• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

確定判決と給付判決の違いについて

登記の単独申請をするのには確認判決では×で、給付判決なら○でも、所有権保存登記は確定判決であれば○となっています。 この違いとそもそも、確定判決と、給付判決はどう違うのでしょうか?自分は、確認判決は自分の言い分が認められて、給付判決は、裁判所が登記を移せと命じる判決と捕らえているんですが、しっくりきません。 如何せん法律の知識が少ないので、わかる方、教えてください。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数4
  • 閲覧数2638
  • ありがとう数8

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.3

他の回答に付け加えて・・・ 確認判決では 「乙は甲に対して,A建物について,所有権移転登記手続きをすることを確認する。」という条項になりますが,通常このような判決をすることはないと思います。 なぜなら,甲は乙に建物の移転登記を求める訴えを提起しているからです。 和解や調停では登記手続きの義務があることを確認する条項を作成する可能性はありますが・・・。 よって,給付判決条項では, 「乙は甲に対して,A建物について,所有権移転登記手続きをせよ」になります。 この給付条項があれば,甲は乙が任意に登記手続きをしない場合に法務局で単独で申請ができます。 いわゆる「意思表示の擬制」というもの。乙は判決が確定したときに登記手続きという意思表示をしたことになります。 よって,登記するときには判決正本の送達証明が必要になります。この場合,執行裁判所という概念がないため,執行分付与は必要ありません。 判決正本と送達証明を法務局へ持っていけばOK。 ただし,登記手続きに条件が付されているような場合,例えば,「甲が乙に対し,100万円支払ったときは,乙は甲に対し,A建物の所有権移転登記手続きをせよ」は,甲が執行文付与機関である裁判所書記官に執行文付与を求めた上で,法務局に手続きに行くことになります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

なるほど!よくわかりました!これで、単独申請をするには、給付判決というのを理解できました。なんせ、暗記は出来ても、理屈を理解しないと嫌なのものですから…ありがとうございます。

関連するQ&A

  • 判決の種類

    宅建の試験の不動産登記法についての質問です。 問題で、仮登記の申請に仮登記義務者が協力してくれない場合に、「勝訴判決」を得たときでなければ単独で仮登記の申請をすることができない。 答え× 2号仮登記について「給付判決」を得たときはOK というもの。 「勝訴判決」はあなたのものですよ、ということがきまっただけのことで、「給付判決」は権利の移転をしなさい、ということが決まった。 だから、「給付判決」ならOKという風に解釈たのですが、本当のところはどうなのでしょうか。 他に、「確定判決」などもでてきます。 判決の種類と効果を教えて下さい。

  • 確定判決の効力についての質問です。

    確定判決の効力についての質問です。 金銭の給付判決が確定した後、唯一の財産である自宅を仮差押されましたが、その後一部を弁済し、仮差押は取下げられました。その後この不動産を売却し、現在は他人名義です。 この場合債権者は先の確定判決に基づき、この不動産を再び強制執行により差押えることは法的に可能でしょうか。

  • 確定判決とは?

    「確定判決で刑の言渡しを受けたこと」とは具体的にどのような状態の事を指すのでしょうか?詳しく知りたいです この状況は裁判所に出向き裁判を受けた状態ですか? または、刑罰を受けた状態を指しますか? どのようなことでしょうか よろしくお願いします。

その他の回答 (3)

  • 回答No.4

すみません,間違えを発見しました。 送達証明書ではなく,判決書が確定した確定証明が必要です。 失礼しました。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

わかりました。わざわざありがとうございます。

  • 回答No.2
  • age1118
  • ベストアンサー率40% (219/536)

保存登記は、最初の登記ですから、まだ誰の権利の登記もありません。表示登記は単なる目安に過ぎません。だから所有権があることを証明できればなんでもいいわけです。しかし、既に他人の名義になっている登記を取り返すには、所有権を証明するだけでは足りず、移転登記をする必要があります。この場合、義務者の意思を無視して登記するには、義務者の意思を擬制するものが必要になります。これが「AはBに移転登記せよ」という内容の給付判決になります。 あくまで「移転登記」を命ずる給付判決であり、土地を移転せよでもだめです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

つまり、所有権保存登記は、建物を新築したり、滅失したときにする、表題部になされる登記ということでしょうか?でも、所有権保存登記は、権利部になされる登記だと思ったのですが…なんとなく理解しているため、勘違いで覚えている部分も多々あるものですから。

  • 回答No.1

確認の訴えは、権利や法律関係の存在や不存在を主張して、裁判所にそれを確認する判決を求めるものです。 この場合は権利関係がはっきりするだけで変動しません。 それに対して給付の訴えは相手方の行為を要求する形態の訴訟です。 所有権保存登記は権利の変動はないため確認判決となります。 

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

給付判決と確認判決の違いはわかりました。 ですが、所有権保存登記は権利の変更は無いと言われましたが、それでは、表題部に氏名だけ記載して、その後建物を売却等し、登記の申請に協力しない場合や、売却し、登記前に死亡した場合は、給付判決でよろしいのでしょうか?

