でもサラ金なら33%以内くらいまでの利子がとれるんです。もっと銀行が一般の人に貸してくれれば景気はますますよくなると思うんですけど・・・。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

銀行ってなかなか貸してくれません。抵当なし、賃貸・売り上げ無しでは貸してくれません。あれだけボーナス自分たちたくさんもらえるのならもっと貸して欲しいものです。

  • 回答No.5

景気が良い、というのはどこのレベルでいうのかが問題。 政府・自民党自体はきっぱり言ってます。 中小企業、低所得者にはまだ好景気が行き届いてないと。 しかしそれはまだ好景気になり始めたばかりだから、デフレ脱却すら宣言できない状況で日本全土が好景気にわくわけがありません。 しかし大企業において業績の回復、それによる採用の増加、団塊の世代が引退すればさらに採用は増えます。 派遣会社でも賃金の低下は底をつき、多少であるが上昇に転じてると言います。 物価も上昇傾向です。 つまり今言ってる好景気は、バブル期絶頂期の好景気を言ってるわけでは決してありません。 そして今後もバブル絶頂期はありえないでしょうけど、全体として好景気に向かっている、という予測をしてるのであって、決して低所得者の割合が劇的に減ったとか完全失業者が殆どいなくなったとか言ってるわけじゃありません。 あくまで「今後の好景気に期待が持てますよ」といってるだけです。 景気の回復において突然零細企業が儲け出すなんてことはないでしょう。 好景気を段階的に見るなら大企業の業績回復なんてまだ第1段階です。上でもいいましたが、デフレ脱却宣言すら出せない日本が好景気であるわけがありません。 「好景気に向かいつつある」という予測です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

現在就職活動中で、面接のラッシュでなかなかパソコン見ていなくて。ご回答有り難うございました。零細企業が儲け出すなんてことそうですね、ムリですよね。有り難うございました。

  • 回答No.4

「景気が良い」というのを何を基準に決めればよいのか判断は分かれるところでしょうが、「個人所得が多い」ということを基準に考えるとこうなります。 市区町村役場にいきますと「課税標準段階別・所得割別納税義務者調」という資料があります。 簡単に言うといくら稼いでいる人間がその市区町村に何人いるかという統計資料です。 20年くらい追いかけてみると簡単に分かりますが、 課税標準で1000万円を超える高額所得者が増加傾向にある一方、急激に100万円以下の低所得者が増えています。構成比は高額所得者が2%くらい、低額所得者は30%強となっていますから、景気回復とは程遠いのが実情ではないでしょうか。 好景気というのは時間が経つにつれて収入が増えていくというのが体感的に感じるものだと思いますが、時間が経つにつれて低額所得者が増えていくのでは好景気とはとてもいえませんね。 数字のマジックで100万円が一人、1000万円が一人いたとします。本来は100万円が200万円、1000万円が2000万円になれば所得倍増として皆誰もが納得できる数字でしょうが、実際は100万円が100万円、1000万円が2000万円とすると190%増の好景気として発表しちゃいます。 私は本当の好景気というのは低額所得者の割合が減ることだと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

低額所得者の割合どんどん増えていますよ。有り難うございました。

  • 回答No.2
  • cse_ri2
  • ベストアンサー率25% (830/3285)

失礼ながら、質問者の方は40代なのでしょうか? たいへん申し訳ありませんが、40代に入った人が景気回復を実感するのは、非常に難しいと思います。 なぜならば、若い頃にバブルの恩恵を受けており、景気がいいというとその頃を基準に考えるからです。 私も社会人成り立て直後は、バブル景気の中でしたから、あの時の景気のよさは肌身で実感しています。 しかし、すぐにバブルは崩壊し、20代後半から今までの冷え込んだ景気の方が現実感が高いです。 一番冷え込んだ頃と比べると、やはり景気はよくなってますよ。 物価下がりましたしね。外食とスーツの値段は、バブルの頃と比較するとウソのように安く、それから給料は上がりましたが物価はそれ程上がっていないので、得した気分です。 景気は気のもちようという言葉は、確かに当たっていると思います。 ただ、いつの時期と比較するかが、問題なのではないでしょうか。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

50に手が届く年代です。そうですか。時代はそうなのですね。今までに比べたら・・・・なのでしょうね。有り難うございました。

  • 回答No.1

よくないです。 でも、景気判断にはいくつかの指標があり、それらは景気が回復していることを示しています。大手の企業はすっかり人を切ったので、その効果も大きく現れてきました (今また採用数が増えていますが)。 よくないのは、1. 中小零細企業、2. 三大都市圏など巨大都市を抱えていない地域。 しかし、景気は気のものという考えもあり、国民のマインドが (無理矢理にでも) 前向きになれば、お金が回りはじめます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

三大都市圏で住んでいても全く景気は改善されません。良くないです。確かに大手の採用は若者は採用されていますけど・・・。もっと年配の採用を増やして欲しいです。特に40代の採用を。また銀行も年収の低い所にも融資してほしいものです。アイフルなどの金融屋にはバンバン貸しているのに。気の持ちようですかね。有り難うございました。

関連するQ&A

  • 景気回復してるんですか?

