• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

判決の種類

宅建の試験の不動産登記法についての質問です。 問題で、仮登記の申請に仮登記義務者が協力してくれない場合に、「勝訴判決」を得たときでなければ単独で仮登記の申請をすることができない。 答え× 2号仮登記について「給付判決」を得たときはOK というもの。 「勝訴判決」はあなたのものですよ、ということがきまっただけのことで、「給付判決」は権利の移転をしなさい、ということが決まった。 だから、「給付判決」ならOKという風に解釈たのですが、本当のところはどうなのでしょうか。 他に、「確定判決」などもでてきます。 判決の種類と効果を教えて下さい。

noname#48
noname#48

共感・応援の気持ちを伝えよう!

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.3
  • shoyosi
  • ベストアンサー率46% (1678/3631)

#2に補足します.  元の問題集の答が × 2号仮登記について「給付判決」を得たときはOK というのが、×は正ですが理由が適切ではありません.本登記については、「給付判決」というのは、正ですが、仮登記については、他にも単独で申請できます(法33条)。「勝訴判決」と「給付判決」とは、分類の基準がそもそも違います.「勝訴判決」とは、自分の主張が裁判所によって認められる判決ですが、それは、「給付判決」に限らず、「確認判決」「形成判決」にもあります.ところが、法27条の判決とは、「勝訴判決」であることは当然ですが一般に「給付判決」に限られるとされています. というのは、本来の「共同申請」の例外であるので、実体法上、ある権利の存否の確認(確認判決等)と、被告を登記義務者として、登記申請に協力させること(給付判決)とは、同一とはいえないからです.

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

わかりました。 詳しい説明有り難うございます。

その他の回答 (2)

  • 回答No.2
  • shoyosi
  • ベストアンサー率46% (1678/3631)

 この問題は、登記の原則である法25条の共同申請主義の例外として、法27条で判決とか相続があるが、仮登記には、法33条で、別に、承諾書とか仮登記仮処分の方法がありますということを理解しているかどうかを問うものです。たとえば、契約で抵当権の設定ということになっていても、相手が協力しないときには、契約書の提示などの疎明で発せられます(法33条)。ですから、判決の種類とは直接な関係はありません。  判決の種類としては、形式的に、「判決」「決定」「命令」、内容として「給付」「確認」「形成」、確定判決とは、通常の不服申立て方法では取り消すことができない状態になった判決のことです。詳しくは、法律用語辞典をあたって下さい。

参考URL:
http://www.wakayamanet.or.jp/iwanaru/taken/htmtxt/mintxt9.htm

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

やっぱりそうじゃなくて、 他に方法があるから「勝訴判決のときだけ」というのが間違いなのですね。 それはわかりました。 ということは、勝訴判決でも単独で仮登記できるのでしょうか。 もしそうだとすると、勝訴判決はだめで、給付判決ならできる・・・ということではないのですね?

質問者からの補足

なぜ、給付判決は良くて勝訴判決はだめなのでしょうか。 どちらも判決を得たのだから単独で仮登記してもよいのではないかと思ってしまうのですが。

  • 回答No.1
noname#8250
noname#8250

解釈の仕方が違っています。 裁判所が登記義務者に対して一定の内容の 登記手続をなすべき旨のいわゆる意思表示を命じる 判決(訴訟)を給付判決(訴訟)といいます。 この判決は「登記しろ」という「執行力」を 持ちます。 つまり仮登記の申請を申し立てる訴訟は、給付訴訟と いい、その判決は給付判決ということです。 全部の判決の種類と効力について書き連ねていたら きりがないのでご質問の内容に関してだけ説明しました。 どうしてもお知りになりたいのであれば六法を開き、 民事訴訟法・刑事訴訟法をご覧いただければ わかると思います。 民事訴訟法についてはわかりやすいWebサイトが ありましたのでご紹介しておきます。 民事訴訟法講義(関西大学法学部栗田隆教授) http://tk4.law.kansai-u.ac.jp/kurita/procedure/lecture/ では。

参考URL:
http://www.bekkoame.ne.jp/~ta.kawai/kawai/hanketsu.html

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

bekkoame.ne・・・・参考にさせていただきました。 有り難うございます。 判決の種類、たくさんあるのですね、とりあえず、あきらめます。 登記義務者の意思表示がほしいのですね。 そして、その意思表示に変わるものが「登記を命じている給付判決」なのですね。 「勝訴判決」というのは、登記を命じていない給付判決、確認判決、形成判決のなかの一つなのですねきっと、立ち入らない事にします。

