• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

個人事業主の雇用形態

今度、個人事業主として独立することに決めたのですが、1~2人の従業員を雇いたいと考えております。 そこでお尋ねしたいのですが、個人事業主が従業員を雇う場合、どのような雇用スタイルがあるのでしょうか? また、その従業員に(あくまで雇用主が個人事業主の立場から)雇用保険ならびに健康保険をかけることは出来ますか? すみませんが、皆さんのお知恵をお貸しください。 宜しく願いいたします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数1044
  • ありがとう数8

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2

もし以下の条件で人が集まるのならば雇用するとは考えない方がよいです。 “雇用”となると事業主に負担がかかる傾向があるからです。 たとえば誰かを雇ったとして労働基準法によって訴えられるかも知れません。 また、従業員が犯したミスはすべてあなたの責任になります。 年金・保険加入もあなたと従業員が折半して支給する必要もあるでしょう。労働保険に入ることも必要です。 経理では給与支払い者に毎月源泉徴収事務があり、その事務や納入の仕事も増えてきます。 ささいな事務もいくつも重なれば本業に集中できなくなります。 そこで仕事を手伝ってくれる人へは外注として仕事を依頼するのです。 そうすればあなたと手伝ってくれる人は対等になりますが余計な事務や教育に労力を使わなくて済みます。 個人事業主なので大丈夫だとは思いますが、一応請負の契約書を作っておき、報酬はすべて外注費として落とし、相手には開業届けを提出してもらい、確定申告してもらえばOKです。 相手が開業届を出さない、確定申告しない、となってもあなたの責任ではありません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご説明頂きましてどうもありがとうございます。 外注での契約も考えたのですが、細かい業務が数多くあるような業務内容なため、従業員としての(又はその他の最適な形態での)雇用を考えています。 大変参考になりました。どうもありがとうございました。

関連するQ&A

  • 雇用形態について (個人事業主)

    現在、私は○○株式会社に個人事業主として雇用されている状態です。 そこで、雇用形態等について質問させて頂きます。 【 現 状 】 1.個人事業主形態にて雇用状態。○○株式会社は、わたくし個人事業主に部下三名分まとめて請求書及び領収書を発行させております。申告については平成19年1月から正式に開始するので、個人事業主として青色申告を予定しております。 2.社会保険・雇用保険等はもちろんございません。 3.会社の肩書きあり。現在【○○部次長】、平成19年度決算時期より【役員(取締役)】就任予定です。 【 質 問 】 1.個人事業主として部下三名分まとめて請求書及び領収書を○○株式会社発行している為、私が青色申告して部下三名に給与を支払うという形態でよろしいのでしょうか?その際のメリット・デメリット、注意しなければならないこと。 2.個人が代表にて青色申告し、部下三名も国民健康保険に加入と考えております。その際、税務上のメリット等をいかす為には、 (1)私が代表して青色申告する方が良いのか? (2)部下三名がそれぞれ青色申告する方が良いのか? 3.会社の肩書きがあるとは言え、今は○○部次長なので差し支えなくいますが、約2ヵ月後に役員となり会社登記簿にも変更記載されると思います。 雇用状態を大きく変更する必要があるのか?また、税務上の大きな問題があるのか?2ヵ月後のことですが、とても気になってます。 質問に初歩的・非常識的なこと等あるかと思いますが・・・ ご存知の方、良き相談先等本当に些細なことで結構ですので教えてください。宜しくお願い致します

  • 個人事業主の雇用安定

    私は一つの会社と業務委託といった契約で仕事をしています。 個人事業主として申告しています。 個人事業主は雇用保険に入れないそうですが、この契約を切られるといきなり収入がなくなります。正社員のような雇用保険になるような社会的保険みたいなものはあるのでしょうか? 収入などに制限があるのでしょうか?よろしくお願いします。

  • 個人事業主の雇用保険について。

    サラリーマンは雇用保険に必然的に加入していますが、たとえば脱サラしてフランチャイズの個人事業主になったとします。 その場合、雇用保険の被保険者になれるのでしょうか? 独立してもし失敗した場合は、自己責任なのでそもそも雇用保険の対象外なのでしょうかね・・・? よろしくお願いします。

その他の回答 (1)

