• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

時代劇のウソ

時代劇とか西部劇などで何となく見ているシーンの中で、専門家に言わせると明らかにウソだと言えるものが多くあるようです。 最近聞いた話では、西部劇で一匹狼のガンマンが馬に乗って荒野を旅するシーンがよくありますが、これは大ウソだとか ・・・ というのは荒野のド真中で馬が倒れたら、人間まで危険に晒されるので、遠出をする時には必ずもう一頭の馬を連れて行くとか聞きました。 聞けば、なるほど、たしかにそうだなと思われますよね。 そこで質問なのですが、日本の時代劇とか西部劇に出てくるシーンで明らかにウソだと思われる事はどんなものがあるでしょうか? 自分としては、たとえば鎌倉時代や室町時代での戦闘シーンに登場する馬は今のような結構大型の馬が多いのですが、たしか昔の日本ではもっと小型の馬が多かったと聞いた事があるのですが ・・・ 源義経の 「ひよどり越えの逆落とし」 では兵士が馬を担いで急な坂を下ったようですが、これは馬が非常に小型の馬だったから可能だったとか ・・・ あと、時代劇に登場するヤクザの描写にも大ウソがありそうな感じがします。 洋の東西を問わず何でも結構ですので、時代劇での大ウソがあれば教えて下さい。

noname#174737
noname#174737

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 歴史
  • 回答数21
  • 閲覧数1160
  • ありがとう数28

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.19
  • yuhkoh
  • ベストアンサー率48% (350/723)

まずは比較的分かりやすく、手に入りやすい参考書をどうぞ。 『絵で見て納得!時代劇のウソ・ホント』(笹間良彦:遊子館歴史選書) http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4946525653/249-1916625-5238752 他の笹間氏の著作も参考にされるといいでしょう。 さて目明かし(岡っ引き)ですが、与力・同心の個人的配下であるため十手は持てません。ただし、奉行所に届け出られた一部の者(「小者」と称されます)は、房なしの十手と取縄の携帯を許されました。ですから、銭形平次や半七親分が、赤房の十手を神棚から取り出すシーンは誤りです。また、与力・同心の許可がなければ捕縛できないので、勝手に下手人を探索し捕まえることもできません。  それ以前に目明かしは博徒ややくざ者、犯罪者から頭の良さそうな者を手下とした者であり、ゆすり・たかりを行う者もいて、ヒーロー的存在ではありませんでした。  次に江戸時代を暗黒時代とみなす史観に対するアンチとして、江戸時代を賞賛する史観が最近台頭していますが、正直どっちもどっちだなと思います。  例えば“江戸時代は治安が良かった”ですが、これは治安が良いというよりも、犯罪検挙率が低かった(連座を恐れて表沙汰にしない。捜査能力が低いなど)ので記録に残らないと見ることができます。鬼平こと長谷川平蔵が火盗改に就任して、わずかの間に600人の盗賊が死罪となったのですから。 「長谷川平蔵と云ふ者に命じて、盗賊を捕えて死刑に処し、僅の間に六百人の首を刎ねたりと云ふ。故に下々の者も、此の政略に驚き恐れ(中略)市人恐れ戦きたり」(佐久間長敬:『清陰筆記』)  

参考URL:
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4946525653/249-1916625-5238752

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

とても面白いエピソードをご紹介頂いて、有難うございました。 まず長谷川平蔵は、やはり鬼平だったんですねえ。 僅かの間に600人が死罪ですか。 おそらく江戸市民はピリピリしていたでしょうね。 それとご紹介頂いた 「時代劇のウソ・ホント」 面白そうですね。 何だか私の質問と似たような作品名なので興味を引かれています。

その他の回答 (20)

  • 回答No.21
noname#18634
noname#18634

お白州の場面で奉行が座っている座敷とお白州の間に階段がある(遠山の金さんが見得を切るところ)が 実際にはこの階段無かったようです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

有難うございました。 へー、あの階段って本当は無かったんですか。 一体いつの頃からこんな階段があるなんて映画でするようになったんでしょうね。 やはり遠山の金さんからでしょうか。

  • 回答No.20
  • 1582
  • ベストアンサー率10% (293/2664)