関連するQ&A

  • 所有権移転登記についてお教えください。

    過去問をしているのですが、以下の「答え」の理解ができません。 問題: 被相続人から相続人の一人に対して始期付贈与(始期は被相続人の死亡)を原因とする始期付所有権移転登記の仮登記がなされた後に、その本登記を申請する場合は、受遺者が登記権利者、その他の相続人が登記義務者となって申請する。 答え: 被相続人が推定相続人の1人へ不動産を生前贈与した後、贈与による所有権移転登記がされる前に相続が開始した場合は、当該所有権移転の登記は、受贈者を登記権利者とし、共同相続人全員を登記義務者として申請する。 これは、推定相続人の1人のために死因贈与契約がされたことにより、目的不動産について、始期付所有権移転の仮登記がされた場合において、当該仮登記の本登記を申請する場合も同様と解される。したがって、受贈者を含む相続人全員を登記義務者として申請する 始期付死因贈与契約に基づき、所有権移転登記の仮登記を申請する場合、贈与者を登記義務者、受贈者を登記権利者として、贈与者の生前に所有権移転の仮登記をすることになると思います。 そして、贈与者が死亡したことで、仮登記を本登記にすることになるので、この本登記の登記権利者は受贈者、登記義務者は贈与者の相続人(贈与を受けた者を除く)が請することができると思うのですが・・・。 なぜ、受贈者も登記義務者になるのですか、受贈与も登記義務者になるということは、受贈与は登記権利者であり、登記義務者でもあるということなのでしょうか?

  • 確定判決と給付判決の違いについて

    登記の単独申請をするのには確認判決では×で、給付判決なら○でも、所有権保存登記は確定判決であれば○となっています。 この違いとそもそも、確定判決と、給付判決はどう違うのでしょうか?自分は、確認判決は自分の言い分が認められて、給付判決は、裁判所が登記を移せと命じる判決と捕らえているんですが、しっくりきません。 如何せん法律の知識が少ないので、わかる方、教えてください。

  • 不動産登記法 仮登記の本登記

    質問(1) ●1号仮登記が確定的にCに移転している場合 甲区 (1) 保存 A (2) 1号仮登記 B    [    余白    ] (3) 2番仮登記所有権移転の仮登記 C    [    余白    ] この場合、本登記をするには順位(3)が仮登記であるのは順位(2)が仮登記であることが理由であるから、まず順位(2)を本登記にしてから順位(3)を本登記にします。これは、実務ににおいても間違えることはないと思います。今の僕にもこれは分かります。 ●2号仮登記が確定的に移転している場合 甲区 (1) 保存 A (2) 2号仮登記 B    [    余白    ]    (付記1号) 2番所有権移転請求権の移転 C     この場合順位(2)の仮登記を本登記申請するときには、『権利者C、義務者A』となりますが、例えば実務において誤って『権利者B、義務者A』として申請すると、却下されるということで良いのですか?却下されるのだとしたら、どこどこが間違っているので正しい申請人はこうなります、のように登記官は却下の理由等を説明して、正しい登記申請について指示してくれるのですか? まだ試験に受かってもいないのですが、ちょっと疑問に思ったので… 質問(2) ここからが本題となります。 [事例1] ●1号仮登記が『確定的に』Cに移転している場合 甲区 (1) 保存 A (2) 1号仮登記 B ≪7月1日受付≫       [    余白   ] (3) 2番仮登記所有権移転の仮登記 C ≪9月1日受付≫       [    余白   ] (4) 所有権移転 D ≪11月1日受付≫  乙区 (1) 抵当権設定 X ≪6月1日受付≫ (2) 抵当権設定 Y ≪8月1日受付≫ (3) 抵当権設定 Z ≪10月1日受付≫ [事例2] ●2号仮登記が『確定的に』移転している場合 甲区 (1) 保存 A (2) 2号仮登記 B ≪7月1日受付≫    [    余白    ]    (付記1号) 2番所有権移転請求権の移転 C ≪9月1日受付≫ (3) 所有権移転 D ≪11月1日受付≫ 乙区 (1) 抵当権設定 X ≪6月1日受付≫ (2) 抵当権設定 Y ≪8月1日受付≫ (3) 抵当権設定 Z ≪10月1日受付≫ [事例3] ●2号仮登記が『不確定的に』移転している場合 甲区 (1) 保存 A (2) 2号仮登記 B ≪7月1日受付≫    [    余白    ]    (付記1号) 2番所有権移転請求権の移転請求権仮登記 C ≪9月1日受付≫    [    余白    ] (3) 所有権移転 D ≪11月1日受付≫ 乙区 (1) 抵当権設定 X ≪6月1日受付≫ (2) 抵当権設定 Y ≪8月1日受付≫ (3) 抵当権設定 Z ≪10月1日受付≫ 本登記申請する場合、質問(1)においてのように連件で登記するときには登記申請する順番があります。そのように申請する際、それぞれ[事例1、2、3]における利害関係人が誰になるか教えていただきたいのです。 [事例1]について 1件目の申請で順位(2)の仮登記を本登記にする際の利害関係人については、それらの承諾書の添付が要求されるので、添付することにより利害関係人の登記は職権により抹消され、2件目の申請の時点ではそれらの者は登記上に存在しないことになり、それらの承諾書の添付は不要となる??ということで良いのでしょうか? (間違っていたら指摘してください。) [事例2]について これが良く分かりません?? この場合には、登記申請は1件で済みます。その登記は順位(2)の「登記名義人B」の仮登記を本登記にするのですが、登記申請人は『権利者C、義務者A』となり、Bは出てきません。この場合の利害関係人はBに劣後する者となるのか?、Cに劣後する者となるのか?ということです。 [事例3]について これも良く分かりません?? 1件目の申請では順位(2)の(付記1号)を本登記とし、2件目では順位(2)を本登記とします。この場合のそれぞれの登記申請における利害関係人はどうなるのでしょうか? 非常に長い質問で申し訳ございません。なんとか質問の意図を分かっていただきたくてこうなってしまいました。ここまで読んでくださった方、どうぞご回答くださいませ。よろしくお願いします。