関連するQ&A

  • 確定判決の債権について

    平成28年6月に完全勝訴(原告側)し確定判決を得ました。 裁判所から相手(被告・敗訴)側に対し支払判決が出たことに伴い、債権元本額880万円(延滞金含まず)について、何回か督促致しましたが、支払いも連絡も無いまま、今日に至っております。このことで、どうしたら良いか当サイトに質問させて頂き、債権者による破産申請を行うのが最も相手(被告・敗訴)側が恥ずかしいやられ方と教えて頂いた次第です。 その後、債権者による破産申請を視野に、更に、当該債権をサービサー等に(ただ同然になると思いますが)売却した場合、その債権と売却額の差額損金を例えば不動産売却した際の売却益と損益通算することは可能なのか、ふと、考えた次第です。が、このような損益通算を行うことは可能でしょうか? また、私が死んだ時に相続は可能でしょうか?また、それが無理な場合、生前贈与をすることが可能でしょうか?これが可能な場合のメリット、デメリットは何でしょうか? 確定判決の時効は10年ではありますが、70代という自身の年齢を考えた時、他の方法も検討することが出来ないかと考え、質問をさせて頂く次第です。 ご回答下さいますよう、宜しくお願い致します。

  • 登記(1)「判決による登記」不動産登記法第 六十三条

    権利に関する登記は,不登法第 六十三条の規定に基づき確定判決を受ければ単独登記が可能とされていますが、表示に関する登記(分筆登記)は,確定判決を受けなくても単独登記が可能なのでしょうか。 よろしくお教え願います。

  • 債務者に対する確定判決の特定継承について

    状況  強制競売により取得した居室に居住していた  債務者に対して小額訴訟の確定判決が出ています  債務者は裁判を欠席しています  期間入札段階での3点セットには確定判決の記載はありません  確定判決には管理費修繕費の他  駐車場代金や訴訟費用に要した費用まで記載があります  管理費修繕費および訴訟費用については  管理規約に遅延損害金を含めて明記がありますが  駐車場代金については管理規約に明記がない 質問  ・債務者に対する確定判決は特定承継人に対して及ぶか  ・特定承継人に対して承継執行文付与による執行は可能か  ・特定承継人は債権者に対して一切の抗弁が出来ないか  ・3点セットに記載のない確定判決はどのような位置づけになるか 感想  3点セットは既判力がないとはいえ  情報を知り得ない善意無過失な買受人に取って  その確定判決が承継執行文付与により執行可能となると  あまりにも法的に無防備と言わざるを得ません  その点を法律に詳しい方にお伺いしたいと思っています。 よろしくお願いします

  • 代物弁済所有権移転請求権と判決

    私は債権者として、代物弁済に依る所有権移転請求の調停を、相手方と簡易裁判所で 協議する所ですが、調停の趣旨の記載の件で、登記原因情報として、有効な記載の方法を教えてください。 民事訴訟法では「一定の登記手続きを命ずる給付付き確定判決」となっているようなので「代物弁済に依る登記手続きの給付を命ずる確定判決を求める」の記載でよいのかを伺います。

  • 民事訴訟 引換給付判決の既判力

    お世話になります。 お手すきの時に回答いただければ幸いです。 引換給付判決の既判力は、引換給付部分には及ばず、訴訟物にしか及ばないと思うのですが、 仮に前訴で引換給付判決が言い渡されて確定した場合に、無条件の勝訴判決を望む原告が 後訴提起した時に、前訴基準時後に新たな事由の変動が無い場合、 裁判所は、(民事訴訟という学問の理論からは)どのような判決を下すべきなのでしょうか? 例えば前訴の訴訟物が建物明渡請求権で、立退料支払(引換給付)を条件に認容された場合で、 後訴において再度、同一原告が同一被告に建物明渡請求権を提起した場合の、 後訴の裁判所の判決内容について、どうすべきかご教示ください。 宜しくお願い致します。