    報道を聞いてると景気は回復してきている。 今後賃金も上昇してきて?とか言ってました。 何を基準に回復傾向と政府は決めてるんですか? 物価は上がり保健税金も上がり大変なだけなのに。 ある報道マンは期待できる程景気回復はしないと言ってました。 でも、ほとんどの方は景気回復を実感してるんですよね?

  • 本当に今は景気が良いのでしょうか?

    景気が回復して、景気回復などとテレビなどでは言っていますが、中小企業や庶民には全然実感はないと思います。 たとえマクロでも景気が良いと断言できる経済指標、 業界別の数字など一覧になった表が見たいと思います。関連サイトがあれば教えて下さい。

  • 景気は良くなったのか?

    政府や報道では好景気が・・・と書いていますが全然実感が無くむしろ 不景気からいまだに脱出できないように感じています。 田舎からなのかもしれませんが、地元の先輩といつになったら景気が良くなるのかと愚痴を時々言っています。 皆さんは景気が良くなっていると感じますか?それはどこですか?

  • 景気回復のためには・・・

    景気回復のためにいろいろな政策や考えがあるようですが、 みなさんの考える景気回復策を教えてください。 これからの日本の企業・政府がどうするべきこと 国民がするべきこと etc・・・ 無難な答えから独創的な答えまで いろいろな意見まってます(o^-^o) (笑)

  • 来年は景気が後退して不況になる?好景気になる?

    来年は景気が後退して不況になる?好景気になる? 世界需要が高まるので好景気なると好景気派は言ってますが、日本の需要は消費税増税で冷え込むのが分かっています。 好景気になるのは世界に輸出、世界に工場がある大企業だけ。日本の9割は中小企業です。

  • 景気回復?

    アベノミクス効果で景気回復してるらしいですね? 地方の人にも数年後には実感できるような報道を聞きました。 ある程度まともな企業の人しか関係無い話しじゃないでしょうか? 赤字続きだった小さい会社で景気回復したから賃金アップなんて何年後になるかわからないですよね?

  • 各国の景気対策について

    今の景気を良くするために! 日本やアメリカなど、世界の政府はそれぞれ、どんな景気回復の対策を計画もしくは実行しているのでしょうか。 皆さんがご存じの、できれば国単位の景気回復対策を教えて下さい。 また、景気対策に関するホームページがあれば教えて下さい。 お願いします!

  • 本当に景気は後退局面に入っているの?

    ここ数週間くらい景気後退局面の話で株価も乱高下でしたが 反対に日銀はこの景気後退局面の話に対して強気です ただ、理屈で考えるに本当に後退局面に入るのかすごく不自然な気がします 理由は リーマンショックという大きな景気後退局面から5年ですが クズネッツのサイクルなどの景気循環のサイクル(20年くらい)と比べても5年で大きな景気後退局面に入るのは時期的に不自然です それに、企業の設備投資が増え始めているという話も出ていますし さらに、すき屋などのブラック企業から順番に賃上げも始まっています 目に余るところから順番に待遇は改善されていっているので このまま行けば1年以内くらいに日本全体に景気上昇の恩恵が降り始めるかなと考えていたので、この報道と動きは以外でした 今回の、政府の景気後退の始まりの警鐘とGDPショックはどのような理由で出てきたのでしょうか? 自分なりに考えたものでは 1.政府の統計の間違い 政府の経済統計は世界最高レベルといわれているレポートなのでその可能性は低いかなと考えています 2.在庫循環の波が来ている これは良く分かりません、データがないので情報募集したいです 3.消費税増税の影響が思ったより大きかった 基本的にはこれかなと考えていますが、そうであればいつまでも増税の影響が大きいままではないので 来期三ヶ月は前の三ヶ月よりも確実に良い数値がくると考えていいのかな、と考えています 結局のところ、景気は日銀の考えるとおり、回復基調に思えるのですが 実際のところ今回の後退局面の報道の正体は何なのでしょうか?

  • 『「いざなぎ景気」を超して

    戦後最長を記録した2006年末、企業の意識調査では、景気回復に「実感がある」と答えた企業は3.7%、77.4%の企業が「実感がない」と回答した。金融をはじめ、自動車、家電、精密機器などグローバル化の波にうまく乗ることができた一部企業は事業環境が大きく改善され景気拡大の恩恵をこうむることができた。しかし日本の会社の90%以上を占める中小企業、および構造転換の遅れた大企業はそうした恩恵にあずかっていない。国民生活が向上した実感も乏しい。」』 とある本からの一部抜粋です。 (1)このような結果に至ったのはどのような背景があったからですか? (2)また国は中小企業に対してはどのような政策をとっていたのですか?  

  • 日本の景気回復とか

    上級国民がタッグを組んで景気回復の邪魔をしてるのに、どうやって景気回復を成し遂げるつもりですか? オトモダチと上級国民の皆さんさえ潤えば、オトモダチでも何でもない庶民なんて道端でのたれ死のうが山奥で自殺しようがどうでもいいってのが現政府のスタンスですよね?