最近では義経で幼いころ竹とんぼで遊んでいたというシーンがあったと思うがそりゃないだろうと思ったよ 図面化しただけのダビンチさえ大天才なのに… 日本では平賀源内の発明だったと記憶している

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

有難うございました。 エッ、義経が竹とんぼですか ・・・ NHKの大河ドラマでしょうか。 回転翼を利用した飛行物体なんてはるか後世の事なのにね。

  • 回答No.18

こんにちは。馬の件です。 >小さかった・・・のは事実です。 平家物語に出てくる「生喰(食?)」いけずき、という馬は、八寸の馬と紹介されてます。 これは全体が八寸という訳ではなく(爆)、四尺が略されていて、四尺八寸という意味なんですが、およそ 145cm 位だそうです。 この位で、音に聞こえる程の名馬となったそうですが、平均のサイズは、大体 120cm 程度だそうです。 日本の在来種が小さいというだけではなくて、日本のいくさでは、こうじゃないと困る理由がありました。 同じ平家物語に木曽義仲が打ち取られる話が出てきますが、義仲は最後に松林に逃げ込もうとして田んぼに落っこちて追っ手に追い付かれて打ち取られています。 このように、日本のいくさでは、常に平原で戦えるとは限らず、大抵、田んぼや畑を踏み荒して戦いました。 馬も人も動けなくなる田んぼは格好の落し穴で、武田信玄も「戦では、ふけ(田んぼの旧称)に追い落とすように戦う」と言ってるそうです。 サラブレッドのように足が細く長い馬だと、競馬でも時々、骨折してますが、足場の悪い戦場で骨折されてはどうにもならないですから、サラブレッドがいても使う人はいなかったでしょう。 戦の場面の描写では、騎馬軍団がドドドド・・・っと走っていって馬上で切りあう場面がよく使われますが、騎馬での武術は、武器と馬を同時にコントロールするなど、ちょっとやそっとで習得できるような物ではありませんでした。 騎馬軍団でも、騎馬で突撃して相手の陣地に付いたら馬を降りて白兵戦をやった事の方が非常に多かったそうです。 実際に最後まで騎馬軍団で戦える大軍団を持ったのは、武田信玄の甲州騎馬軍団ぐらいのものでしょう。 今で言うなら、米軍のシールズ、デルタフォース並みのの存在だったようです。

参考URL:
http://www.kanze.com/nonotayori/ebira.htm

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

本当に面白く解説して頂いて有難うございました。 考えれば競馬場のようにキレイに均されたところを走るのではなく、それこそ凸凹のあるところを全速力で走るわけですから、かなり脚力のある馬でないと無理ですよね。 とても参考になりました。

  • 回答No.17

江戸時代には、武士以外の帯刀は禁じられていました。 警察力の強い場所、江戸・大阪・京都などで、 ならずもの(浪人を除く)が長脇差を腰に差しているのはうそです。 木枯し紋次郎や森の石松のように、渡世人が長脇差を差して堂々と歩けたのは、 警察力の弱いところだけです。 具体的に言うと、江戸以外の関東、あと現在の県名で、新潟、長野、静岡あたりです。 これは幕府の方針で、江戸の近くには強力な大名(警察力も強い)を置かないようにしたからです。 前述の場所はほとんどが弱小大名領、天領、旗本領、寺社領で、 これらには、警察力はないか、非常に弱い状態だったので、 いわゆる親分衆は、この範囲にしか縄張りをもてなかったわけです。 国定忠治や清水の次郎長が関東近辺だけで活躍したのには、こうした理由があったわけです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

とても参考になりました。 次郎長や国定忠治が江戸や大坂などの大都市で活躍しなかったのはそういう理由があったんですねえ。 なるほど。 それと同じく大都市ではヤクザは帯刀で禁じられていたんですねえ。 そう考えると時代劇では今でも結構ウソが多そうですね。 有難うございました。

  • 回答No.16
  • K-1
  • ベストアンサー率21% (832/3844)

日本刀で斬りあいをするとき、相手の刀を刃で受けるというのはよくありますが、 あれをやると一発で刃こぼれしてしまいます。 ヘタすると折れてしまうとか。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

有難うございました。 相手の刀を刃で受けるというのは私も見るたびに違和感を感じていました。 実際そうだったんですね。 お互いが切れ味の鋭い刀をカチーンと力いっぱい合わせれば刃こぼれして当然ですよね。