  • 回答No.1

こんばんは。 雇用スタイルはどのようなものがあるのか、分からないのですが。。。保険についてだけ。 労災保険・雇用保険は、労働者を1人でも雇用している場合、強制加入となります。 農林水産業除く 健康保険・厚生年金保険で、常時5人未満の従業員を使用する事業所が、適用事業所になるためには、下記の3つの要件を満たさなければなりません。 1.被保険者となるべき者の2分の1以上の同意 2.事業主の申請 3.厚生労働大臣の認可 業種によって、いろいろ適用除外があったりするので、詳しく書かれているほうが適切なアドバイスがもらえるかもしれません。 今の世の中、いかに保険料を安くあげようかとしている事業主が多いのに、質問者さまのような事業主もいらっしゃるんだな、と、嬉しくなりました。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご説明頂きましてどうもありがとうございます。 保険は事業主が望めば加入できるのですね。 よかったです。 従業員に雇いたいのが知人であるので、なるべく円満な十分に義務を全うしうる雇用関係を築きたいと思っております。 どうもありがとうございました。

関連するQ&A

  • 個人事業主の副業の雇用保険加入

    現在、個人事業主として事業収入を得ています。 個人事業主は雇用保険には加入できませんが、この程副業でアルバイトすることになり、個人事業を続けたまま新たに雇用されることになりました。 アルバイト先の事業所で社会保険、雇用保険の加入が義務付けられました。 現在の国民保険から社会保険への加入変更は問題ないようですが、雇用保険加入はどうなるのでしょうか?個人事業主である以上やはり加入できないのでしょうか?

  • 【労働における法律相談】雇用保険3年以上継続者に限

    【労働における法律相談】雇用保険3年以上継続者に限って受験資格がある場合は試用期間は雇用保険に加入していないのでその時期はカウントされないと思いますが、3人以下の個人事業主の会社に就職した者は雇用保険に事業主が4人以上の従業員がいる場合のみ雇用保険加入義務が発生するので加入していない場合は従業員はどうするのでしょうか? 事業主が雇用保険に加入しないように従業員数を3人以下とした。 従業員は雇用保険に加入していない。 この場合は、従業員が自腹で雇用保険に入れる? 会社に雇われているのに自分自身で雇用保険に加入出来るものなのでしょうか? 1人個人事業主を立ち上げて、雇用保険を自分自身に掛けれるのでしょうか? 個人事業主自身は事業主なので雇用されていないので雇用保険には入れない気がします。 ということはそこらの会社の代表取締役は雇用保険に自分自身は加入していないってことになりますがその認識は正しいでしょうか? もし個人事業主が自分自身に雇用保険を掛けれたら問題ですが、個人事業主が従業員を雇っていながら従業員に雇用保険を掛けていない意図的に従業員数3人以下にして雇用保険に加入していない場合は従業員は代表取締役と同じように雇用保険に入っていないことになる。 その場合、その従業員が雇用保険に入る方法ってあるんでしょうか? 事業主は雇用保険に法律上加入義務がまだないので従業員が4人以上になったら入ると言っているとします。

  • 個人事業主の健康保険について

    近く会社を退職後、個人事業主になります。 従業員は3人です。 任意適用事業所として社会保険事務所に届出しました。健康保険ですが、従業員は政府管掌健康保険で、事業主は国民健康保険に加入しないといけないのでしょうか?(社会保険事務所に言われました) そのときは、勤めている会社の任意継続保険に加入しても良いのでしょうか? 事業主と従業員は同じ管轄の健康保険でなくても良いのでしょうか?

  • 個人事業の雇用保険

    従業員を3人雇っている個人事業主です。 今まで個人事業の場合は雇用保険加入の義務はないと思っていて納めていませんでした。 法人、個人事業に関係なく従業員を雇ったら加入しなければいけないそうですが、これから加入する場合、雇用した時までさかのぼって納めるのでしょうか? また、ペナルティのようなものはあるのでしょうか?

  • 個人事業主での雇用・健康保険・年金について

    昨年末まで一般企業にて就業していましたが、来月より個人経営の ところ(ご主人が事業主で奥様が手伝っておられ、従業員は私のみの3人です。)で働くことになりました。 週5勤務の1日8時間(うち1時間休憩)労働です。 今は国民健康保険・国民年金に切り替えているのですが、個人事業主の 元で働く場合は健康保険・年金ともにそのままで100%自己負担なのでしょうか? また、雇用保険もかけてはもらえないのでしょうか? 確定申告も行う必要がありますか? 今まで会社勤めだった為、まったくわからずどなたかお知恵をお貸し下さい。

