-PR-
解決済み

国債について

  • 暇なときにでも
  • 質問No.180053
  • 閲覧数61
  • ありがとう数4
  • 気になる数0
  • 回答数2
  • コメント数0

お礼率 76% (80/104)

 国債30兆円枠とは何の基準で30兆円なのでしょうか?あまりよくわかりません。
それを超えるとどうなるのでしょうか?ご回答よろしくお願いします。
通報する
  • 回答数2
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.2
レベル13

ベストアンサー率 38% (496/1279)

30兆円という枠の根拠は、実は何もありませんし、誰も示していません。

小泉首相が「国債の発行額を30兆円以内にする」と表明した途端、まるで30兆円が既成事実であるかのようにして、数字だけが一人歩きの状態です。
特に山崎拓氏、福田官房長官は当たり前のように、国債は30兆円しか発行出来ないなどと訳のわからないことを言っています。

では、なぜ小泉首相が「30兆円」という数字を持ち出してきたかというと、恐らく推測するに、今年の国債発行が28兆円ちょっとだったから、『切りの良いところで30兆円』と言ったものと思われます。

このこと一つをとっても、小泉首相が、その空前の支持率とは裏腹に、実際は何も考えていないということを示しています。

本来は景気をどうするかが前提になるべき問題なのに、景気対策の具体案は未だに示されず、一方で30兆円という数字が先にきている事に、誰も疑問を持っていないのが非常に不思議です。

永田町の人の考えることはわかりません。

ついでですが、私は別に30兆円だろうが10兆円だろうが、100兆円だろうが、国債発行がいくらになっても構わないと思います。
なぜなら、600兆円という発行残高をどうするかということには、なんの影響もないからです。

竹下景子が出演する国債のCMがバンバン流れていますが、空しいものを感じてしまいます。
お礼コメント
matu46

お礼率 76% (80/104)

 ありがとうございます。600兆円はどうにもなりませんね、、、。
投稿日時 - 2001-12-11 13:05:07

その他の回答 (全1件)

  • 回答No.1
レベル10

ベストアンサー率 25% (49/196)

国債とは国(政府)が国内外の投資家から借金するために発行する
国の債券のことです。これが会社なら社債と言います。

政府は毎年予算を組みますが、収入の大半は税に頼っているため、
年度の収入額を上回る支出をする為に国債を発行して借金を重ねてきましたが、
その額は600兆円を超えています。

国債とは借金ですから、償還期限がきたら国が投資家から利息をつけて
買取ることになります。しかしながら、今の日本には過去に発行した国債を
買取る資金がないため、そのお金もまた国債を出して借金しています。

もしこれが個人なら破産していますが、国が国債を保証しているため、
デフォルト(債務不履行)のリスクが低い為、投資家も買っています。

来年も国は国債を発行して借金を重ねるつもりでいるのですが、
この借金の額をせめて30兆円にしようと騒いでいるのです。
この問題は増えつづける国の借金を減らす為に単年度の発行額から
減らそうというスタートにしか過ぎません。

最近、日本の国債に対する格付機関の格付(国際的信用度)が下がり、
先進国の中では最低ランクになりました。
これも600兆の発行残高を抱え、償還資金を国債発行で賄っている日本国に
対して、世界の評価がドンドン下がっている表れでしょうね。

国債を目減りさせてしまう為の方策が、政策インフレです。
政策的にインフレを起こして物価を上げてしまい、借金の価値を
落してしまうことです。
こんな破滅的な政策論が真面目に検討されているほど、日本国は
借金まみれなのです。
お礼コメント
matu46

お礼率 76% (80/104)

 ありがとうございます。よくわかりました、日本のやばさが、、、。
投稿日時 - 2001-12-11 13:07:30


このQ&Aで解決しましたか?
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-

特集


専門家があなたの悩みに回答!

ピックアップ

ページ先頭へ