  • 回答No.15
  • char2nd
  • ベストアンサー率34% (2685/7757)

 「江戸城に天守閣がある」  実際映像に使われるのが姫路城である、というのは有名な話ですが、実物の江戸城天守は四代家綱の時の明暦の大火で焼失し、幕府が財政難であったことから以後再建されずに現在に至っています。現在の天守台はそのときに作られたものです。  従って、「吉宗評判記」などで天守閣が登場するのは明らかに間違いです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

有難うございました。 これは私も昔聞いたような覚えがあります。 天守閣のある城って逆に少なかったとか ・・・ でも何となく江戸城ってあの大きな天守閣があったようなイメージがありますよね。

  • 回答No.14

 人妻に眉がある、歯が白い。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

有難うございました。 お歯黒ってありましたよね。 その他にも人妻には眉がなかったんですか。 知らなかったです。

  • 回答No.13

こんにちは。 お奉行物で面白いやつとすれば「打ち首獄門」「磔獄門」でしょうか。 順序が逆です。 「獄門」とは早く言えば拷問の事です。 白状させる為にやるのではないので、苦痛を与える刑なわけです。 これを「打ち首」や「磔」の後にやる訳がありません。 正しくは「獄門打ち首」「獄門磔」です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

有難うございました。 獄門とは今まで 「さらし首」 の事かと思っていました。 勉強になりました。

  • 回答No.12

一番辛いのは、役所類の看板ですかね。「南町奉行所」とか大きく掲げてますが、有り得ません。 戦国物で相手の事を諱名で呼ぶのも有り得ません。 水戸黄門で、明らかに軽トラの轍がついたあぜ道を闊歩しているのは、ご愛嬌です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

有難うございました。  水戸黄門に軽トラのわだちですか ・・・ ドジな監督ですよね。

  • 回答No.11
  • demio
  • ベストアンサー率13% (199/1472)

貧乏長屋の娘さんが、赤い綺麗な着物をきている   貧乏なのになぜ着物は綺麗なの?

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

有難うございます。 そうなんです、長屋に住む女性がなぜか綺麗に着飾っているんですよね。 髪の毛も全然ほつれていないし ・・ テレビに多いかな?

関連するQ&A

  • 時代劇に登場する大嘘を教えて下さい

    時代劇が好きでよく見るのですが、中には素人が考えても 「こんな時代に、それはないだろう」 と感じるシーンも多いです。 まず 「暴れん坊将軍」 のタイトルシーンに江戸城の天守閣が背景として映りますが、吉宗の時代には天守閣は大火で焼失していたはずなので、これは嘘だと思います。 それとか既婚女性のお歯黒ですね。 本当は真っ黒だったはずです。 遠山の金さんなんて、町奉行が桜吹雪の刺青をして遊び人として町に入っていたなんて、実際にはとても思えませんね。 ま、これはフィクションですから大嘘と言うのはかわいそうかも知れませんが ・・ あと、このカテでも西部劇で主人公が馬に乗って荒原を旅するシーンがありますが、実際には馬1頭で旅する事なんてあり得ず、予備の馬を必ず連れて行ったはずと聞きました。 時代や洋の東西を問わないで結構ですので、時代劇の登場する大嘘について教えて頂けないでしょうか?

  • 時代劇の大嘘を指摘して下さい

    洋の東西を問わず、時代劇には大嘘が多いと聞きます。 代表的なのが西部劇で主人公が愛馬に跨って単独で隣の町まで何日もかけて旅をするシーンがありますが、これは大嘘とか。 当時の人が長距離の移動をする時には、必ず予備の馬を1頭連れて行ったそうです。 たしかに砂漠の真ん中で愛馬が倒れたら、万事休すになりますよね。 これは納得です。 日本の時代劇では 「お歯黒」 でしょうか。 今の女優は白い歯のままで登場していますが、当時の既婚女性は全てお歯黒をしていたようです。 でも美人女優が歯を真っ黒にして登場したら、気持ち悪いですけと ・・・ 私がいつも 「これって本当?」 と感じているのは、侍どうしの戦いの場面で、両者の刀と刀をシャキーン! と合わせて、じっと睨み合うシーンがよくありますよね。 でも実際の刀でそんな事をしたら、両方とも刃こぼれして使い物にならなくなるように思うのですが、どうなのでしょうね? あと何でも結構なのですが、時代劇の大嘘を指摘して頂けないでしょうか? 教科書に載らないような歴史の勉強になると思います。

