解決済み

個人事業主の場合手取り金額はいくらになりますか?

  • 暇なときにでも
  • 質問No.1757998
  • 閲覧数2135
  • ありがとう数3
  • 気になる数0
  • 回答数3
  • コメント数0

お礼率 20% (1/5)

法人化などをしていない個人事業主の場合の手取り金額を教えてください。

・年収1000万円
・従業員は事業主のみ
・配偶者(公務員・男性)あり、子供なし
・健康保険は国保
・国民年金は未加入

良くある質問かとは思いますが、回答例が殆どサラリーマンだったり扶養者有りだったりする為あまり参考になりません。
よろしくお願いします。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.2

ベストアンサー率 54% (6/11)

Q
法人化などをしていない個人事業主の場合の手取り金額を教えてください。
A
個人事業主の手取り金額は意味不明ですので、確定申告をした場合の納税計算で回答いたします。

Q
年収1000万円
・従業員は事業主のみ
・配偶者(公務員・男性)あり、子供なし
・健康保険は国保
・国民年金は未加入
A
年収1000万とありますが、個人事業主の場合は経費が認められます。
今回は経費を引いた所得が1000万と仮定します。
国保支払の実額がわからないので50万と仮定します。

計算例
●収入-経費=所得→(1000万)

●控除額
社会保険料控除→50万
配偶者控除→38万
基礎控除→38万
控除額合計金額→(136万)

●課税対象額
1000万-136万=864万

●税額
864万×20%-33万=139万8千円

●実際の納税額
139万8千円×20%=減税額→27万9千6百円
139万8千円-27万9千6百円=納税額→【111万8千4百円】

正確な納税額を計算するのには収入1000万が経費を引いた数字なのか、国保に支払っている金額がいくらなのかが必要です。
また確定申告で払う税金を差し引いた金額が手取りということになりますが、個人事業主の場合は月々の収入から経費を差し引いた所得が手取りと考えてください。
お礼コメント
befo

お礼率 20% (1/5)

回答ありがとうございます。
1000万円というのは、経費を差し引いた金額です。

配偶者も給与所得者ですが、それでも配偶者控除は適用されるのでしょうか。
投稿日時 - 2005-11-05 08:33:32

その他の回答 (全2件)

  • 回答No.3

ベストアンサー率 54% (6/11)

配偶者控除を受けられる所得は38万以内です。
給与は給与所得控除が受けられますので、配偶者控除を受けられる給与は年額で103万以内です。
給与103万-給与所得控除65万=38万という計算になります。
  • 回答No.1

ベストアンサー率 41% (227/543)

個人事業というものの性質をご存知であれば簡単にわかることと思うのですが、ご質問中の「年収1000万円」というのが「個人事業の売り上げが年間1000万円」という意味であれば、与件だけでは不十分であり、所得税の税額なんか誰にもわかりません。

「課税所得が1000万円」という意味であれば、所得税の税額計算の速算表くらい国税庁のwebサイトはじめ、どこにでも転がっていますからご自分で計算してみてください。
結果を報告する
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。
関連するQ&A
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する

ピックアップ

ページ先頭へ