  • 個人事業の雇用形態について教えてください。

    卒業を控えた大学生です。 個人事業の雇用形態、および共同経営する場合の最適な形について教えてください。 昨年、友人(社会人)と新しく事業をはじめました。 本来は共同経営なら会社やLLCの方が適切なのでしょうが、資金も少なく、私が在学中でしたので、現在、彼女を代表とした個人事業という形態になっています。 幸い、業務代行サービスなので、特に収入の配分を考える必要がなく、お互いが働いた成果分ずつを収入にしています。 私はアルバイトという形で、扶養控除内でのみ仕事をしていました。 卒業後は、私は形式上、正社員雇用という形になると思うのですが、 大学に卒業後の進路を伝える際に、疑問がわきました。 大学側には、 「個人事業主の従業員になります。」といったのですが、 「では、アルバイトか契約社員ですね。雇用期間はどのくらい?」 といわれました。 「正社員です」といい、状況を説明したのですが、 資本金や会社区分の書いてある用紙を持ってきて欲しいといわれ、 「個人事業なので、それはありません」といいましたが、 そこから話が堂々巡りになってしまいました。 そこで、質問させていただきます。 (1)調べた限りでは、個人事業主も正社員を雇用できるはずだと思うのですが、   正社員とは違う形になるのでしょうか? (2)また、最初に述べたような形で共同経営をしていく場合、  正社員よりも適した形態はありますか? 以上、わかりやすく教えていただけましたら幸いです。 よろしくお願いいたします。

  • 個人事業主の従業員の社会保険について教えて下さい

    個人事業主の従業員が以下の状況の場合、 ・週5日、1日8時間労働(仕事はこれのみ) ・現在、国民年金・国民健康保険 ・事業所の従業員は事業主を入れて5名 1.この従業員はどうしたら厚生年金に加入できますか 2.この従業員はどうしたら国民健康保険から健康保険に切り替えられますか 3.厚生年金や健康保険になれば従業員の手取りは減りますか 詳しい方いらっしゃいましたらよろしくお願いします。

  • 個人事業の労災,雇用保険

    自営業の建築の仕事をしています。雇用している従業員が一人います。私は専従者です。雇用保険と労災保険についてお伺いします。 原則は雇用保険、労災保険ともに加入しなければいけないのでしょうか。事業をはじめて数年たち、今から加入する場合は過去の2年間の保険料を労災保険は事業主分、雇用保険は事業主分と個人分を負担しなければいけないと聞いたことがあります。個人事業者で従業員がいる場合はやはり加入義務がありますよね。 個人の事業主は加入は出来ませんよね。

  • 個人事業主です

    さっそく質問させて頂きます。 今現在、労働者は私を含め3名で現場関係の仕事をしております。 従業員は2名で、そのうちの1名について雇用保険に関する問い合わせが 職業安定所からありました。 内容は下記の通りです 雇用保険の適正な支給の為、自己退職された方につきまして 就職年月日等の確認をさせていただいております。 この証明書の採用年月日が出勤簿関係書類と相違しますと、 事業主の責任を問われる場合がありますので、必ず確認して下さい このような文書と共に採用証明書が1枚送付されてきたのですが 採用証明書には 支給番号 雇用保険適用事業所番号等の記入欄が あるのですが、5人未満の事業所でも雇用保険加入しないと いけないものでしょうか?私の確認不足かもしれないですが、 常時5人未満の事業所は雇用保険に加入しなくていいと 思っておりました・・・ 従業員本人には、雇用する時に雇用保険はないという説明と 健康保険は国民保険に加入するようにいっておりました。 もし違法な場合は職業安定所にどういった 説明をするといいでしょうか? 雇用年月日は今年の5月23日~で約2ヶ月間ぐらい雇用しており 労働時間は1週間で40時間~48時間ぐらいです これからも雇用関係は続くと思います 対応策があれば宜しくお願い致します

  • 個人事業主の雇用保険加入

    私は個人事業主(開業届済み)をしております。 この度、派遣会社に登録しようと考えておりますが、仕事を請ける際に その仕事が雇用保険の加入条件(1週間の所定労働時間が20時間以上など) を満たす場合、強制的に雇用保険に加入しなければならないようで困っております。 雇用保険に加入する場合、個人事業は廃業しなければならないのでしょうか? 派遣会社で仕事を紹介して頂く際にも雇用保険に加入せず個人事業を続けたいのですが・・・。