  • 西部劇時代劇

    西部劇、懐かしいです。    シェーン、真昼の決闘、大いなる西部等々    https://www.youtube.com/watch?v=dtpWgKicIVQ 時代劇にも懐かしいものがあります。    七人の侍、用心棒、壬生義士伝等々    https://www.youtube.com/watch?v=DLat_w-Zku4 あなたの推薦する名作は何でしょうか。 出来れば音楽も良いとGOOD!

  • 時代劇

    時代劇の戦闘シーンの撮影で馬が激しく倒れますが本当に転ばせているのでしょうか?そうだとしたらかわいそうでなりません。違うといいのですが。

  • 時代劇の「馬」について

    時代劇に登場する馬は、どうしてサラブレッドのような「大型の馬」なのでしょうか。本当は、モンゴルにいるような「小型の馬」だと思うのです。 大型馬と小型馬では、走り方が異なると思いますし、特に、合戦のような動き回る場面では、テレビや映画で見ると印象がまったく違ったものになると思うのです。 需要があれば、供給もあるはず。需要が無いということなのでしょうか。 テレビや映画の製作者や監督は「そんなことには、まったく関心がありません」と、いうことなのでしょうか。 あるいは、「本来なら馬肉になってしまう競走馬なので、安く手に入るから」という理由なのでしょうか。 ご存知の方、教えてください。長年の疑問なのです。 (黒澤明監督も使用馬はサラブレッドだったなぁ)

  • 時代劇に出てくる小道具で・・・

    よろしくお願いします。 時代劇に登場する小道具について教えてください。 殿様が上段に座っているシーンで、 殿様の前においてある、漆塗りの台に金色の網みたいなのがかかった道具はなんというものなのでしょうか? また、何に使うものなのでしょうか? 時代劇に出てくるような、質問の道具や脇息ってどこに行けば買えるのでしょうか? それともドラマ用の特注品なのですか? ネットで探した脇息はどれも、棋士さんが使ってるような小ぶりなものばかりで、、、 できれば、時代劇みたいな大きい存在感のあるものがよいのですが… わかりにくくて申し訳ないのですがよろしくお願いします。

  • 時代劇で

    時代劇などで、矢が刺さったり剣で切られたりして、即死するシーンがありますが、本当なのですか?

  • 時代劇

    時代劇について質問があります (1)必殺仕事人や暴れん坊将軍、座頭市など時代劇には勧善懲悪がかなり多いような気がします。何故でしょうか?必殺仕事人は殉職等あるので何ともいえないですが・・・又昔の時代劇の方が味があるような感じがします。何故でしょうか?今の時代劇は映像がきれいすぎて何か違和感を感じます。撮影手法によるものでしょうか? (2)暴れん坊将軍で、主人公吉宗が最後に部下と共に敵を倒すシーンがあります。知人曰く、設定で吉宗自身は敵の配下の者をみねうちで気絶させるだけ、実際敵にきりつけて成敗するのは部下にやらしているとききました。吉宗自身が敵をきりつけ成敗しないのは何故でしょうか? (3)必殺仕事人の藤田まこと扮する中村主水は表の顔は刀さばきがおぼつかないふりをしたり、表の仕事をさぼっている設定ですが何故でしょうか? また、よくまわりから「中村の旦那、八丁堀の・・」などといわれてますが、中村主水の地位ってそんなに上の職種なのでしょうか? また、商人?が何か中村主水に知られたらヤバイものを「旦那・・これで」とお金で解決するシーンがあります。あれって賄賂なのでしょうか?

  • 時代劇の内職

    よく時代劇で、貧しい人が鳥かごを作ってるシーンを見かけるんですが、そんなに需要が多かったのでしょうか?

  • 西部劇とコーヒー

    西部劇の映画で、荒野で男一人コーヒー淹れるシーンがあると思うのですが、そういうシーンのある映画のタイトルを教えてください。 よろしくお願いします。