  • 共有者のうち大多数の者の所在が、完全に不明となっている共有地の一部を、時効取得しようとしています。

    所有者22名(うち一人は死亡が確認され、その相続人が8人います)の共有名義となっている墓地があるんですが・・・。 その墓地の一部分に、僕の知り合いの墓が、戦前からずっと存在しているんです。 しかし、この墓地の登記簿(表題部のみの登記簿です)によると、この墓地の共有者の中には、この知り合いを含む親族の名前が登記されていません。 そこで現在、墓地の共有者を被告らとして、裁判所に、時効取得を原因とする所有権移転登記手続請求事件を申し立てようとしているのですが・・・ ここでちょっと問題がありまして・・・ 墓地の登記記録上の住所を元に、共有者の戸籍・住民票等を役所に請求したのですが、登記記録上の住所が古すぎて、戸籍や住民票が滅失しており、関係者を探すことが出来なかったのです(これについては、役所から行政証明をもらっています)。 そこで、裁判所に相談したところ、情報が全く不明となった20人の共有者に関しては、「特別代理人」を選任して、特別代理人を相手に裁判を起こしなさいと説明を受けました。 ここでお尋ねしたいのですが、仮に、「居場所がわかっている共有者数名」と、「所在不明の共有者の特別代理人」を相手に、裁判所に訴えを提起して、確定判決をもらった場合、この確定判決を用いて、法務局での登記申請は可能となるのでしょうか?? 別で法務局でも相談したのですが、「仮に共有者全員(その承継人を含む)を相手に裁判を起こした場合」という限定つきで、 1、確認・給付・形成のいずれかで裁判を起こし、確定判決を貰う。 2、この確定判決を代位原因証書として、墓地全体から、知り合いが時効   取得する一部分のみを分筆登記 3、分筆登記完了後、確定判決を登記原因証明情報として、知り合いの名   義に直接所有権保存登記(これは、不動産登記法74条1項2号に定   めがあります) 以上の登記申請が必要となるとの回答を受けましたが、これって、「共有者全員の居所を探し当てた場合」限定で、「特別代理人」を相手に訴訟を起こした状態で確定判決をもらっても、登記申請できないんですかね?? いちお、特別代理人は、この事例に関しては共有者本人の代理人として活動することになるわけだから、個人的には問題なく申請出来るとは思っているんですが・・・。 裁判所と法務局では、結構対応方針が異なるみたいで、ちょっと確信がもてません。 仮に確定判決をもらっても、登記できなかったら全く意味ないし・・・。 ちなみに、共有者と知り合いの間で、所有権をめぐって紛争があったりするわけではないので、裁判自体はすんなり行くのではと思っています。 なんだか複雑な事例ですが、もし同じような事例を処理した経験がおありの方がいらっしゃいましたら、是非とも知恵をお貸しください。

  • 所有権保存登記(法74条1項2号申請)の判決について

    所有権移転登記では、公正証書は判決に準ずるものに該当しないとされていますが、所有権保存登記(法74条1項2号申請)でも同様ですか??

  • 引き換え給付判決と処分権主義

    AがBに商品Xを売買を原因として引き渡せと訴えたとき、Bが代金が未払いであることを抗弁しなくても、証拠上それが分かった場合、裁判所は、売買代金と引き換えでの給付判決をできますか? また、この裁判後、Bは、売買代金を支払うよう提訴できますか?

  • 所有権保存登記前の転出・転入の場合

    新築の物件を自分で登記しています。 無事、表題登記がすみまして、所有権保存登記の段階です。 事情があり、建物表題登記申請と所有権保存登記の申請の間に、新居に転入しました。 登記簿の表題部には、旧住所で所有者が表示されているわけですが、所有権保存登記申請の前に、表題部の住所の変更手続きは必要でしょうか? 所有権保存登記申請に添付する住民票には、旧住所が記載されていることから、そのまま所有権保存登記が申請できるのでしょうか? よろしくお願いします。

  • 執行文について

    試験が近づき民事執行法を勉強してますが、行き詰まってしまいました。 1.売買代金の支払いと引き換えに土地の引渡しを命ずる確定判決があるが、代金の支払いを証明する文書がない。 2.病気が治癒すれば家屋を明け渡すとの和解調書があるが、債務者の完治を証明する診断書がない。 3.家賃の支払いを一回でも怠れば、直ちに家屋を明け渡すとの和解調書があるが、未払いを証明する文書がない。 4.売買代金の支払いと引き換えに、所有権の移転登記を命ずる確定判決があるが、代金の支払いを証明する文書がない。 5.将来の給付を命ずる確定判決があるが、確定期限がまだ到来していない。 1から5の場合での、執行文付与の申し立てについて、裁判所書記官は執行文をだせるのですか? ぜひ、知恵を貸してください。お願いします。