  • 所有権保存登記(法74条1項2号申請)の判決について

    所有権移転登記では、公正証書は判決に準ずるものに該当しないとされていますが、所有権保存登記(法74条1項2号申請)でも同様ですか??

  • 不動産登記法についての質問です。

    不動産登記法についての質問です。 条件付所有権移転仮登記は1号と2号のどちらの仮登記なのでしょうか? 所有権は移転していないので1号ではないようです。 でも2号仮登記であれば条件付所有権移転「請求権」仮登記になると思うのですが。 詳しい方よろしくお願いします。

  • 仮登記された権利の移転に関する登記形式について教えてください。

    1号仮登記された所有権については、その移転登記は、主登記の仮登記で、所有権以外の権利の1号仮登記については、付記登記の仮登記で登記されるとのことです。 他方、所有権移転請求権を含む、所有権以外の権利の2号仮登記については,付記登記で移転登記が行なわれ、その移転が確定的な場合は本登記で、そうでない場合は仮登記で、と言う風に理解しているのですが、 以上の理解に誤りがありますでしょうか? 登記にお詳しい方、この論点について参考になることがありましたらお教えください。よろしくお願いいたします。

  • 【申請書に債務者の記載を要しないもの】、として

    問題に【申請書に債務者の記載を要しないもの】、として 「仮登記担保契約による所有権移転の仮登記」 ↑ とういのがありまして、 【仮登記担保は、その法律的性格としては担保としての性格も併せ有するが、登記の形式としては所有権その他の権利の移転に関する仮登記と言う形式をとる。したがって、その登記の申請において、債務者の氏名又は名称及び住所は申請情報の内容とする必要は無いと解されている】 ↑ ということは、逆に考えてみて、仮登記全般には登記権利者と登記義務者の記載はあっても、債務者の記載は一切必要ないと解してもよいということでしょうか? ・・・・・頭がコンガラガッテきます。

  • 所有権登記名義人住所変更の可否と変更証明情報

    所有権移転仮登記があり、所有権が移転し、その後に、仮登記の本登記を行う場合において 登記義務者とされる仮登記義務者の住所が、仮登記時と仮登記の本登記時で、相違している場合、当該仮登記に基づく本登記の申請には住所に関する変更証明情報を添付してすることになるのでしょうか?? 所有権登記名義人住所変更登記の対象は、現に効力を有する登記名義人のことっとテキストにあります。 類似?で (1)売買を原因とする所有権移転登記について、所有権更正登記を申請する場合の、前所有者(2)「受戻し」を原因とする所有権移転を申請する場合の、権利者(仮登記義務者であった者) の場合、変更証明情報を添付するとテキストに解説があるのですが、 仮登記に基づく本登記においても、同様の取扱いになるのでしょうか?

  • 遺贈による登記は、権利者と義務者が同一人物になる?

    遺贈によって所有権移転の登記がされる場合、登記権利者と登記義務者が共同して申請しなければなりません。このとき、遺言執行者がいれば、遺言執行者が登記義務者になりますが、いない場合、相続人全員が登記義務者になります。 ということは、登記権利者(受遺者)と登記義務者に、同一人物が現れることになるのでしょうか? (受遺者が相続人としてカウントされていると解釈して質問していますが、ひょっとして、この場合、カウントされませんか?)

  • 判決主文の解釈

    土地の境界で隣接地の所有者ともめました。発端は約40年前に行った地籍調査の際に、境界確認をして杭を打った位置と公図が違ってしまったのが原因でした。約30年前に相手方と話をし杭を打った位置に新たにコンクリートの杭を打ちました。しかしその時は公図の訂正までは出来ませんでした。このまま放置したままでは、後々問題が残ると思い再度相手方に公図訂正の協力を求めましたが、応じてもらえず、仕方なく裁判を起こしました。こちらの請求は、土地の所有権の確認と公図作成時に間違ったのだから訂正して移転登記せよ。もう一つは予備的に時効取得を理由に移転登記をせよというものでした。判決は時効取得のみ認められ、被告に対して「時効取得を認め移転登記をせよ」となっています。この「移転登記をせよ」という言葉ですが、こちらの弁護士に確認したところ、「移転登記せよ」となっているが、実際には「移転登記に協力しなさい」と言う意味だといいます。したがって移転登記にかかる費用や測量などのお膳立てはこちらが持つべきだといいます。しかし私にはこの解釈がどうしても納得できません。こちらの弁護士を疑うわけではありませんが、本当に協力しなさいという意味合いなのでしょうか。